« 山井まさか、ドラゴンズ手痛い連敗。 | トップページ | REGGINA 1-1 BOLOGNA »

2005年5月 9日 (月)

ホッとした、ドラゴンズ交流戦初勝利!

竜 交流戦初勝利

谷繁、執念の同点打 3連敗させません


オリックス相手にまさかの連敗をしたドラゴンズ

ルーキー対決となった第3戦は

二転三転のシーソーゲームとなりました。

しかし「フシギ」は3日は続きません!

セ・リーグ首位の意地をみせ、

逆転勝ちしたドラゴンズ

ようやく交流戦初勝利となりました。



◇セ・パ交流戦

オリックス-中日 3回戦
(8日・スカイマークスタジアム)
 D  100 310 021 = 8
 Bs 012 030 000 = 6
[勝] 岡本(3勝1敗)[S] 岩瀬(1勝10S)
[D本] 立浪3号



オリックス・光原逸裕ドラゴンズ・中田賢一

ともにドラフト2巡目のルーキーの先発

連敗中のドラゴンズは、打順を再び変更。

6番に森野、7番に渡邉、そして9番レフトに

大友をスタメンに入れてきました。

先制したのは、ドラゴンズ

光原の立ち上がりを攻め、

荒木がライト線に落ちる二塁打で出ると

井端がプッシュバントで二塁内野安打。

さらに立浪の四球で無死満塁のチャンス。

4番・アレックスがレフトに犠牲フライ。

続く福留が四球を選んで、再び満塁にしますが、

しかし森野が初球を打って、4-6-3の併殺

1点しか取れなかったのが、

後々の混戦に繋がってしまいました。

オリックスもすぐさま反撃。

2回に早川の三ゴロの間の1点で同点に追いつくと、

3回には、がレフトへ2試合連続のホームラン。

3-1とゲームをひっくり返しました。

しかし、ドラゴンズが4回、再び反撃。

先頭の福留がショート内野安打で出塁、

森野もセンター前で続き、無死1、3塁。

ここで渡邉がライト前にタイムリー!

3連打で1点差に。

谷繁のライトフライで一死1、3塁とすると、

さらに大友の一ゴロの間に同点

そして荒木が初球をセンターへ。

セカンドの平野が飛び込むも弾いて、内野安打!

逆転タイムリーとなって4-3

さらに5回には福留の併殺崩れの間に1点を奪い、

5-3と再びリードを奪いました。

しかし5回ウラ、ゲームがまたも動きます。

一死後、平野の投ゴロを

中田がトンネルして内野安打にしてしまうと、

谷、ブランボーに連続四球で満塁に。

北川を迎えたときに石井に交代。

中田は、4回1/3でマウンドを降りました。

北川が初球、外角低目のスライダーを叩くと

打球はライトへの飛球!

福留が見事なダイビングキャッチ!

しかしホームには投げられず。

1点失ったかと思いきや、

三塁走者の平野が飛び出しすぎて、タッチアップ出来ず

まさかのボーンヘッドでドラゴンズは得をしました。

しかし、次のシーンで再びまさか!

石井が続く後藤の腰に死球

押し出しとしてしまいます。

せっかく得をしたのに帳消しとなる一球。

石井は続く早川にセンター前に2点タイムリーを浴び、

6-5とまたも逆転されてしまいました。

ルーキーズが沈んで、奪われた3点

オリックスの粘りの前に、

「3連敗」の嫌な空気が流れてきました。

6回以降は、継投勝負。

オリックス香月が、ドラゴンズ岡本が凌いで、

6-5のまま、終盤8回を迎えました。

8回表、マウンドには5番手の菊地原

二死を簡単に取りますが、渡邉に四球。

オリックスは、吉川にスイッチします。

しかし続く谷繁のときに鈴木のパスボールで

代走・澤井が二塁に進みます。

ここで谷繁意地の一打!

前進してきたセンター前に落ちるタイムリー!

終盤にようやく同点に追いつきました。

さらにチャンスは続き、大友が四球を選びます。

二死1、2塁で迎えるは荒木

しかし4球目のフォークを引っかけて、ショートゴロ。

万事休すかと思いきや、三度目のまさか!

上手く捕った後藤が二塁に放るも、

これがとんでもない悪送球!!

ボールはライトの方向へ。その間に谷繁がホームイン!

オリックスの守備のミスから

ドラゴンズがついに逆転しました。

そうなると勝利の継投。

8回ウラ、岡本が代打・水口を抑えると

すかさず守護神・岩瀬にスイッチ!

代打・下山、平野宝刀スライダーで連続三振。

9回、立浪のライトへのダメ押しの一発で

2点リードとなるとさらに万全

には二塁打を打たれるも、後続を抑えてゲームセット!

ドラゴンズ、何とか交流戦初勝利となりました。


5回に逆転されたときは、

正直、今日も負けるんじゃないかと思いました。

しかし相手のミスからでしたが、逆転勝利

「今日は負けられない」という

ドラゴンズナイン意地の勝利だったと思います。

一つ勝てて、ホッとしましたね。

これで少しは流れを取り戻せるでしょう。

火曜日からはインボイスSEIBUドームで西武と対戦。

昨年の日本シリーズのリベンジといってほしいです。


PS 今日のビクトリーラン!

☆立浪和義

「たくさん応援に来ていただいたので、

今日は結果が出せて良かったです。

対戦したことのないピッチャーが多いのですが、

条件は同じなので、

これからもドンドン打てるように

頑張っていきたいと思います。

3連敗せずに、正直ホッとしています。

また東京方面にも来ますので、

応援よろしくお願いします。」

☆谷繁元信

「(8回の同点タイムリー) 

2試合負けていたので

どうしても勝ちたいという気持ちだけでした。

シーソーゲーム? そんなことより、

何より勝てたということが大きいんです。

カウント2-3。だから、狙い球も何も、

とにかく来た球を振るつもりでした。

(セの首位がパの5位に連敗していたが)

やはりセの打者とは違うところがある。

僕自身、少し(配球の)考え方を

変えなきゃいけないかな…と思っています。」

☆福留孝介

「(5回、ダイビングキャッチ)

(満塁で)少し前に守っていたし、

捕れると思ったから思い切りいきました。

(人工芝の)ナゴヤドームだったら? 

捕れてない。っていうか、飛んでない。

ここだったからですよ。」

☆大友進

「(2回にダイビングキャッチ)

三塁に走者がいたから、思い切っていきました。

気合? 入りまくりでしたよ。

初めてのスタメンで必死でした。

パ・リーグ相手ということで燃えました。」

☆岡本真也

「連敗していたし、気合が入っていました。

腕が振れていたんで真っすぐで押しました。

負けてるといっても1点差。

0点に抑えれば何とかなると思って投げました。

疲れは感じない。毎日だときついけどね。

打者の特徴がよくわからないので、

自分らしいピッチングを心がけました。

交流戦のチーム初勝利投手?いつもと一緒です。」

☆岩瀬仁紀

「(今季10セーブ目)調子はよかった。

ベンチから、あの場面(8回1死)で行くぞと

言われていた。何としても勝ちたかったから。

(交流戦初登板)そういうのは関係ない。

自分の投球が出来るか出来ないか。

こういう展開だったから、そういうこと

(早めの投入)もあると思って準備していた。」

☆荒木雅博

「(4回の勝ち越しタイムリー)

前の打席もチャンス(2死三塁)で凡退

していたから、センター方向を意識していた。」

☆アレックス・オチョア

(3回、小飛球をスライディングキャッチ)

「常にベストプレーを心掛けているけど、

ボクだけじゃなくウチの守りはいいからね。

大友や福留のプレーを見ていても分かると思うけど

アレがボクらのチームの強さ(の秘密)だと思うよ。

守りで貢献できてうれしいよ。」

☆中田賢一

「(6失点と乱調) 悔しいです。

ヒットにしてしまった5回の(平野の)

当たりは、イージーなゴロ。

大事にいこうと思っていたのに...。

森コーチにきつく注意されました。

言われて当たり前のことをしているぼくが悪いです。」

☆落合監督

「1勝2敗でいいんじゃないの。3連敗しなければ。

(西武、ソフトバンクと強敵が続く)

これからの試合? わかりません、以上。」


PSその2 うるるとさらら、今日の渡邉選手

昨夜は、苦しい併殺を喫しましたが、

今日は心機一転、「7番・一塁」

懐かしい昨季の打順での出場となりました。

第1打席は初球をいい当たりの右飛、

そして第2打席、光原の内角低目のシュートを

しっかり叩くライトへのタイムリー!

うれしい打点となり、リベンジを果たしました。

第3打席は遊ゴロ、そして第4打席は価値ある四球

ここで代走・澤井に代わりました。(.316

コメントも入りました。(トーチュウ紙面より)

「(4回のタイムリー)

一、二塁間が空いていたので、右方向を

ねらっていた。ヒットになってよかった。」

次の西武戦では、ノーヒットだった

シリーズのリベンジを果たしてもらいたいです。




コメント

奥ヒダツヨシです。
今日は勝ってくれて良かったですね。
負けるとチームのムードが悪くなりそうで
心配してました。
交流試合初勝利で気持ちが吹っ切れて
西武戦に臨んで欲しいですね。

点の取り方はドラらしい地道に取る方法でしたね。
贅沢を言えば初回の森野で決めてほしかったですが
勝ったことに素直に喜んでいます。
これで西武戦に勢いが付いて望めそうですね。
まずは、昌さんで初戦を取りたいですね。

なんとなく交流戦に気持ちが入っていません。
でも、次は西武戦ですからいやでも盛り上がります。
絶対に勝ち越して欲しいです。

最後はファースト、森野選手だったんですね。

渡邉選手の流し打ち見事でしたね。
最後は勝負に対する執念が、相手を上回ったから
白星を掴み取ったと思います。
やっとチームの調子もどん底からサヨナラです。
昇り調子でインボイス球場入りですから
西武線は3タテといきたいもんですね。

外野の守備が光りましたね。
しかも3人とも。
これこそドラゴンズっていう感じです。

新人は疲れがたまっているでしょうね。
下から元気な若手が出てきてくれるとうれしいです。

こんにちは~^^
昨日は勝ててほっとしました。
初回の森野の場面は「狙い撃ちいくぞー」と
構えてたところをあっさりゲッツーでがっかりでした(;つД`)
でもなんとか勝ててよかったです。
久々の生観戦が勝利で気持ちよく帰ってきました^^

勝ったのに監督のコメント短いですね。
ウッズの件の余波なのか、試合に納得がいかないのか…。

みなさんコメントありがとうございます。
今日はゲームがないのでちょっとゆっくりできます。

>DRAGONS★VICTORY奥ヒダツヨシさん
ようやく勝てましたね。
これで大丈夫ではないかと思います。
さぁインボイスドームで西武にリベンジですね。

>daiさん
初回満塁、いきなり初球併殺は
こりゃまずいなあと思いましたね(笑
昌さんは日本シリーズの悔しさを
誰よりも感じているはずですから
明日はやってくれるでしょう。

>ドラゴンズブルーさん
そうなんですよ、
最後のフライを捕ったのは森野選手でした。
なにげに上手くなっているのでヤバいです。

>ギンタロウさん
狙って打った右打ち、お見事でした。
これでチームもどん底脱出、大丈夫でしょう!

>ノマーさん
野口投手も下でよかったそうですね。
ドミンゴ投手も来るでしょうし、
ルーキーズもウカウカできません。
ところでブルペンで岩瀬投手に
力水を与えていたところが映っていた長峰投手は
いつ投げるんでしょうね?

>そふいあさん
自分が昨年見に行ったゲームでは
「狙い打ち」が一度も出ませんでした。
昨日はあとから出たのでよかったですね。

PS観戦記、読ませていただきました。
コメントの調子が悪くて、
文章が違うコメントが2つ行ってしまいました。
すみません、どちらかカットして下さいね。

>Coplandさん
監督のコメントが短くなってしまいましたよ。
だから言わんこっちゃない。
筆談にならないことを祈ります(笑

あわや単なる「有馬温泉旅行」になるとこでしたが、
勝ってくれて助かりました。(^_^;)

今日から西武ドームですが、ちょっと遠いので
なんとか定時には仕事を終わらせなくては…。

日本シリーズの借りを返なくては!!

頑張れ、コースケ!!

>Frant von Marinedolfさん

スカイマーク、行かれていたんですね。
記事と写真、拝見しました。
自分としては「有馬温泉旅行」だけでも、
十分うらやましいですよ(笑

今夜はインボイスドームですか!
山の中は寒いのでお気をつけて。

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • COMING SOON

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ