« 辛くないトウガラシって、あり? | トップページ | 孝介、岩瀬よ、留守はオレ達に任せろ! »

2004年8月 3日 (火)

エイベックス、「終焉」逃れる?


「エイベックス」辞任の松浦前専務の復帰内定

どうなっているのでしょうか?エイベックス
1日付で辞任したのに、3日後には早期復帰内定とは...。
どの業界でもおこりそうな、
経営方針を巡る対立が原因とはいわれていますが、
そう簡単に戻せるものなんですかね。
関係が修復されたとは思いませんよね。

「復帰により、一部で報道されている
アーティストの移籍の懸念は解消される」

と発表されていましたが、その辺が原因なのでしょう。

たしかに辞任が発表された後、
松浦氏千葉氏を慕うアーティストが、
相次いで追随を意図するような表明しました。
その中でも特にエイベックスの看板アーティストで
売上が会社の株価を大きく左右するという
浜崎あゆみの声明が多大な影響を与えたと思います。

「エイベックスはもはやエイベックスではなく、
松浦専務の辞任が受理されるのであれば、
それは同時にエイベックスの終焉
認める という事になると考えます。」(抜粋)

ただでさえ、今はCDが売れない時代。
CCCDで顰蹙を買っているエイベックスなのに
どう考えても、あゆや、
hitomiなど千葉氏の事務所にいたアーティストが
大勢抜けてしまうと、
売上的にも、会社的にも、
エイベックスがかなりヤバくなるのは、必至でしょうから。

とりあえずは元の鞘に戻りそうですが、
その上でまだまだ内紛が起こりそうですね。
ゴタゴタで目立つよりも
いい音楽、いいCDを作って目立って欲しいです。




コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ