« ドラゴンズ新春お宝オークション! | トップページ | 中日・渡邉、10年目の始動! »

2005年1月 7日 (金)

REGGINA 1-0 PALERMO

俊輔05年リーグ1号!パパ1号

2005年初めてのセリエA

第17節、13位レッジーナはホームで

4位タイのパレルモと対戦。

新年そうそう風邪で体調を崩した中村俊輔は、

出場が危ぶまれましたが、無事1.5列目でスタメン

レッジーナは、GKに、

出場停止のソビエーロに代わってパバリーニ

DFには193センチのFWトーニ対策として、

188センチのフランチェスキーニを入れた。

一方のパレルモは、出場停止とケガ人で主力を欠き

ベストメンバーが組めない苦しい布陣

前半7分にレッジーナ先制点

決めたのは、中村俊輔

メストの右からロングスローから始まった攻撃。

コルッチが右サイドを抜け出して、中へ折り返す。

相手GKグアルダルベンが弾いたボールが

DFザッカルドに当たり、こぼれ球になった。

これがファーサイドに詰めていた中村の前に。

落ち着いて、左足でチョコンと押し込んだ。

FKなどセットプレー以外での

待望の「流れの中での」初ゴール!

両手を広げて走る中村にチームメイトが

飛び込むように駆け寄り、歓喜の和が出来る。

生まれた子へささげる「ゆりかごダンス」

一瞬ながらしてもらえたようだ。

今季14試合目での初ゴール

昨年から473日ぶりとなる

セリエA通算10得点目のゴールに、

中村も笑顔が弾けた。

中村は前半は動きが良く、

前半9分には左足で約16メートルの距離からもシュート。

さらに相手4人を引きつけ、センタリングを上げるなど、

CK、FKと精力的にピッチを駆け回っていた。

1点取られてからは、

前掛かりに攻めるパレルモに対し、

カウンター狙いのレッジーナという構図に。

パレルモはセカンドボールを良く奪い、

前線でポストとなるトーニにボールを集め、

チャンスは作るのだが、決定的なところで

外してしまうような雑さが目立ち、得点が出来ない。

やはり、コリーニ、グロッソらの欠場が大きい。

一方レッジーナは、思い切りがなく消極的。

ディフェンスラインが深く、

中盤のモザルトやテデスコも守備に追われ、

前線はボナッツォーリ、中村、コルッチのみと

手薄でいくつかチャンスはあったが、

相変わらず、攻めの形が作れない。

スタンドでは、両チームのティフォージ

物を投げ合うようなイザコザが起こっていたりして、

そのまま前半は1-0とリードして終了した。

パレルモは、後半開始時にゴンサレスを投入。

さらに21分、 ファリアスとより攻撃陣を

厚めにして前に攻め込む。

トーニを中心にブリエンザなどが仕掛けるが

雑なシュートで決められない。

ある意味レッジーナ

勝利への追風が吹いていたようで、

GKパバリーニが微妙にゴールエリアから出て

ハンド気味に止め、一歩間違えたら退場というピンチを、

ピエリ主審が流し、難を逃れたことや

終了直前にファリアスのドンピシャのヘッドが

外れてしまったのもその影響かもしれない。

レッジーナの攻撃面では、

後半13分にコルッチと代わったパレデス

いくつかミドルを放ったり、ボナッツォーリ

サイドから攻めてシュートを放つが、

一瞬の連携のタイミングがうまく行かなかった。

ただいつ点を取られても仕方がない状況で

しっかり守りきったことは大きかった。

中村は疲れからか後半はパフォーマンスが落ち、

39分にボリエッロと交代した。

終了直前は、ほぼ全員で守りに入った。

ロスタイムは4分だったが、

スタンドからは、喜びの花火が上がりまくる状態!

結局、レッジーナは虎の子の1点を守りきり、

幸先良く勝ち点3をゲットした。

……………………………………………………

これでレッジーナは、6勝4分け7敗で勝ち点22

9位タイとなりました!良いじゃないですか。

マッツァーリ監督のもつ

新年第1戦負けなしのジンクスも

健在となりましたね。

中村選手が今季初ゴール!

それも流れの中からのゴールでよかったです。

「チームの勝利がうれしい。

子供にささげるゴール?それもそうだけど、

向こうで1人で頑張っている奥さんにもささげたい。」


とコメントしたそうです。

今年はレッジーナのセリエA残留の他にも

W杯最終予選などかなりタフな戦いが待っています。

クラブと代表でフル回転しなければなりませんが

ぜひ頑張ってもらいたいです。

PS Gazzettaの採点。

今節は、中村俊輔がなんと「7」でトップ!

「スーパーだった!」と評されたようですよ。

他は、フランチェスキーニ、メスト、

テデスコ、コルッチ
が「6.5」。

パバリーニ、デローザ、カンナルサ、モザルト

バレストリ、パレデス、ボナッツォーリ
が「6」。

総じてまあまあの評価、よく守りました!




コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • : DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)

    DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)
    NO DRA, NO LIFE 中日ドラゴンズ承認ファンブックが今年も発売決定!毎日の試合結果を記載できるドラゴンズぴあダイアリー2018-2019が別冊付録。

  • : 中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018

    中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018
    新スローガン『原点回帰 Dragons愛!』を掲げ、日々激闘を続ける竜選手たちを後押しする、中日ドラゴンズの応援歌メドレーアルバムの2018年版が誕生!

  • : 中日ドラゴンズファンブック2018

    中日ドラゴンズファンブック2018
    「原点回帰 ドラゴンズ愛」をチームスローガンに掲げて2018年シーズンを戦うドラゴンズの全容を紹介!森監督インタビュー、京田・又吉トークなどの読み物、選手のプロフィルや過去シーズンの成績をはじめデータも充実。

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ