« 日本一狭いホーム、お役御免! | トップページ | 何で仙台なんだ?楽天さん! »

2004年9月22日 (水)

スクイズ失敗、一転思わぬ落とし穴...。



逆転弾浴び連勝止まった中日エース川上


中日 2-4 ヤクルト ●川上

セ・リーグの天王山!

そろそろマジックを点灯させたいドラゴンズと、

「戦う選手会長」古田率いるヤクルト直接対決!

エースが思わぬ落とし穴にはまってしまい、

大事な初戦を落としました。

先発は、エース川上憲伸ゴンザレス

憲伸は、初回、真中に粘られ、

宮本、岩村に連打を浴びるが、

古田をサードゴロゲッツーに凌ぐと、

絶好調とまではいかないが、丁寧な投球で凌ぐ。

特にフォークが冴えていたようだ。

ドラゴンズは、ゴンザレスを崩せそうで崩せない。

立浪が唯一、猛打賞で奮闘するも、

打線が湿りがち。さらにゲッツーで助けてしまい、

結局6回まで持たせてしまった。

それでもリードしていたのは、ドラゴンズ

2回、谷繁渡邉のヒットで、一死1、3塁のチャンス。

続く英智の当たりは、詰まったサードゴロ。

しかし、サード岩村が握り損ないエラー!

その間に谷繁がホームインして先制!

5回に憲伸が、鈴木健に粘られた末、

ライトフェンス直撃のツーベースで

同点に追いつかれるも、

6回に井端、立浪の連打から、

谷繁が犠牲フライで再びリード!

僅差ながらエースに勝ち星が付くかと思われた。

しかし7回、思わぬ落とし穴が待っていた。

憲伸は先頭の「苦手」ラミレスを三振に取るが、

鈴木健にセンター前、稲葉にも詰まりながらも

ライト前に運ばれ、一死1、3塁のピンチ!

ここで土橋が2球目にスクイズ!

しかし打球はラインを越えファウルとなり失敗

ホッとした憲伸だったが、

5球目のインコース寄りのストレートを

開き直った土橋が完璧叩くと、打球はレフトスタンドへ!

見事な逆転スリーランに、ナゴヤドームはただ呆然!

憲伸にとって、実に痛い一発となった。

その後は、坂元-石井弘寿-五十嵐亮太の前に沈黙。

最後の打者、高橋光信も三球三振。

昨夜のように粘れず、初戦を落とした。

6連勝となったヤクルトの勢い

やられてしまった感じです。

伏兵・土橋のまさかの一発がその象徴でしたね。

ただ真中鈴木健などしっかり粘って打ち返すなど

結構したたかさもあるような感じもしました。

初戦は落としてしまったが、差はまだまだある。

明日は昌さんで必ず雪辱しよう!

ところで明日からは、名古屋で

協議・交渉委員会が再開されます。

グラウンドの内外でナゴヤは注目されるでしょう!

だからこそしっかり勝っておきたい!

頑張れ、ドラゴンズ!


PS 現在一番当たっている?今夜の渡邉選手

7番・一塁でスタメン。

第1打席、ライト前ヒットでエンドランを成功させる。

第2打席はサードゴロ、第3打席は腰に当てられ死球

そして第4打席は、五十嵐亮太の149キロストレートを

狙いすましてライト前に持っていく!

3打数2安打!.269 恐怖の7番、ここにありです!




コメント

今日の収穫は、デッドボールのあともドラの主砲渡邊選手が元気にプレーしてくれたこと。
そんだけ?

いくらコントロールがままならない
坂元弥太郎投手とはいえ、
当たったときには、
「ぶつけやがったな!」と怒ってしまった自分はちょっと大人げなかったかも。

それでも立ち上がる渡邉選手、
さらにガンバレ!今夜は6番で起用を希望!

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • COMING SOON

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ