« 憲伸も打たれた!悪夢の7回。 | トップページ | ドラゴンズ、再び発進!! »

2004年6月 3日 (木)

何もありません。



巨人2年ぶり8連勝


巨人 9-3 中日 ●山本昌

清原の2000本安打達成が期待される一戦。

盟友・桑田と山本昌の先発。

今日は絶対負けられないドラゴンズ。

2回、福留の3階席まで行く

大ホームランで先制。

清原、第一打席は、大きなライトフライ。

3回、桑田が腰を痛め降板。佐藤宏に。

4回ウラ、ツーアウト1.2塁で

清原の第2打席。

ランナーが出ていたので集中したという。

山本昌が放った真ん中のストレートを叩く。

打球は右中間の深い所の一番前に入る、

逆転スリーラン。

1998本目をまたもやホームランで飾った。

6回表、ドラゴンズは

連続ヒットと死球でつかんだ

ワンアウト満塁のチャンスを併殺でつぶす。

6回ウラ、同じようなワンアウト1.2塁で

この3連戦での勢いの差が出てしまう。

高橋由がライトギリギリに持って行く

まさかのスリーラン。

これで山本昌が降板。

続いた遠藤は、清原を三振に取ったが、

小久保に一発を打たれ、7-1と一方的になる。

8回にアレックスのタイムリーで

2点を入れるが、

それからは完全に引き立て役。

小笠原が連打を浴びて9-3になってしまう。

清原の第4打席は、センター前への

タイムリーヒット。これで1999本に。

お役御免となったため、

2000本達成は神宮に持ち越しに。

これで巨人は8連勝。

一方、ドラゴンズは首位攻防戦で3連敗。

ゲーム差が2ゲームとなった。

試合経過は、およそこんな感じでした。

感想ですか?

「何もありません。」  

こんな日は何を言っても愚痴になる。

だからこそ、

「何もありません。」 以上。




コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • COMING SOON

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ