« OTSUKA 4-2 REGGINA | トップページ | ようやく夏休み! »

2004年8月12日 (木)

惜しくも3タテならず。

中日 1-3 巨人 ●ドミンゴ

今夜負けると自力Vが消滅する巨人に対し、

一気に追い込みたいドラゴンズ

しかし強攻策の失敗など拙攻で3タテならず。

巨人に踏みとどまれしまいました。

先発ドミンゴが立ち上がりに捕まった。

先頭の仁志がツーベース。続く斉藤は送りバント。

しかしドミンゴの送球が逸れて内野安打にしてしまう。

一死後、小久保のときに暴投で2、3塁に。

さらに小久保のピッチャーゴロを慌てて取り損ねてしまう。

まさにドミンゴの「独り相撲」で先制されてしまう。

3回にも小久保に詰まりながらもライトに持って行かれ、

2点目を許してしまった。

巨人の先発は中3日で木佐貫

3回に捕まえノーアウト1、2塁のチャンスを迎える。

ここは送らずに強行策に出たドラゴンズだったが、

荒木がショートゴロ。ダブルプレーに。

4回にも、ノーアウト1、2塁のチャンス。

しかしこれもドラゴンズ強行策で、井上三振

渡邉もショートゴロでダブルプレーとつぶしてしまう。

確実に送って点を取れば、

木佐貫を追いつめられたのに、強行策がことごとく失敗。

さらに5、6回もランナーを出しながらも拙攻で得点できず、

結果的に木佐貫を助けてしまった。

ドミンゴも3回以降は立ち直り、

大きなピンチも迎えず、7回まで投げきった。

7回に木佐貫に代打を送った関係で、ピッチャーが交代。

シコースキーが出てきた事でドラゴンズが息を吹き返す。

先頭の英智がレフト前、谷繁も三遊間を抜いて続く!

代打・川相が送り、ワンアウト2、3塁。

荒木はショートゴロだったが、二岡がはじく。

三塁走者・英智が突っ込み、

ダイビングヘッドスライディング!!

見事セーフになりようやく1点返した!

二死後、立浪と代わった岡島の対決となるが、

打球は惜しくもレフトフライ。一気に畳み込めなかった。

終盤に逆転の願いをかけたが届かず、

9回にまたも小久保にダメ押しの一発を浴びて、

最後は、久保に締められてしまった。

まぁ、ドラゴンズにとってはこのカードを

勝ち越せばよかったので、とりあえずは御の字でしょう。

しかし、失敗点は修正してまた明日からです。

PS今夜の渡邉選手

4回のショートゴロゲッツーが痛かったですね。

2打数1安打.231で、6回代打を出され、森野と交代。

明日は雪辱だ。




コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ