そして最終回、さらに球場が沸いたのが
ご存じ『代打・オレ』、古田PMが打席に入りました。
すると大量リードもあってか、ライト側だけでなく
レフト側からもフルタコールが自然と沸き起こりました。
もちろん自分も「フ・ル・タ」とコールしてしまいました。