« チェン奮投とアレックス来日! | トップページ | 落合監督、休日またもや野球漬け。 »

2005年2月10日 (木)

日本辛勝、大黒値千金ゴール!

2006FIFAワールドカップ 

アジア最終予選

日本 2-1 朝鮮民主主義人民共和国

<GOAL>スポーツナビより抜粋

○前半4分

三都主アレサンドロがファウルで止められ得たFK。

ゴールまで約35メートルの位置から、

小笠原満男が右足で直接シュート! 

壁を越えてゴール左隅に突き刺さり、

日本、いきなりの先制点!

●後半16分

北朝鮮が中盤を細かいダイレクトパスで

きれいにつなぎ、左サイドへ。

フリーのナム・ソンチョルが、

左足でクロスと見せかけてシュート! 

川口能活の予測の裏をかき

ニアサイドを突き破って

日本ゴール左隅に飛び込む。

○後半46分

右サイドから小笠原が鋭いクロス。

GKシム・スンチョル

中途半端なパンチングクリア。

福西崇史が正面で跳ね返し、

大黒将志が振り向きざまに

左足で蹴り込んで、ゴール右隅に突き刺さる。

日本、ロスタイムに執念の勝ち越しゴール!

……………………………………………………

やはり最終予選ですね。厳しいものでした。

小笠原のFKがあっけなく決まったので、

最終予選のプレッシャーなどは、

たいしたことないのかなと思いきや、違ったようで

日本も固くなったせいか、ボールが

収まらず、ドタバタのような感じもありました。

北朝鮮は、9番のキム・ヨンスが入ってからは

攻撃にも流れが出来て、前半30分以降と

後半の当初は日本を凌駕していました。

その上で入ったあれよあれよの同点弾

日本が耐え切れなかったように感じました。

後半19分と21分、

高原直泰中村俊輔が投入され、

4バックになり、ようやく落ち着いてきましたが、

北朝鮮が引いて守ってきていたので

それでもなかなか決められない。

このままドローかなと思っていたら、

終了間際で大黒が決めてくれました!

「Jの点取り屋」の習性なのでしょう。

よくあそこで詰めていたと思います。

とにかく辛勝ながらも初戦を取れてよかったです。

次のイラン戦アウェーでの戦い。

さらに田中誠三都主を累積で欠くので

最も厳しいと予測されています。

まぁ負けなければ良いでしょう。

課題も重圧も相変わらず多いW杯予選

難しい戦いが続きますが、

なんとか頑張ってもらいたいです。




コメント

奥ヒダツヨシです。
大黒選手のゴールには興奮してしまいました!
引き分けだと思っていたら、ロスタイムに飛び出しましたね。
この勢いで次も勝って欲しいですね。

>DRAGONS★VICTORYさん
ドロー寸前のあのゴール、
ホントに値千金でした。
「大黒」という名前もずいぶん浸透したと思います。
次のイラン戦も頑張ってもらいたいです。

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ