« 大混乱、続・イリーガルピッチって何だ? | トップページ | サードへの道? 森野にオレ流ノックの洗礼! »

2005年10月30日 (日)

川相「兼任コーチ」就任と紅白戦はじまる。

川相“職人技担当”
秋季キャンプから兼任コーチ就任

中日・川相昌弘内野手が今キャンプから
コーチ兼任選手となることが29日、分かった。
この日、沖縄・北谷の秋季キャンプに合流した
川相はコーチ陣、選手、スタッフらにあいさつ。
コーチとして一歩踏み込んだ立場で、
バントや守備などの“職人芸”竜戦士に注入する。
(中スポ)

◇川相昌弘
<今キャンプからコーチ兼任選手に>
「今年からコーチ兼任ということなので
『バントとかバスターとかどんどん聞いて、
僕を使ってください』と(投手陣に)言いました。
このキャンプからそういう(コーチの)役割もする。
(監督は) あくまで選手をやりながら、
アドバイスを含めて教えてやってくれ、とのことだった。
(指導を)やりやすい環境を与えられたと思う。
その方が選手も他のコーチとかに気兼ねして
聞いてきたりしなくて済むしね。
役割が大きく変わることはないが、
周りの選手の意識が変わるでしょうね。」

◇井手編成担当
<川相の肩書について>
「来季も(これまでと)同じように教える上で、
コーチという肩書があった方が
教えやすい、と判断した。」

川相先生、お願いします!この日から秋季キャンプ
合流した川相昌弘
一部報道で出ていましたが、
正式にこのキャンプから、
コーチ兼任選手として、プレーすることになりました。
巨人からのコーチ就任を蹴って、
テスト入団ドラゴンズに入って2年。
選手の立場から、若手らに経験を伝えてきましたが、
この日、41歳のベテランが自らの口から、
コーチを兼務することを公にしました。
まだ肩書は、未定ですが、
「コーチ」として一歩踏み込んだ立場で、
バントや守備などの『職人芸』を教えていくそうです。
ぜひ「川相2世」を作り出してほしい。
もちろん現役としても、名人芸を期待しています。


フロムチャタンの話題 (29日)

◇ 中日・紅白戦
(29日・北谷公園野球場)
  000 000 020 = 2
 白 000 001 050 = 6
[紅投] 中田、石井、鈴木-小山、イ(LG)
[白投] 朝倉、高橋聡文、佐藤-前田、清水
[本] 前田、高橋光信(以上白)

【主な選手の成績】
<紅組>
1番・センター 英智 5打数無安打
4番・サード  森野 3打数2安打2打点
<白組>
2番・サード  中川 6打数4安打1打点
4番・DH  高橋光信 5打数2安打2打点
7番・捕・DH  前田 4打数2安打1打点

<紅組>
先発・   中田 3回3安打無失点
2番手・   石井 3回2安打1失点
3番手・   鈴木 3回5安打5失点

<白組>
先発・   朝倉 3回無安打無失点
2番手・ 高橋聡文 3回1安打無失点
3番手・   佐藤 3回4安打2失点

★特別ルール(守備のみ)
<紅組>セカンド・荒木、レフト・井上
<白組>セカンド・井端、ライト・福留

◇高橋光信
<8回、鈴木から豪快な2ラン>
「いい感じで振れました。
完璧な打ち方。うれしいです。」

◇中川裕貴
<8回、鈴木からレフト線を破る勝ち越し二塁打。
紅白戦初戦で6打数4安打と大暴れ>
「シーズン終盤から調子はよかったけど、
今日は新しい打撃フォームがはまりました。
二塁打? うまく打てましたね。
結果は出たけど、まだ課題が多いです。
練習してもっとアピールしていきたい。」

◇鈴木義広
<紅組3番手、8回に3安打を浴びて5失点
失策や野選が絡むも、流れを止められず>
「内角のボールが、打者の手の届く
真ん中当たりに入ってしまった。」

◇佐藤充
<7回から3イニング、8回に2安打1死球で2失点>
「秋の第1のテーマは、
ひじを上げて投げること。
今日はひじのことをかなり意識して、
7、9回はよかったけど、
バタバタ崩れることがありましたね。
今年は戦力になったとはいえないけど、
阪神戦のような試合を身をもって体験したから、
教育リーグで失投したのに打者を抑えたとき、
『この球は1軍なら打たれてしまう』と
考えながら投げられた。物差しが出来たんですね。」
(トーチュウ『今度こそ!!』より)


このキャンプ初めての紅白戦が行われました。
紅組・中田、白組・朝倉の先発で行われた一戦。
人数の関係もあって、井端、福留、荒木らも
守備のみの参加となりました。

一番の話題となったのは、
例の「イリーガルピッチ」ですが、
この前の記事で触れましたので、なしとして、
このところ好調の高橋光信がレフトに大きな一発を。
2年目の中川が、中田、石井、鈴木から
それぞれヒットを放ち、4安打と暴れました。

投げる方では、佐藤充が3回を2失点でした。
この日も紅白戦のあと、
罰ノックを受け、3000メートルを走っても、
日課である手首、ひじの使い方のチェックのための
防球ネットへの投げ込みは行ったそうです。

沖縄に入ってから、すり足投法から
左足を高く引き揚げる
オーソドックスなフォームに変えた佐藤
フォーム、ひじの使い方を安定させたあと、
第3クールから変化球の精度アップに
取り組むとのこと。
終盤戦でようやく出てきた期待の投手
ひじの具合もあるでしょうが、
来季はフルで頑張ってほしいですね。

なお中里が、腰の張りのため別メニューに。
名古屋へは帰らず、3日ほど様子を見るそうです。
スポニチ大阪には、右肩とありましたが、
少々心配ですね。無理は禁物ですよ。


PS 今日のその他。
山本昌はノーワインドアップ挑戦 

◇山本昌
<ベテランが一大決心、プロ入り後初めて、
ノーワインドアップの投球フォームに変更>
「今のフォームは2段じゃないと思うけど、
頭の上で一回、止まるような動きが、
反則投球と取られるかもしれないから。
違和感はあるけど、春までに
自分の中でスムーズにできるようにしたいね。」

「2段モーションなど
投球フォームに対する規制が
厳しくなる来年、ボクのフォームでも
違反を取られるのではないかという話が
風のうわさで聞こえてきました。
まだ確認したわけではないのですが、
もしそれはダメと言われた時に困らないよう、
キャッチボールなどの中で
準備だけはしておくつもりです。」

自らのホームページのエッセイ
こう綴ってた昌さん
プロ入り後初めて、
ノーワインドアップの投球フォームに
変更するのだそうです。
上のように昌さんは、言っていますが、
審判団の規制は厳しいようですよ。
まずはナゴヤで見てもらうのがいいかも?
ただ40にして、新たなるチャレンジ
その心意気や立派です!
昌さん、頑張ってください!


野口が31日にFA宣言へ 
阪神、巨人が獲得に興味

◇野口茂樹
<31日、ついにFA権を行使。球団関係者に>
「31日に(FA手続きの) 書類を渡します。」
<報道陣には、はぐらかす>
「今日は(宣言)しません。明日は(競馬の)天皇賞。」

おなじみとなった野口ネタ。
いよいよ明日31日に書類を提出するそうです。
意志表明も見られるようですね。
明日出されるだろう野口のコメントに注目です。




コメント

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ