« 中日・渡邉、10年目の始動! | トップページ | 小橋V13、天龍参戦、NOAHの2005年開幕! »

2005年1月 8日 (土)

高校サッカー、決勝は鹿実VS市船!

鹿児島実業、市立船橋が決勝へ

第83回全国高校サッカー選手権大会

気が付けば、準決勝。

憧れの国立競技場

準決勝2試合が行われ、

鹿児島実業(鹿児島)と市立船橋(千葉)が

決勝進出を果たしました。

……………………………………………………

●第1試合

国見(長崎) 0-2 鹿児島実業(鹿児島)

互いにロングスローを徹底的に放り込むなど、

セットプレーを重視した立ち上がりで始まった前半戦。

両サイドへの展開力がある鹿実がペースを握る。

前半15分、国見のクリアボールを拾った

西岡謙太が、左サイドから高いクロスをゴール前に。

吹き荒れる強風に大きく揺れたボールは、

そのままゴール右上に突き刺さり、鹿実が先制!

国見は中盤から最終ラインが押し込まれ、

なかなか前線で起点を作ることが

できない苦しい状況が続く。

後半序盤、国見

エースの渡邉千真が決定機をつかんだが、

GK片渕洋平の好セーブに防がれると、

やはりその後は一進一退の攻防。

国見は選手交代を駆使して攻めに入ったが、

岩下敬輔の統率する

鹿実ディフェンスを崩すことはできず。

逆に後半32分、右CKから高いボールが

ファーサイドに入り、国見DFがヘディングでクリア。

こぼれ球を拾った赤尾公が、

ワントラップで中央に切り込んでミドルシュート! 

DFに当たりコースが変わり、

ゴール右上に突き刺さる2点目。

鹿実が5大会ぶり4回目の決勝進出を決めた。

(スポーツナビ)

……………………………………………………

あの高いクロスがまさか

入るとは思わなかったですね。

相当強かった強風「国立」という魔物が

ゴールを決めさせたのかと感じました。

国見の選手は、戦後最多7度目の選手権制覇への

プレッシャーからなのか少々固くなっていました。

さらにあのゴールでしたから、

それ以降は鹿実のペースにはまったような感じでした。

さらに攻撃の中心となる国見の渡邉千真選手

田中選手などを完全に潰し、チャンスをほとんど

作らせなかったのが大きかったと思います。

普通のチーム」といっていた国見

ただベスト4まで来たのはさすがでした。

……………………………………………………

●第2試合

星稜(石川)2-2(PK4-5) 市立船橋(千葉)

試合開始直後から、

中央からドリブル突破を仕掛ける星稜

一度仕掛けてからサイドへ展開する攻撃で、

前半3分には田宮裕之がロングスローの

こぼれ球を押し込み、予想外の先制!

市船もその後徐々に盛り返し始め、

終盤は完全にポゼッションを握り、

29分に小山泰志がゴール正面で

相手DFをフェイントでかわし、

左足で豪快に決めて同点に追いつく。

後半に入り、星稜本田圭佑橋本晃司

前線で起点となり、攻撃の形を作りはじめたが、

市船渡邉広大を中心にしっかりと守り続ける。

すると後半29分、自陣から縦パスを中央に送ると

途中投入したスーパーサブ・白山智一

猛スピードで星稜DF2人の間をぶち破って

ボールに追いつき、GKが飛び出してくる前に、

ゴール右隅にシュートを突き刺し、逆転!

試合は決したかに見えたが、

最後まであきらめない星稜はロスタイム

ラストプレーと見た選手全員が上がり左CK。

高いクロスボールがファーサイドまで抜け、

大畑将徹がトラップからDFのチャージを耐え、

至近距離から思い切りシュート! 

劇的な同点弾となり、そして試合終了のホイッスル。

勝負はPK戦へ!

しかし、PK戦には今年度絶対の自信を持つ市船

4-5でのPK戦6本目、星稜三木卓哉のシュートは

バーの上を超えてしまい、市船が勝利!

2大会ぶりの決勝進出を決めた。

(スポーツナビ)

……………………………………………………

いきなり星稜が先制したときは、

こりゃ行けるかもと思いましたが、

市船がペースを握り始め、

後半、ついに逆転!

それも白山選手のDFを一気に抜いての

ゴールはスゴかったです!

ただロスタイム。星稜大畑選手のゴールで

ドラマティックに追いつくと、

それ以降は星稜頑張れと応援してしまいましたね。

PK戦は、星稜2本目の橋本選手は変な間合いだったので

外しそうと思っていたら案の定外れてしまい

見ていてかわいそうでした。

ただ市船4本目の薬袋選手は外しても、

笑っていたみたいで、余裕が感じられました。

さすがに5本目は渡邉主将が落ち着いて決めたときに

勝負は決まったと思いました。

さて6本目だと思っていたら、放送が打ち切り

なってしまい、最後の6本目はそのあとの

「蹴球魂」とかいう番組で散々引っ張ったあげく

わずかにしか映らず、日テレの編集のまずさに

少々怒りを感じました。

(同じ気持ちのかたが多数いたようです↓

PK決着見られず抗議殺到 高校サッカーで日テレに

ともあれ、星稜は頑張ったと思います。

選手は涙していたのが映ってましたが、

胸を張って良いでしょう。

……………………………………………………

これで決勝は、鹿実市船の対戦になりました。

夏のインターハイでは市船が勝ったそうです。、

鹿実の攻撃陣が市船の堅い守りを

破れるかがカギになると見ます。

自分は、鹿実のほうが有利のように感じますが

明後日の決勝戦、どうなるでしょうか。




コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ