« フェニックス・リーグ閉幕、いよいよ沖縄へ。 | トップページ | いきなりカミナリ、中日秋季キャンプスタート! »

2005年10月25日 (火)

生き残るために、今日から沖縄秋季キャンプ。

竜戦士沖縄入り

きょうから秋季キャンプ


中日の落合博満監督以下、

選手、コーチ51名が24日、

秋季キャンプの地、沖縄に入った。

25日にキャンプインをし、

11月23日まで北谷町でキャンプを行う。

(中スポ)

選手、スタッフ全員が会議室に集合し、

約30分間行ったミーティングで、

落合監督は、こう言いました。

「1人ひとりがレギュラーを取るつもりで

練習をしないと生き残れない。

このキャンプを疲れた、疲れたで

終わってしまう選手はいらない。」

このミーティングでは、

落合監督のみが話をしたそうで、

その中身は厳しいものだったようです。

今回のキャンプの大きなテーマ、

『実戦を通しての若手のレベルアップ』

中堅以下の選手を中心としたメンバーで、

1クールに2、3回との割合で紅白戦を組み、

実戦で徹底的に鍛え上げるようです。

それに対し、実績のある選手は

基礎トレーニングで体をいじめるといいます。

朝から日が沈むまでのハードメニュー

まさに練習漬けの1カ月。

日程も下にある通り、

昨秋は週2日だった休日が

週1回になるなどかなりキツそうです。

ただその中から生まれる

「レギュラー獲りへの意欲」

そして「戦いへの意欲」

さらに「勝負への意欲」

今季のドラゴンズ足りなかったもの

選手それぞれが見つけ出し、

来季につなげるための厳しいキャンプに

なるのではと思います。

「精神的にも肉体的にも

1ランク、2ランク上げた選手を

お見せできると思います。」

ナゴヤドーム最終戦のファンへ挨拶で

落合監督はそう話していました。

そのためにも選手それぞれのレベルアップが必須。

このキャンプでは、V奪回に向け、

チーム一丸でそのテーマに取り組んでいってほしいです。



以下は、キャンプに向けての選手たちのコメントです。

◇福留孝介

<改造中のフォーム固めを優先、

落合監督に徹底的な打撃指導を求める考え>

「ある程度、フォームが固まるまで実戦には出ない。」

「まあ、実戦に出て焦る段階ではないんだけど、

メンバーが足りなければ出ることになると思う。」

◇岩瀬仁紀

<秋はノースロー、走り込みに専念>

「(肩の疲労で) 投げられないですからね。

とにかく走り込みます。春でも間に合う。」

◇荒木雅博

<今年も秋季キャンプはフル参戦>

「これから、ですね。

好きなんですよ、自分をいじめるのが。

(今年も) 最初から最後まで行かせてもらいます。」

<何をテーマに、この秋を過ごすのか>

「キャンプ初日(25日)に言います。」

◇中里篤史

<プロ初のキャンプ完走を目指す>

「しんどいだろうけど、

去年とは違ったやりがいがあると思います。

(1軍再登板までの4年が)

僕を支えている。絶対に忘れずに

やっていこうと思っています。

宮崎では球数は投げられましたが、

内容は納得できていない。

ただ、ほかの投手と同じくらいまできたし、

横一線だと思っています。

紅白戦で投げられる、

そこまでレベルアップしたと感じていますから。」

◇中田賢一

<名古屋の本隊より一足早く沖縄入り。

秋季キャンプ初参加について>

「(沖縄は)何か、懐かしい気がしますねえ。

ケガをしないようにしたい。」

◇石嶺コーチ

<沖縄県出身、緊張した面持ちで意気込みを語る>

「(名古屋、宮崎での)

秋季練習からスタートしている。

来季に向けて頑張りたい。」



うしろの健太、ちゃんと話聞いとけよ!まだ気合みなぎるって

感じではないですが、

福留のコメント、

上がスポニチ大阪

下がなにわWEBのものです。

若干食い違っていますが、

適度に判断するということで。

中里は、ホテルの階段に気をつけて

けがなく過ごして下さいね。



◆沖縄・秋季キャンプ参加メンバー◆

<中日ドラゴンズ Dragons Official Homepage

「沖縄発キャンプレポート(2005年 秋季キャンプ)」より>

【投 手】川上、岡本、岩瀬、佐藤、川井進

     朝倉、久本、中田、鈴木、遠藤

     落合英二、石川、石井、チェン

     平井、川岸、高橋聡文、長峰

     小林、中里


【捕 手】柳沢、谷繁、小山、清水、前田

【内野手】高橋光信、荒木、渡邉、井端、

     川相昌弘、森野、中川、森岡、

     鎌田、堂上


【外野手】福留、井上、中村一生

     英智、普久原、櫻井



◇ナゴヤ球場残留メンバー

【投 手】平松、樋口、山井、

     金剛、山本昌、小笠原、野口


【捕 手】小川

【内野手】澤井、都築、仲沢

【外野手】中村公治、森章剛、土谷、大西


▽キャンプ参加免除 

立浪

(背番号順・途中からの参加予定選手も含む。

黒字選手はトレード要員)


◆秋季キャンプ日程◆

基本的には6勤1休

ただし休みを毎週火曜日に設定したために、

第1クールのみ7勤

休みは11月1日、8日、15日、22日の4回で、

23日に打ち上げとなる。(トーチュウ)




PS 今日のその他。

中日・井上がFA宣言視野

…球団の低評価にショック隠せず

◇井上一樹

<球団側との下交渉で物別れ、FA宣言を視野に>

「球団とは話をしたんですが、

ちょっとショックでした。納得いきません。

ただ、感情的になって、

すぐにFA宣言だ、というつもりもないけど、

宣言という選択肢もある。これから考えます。

複数年契約も考えるとはいうが、

何年か分からない。

とにかくはっきりした答えが欲しい。」

ドラゴンズひとすじ16年

男・井上が揺れています。

争点は契約年数のようですね。

もちろん残留の意志はありますし、

秋季キャンプにも参加しています。

とりあえずマスコミを騒がせときましょうか。



野村氏が楽天と正式契約

…補強第1弾で中日・土谷を獲得へ

野村克也氏が楽天と正式契約を

交わしていたことを明らかにしたそうで、

そこで出てきたのが、土谷鉄平

楽天版「野村再生工場」の第1号選手に

指名する方向性も示唆したそうです。

どちらにしても名前が出るというのは悪くないこと。

良い方向へ進んでほしいです。



ホッシャ&田上 現役続けるぞ!!

ナゴヤの屋内練習場で自由契約選手となった

ホッシャ田上秀則が打撃練習。

11月のトライアウトに向け、みっちりと

1時間以上バットを振り込んだようです。

「まだ現役を続けたいので」という

2人の決意が実ることを祈っています。



竜虎を偵察へ

関西在住スコアラーの設置決定

今季は対中日戦、8勝14敗のカープ

同じく大きく負け越した阪神とともに、

徹底マークで竜虎を偵察する構えとのこと。

ナゴヤドームに観戦に行ったとき、同宿だったので

自分の広島へのイメージが少し良くなりました。

マーティー・ブラウン新監督となるカープ

来季はあなどれませんよ。




コメント

中里は1階の部屋に・・・ってことはないですね。
ケガをせずに乗り越えてほしいですね。

川相も参加するようですね。
頼もしいコーチ(苦笑)の参加です

>MegaDraさん
コメントありがとうございます。
メンバー変更になっていたんですね。
前日のコピペで済ましてしまった
自分が恥ずかしかったです。
川相さんも参加なんですね。
コーチ部で力になってほしいです。

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • : DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)

    DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)
    NO DRA, NO LIFE 中日ドラゴンズ承認ファンブックが今年も発売決定!毎日の試合結果を記載できるドラゴンズぴあダイアリー2018-2019が別冊付録。

  • : 中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018

    中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018
    新スローガン『原点回帰 Dragons愛!』を掲げ、日々激闘を続ける竜選手たちを後押しする、中日ドラゴンズの応援歌メドレーアルバムの2018年版が誕生!

  • : 中日ドラゴンズファンブック2018

    中日ドラゴンズファンブック2018
    「原点回帰 ドラゴンズ愛」をチームスローガンに掲げて2018年シーズンを戦うドラゴンズの全容を紹介!森監督インタビュー、京田・又吉トークなどの読み物、選手のプロフィルや過去シーズンの成績をはじめデータも充実。

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ