« ナゴヤドームチケットゲット惨敗。 | トップページ | 日本シリーズメンバーと去りゆくベテラン? »

2004年10月14日 (木)

鈴木が決めた!日本、一次予選突破!

2006FIFAワールドカップ(tm) アジア一次予選

オマーン 0-1 日本

ついに来た一次予選の天王山

勝てば一次予選突破、2点差以上で負けると

自力突破が消滅という、今年3度目の因縁の対決!

とにかく負けられない日本だったが、

アウェーだけにオマーン人からはやはりブーイング!

相変わらずの風景でキックオフを迎えた。

序盤から猛攻を見せるオマーンの攻撃に引きっぱなし!

こぼれ球を拾って果敢にミドルシュートを仕掛けてくる!

ただ日本は、大事なところはしっかり守り、

攻撃陣では、ミスをついての

高原の惜しいシュートがあったが得点ならず、

前半は0-0で終了した。

とにかく点を取られない事を重点にしていた日本。

ようやく後半7分に待望の先制点が入った!

中盤から、左サイドに中村俊輔が抜け出て、

フェイントを入れてクロス。

飛び込んできた鈴木が合わせ、ヘディングシュート! 

見事にゴールに吸い込まれ、先制!

代表では印象的なゴールがない鈴木

きれいに決めてくれた!

自分も思わず声を上げてしまった!

それからは、日本ペースになるが、

唯一のピンチが後半12分のシーン!

飛び出した川口宮本、そしてイマド・アリが競り合い、

こぼれたボールを再びイマド・アリ

無人のゴールにシュート!

失点だと思わず目を覆った瞬間、

なんとゴールマウスに、田中誠の姿が!

カバーに入った田中は、

ゴールライン上で体で当ててブロック!

見事なカバー!まさしく今夜のMVP級プレーだった。

そしてさらにハプニングが!

後半20分 ずっとベンチを飛び出して指示を出していた

ジーコ監督を主審(中国人)が注意!

エキサイトした鈴木通訳が退場になってしまい

指示が出せなくなってしまう。

(その後は三都主を通じて指示を出した!)

ジーコ以上にある意味感情豊かな

通訳の退場には思わず笑ってしまった。

その後は中盤でボールを保持し、相手を崩すが、

追加点は奪えないけれど、何度かチャンスはつくった。

高原は惜しいシーンがあったが、阻まれてしまった。

守備陣では、中澤、宮本を中心に

オマーンに付け入るスキを与えず、結局1-0で勝利!

次のシンガポール戦を残し、一次予選突破を決めた。

とにかく一次予選通過!とてもよかったです。

多少のミスはありましたが、アウェーながらも

比較的落ち着いてプレーしていたと思います。

最終予選は、さらに厳しいことになりそうですが、

なんとか4.5枠の中に入ってほしいです。




コメント

ライブで観ていませんでしたが
きっとアノ場面では言葉が通じないジーコ監督の代わりに
たぶん英語も話せる鈴木通訳が食ってかからざるを得なかったのでしょう

身代わりですね
ジーコ退場じゃなくて良かったですよ

切磋琢磨さん
お返事遅くなりました。すみません。
鈴木通訳、体を張っての身代わり退場!
13年間の付き合いでまさに一心同体なのでしょう。
この日は、ある意味「鈴木」が頑張りました!

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • : DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)

    DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)
    NO DRA, NO LIFE 中日ドラゴンズ承認ファンブックが今年も発売決定!毎日の試合結果を記載できるドラゴンズぴあダイアリー2018-2019が別冊付録。

  • : 中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018

    中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018
    新スローガン『原点回帰 Dragons愛!』を掲げ、日々激闘を続ける竜選手たちを後押しする、中日ドラゴンズの応援歌メドレーアルバムの2018年版が誕生!

  • : 中日ドラゴンズファンブック2018

    中日ドラゴンズファンブック2018
    「原点回帰 ドラゴンズ愛」をチームスローガンに掲げて2018年シーズンを戦うドラゴンズの全容を紹介!森監督インタビュー、京田・又吉トークなどの読み物、選手のプロフィルや過去シーズンの成績をはじめデータも充実。

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ