« 来季に生かせ、雨の神宮若さゆえの敗戦。 | トップページ | 行ったぞ、神宮最終戦2005。 »

2005年10月 7日 (金)

今季最後の神宮、お寒い完封負けで4連敗。

何で入らないんだよォ....。福留あと20センチ

惜しい大飛球、遠い30号


天候の面でとかく開催が危ぶまれた

今回の神宮、対ヤクルト3連戦

今夜はしっかりも上がって、

曇り空のもと、行われました。

気がつけば、10月に入って、

ドラゴンズ1勝3敗

もっか3連敗中というありさま。

若手主体に切り換えたとはいえ、

今季最後の神宮、何とか勝利で終えたいところ。

佐藤充を先発にもってきて、勝利を狙います。

◇ ヤクルト-中日 最終戦
(6日・神宮球場)
 D 000 000 000 = 0
 S 301 010 00× = 5
[敗] 佐藤(1勝1敗)

[D本] なし



ヤクルトの先発は、中6日で松岡健一

ここまで0勝2敗で、ドラゴンズ戦は初登板。

立ち上がり、先頭の荒木をセンターフライ。

澤井を一ゴロに取り、迎えるは福留

目標とする30本塁打まで残り2本。

ホームラン狙いに切り換えてきています。

真ん中高目のストレートを叩くと、

センターへの大きな当たり。

しかしセンター・青木がフェンス際でナイスキャッチ。

あと一歩、伸びが足りませんでした。

一方、佐藤の立ち上がりは、やや不安定でした。

いきなり迎えるは、もっか192安打の青木宣親

先ほどの好守で気をよくしている青木が、

1-1からの3球目、真ん中低目のスライダーを巧く叩くと、

鋭い当たりがサード後方、レフト前に落ちます。

これで青木は、193安打となり、

セ・リーグシーズン最多安打の新記録となりました。

続く土橋の時に青木が走り、2塁へ。

その土橋も四球で出してしまい、ノーアウト1、2塁に。

好調の岩村は、フォークで空振り三振にとるものの、

ラミレスにはスライダーを叩かれ、三遊間を抜くタイムリー。

今夜はヤクルトに先制されてしまいます。

なおも一死1、2塁とピンチは続き、

リグスはフォークで空振り三振に取りますが、

真中にはバットの先ながら、ライト前に運ばれ、2-0

さらに続く城石にも同じくライトへタイムリー。

フォーク以外のボールがやや高く、

追い込むまでの投球に苦しむ佐藤

結局、この回4本のヒットを浴び、

3点を失ってしまいました。

この日、井端「7番・ショート」での出場。

1回ウラの守備にはつきましたが、

打席も回らず、そのままベンチへ。

2回ウラの守備からは、中村公治と交代しました。

2回は、三者凡退に抑えた佐藤でしたが、

続く3回に手痛い追加点を喰らいます。

先頭の岩村の代打・三木肇をフォークで三振に取りますが、

ラミレスには、肩口から甘く入ったスライダーを

レフトスタンドへ運ばれてしまいます。

これで4-0、さらにリードが広がってしまいます。

松岡の前に、3回までは完全に抑えられていた

ドラゴンズ打線でしたが、ようやくヒットが。

4回二死から迎えるは、福留

0-2からの3球目、ど真ん中のストレートをジャストミート!

打球は、センターバックスクリーンへ。

しかし、フェンスの一番上に当たって

跳ね返り、結局ツーベースに。

2塁ベース上で悔しがる福留の表情が印象的でした。

チーム初安打こそ出ましたが、

続くウッズは、遊ゴロに倒れチェンジ。

得点を奪うことが出来ませんでした。

松岡は、今夜は腕がしっかり振れ、

コントロールもよく、緩急を使い分けています。

5回もアレックスがセンター前ヒットで出ますが、

続く森野は一ゴロ、さらに中村公治はキャッチャーフライ。

小山も遊ゴロに倒れ、

ドラゴンズは、チャンスすら作れません。

一方、何とか投げ続けている佐藤が、

今度は味方のミスから失点してしまいます。

一死から、土橋に真ん中低目のフォークを叩かれ、

左中間フェンス直撃のツーベースを浴びると、

続く三木には、外角高目のストレートを

巧く合わされ、レフト線へ落とされます。

ところが、レフト・中村公治

バウンドが合わずに一回転、後逸してしまいます。

その間に土橋がホームイン、三木も3塁へ。

その前の青木のレフトフライも

おかしな追い方をしていた中村公治

手痛いエラーで5点目を奪われました。

佐藤は、結局この回で降板。

91球、7安打3三振1四球で5失点

相手の松岡と比べるとやや制球に欠けた出来。

来季の投球への課題を掴む投球でした。

何とか1点でも反撃したいドラゴンズですが、

6回も一死から荒木が、レフト前に運びますが、

続く澤井がレフトフライ、福留もセンターフライ。

この回で降板となる松岡の前に、わずか3安打無得点と、

打線が全く奮いませんでした。

それ以降は、両軍継投。

6回から登板の川岸は、自分のバント処理のミスで

ピンチを迎えるも、それを帳消しとする

ファインプレーで凌ぐと、7回も0に。

8回は小林正人が三振2個を取る好投を見せます。

一方、打線は、ヤクルト2番手・花田真人の前に

7回、8回と結果、三者凡退に抑えられてしまいます。

そして9回のマウンドには、点差があるために、

石井弘寿ではなく五十嵐亮太

レフトのドラゴンズファンも、

あまりのチャンスのなさに9回、いきなり

チャンステーマ3曲をミックスしての応援をはじめます。

それに応えたか、先頭の荒木が詰まりながらも

レフト前にヒットを放ちます。

何とか1点でも返しておきたいところでしたが、

続く澤井の代打・井上は一ゴロに倒れ、

福留の一二塁間を抜くかという当たりも

ファースト・リグスに好捕されてしまいます。

二死2塁で迎えるは、昨夜タイムリー1本の渡邉

しかし、初球をファーストファウルフライ。

ドラゴンズ、最後の神宮は、完封負けでの3タテ

松岡にプロ初勝利をプレゼントとなってしまいました。


好投の松岡の前に、わずか散発の4安打。

手堅くヒットを繋ぐヤクルトに対し、

かなりお寒い内容となってしまいました。

何とか3位を奪いたいヤクルトとの

モチベーションの差も出てしまったようです。

それにしても、9回の応援には少々、驚きました。

「ゴーゴー○○」のチャンステーマ(旧パウエル)と

東京ドーム限定の「打って打って打ちまくれ」(旧川又)、

そして「狙い撃ち」の3曲のミックスで、

レフトスタンドは、かなり盛り上がりました。

球場からクラブハウスに引き上げる途中、

「オチアイ」コールなどの声援に応え、

落合監督は、スタンドのファンに向かって、

帽子を脱いで、丁寧におじぎをしました。

本当はガッツポーズを見たかったのですが、

今季の結果では、それは出来ません。

来季は、V奪回で再びガッツポーズを見せてほしいです。


PS 今夜のコメントから。

●福留孝介

<偉業まであと2本、最終戦もめげずに狙う>

「(本塁打まで) あと、こんだけだったのになあ。

(2打席目のセンターへの当たりは) 入ったと思った。」

<出塁率のタイトルは確定ランプも>

「それは最後の結果だから。

(本塁打を) 全打席狙っていく。

あと1試合? 仕方がないよ。

今日1本出なかったのは痛いかなあ。」

●佐藤充

<1回にいきなり3失点するなど計5失点。

プロ初黒星を喫す>

「前半から失点して試合を作れなかった、

勝負どころで浮いた球を全部打たれてしまった。

非常に申し訳ないです。

また今後にいかせるように努力します。

今年の開幕はベッドの上で迎えたけど、

終盤には阪神戦の直接対決にも

投げさせてもらって、いい経験をさせてもらった。」

●荒木雅博

<今季42個目の盗塁はチーム今季100個目。

1971年以来のチーム100盗塁を達成>

「100盗塁? それを目標にしてきましたからね。

よかったですよ。来年もどんどん走りたいですね。

とにかく、最終戦までやれることを

しっかりとやる。それだけですよ。」

●井端弘和

<週明けにも東京都内の病院で

目の精密検査と視力矯正手術を行うことに>

「難しい手術ではないので大丈夫。

そんな大げさなものじゃないですよ。」

●落合監督

<若手選手がミスを続出。秋のキャンプから

やれるようになるまでやらせる>

「そうだよ。

厳しいっていうのは、何を基準にしているかだ。

選手にとって本当に厳しいのは

このチームのユニホームが

着られなくなることなんだ。

ユニホームが着られれば、

(秋のキャンプでも)チャンスは与える。

そこから選手が何を掴むかなんだ。

できない選手にはできるまでやってもらうよ。

チャンスはまだあるんだ。

ユニホームを着られない選手には、

(練習でうまくなる)チャンスすらないんだから。」


PSその2 今夜の渡邉選手。

今夜は、いつもより多少早く、

7回ウラから、ファーストの守備で登場。

レフトスタンドからの「頑張れ、頑張れ、渡邉」

とてもうれしかったですね。

7回先頭の青木が盗塁したあとに、

しっかり足で一塁ベース付近を

ならしていたシーンが目に付きました。

打つ方では、9回土壇場、二死2塁でのチャンス。

対するは、五十嵐亮太

しかし初球、真ん中高目のストレートを打ち上げ、

ファーストファウルフライ

連夜のタイムリーはなりませんでした。(.263)

明日はホームでの今シーズンの最終戦

ぜひとも最後は勝って、岩瀬にウィニングボールを

渡してほしいと思います。

追加として、今朝の<ドラ番記者>に思わぬ記事が?

運動会シーズンのまっただ中。 荒木英智福留も、自慢話は数限りなし。 だが、少々意外なところから 「僕も無敵でした」と声がかかった。 ベテラン・渡辺。ああ、綱引きね。強そうだもんね。 違う? 騎馬戦か (もちろん馬)。 それとも棒倒しの守る人? 「全部、違いますから。 僕は中学校までは駆けっこで無敵だったんです。」 ウッソォー。100メートル×4リレーで、 全国大会に出場したことがあるんだとか。 いやいや、ビックリ。そんな栄光の時代があったんだ。 で、結果は? 場所は? 「それが第1走者だったことしか、 記憶にないんですよ。結果も場所も…。 写真だけ残っているんですけど。」 大きくなって駆けっこは遅くなったが、 高校から始めた野球はうまくなった。 でもこの武勇伝、信ぴょう性はどうなんでしょう…。 (中スポ)

このネタは、「週べ」の『ロッカールーム』にも

載っていましたが、ヒトは見かけによらぬものです。

ただあの守備での俊敏性は、幼いころからの蓄積かも?

オフのプロ野球運動会での活躍を期待しましょう。




コメント

またもやナベさん、ドラ番記者に登場。
今シーズン最多出場かもしれませんね!
来年は1面期待しています。

それにしても寒い打線ですなぁ。
今日くらいは季節外れの大花火大会で
爆勝して欲しいものです。

福留、30本に向けて連発頼みます!

おはようございまーす。
昨日もワンサイドみたいな試合になってしまいましたね><
あ~神宮球場のレフドラさんたちに申し訳ない;;
今日こそ最後の意地をお願いしたいですわ。

ところで 今朝のドラ番記者もなべどん登場でしたね。
かなりネタの宝庫!?のようで^^

Toshikichiさん
今季東京地区での最終戦、有終の美が飾れ
ませんでしたね。
まさか3タテはないと踏んでいたのですが、
残念でした~
来季こそは神宮で勝利の美酒を味わいたいと
思います。

若手中心とはいえ、神宮で3連敗は悲しいです。
若竜がんばれ。
気がつけばもう最終戦ですね。
最後の試合は勝利で終えて欲しいです。
9回の3曲ミックスは聞いてみたかったです。
名古屋ドームでもやってくれないかな~。

昨日も見せ場だったんですが・・・ナベさん残念でした・・・
連勝の後必ず連敗の浪が来るって言う今年の典型的な悪いパターンを最後まで踏襲してしまってますね。
最後は勝って笑顔で終了したいですね。

みなさんコメントありがとうございます!
最後の神宮、まさか完封負けとは....。
今夜でシーズンも終わりですから、
最後はしっかり締めてもらいたいですね。

>ドラゴンズブルーさん
先日、中スポを買って思った事ですが、
トーチュウ紙面には
「ドラ番記者」は掲載されないんですよ。
だからWebでのチェックのみなんです。
出場機会が多いのは、それだけ記者さんと
仲がいいからかも?
もっと普通の記事で出てきてくれると良いのですが(笑

>そふいあさん
渡邉選手のネタといえば、
汗、ニンニク、今度は運動会。
けっこうお笑い系のネタを提供しているようです。
シーズンオフは、自分もネタに詰まりそうなので、
なるべく登場してくれるとありがたいです。

>ギンタロウさん
観戦お疲れさまでした。
熱燗がバッチリ似合うような寒さでしたね。
1点でも奪ってくれたら違うものの
完封負けでは、打つ手がありません。
来季はもっともっと勝ってほしいです。

>しんさん
若竜たちのミスが目立ち過ぎました。
それだけ控えとレギュラーの差は大きいのでしょうか?
秋季キャンプではしっかり鍛錬してほしいです。
3曲メドレー、ナゴドでもやってほしい。
特に「打って打って打ちまくれ」をやりたい、
名古屋のファンは必ずいるはずですから。

>JarJarさん
初球で終わってしまったのは残念です。
せっかくの得点圏打率なのに...(苦笑
5連敗で終了は、困ります。
今夜勝って、80勝でフィニッシュを願いたいです。

関東最終戦、おつかれさまでしたっ。
さびしい試合になってしまったのですね><
でもスタンドのファンのみなさんはエライっ!
甲子園のドラファンもエライと思ってましたが、
消化試合でも、こうしてたくさんのファンのみなさんが
応援にかけつけて声援を送る姿は、選手の励みになりますね。
ミックス応援歌、聞いてみたかったです。
来年もスタジアムから、たくさん応援したいですね!

ちょっとは捜したんですが、
昨日くらいの客入りだと、正直、分かりませんでした。
来季こそ、神宮でお会いしたいものですが(笑

試合自体はアレでしたが、とりええず雨が降らなかっただけでもよかった。
観戦、お疲れさまでした。

昨日は観戦お疲れ様でした。
私もToshikichiさんを探してみようと
スタンドを歩き回ったのですが、
人が多くて見つけるのを断念しました。
渡邊ユニを着てる人を探してみたつもりでしたが(汗。
来年こそはぜひToshikichiさんにお会いしたいです。

あっという間の1シーズンでしたね。
最後はびしっと勝って締めくくって欲しいですね。

最終戦。観戦お疲れさまでした☆

Toshikichiさん☆
落合監督が帽子を脱いで丁寧におじぎをしたシーン
ご覧になっていたのですね~!
う、羨ましい。+゚(゚´Д`゚)゚+。
わたし初外野センター付近だったのと興奮し過ぎで
全然気がつかなかったのです(涙)

ナベさんユニ着用なんですね♪
来季もまた熱い応援がんばりましょう!

みなさんコメントありがとうございます!
今夜の最終戦、スタメンいじりました。
なんと1番福留、3番井端に変更。
そして先発は中里投手。
若手はみんな抹消されてしまいましたし、
最後は本気モードで行くかもしれません!?

>doracoさん
3戦目にして、雨が止んだだけあって、
レフトのドラファンはスゴいものがありました。
自分? いやぁ、周りに誰もいませんから
結構、おとなしく見てましたよ。
谷繁選手、残留しそうですね。よかったです。

>Coplandさん
こちらこそ、3連戦完走お疲れさまでした。
今回は外野指定を買ったのが失敗でした。
別にブルペン側に動いてもよかったのですが、
結構、融通がきかないものでそのままいました。
「観戦記」もUPしますのでお付き合い下さい。
来年は、もっと暑い時期によろしく(笑

>NEPPIEさん
観戦お疲れさまでした。
かなり盛り上がったようですね。
あれだけファンがいれば、見つからないですよ。
それに自分は指定席の金網に寄りかかって
いましたから、背番号は見えませんし(笑

>manaさん
3連戦お疲れさまでした。
みんこさんとも逢えてよかったですね。
自分も左中間付近にいましたが、
周りは気にしないので、
残念ながら分かりませんでした。
はじめての外野応援、楽しかったでしょう。
来季もいろんなカタチの応援を楽しんで下さい!

奥ヒダツヨシです。
神宮でまさかの3連敗でした。
勝っても負けても
2位だからと気を緩めたわけでは
ないと思いますが、消化試合でも
応援してるドラファンのためにも
今夜のナゴヤドーム最終戦は
ドラゴンズらしい試合で
しっかり勝ってもらいたいです。

>DRAGONS★VICTORY 奥ヒダツヨシさん
コメントありがとうございます。
最終戦、敗戦となってしまいました。
せめて勝って終わってほしかったのですが、
とても残念です。
勝利は来季の開幕戦に
持ち越しになってしまいました。

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • : DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)

    DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)
    NO DRA, NO LIFE 中日ドラゴンズ承認ファンブックが今年も発売決定!毎日の試合結果を記載できるドラゴンズぴあダイアリー2018-2019が別冊付録。

  • : 中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018

    中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018
    新スローガン『原点回帰 Dragons愛!』を掲げ、日々激闘を続ける竜選手たちを後押しする、中日ドラゴンズの応援歌メドレーアルバムの2018年版が誕生!

  • : 中日ドラゴンズファンブック2018

    中日ドラゴンズファンブック2018
    「原点回帰 ドラゴンズ愛」をチームスローガンに掲げて2018年シーズンを戦うドラゴンズの全容を紹介!森監督インタビュー、京田・又吉トークなどの読み物、選手のプロフィルや過去シーズンの成績をはじめデータも充実。

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ