« 楽天イーグルス参入! | トップページ | オレ竜トレード第1弾!山北がロッテへ。 »

2004年11月 4日 (木)

守りきった青赤軍団!FC東京初タイトル!

青赤歓喜 初戴冠FC東京 浦和にPK勝ち

2004 Jリーグ

ヤマザキナビスコカップFINAL

FC東京 0(PK4-2)0 浦和レッズ

見ましたよ。ナビスコカップ決勝

FC東京、悲願の初タイトルです!

自分は、埼玉県民なので浦和レッズ

やはりイチオシなのですが、

FC東京トーチュウ「365日FC東京」なので、

記事を読むうちにどちらかというと応援していました。

その2チームが当たる決勝戦!

国立は予想通り真っ赤っか!

8割くらいは、赤かったですね!

開始当時は、どちらが勝ってもいいと

思いながら見ていましたが、

前半29分にDFジャーンが2枚目のイエローで退場になり、

ピッチにふさぎ込んだジャーンのすまなそうな顔を

見てからは、FC東京頑張れと応援していました!

ジャーンが退場したため、

チームの支柱、MF三浦文丈

下げざるを得なくなりましたが、

代わって出てきた藤山を始め、

ひとりボランチで奮戦した今野を含めた、

加地、金沢浄らDF陣はよく頑張っていました。

石川直宏も足をつりながら、戸田もよく走りました。

数的不利から攻撃よりも守りに追われましたが、

全員で守る意識が途切れずに徹底していて

気迫では、レッズを上回っていたと思います。

特にGKの土肥が素晴らしく、

しっかりと集中したプレー

再三のピンチを凌ぎました。

相手が10人になって優位になったうえ、

とにかく攻めまくるレッズは、

合計27本のシュートを放つなど

圧倒的に攻めまくりましたが、

エメルソンのシュートの精度が悪いうえ、

田中達也永井鈴木

何度もあった決定機に決められずに

結局リズムを失い、にも見放された感じでした。

両チームともノーゴール

Vゴール方式の延長戦へ投入!

延長に入ってからも東京は集中して守っていきました。

さすがに足が動かず、カウンターという所までは

行きませんでしたが、

ここまで来ると、流れはもはや東京でしたね。

そして勝負はPK戦へ!

土肥神懸かりな勢いがレッズを圧倒しました!

レッズ3人目の田中達也がバーに当て、

4人目の山田暢久の正面へのシュートをセーブ!

素晴らしかった!

そして最後は、東京5人目の加地が落ち着いて決め、

FC東京が120分とPKの激闘を制しました!

FC東京の皆さん、おめでとうございます!

見ていて、とても面白いゲームでした。

ただ二連覇を疑わなかったレッズサポーターは、

正直ガッカリかもしれませんね。

まぁレッズとしては、運が無かった。

切り換えてリーグ戦を必ず制してほしいと期待します。




コメント

レッズだけには負けない。(あっあとヴェルディにも)
この信念だけを信じてきましたー!!初戴冠!
東京ガス時代から応援してきたかいがありましたよー!!
国立に行きたかったー。。。

引越し前は味スタまで自転車10分、
引越し後は埼スタまで電車30分、、、
レッズの方が近ひ・・・おろおろ。

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ