« 金剛・鈴木、ただいま大評判! | トップページ | キャンプ後半、まだまだ競争! »

2005年2月15日 (火)

REGGINA 0-1 MILAN

04/05セリエA第24節、

絶好調、9位のレッジーナ

ホームに2位のミランを迎えた。

レッジーナは、日本代表の北朝鮮戦から

トンボ帰りの中村俊輔を温存。

さらにカンナルサの代わりに、

DFにはザンボーニを起用。

一方のミランは、代表戦で右ヒザを負傷した

ピルロが欠場。代わりはカラーゼ

立ち上がりは、ミランが攻めてきた。

この所、好調をキープするクレスポ

再三ゴール前に姿をあらわす。

14分、クレスポのヘッドは、ファウルに。

25分、カラーゼカカのワンツーは決まらず。

レッジーナ大観衆のサポーターの後押しを受け、

勇気をもって攻めている。

16分、中盤あたりからコルッチが右足でミドル!

惜しくもGKジダがいったん弾きながらもセーブ。

1トップのボナッツォーリの下には、

このところFWの練習をしているパレデス

前に出て、ゴールに絡もうとしていた。

29分、コルッチのCKを

フランチェスキーニに合わせるが、

ジダが手を伸ばし阻む。

ミランの攻撃をうまくいなし、

ルーズボールを確実にひろうレッジーナ

ビッグクラブに対して互角の戦いを見せる。

しっかりゴール前はディフェンスを固めて、

シェフチェンコカカにスペースを与えない。

カフーの右からの上がりも見られない。

司令塔のピルロの欠場が

ミランに大きく影響しているようだ。

しかし、思わぬところから失点!

39分、セードルフが中央突破から

カカに送ったスルーパスを

ザンボーニに大きくクリアしようとしたが、

左足の振りが大きく、ループ状になって

ゴールに飛び込んでしまう!!

まさかのオウンゴール

ミランに先制点をプレゼントしてしまった。

ただその直前のプレーで

カカテデスコ

押しているシーンを主審が流したのが

レッジーナには不運の前兆だった。

後半は、流れを変えたいレッジーナ

9分、コルッチからバレストリのワンツーは

惜しくもポストの外に外れる。

10分、ボナッツォーリへの前線のパスは合わず。

14分、メストに代わって、中村がピッチに!

3トップの右に入る。

あまり前線には出てこなかったが、

パスの精度はかなり高かった。

28分、ペナルティーエリア近くで

ミランDF相手にドリブル突破を試みて、

倒されたプレーなどテクニックも見せた。

30分、中村が20メートルのスルーパスを

パレデスに通したが、決められず。

34分、ミランの逆襲。

カウンターからカカが抜け出し、

1-3の決定的チャンス。しかし不調からか

GKのパバリーニに止められてしまう。

もう1点入れば、ほぼ決まりのシーン。

危なかった。

カフーカカクレスポを下げて、

スタムセルジーニョ

そしてルイ・コスタを入れてきた豪華なミラン

スタムは前線に出て、攻撃にも絡むが、

全体的なチームの調子はイマイチに思えた。

レッジーナ

ミラン出身のボリエッロを投入したが、

2度もファウルで止めてしまったので

逆にガットゥーゾに怒られてしまうシーンも。

38分、バレストリのシュートは、惜しくも外れる。

40分、中村のFKは、見事なピンポイント!

ボナッツォーリがゴール前で粘りながら

太股でボールを押し込もうとするが、

ジダがしっかりとセーブしてゴールならず。

さらに、中村からデローザ

そして前線のパレデスに繋がるが、オフサイド

42分、前線へのパスがザンボーニに渡ったが、

足を滑らしてしまい、決定機を逃す。

再三惜しいシーンもあったが、オウンゴール

最後まで響いて、ミランが辛勝。

レッジーナは今年初の敗戦となってしまった。

……………………………………………………

「負けるような内容ではなかった。

オウンゴールは不運だったが、

最後に同点にするチャンスもあった。

これで気を落とすことはない、

今晩は運に見放されただけだ。」


マッツァーリ監督が言うように

実に惜しかったゲームだったと思います。

FW練習中のパレデスも若干オフサイドが多く

不慣れな面もありましたが、悪くはなかったです。

15日で5ゲームの中村も、途中出場ながらも

いい動きが見られたと思います。

次もハードなサンプドリア戦。

とりあえずは小休止となりましたが、

なんとか好調をキープしていってほしいです。

……………………………………………………

PS Gazzettaの採点

レッジーナは、メスト6.5が最高。

パバリーニ、フランチェスキーニ、デローザ、

モザルト、バレストリ、コルッチ
が、6

中村、パレデス、テデスコ

そしてボナッツォーリが、5.5

踏んだり蹴ったりのザンボーニが、

最低の5でした。




コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ