« 欽ちゃんの野球をやってみよう!? | トップページ | オレ竜V旅行、オーストラリアへ出発! »

2004年12月17日 (金)

バラックだ、クローゼだ、ドイツに完敗。

キリンチャレンジカップ2004 

日本 0-3 ドイツ

2006年のワールドカップ開催国である、

ドイツ初対戦日本代表

もう少しやってくれるかなとは思いましたが、

ドイツの壁は厚かったようです。

前半こそ日本も、

前掛かりに攻めてきたドイツの裏をついて

右からカウンターで攻めるシーンが

あったりしましたが、

後半はやられっぱなし

格の違いを見せつけられましたね。

ドイツでは、特にキャプテンとなった

ミハエル・バラックが良かったです!

トップ下で前に後ろにプレーしていて、

日本の選手がついて行けていなかったです。

さらに攻撃でも彼にボールを集めれば、

大丈夫という信頼感

そしてゴールを目の前にした局面で、

これだけ落ちついてプレーできるのは

さすがだと思いました。

特に、69分の2点目。

アサモアからのパスをバラックが受け、

鋭いステップでDFをかわし

中央に切れ込んで、放たれたシュートは、

見事にゴールネットに突き刺さりました。

日本にもあういう選手がいればと

つくづく思いました。

そしてワールドカップ以来、久しぶりに観た

ミロスラフ・クローゼ

今日はヘディングシュートこそありませんでしたが

54分の楢崎のはじいたボールを押し込んだり、

ロスタイムでの3点目での詰めと

FWとしてしっかり仕事ができていました。

他にも、14番のアサモアや 8番のオボモエラ

そして7番のシュバインシュタイガー

(スゴイ名前だ)など

全体的にドイツの動きが良かったですね。

急造4バックで臨んだ日本

結局、カーンを焦らせることなく

攻撃陣も何をしたいのかよくわからない感じで

ドイツに自由にやられたなという感じでした。

早くケガ人が良くなって、調子を戻し、

来年2月の不気味な北朝鮮戦に向けて

切り替えて立て直してもらいたいですね。




コメント

ドイツのディフェンスの強さが印象に残った試合ですね。
特に足元のボールを1対1で失う場面が目につきました。

前半終了時には(実質的には0対2でしたが)
なんとかなるかも、と思わせてくれたんですが…。

Coplandさん
コメントありがとうございます。
昨夜のドイツ、強く感じました。
DFなどは体つきが違いましたからね。
やる気も日本以上だったと思います。
後半はドイツの選手の動きばかり
見てしまいました。

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ