« 押し出しでサヨナラ、巨人を3タテ! | トップページ | BRESCIA 2-0 REGGINA »

2005年4月25日 (月)

三沢と川田、「運命」の握手!

5年振りの対峙。プロレスリング・ノア
4.24日本武道館
『Encountering Navigation '05』最終戦
ひとつの「運命」に向けて、
ひとりのレスラーが、箱舟のリングに
ついに足を踏み入れました。

全日本プロレスを退団し、無所属となった
川田利明が武道館に来場して、三沢光晴と握手。
7.18東京ドーム大会での参戦が確実となりました。

第3試合終了後、仲田リングアナの紹介の後に
流れたあのテーマ「Holy War」
大歓声のカワダコールのなか、
スーツ姿で現れた川田。そしてマイクを握る。

「ノアファンの皆さま、
はじめまして、川田利明です。
ここで、自分に少し時間をください。
三沢さん、いたら出てきてください。」

三沢が出てきて、リング上で対峙。

「自分は、プロレスファンの望むカード、
そしてそのプロレスファンを満足させること。
それがプロのレスラーだと思っています。
三沢さん、自分からは何も言うことはありません。
ただ、7月18日、その日は空けておきます。」

大歓声のなか、今度は三沢がマイクを握り、

「川田、ドームのリングで待ってるよ。」

そして両者が5年振りに握手、
運命の再会には余計な言葉はいりませんでした。


ついに三沢川田が闘うことになりそうです。
昨年の7.10では武藤敬司太陽ケアがリングに上がり、
代わりに三沢全日本に上がって、小島聡と対戦。
王道最後の砦川田との再戦も
不可能ではなくなってきていました。
今春、川田無所属になって迎えたこの日。
ドーム大会のタイトルである「DESTINY(運命)」のように
ついにノアのリングに足を踏み入れました。

7.18東京ドームのカードは、
これも豪華な小橋建太VS佐々木健介が決定。
天龍源一郎鈴木みのるの参戦、
もしかしたら高山善廣の復帰などもありそう。
三沢VS川田はシングルになるか、タッグになるか。
カタチはまだ未定ですが。
久々の対戦ですし、とても楽しみです。

それにしても、川田「ハッスル」とかを経験して
マイクアピールが上手くなったと思いました。
三沢の方は、棒読み気味?で笑ってしまいました。


【バトルレビュー】
(スポーツナビより一部要約)
☆第6試合
三沢光晴 ●鈴木鼓太郎 VS 鈴木みのる ○丸藤正道

三沢のエルボー攻撃に圧倒されながらも、
鼓太郎に徹底的に攻撃の的を絞り、
最後は丸藤のトラースキックからみのるのスリーパー、
さらに丸藤が不知火で圧勝。

もう少し三沢みのるの対戦が見たかったです。
ちょっと鼓太郎が攻められすぎた感がありましたね。
みのる組はタッグベルト取りをアピール。
今は外国人組がGHCタッグ王者なので、
奪ってもらい、新たな展開が見たいです。


☆セミファイナル
小橋建太 ●潮﨑豪 VS 秋山準 ○天龍源一郎

15年5ヶ月振りの対戦となる小橋天龍
新人の潮崎豪にゲキを飛ばしながら、
天龍の胸板に100発以上に及ぶ
水平チョップを打ち込む小橋
最後は潮崎天龍のパワーボムに敗れた。

それにしても、小橋の逆水平は凄かった!
こんなに打ち込む小橋を見たのは久々でした。
チョップで天龍の胸板が切れて、
出血した
のには驚きましたね。
ちょっと50代半ばの肉体にはキツそうでした。
ドームでの佐々木健介との対戦は
とても見たかったカードなので、最注目したいです。


☆メインイベント GHCヘビー級選手権試合
○力皇猛 (25分6秒無双→片エビ固め) ●斎藤彰俊

試合は終始、挑戦者・彰俊のペース。
終始苦しんだ力皇だったが、
最後はバックドロップから無双
斎藤から3カウントを奪い、初防衛に成功
しかし観客からブーイングも飛ぶ内容に

力皇も初防衛戦だっただけに
プレッシャーもあったことでしょう。
ホント、試合のペースが握れず、苦しそうでした。
彰俊がうまく進めていたからよかったものの、
他の挑戦者なら展開的に苦しかったかも。
ただ試合後、観客がリング近くに集まらず、
退席がかなり見えてきたのには、
ちょっとかわいそうに思えました。
まぁまだ王者になったばかりまだまだ勉強ですね。
今後は7.18でGHC王者として上がることが出来るかが
注目されます。頑張ってほしい。




コメント

たまにはこちらのネタにも・・・
まだ名古屋じゃ映像が見られないのですが
川田がノアのリングに上がりましたか
マイクはむかしからキャッチーなことを短くまとめて言うってイメージなんですけどね
(「これが全日本プロレスです!」みたいに)

現時点では川田対秋山のほうが個人的には『そそるカード』なんですけど。
東京ドーム楽しみですね

MegaDraさん
お気遣いありがとうございます(笑
とてもうれしいです。
川田選手、ちょっと栃木弁の
イントネーションが入っていましたが、
マイクはしっかりしていました。
「川田VS秋山」
秋山選手は結構、川田選手にイジメ?られましたから。
これも楽しみですよね。今後に期待しましょう。

川田は本当に勝負にでました。
団体を背負っていた時とは違って、自分の存在意義、存在価値
全てをひとりで背負っていくことは、とても大変です。
団体を背負っているよりも大変だと思います。代わりにあだ討ちする人間がいませんから。
下手やっていると、「川田利明」というレスラーが抹殺されてしまいかねません。
更に川田ぐらいになると、いい試合を見せるだけでは、周りが納得
しませんから。
正念場を応援します。

>あまるな!さん
川田選手、まさに正念場ですね。
「全日本プロレス」の看板を捨ててきましたが、
「オレだけの王道」を背負って
「箱舟」に乗り込む川田選手、
やってくれると思いますよ。
5年振りの対戦となる7.18東京ドーム、
期待したいと思います。

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション

STブックマーク

無料ブログはココログ