« 歓喜一転、悪夢の7回・・・。 | トップページ | 憲伸も打たれた!悪夢の7回。 »

2004年6月 2日 (水)

小野ゴールに、イングランド「OH・NO!」



英紙はオー・ノー尽くし サッカーの親善試合で


A代表、イングランド-日本戦。

EURO間近のイングランド代表は

ベッカムをはじめ、オーウェン、ルーニー、

スコールズなど名だたるメンバーが

先発してきた。

開始当初は、圧倒的にボールを支配!!

日本は不安定でゴールを脅かされた。

そして、前半22分、坪井のクリアを拾った

ジェラードが痛烈なシュート!

楢崎がはじいてしまったこぼれ球を

オーウェンが押し込みゴール!!

鮮やかな先制点だった。

日本も前半終了ごろには、落ち着いてきて、

遠目からながらも、玉田中村、小野らが、

シュートを放ったが、止められる。

後半は、日本が多少、押し気味に進める。

特にサイドからの三都主の上がりが目立った。

そして後半8分、

中村からの三都主へのスルーパスを

久保の裏から出てきた

小野があわせて

待望の同点ゴール!!!

ここぞで決めてくれた!

さすがは小野伸二!!

イギリス紙は「OH・NO!」

がっかりしたらしいけれど。

この「オー・ノー」ゴールで

もしかしたらと期待をもったが、

イングランドもさすがに

これ以上は点を与えてくれない。

ホームで日本ごとき

負けられないと、

CKも全員で守りに行く。

さらに疲れが見えたきた選手を

次々と交代して、攻めに入る。

日本も、FWを入替。

柳沢(ヤナギュソア)鈴木を入れる。

しかし、相手の堅い守りに

相変わらず、追加点を入れられない。

ロスタイムで稲本が接触で

足首を負傷し、担架で運ばれる

アクシデント!具合が心配。

結局、試合は両者譲らず、1-1でドロー。

母国イングランドに対して、

アウェイながらも、健闘を見せ、

W杯予選のインド戦に期待を持たせた。

つぎのインド戦まであと1週間!

親善試合とは全く違う本番で、

この経験を生かして欲しい!




コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ