« 突如の乱調、火に油、もったいない敗戦。 | トップページ | CAGLIARI 1-1 REGGINA »

2005年5月 2日 (月)

18安打15点、打線爆発も苦笑いの勝利!

ようやく全開 これが真の福留

連日の3ラン含む3安打5打点


両チーム合わせてなんと36安打

とんでもなかった乱打戦を制したのは、ドラゴンズ

確かにスゴいですが、終盤中継ぎが打たれる始末。

長いゲームを制しましたが、素直に喜ぶべきなのか?

横浜-中日 6回戦
(1日・横浜スタジアム)
 D 202 065 000 = 15
 B 001 010 340 = 9
[勝] 中田(2勝1敗)
[D本] 福留4号3ラン

アレックス7号、8号3ラン



加藤武治中田賢一の先発。

先制したのは、今日もドラゴンズ

初回、荒木、井端の連打で1、2塁とし、

立浪のセンター前タイムリーでまず1点

ウッズは見逃し三振でしたが、

福留のセカンドゴロの間にもう1点

3戦連続の初回得点でペースを握ります。

さらに3回、再び荒木のヒットと井端の野選から

ウッズの三ゴロの間と福留のセンター前で2点。

4-0と優位に進めて行きます。

そして5回にビッグイニング

この回から登板のルーキー・岸本秀樹を攻め、

井端が四球で出て、走りますが失敗。

しかし立浪が左中間に446号ツーベース

得点のチャンスで迎えるは、ウッズ

しかし岸本ウッズの尻にデッドボール!

ウッズ激怒し、岸本をにらみつけます。

出てきた横浜のコーチ陣に何とかなだめられ、

ウッズは一塁へ向かいますが、

そこでも怒りは収まらず、なおもにらみます。

動揺したか?

岸本は続く福留にストライクが入らず。

何とかストライクを取ったあとの4球目、

147キロのストレートがど真ん中に。

復調近い福留は、見逃さず叩くと、

打球はバックスクリーン右へ飛び込む

スリーランホームラン!

7-1となる大きな一発となりました。

横浜は、2年目の吉川に交代。

しかしこれが火に油を注いだカタチに。

続くアレックスが代わった初球のフォークを

右中間スタンドの通路口に飛び込む

連続ホームラン

8-1となった打線はさらに押せ押せに。

森野、谷繁の連打と荒木の四球で二死満塁とすると

井端が得意の右へのタイムリー!

これで二者生還して、得点は二ケタに。

この回打者一巡の猛攻で6点を奪いました。

中田は、4度目の先発となりましたが、

今回の登板は今まで一番良くない出来

ストレートのキレは良いのですが、制球が今ひとつ。

毎回のように四球でランナーを出し、

カウントも悪くして、抑えるのに一苦労。

しかしここぞの場面でボールが決まる粘りの投球

3回の佐伯のタイムリー二塁打と

5回の多村のレフト最上段への一発のみの2失点

横浜の拙攻にも助けられて、

結局、5回108球、8安打4四死球で降板しました。

2-10となって勝負ありかと思えましたが、

昨日のようなこともあるので、

ドラゴンズは攻撃の手をゆるめません。

6回に再び、つながる打線が爆発します。

点差が開いたため、続投となった吉川から、

先頭のウッズが軽くライト前にヒット。

福留もライト前で続き、1、2塁。

ここでアレックスが内角高目のストレートを

上手く振り抜くと今度はレフトスタンドへ!

2打席連続のスリーランホームラン

アレックス4打点

この日5打点福留とともに荒稼ぎになりました。

さらに中田の代打・井上

一塁線を抜くタイムリーツーベースで1点。

荒木のセンター前ヒットで

井上三塁を回ったところで足がもつれて転倒!

慌てて戻るズッコケ珍プレーを見せながらも、

続く井端の併殺崩れの間に何とかホームを踏みます。

この回も打者一巡5点を追加、

2-15。怒濤のビッグイニングとなりました。

このままゲームが終わっていれば、

圧勝で大喜びとなったのですが、ここからがいけません。

6回から登板した川岸強は、

なんとか0に抑えましたが、

7回、石井多村に2ランを食らうなど

横浜打線につかまり、3失点

8回には平井がまさかの大乱調

3連打を含む5安打を浴びる4失点

あっという間に9-15

最終回には7点差にもかかわらず、

岩瀬が登板となる始末。

決して調整登板とはいえない登板が

終盤のつらさを物語りました。

岩瀬は9回を三者凡退で抑えて、ゲームセット。

4時間12分となった長時間ゲームの結末に

素直に喜べるうれしさはありませんでした。


福留が今度こそイケそうな感じです。

今日は、横浜の中継ぎがダメだったので

正確な評価とまではいきませんが、

どん底を脱することはできたでしょう。

先発野手が全員安打、それも2安打以上(森野は1安打)

18安打、15点はお見事でした。

ただ終盤、連日のように失点してしまった

中継ぎ陣に喜びは半減です。

先発の中田も含め、今ひとつだった気がしました。

開幕して1ヶ月、正直、疲れはあると思います。

交流戦もある5月、なんとかそれを

勝ちながら乗り越えて、頑張ってほしいです。


PS 今夜のビクトリーラン!

☆福留孝介

「(5回のホームランについて)

打ったのはストレート。

良い感じで打てました。

昨日デットボールの立浪さんが

良く走って帰ってきてくれました。

タイロンが当てられて気合が入りました。

いいところで打てて、本当によかった。

それにしても、みんなに長い間、

迷惑かけていましたから。

ここに来て、いい感じになってきていた。

頭もスッキリしたし、いい形に戻った。

月も変わったんで、続けて打ち続けたいですね。」

☆アレックス・オチョア

「(5回のホームランについて)

打ったのはフォーク。

ストライクを見逃さないように打てました。

(6回のホームランについて)

打ったのはストレート。うまく打てました。

ストライクが来たら強く振ろうとだけ思ってた。

幸せな一発だ。

自分はホームランバッターじゃないから、

ホームランの数はいいよ。

ただ昨日(30日)、チームはいやな負け方をした。

その翌日の試合というものは、とても重要なんだ。

みんなが強い気持ちで向かっていったね。

それがうれしい。」

☆井上一樹

(ヒットと爆笑パフォーマンスで存在感)

「思わず足がよろけた。

でも(その後に)得点できてよかった。」

☆中田賢一

「全然ダメでした…。

今まで投げたなかで、一番自分に対してイラつきました。

調整不足ではないです。

ボールは走っていたと思うんです。

先頭打者をほとんど(の回で)出してしまっては…。

ずっと制球を気にしているんですけど、ずっと悪い。

ストライク先行にしたいんですが…。

考えすぎてしまう部分があるのかもしれませんね。

次に機会をもらえたら、

反省を踏まえてしっかり投げたい。」

☆平井正史

「フォームがバラバラ。

直すポイントは分かっているんですが…。」

☆岩瀬仁紀

「こういう展開の試合は

先頭打者を塁に出さないこと。

それが鉄則。それだけを心がけた。」

☆森繁コーチ

「(中田の)粘り?粘り切れなかったから代えたんだ。

(石井と平井は)調整登板しているのに。

これが続けば(選手登録の)抹消(2軍降格)もあるよ。」

☆落合監督

「きょうは何もなし。以上。

こんなゲーム(15-9)にしたベンチが悪い。

もう何も聞くな。」


PSその2 ちょっと悔しい?今日の渡邉選手

打線爆発の今日は、いつもより早い、

7回表、ウッズ代走として登場!

自慢の足?は披露できず。そのまま一塁の守備へ。

8回無死1塁、金城の当たりは一二塁間に飛ぶ。

渡邉選手が横っ飛びでナイスキャッチ!

二塁に送球しようとしましたが、躊躇し一塁へ。

ベースカバーに入った平井に投じるも

間に合わずセーフ。内野安打にしてしまいました。

一瞬の判断ミス荒木と話しながら

悔やむ渡邉選手の顔が印象的でした。

打撃の方は、9回一死でまわり、木塚と対戦。

初球真ん中低目のストレートを打って

高いバウンドのピッチャーゴロに。(.500)

いまひとつの一日となってしまいました。




コメント

渡邉選手のプレーは荒木が邪魔になった
のではないでしょうか?
送球できる態勢でしたから、たぶんそう
だと思いますが、どうでしょう。
福留は完全復活でしょうから、これから
本当のクリーンナップも大いに期待でき
ますね。

いやあ、いのうえくんおいしすぎます!
おもわず、ひとつのエントリーをあげちゃいましたo(^o^)o
しばらく冷めていたいのうえくん熱が再燃しそうです!

奥ヒダツヨシです。
月が変わって打線爆発凄いですね。
この調子で5月も快進撃となって
欲しいです。
私事ですが5月3日の対ヤクルト戦を
観戦にナゴヤドームへ行って来ます。
石井裕也投手の登板が見られるといいなぁ

荒木が今日みたいに5回も塁に出ると点が入りますね。
まとめてではなく、分散してくれるといいのですが・・・。
これが荒木らしい特徴ですかね。

勝った事は素直に喜んでますが、課題は残りましたね。

たしかに最近ちょっと試合が大味ですね。
打線は水物ですから、投手陣は微調整が
必要でしょう。
次は好調ヤクルトですから、引き締めてかからないと
苦しい戦いが待っていそうです。

超強竜打線と崩壊寸前中継ぎ陣・・・
打線がだめな時は投手で、投手がだめな時は打線で
という感じで結果はうまくかみ合ってて
首位キープってことでバンザーイ!
って言ってられませんね~
もうすぐ交流戦、何とか名古屋で整えて欲しいです。

ウッズににらまれたら怖いでしょうね。
新人投手ですし。
死球王と同じくらい迫力があるかも。

渡辺さんのプレーはギリギリのプレーですね。
ナイスプレーにもなり得た感じです。
ウッズなら捕球していないでしょうし。。

こんにちは~^^
昨日のなべどん(こんな呼び方で失礼)は
代走スタートだったんですか。
おお 自慢の足・・・見たいものです♪
盗塁しちゃったりしたら監督に
足がついてるんだもん 走るさとかって
コメントされるんでしょうかねww

あのプレーは井端のセカンドカバーが遅れて、
二塁に投げられなかったように見えました。
平井、井端も捕れると思ってなかったような…。
せっかくのナイスプレーだったのに、残念です。

みなさんコメントありがとうございます。
いつも返事が遅くて申し訳ありません。

>ギンタロウさん、
ナイスキャッチだったのに
内野安打になってしまったプレー、
どうだったのかVを見ても、
よくわからなかったので助かりました。感謝です。

>ずたたんさん
いのうえくんのプレーは爆笑でしたね。
ほかのサイトでも
炎のヘッドスライディングを襲名とか
書いてありましたよ。たいしたモノです!

>DRAGONS★VICTORY奥ヒダツヨシさん
石井投手、この所結果が付いてきていませんね。
疲れやプレッシャーもありますし、
期待されているハードルが高いのもありますが、
再びナイスピッチングを見せてほしいですね。
3日は活躍レポート、期待しています!

>daiさん
上位がしっかり出ると、打線が繋がります。
荒木選手、確かに固め打ちが多いですからね。
その分、反動が来ないことを祈っています。
井端選手もしっかり3安打、これからも頼んだぞ!

>ドラゴンズブルーさん
ドラゴンズらしい展開というのが
このところで分からなくなっていました。
毎年、らしさは変化しますから、
今季のカタチとして理解すべきなのでしょうか。
ただ中継ぎ陣は、ある意味生命線。
しっかり投げてほしいです。

>夢野球作さん
交流戦という得体の知れないモノが
今週末から始まります。
首位だとパの球団から狙われてしまいます。
だからその前にチームのカタチをしっかり整えて、
交流戦を迎えるのは大事だと思います。
相手も2位ですし、調整試合ではないですが、
明日からのヤクルト戦3試合は
しっかりやってほしいです。

>ノマーさん
ウッズ選手、怒っていましたね。
自分ならへらへらビビリまくりです(笑
岸本投手、昨日はついていませんでした。
ルーキーなら怖いのはなおさらだったでしょうね。

>そふいあさん
うまい!さすがですね。
ただ昨日は井上選手のあの珍プレーの後ですし、
もつれて倒れてしまったら、
何を言われていたか分からなかったので、
大きな走塁プレーがなくてよかったです。

>Coplandさん
「ナベプレー」については一番はじめに書きました。
ところでハマスタ3連投、観戦お疲れさまでした。
次は、千葉マリン上陸でしょうか。
まさかインボイスドームはないですよね?

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • COMING SOON

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ