« 野口苦しい初先発、悔しい3回3失点。 | トップページ | わずか2安打、降竜戦はいまだに続く...。 »

2005年5月17日 (火)

PALERMO 1-1 REGGINA

04/05セリエA第36節、

10位タイのレッジーナ

アウェーで、6位パレルモと対戦。

現在勝ち点が41

ボーダーラインと言われる43までに

早く到達して、残留を決めたいところ。

前節、右ひざ打撲で負傷交代した中村俊輔

無理をさせず、ベンチからのスタート。

ボナッツォーリの下には、テデスコ

ケガが癒えたパレデスが久々のスタメンを果たした。

パレルモは、前線で17ゴールのトーニに注目。

全試合同時キックオフで始まった前半、

序盤は、パレルモが攻勢をかける。

左サイドからグロッソを中心に、

前線のトーニに合わせる攻撃。

ザウリや、ブリエンツァのシュート

さらにコリーニのFK、CKなどでゴールを脅かす。

16分、トーニがトラップして落としたボールを

入ってきたザウリがシュート。

これはGKソビエーロがキャッチする。

ただ残留を決めているパレルモ

若干モチベーションが下がっているのか?

中盤のプレッシャーは甘い。

レッジーナは当初は、とまどっていたようだが、

徐々に慣れて来て、攻撃も出来るようになってきた。

そんななか、先制点が入る!

36分、バレストリのFKが前線へ渡ると、

うまく飛び出したボナッツォーリが右足で合わせシュート!

惜しくもゴール左ポストを叩くが、

そのこぼれ球を詰めてきたメストが合わせてゴール!!

メストの今季初ゴールで

アウェーのレッジーナが先制!

残留へ貴重なゴールになりそうな予感。

それ以降はレッジーナが押せ押せで

1点リードで前半が終了した。

後半に入ると、徐々にパレルモがペースを握ってくる。

7分、サンターナのシュートは、ソビエーロがパンチング。

9分、ザウリが強烈なシュート。

10分、コリーニのFKからサンターナソビエーロが反応。

もはやピッチの左半分でゲームが行われている構図。

さすが、今季6位の力を見せつけ、

波状攻撃をかけてくるパレルモ

防戦一方のレッジーナは、さかんにボールをはね返す。

18分、流れを変えようと、

テデスコに代えて、ボリエッロを投入するが、

あまり状況は変わらない。

唯一のチャンスは25分。

カウンターからボナッツォーリ

中に走り込んできたボリエッロにピンポイントのパス。

しかしゴールわずか右に外してしまう。

これが入っていれば、ある意味ダメ押しだった。

それ以降はさらにパレルモペース。

しかし、GKのソビエーロが今日は大当たり

トーニが、ザウリが、ザッカルドが、バローネ

さかんにゴールを狙うが、ことごとく反応!

残留確定のため、最後の砦が大活躍を見せた。

なんとか逃げ切りたいレッジーナ

時間を稼ぐ意味からも

44分、ボナッツォーリに代えて、中村を投入。

中村自体は、ケガの影響も少なく

そこそこの動きを見せていた。

勝利まであとわずか、ロスタイムは4分

しかしここでまさかの落とし穴が!

終了間際の49分、

コリーニのFKからトーニが合わせてヘッド、

ソビエーロが左手ではじき出すも、

詰めていたバローネが押し込んで同点!

再三のピンチを防いでいたサルバトーレ・ソビエーロ

パレルモの意地の前に、

ついに牙城が崩れてしまい、そのまま終了。

レッジーナ、残留は次節に持ち越しとなった。


それにしても、

「もったいない」の一言ですね。

しかしソビエーロは良くやりました。

責めることは出来ません。

それよりももう1点を取りに行くことが

出来なかった攻撃に問題があったと思います。

36節終了でこうなりました。

<36節現在> Pts P W D L F A

1)ユベントス  82 36 25 7 4 61 23

2)ミラン     77 36 23 8 5 59 24

10)ラツィオ   42 36 11 9 16 44 49

10)レッチェ   42 36 10 12 14 61 68

10)レッジーナ 42 36 10 12 14 34 43

13)ボローニャ  41 36 9 14 13 33 35

13)ローマ    41 36 10 11 15 54 58

15)パルマ    40 36 10 10 16 45 62

16)シエナ    39 36 8 15 13 42 54

16)キエーボ   39 36 10 9 17 31 49

--------------------

18)フィオレンティーナ  38 36 8 14 14 38 49

18)ブレシア   38 36 10 8 18 35 50

20)アタランタ  35 36 8 11 17 33 42

(18~20位:降格

●レッジーナの残り試合

第37節 レッチェ(ホーム)

第38節 インテル(アウェー)

残り2試合、依然混戦は続きます。

なんとか次節ホームでのレッチェ戦で

引き分けでいいから、

勝ち点1を積み上げてもらいたいです。


△マッツァーリ監督のコメント

「追加点を奪うチャンスを決められなかったことが、

勝利を逃す結果となってしまった。

このようなことは今シーズン数回起こっている。

その試合を勝てていれば

もっと順位も上なはずだった。」


PS Gazzettaの採点。

レッジーナ、最高点はもちろん

ソビエーロ「7.5」!

モザルトも頑張って、7。

以下は、メスト、パレデス、テデスコ

ボナッツォーリ
が、6.5。

カンナルサ、ザンボーニ、ピッコロ、

デローザ、フランチェスキーニ、

バレストリ
が、6。

ボリエッロが唯一、5.5。次は決めてほしい。




コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • : DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)

    DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)
    NO DRA, NO LIFE 中日ドラゴンズ承認ファンブックが今年も発売決定!毎日の試合結果を記載できるドラゴンズぴあダイアリー2018-2019が別冊付録。

  • : 中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018

    中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018
    新スローガン『原点回帰 Dragons愛!』を掲げ、日々激闘を続ける竜選手たちを後押しする、中日ドラゴンズの応援歌メドレーアルバムの2018年版が誕生!

  • : 中日ドラゴンズファンブック2018

    中日ドラゴンズファンブック2018
    「原点回帰 ドラゴンズ愛」をチームスローガンに掲げて2018年シーズンを戦うドラゴンズの全容を紹介!森監督インタビュー、京田・又吉トークなどの読み物、選手のプロフィルや過去シーズンの成績をはじめデータも充実。

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ