« 中田7失点KO、ドラゴンズ首位転落。 | トップページ | 反攻へのアドバルーン!今日から楽天3連戦。 »

2005年5月24日 (火)

REGGINA 2-2 LECCE

04/05セリエA第37節、

10位タイのレッジーナ

同じ勝ち点42のレッチェとの対戦。

レッジーナにとってホーム最終戦。

格安チケットの影響で、

オレステ・グラニッロには

多くの観客が入っていた。

両チームともにまだ残留が決まっていない。

ホームのレッジーナは、勝ってお祭り騒ぎをしたいところ。

対するご存じゼーマン監督率いるレッチェ

16ゴールを決めているセルモン人のブチニッチに注目。

アウェーではわずか2勝だが、

得意の攻撃サッカーを仕掛けてくるか。

前半は、レッジーナが積極的に出る。

パス回しもよく、ボールを良く動かしていた。

その流れで先制点!

9分、左サイドからのエステベスからのクロスを

DFの裏を抜けだしたボナッツォーリ

右足で見事なダイレクトボレー!

この日は、髪を後ろで縛り、

ちょんまげ頭ボナッツォーリ

鮮やかな今季8ゴール目を決め、

1-0と幸先良いスタートをきった。

しかし15分、右サイドから、

アンジェロのクロスを受けたブチニッチ

囲まれながらも粘って、振り向き様にシュート!

レッチェがあっさりと同点に追いつく。

興奮したレッチェサポーターが発煙筒を投げ込み、

一瞬ゲームが中断。これはいけない。

その後は両チーム、互いに

中盤でプレッシャーを掛け、様子をうかがう。

若干、左サイドでレッジーナ

ボールを支配し、やや押している印象。

そして31分、ゲームが再び動く。

今節スタメンの中村俊輔の左サイドからのCK。

一度はDFにクリアされるが、

もう一度中に入れると、再びクリア

しかしそれをパレデスが狙っていた。

こぼれ球を拾うと左足で転がし気味のゴール

得点も多いが、失点も多いレッチェ

そこをうまくついたレッジーナ、再びリード。

今節のレッジーナのDFは、

ケガでザンボーニが不在。

お疲れ気味のフランチェスキーニはベンチスタート。

真ん中のデローザを支えるのは、

カンナルサと若いフェリーチェ・ピッコロ

いささか心配だったが、そんな不安が的中。

42分、右サイドから、

バルデスからの折り返しを

再びブチニッチが右足であわせ、右すみに決める。

今日2点目となるゴールで再び同点。

マークを外されたレッジーナDF、

若干ルーズだったかも?

思ったより打ち合いとなったゲーム。

そのまま前半を終了した。

後半は前半の活気がどこかへ

いってしまったような展開に。

ハーフタイムで他会場の動向を聞いたかのような攻め。

お互いにリスクを冒さず、ひたすらパスを回すのみ。

プレッシャーもなく、緩やかな感じ。

暗黙の了解とでもいう展開で進んでいく。

両チーム合わせても、シュートは、

20分に、エステベスに代わった

18才のシモーネ・ミッシローリが打った1本のみ。

2得点のブチニッチも途中で交代。

結局、後半は「パス回しの練習」で終了。

勝ち点1を両チームで分け合った。

しかし、今シーズンの残留争いは、かなり混沌。

勝ち点43になった両チームだったが、残留が決まらない!

結局、最終節に持ち越しとなった。


残留争い、こうなりました!

<37節現在>  Pts P W D L F A

1)☆ユベントス 83 37 25 8 4 63 25

2)☆ミラン    78 37 23 9 5 62 27

3)☆インテル  71 37 18 17 2 65 37

11)ラツィオ   43 37 11 10 16 45 50

11)レッチェ   43 37 10 13 14 63 70

11)レッジーナ 43 37 10 13 14 36 45

14)キエーボ   42 37 11 9 17 32 49

15)パルマ    41 37 10 11 16 45 62

15)ボローニャ  41 37 9 14 14 33 36

15)ブレシア   41 37 11 8 18 37 51

--------------------

18)シエナ    40 37 8 16 13 42 54

19 フィオレンティーナ 39 37 8 15 14 39 50

<降格決定>

20)★アタランタ 35 37 8 11 18 33 43

☆印は順位確定

(18~20位:降格)

降格ラインで複数チームが勝点で並んだ場合、

当該チーム同士の対戦成績で、

プレーオフを行う2チームを決定し、

プレーオフを行うそうです。

ただレッジーナは大丈夫でしょう。

次節はアウェーでインテル戦。

相手はメンバーを落としてくれるかも?

何とか勝って、残留を決めてほしいです。


△マッツァーリ監督のコメント

「残留が確定するまでは何も祝えない。

次節のインテル戦は、

カリアリ戦とパレルモ戦と同様に戦う。

前半はノーガードの打ち合いになったが、

後半はお互いに負けないように

安全な試合運びをした。」


PS Gazzettaの採点。

やや単調だったこのゲーム。

レッジーナの最高は、6

中村、モザルト、パレデス、エステベス

そしてボナッツォーリ

中村の評価で「苦慮した。」とありますが、

思ったよりは動けていました。

以下は、バレストリミッシローリが、5.5。

ソビエーロ、カンナルサ、デローザ、

ピッコロ、
そしてメストが、5でした。




コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ