« 谷繁日本シリーズ完走と大西、巨人へ...。 | トップページ | 谷繁残留決定、森章剛は日ハムへ。 »

2005年10月28日 (金)

ありがとう、ガッツマン・大西崇之。

大西、巨人へ
金銭トレード

中日は27日、大西崇之外野手
巨人へ金銭トレードしたと発表した。
大西は今季、主に代打で49試合の出場にとどまり、
来季の構想から外れていたが、
手薄な右の代打要員守備要員として
巨人が獲得に名乗りを上げた。
近日中に宮崎秋季キャンプにも合流する予定で、
背番号は「00」に決定。(中スポ)

◆原監督 (巨人)
<大西について>
「彼は、ジャイアンツにはいないタイプの選手。
(プロの) 厳しさみたいなものを期待している。
本人もやる気があるみたいだしね。
(外野の) 3つともできる。」

◇井手編成担当取締役
「大西自身の希望として、
一番自分をほしがってくれている球団に
いきたいというものがあった。
巨人さんが最も熱心に
誘ってくれたということです。」

ありがとう、大西!ご存じのことと思いますが、
昨日、発表された
大西選手
巨人に金銭トレードの報。
本当に驚きました。
今朝の中スポWeb
その背景が出ていました。

今回の件では
複数球団からオファーがあり、
中日側大西本人球団にとって
もっとも条件の良かった巨人を選択したという感じ。
金銭で譲渡というのが、
少々納得いかない部分ですが、
交換要員などの問題で折り合わないからと、
ご破算になるよりはよかったのでは。

大西本人巨人を倒すことに
全力を傾けていたはずですから、
驚いたことと思います。
ただ新天地が見つかったことは、
とても喜ばしい事だと思います。
特に見返りではなく、請われていくのですから。

他球団のことはよくわかりませんが、
巨人自体が、変革期にあると思います。
清原、元木ら右の代打のベテランが抜け、
残っているのは、江藤くらい。
打率.246ながら、得点圏打率.467は魅力でしょう。
そして外野手も正直、手薄に感じるので
矢野、鈴木ら若手との競争に打ち勝てれば、
チャンスはあるのでは思っています。
持ち前の熱いパフォーマンス
十分に発揮してもらいたいですね。

ところで、ナイスガイ・大西は11年間、
応援してくれた中日ファンのため、
中スポ、トーチュウにお礼の手記を寄せてくれました。
Webには載らないようなので、以下全文をUPします。

◇大西崇之

今回の巨人入りは、
ぼく自身の中でも突然の話でした。
11年間お世話になった球団を去るわけですが、
ドラゴンズがあるから今の大西がある。
ファンの方にはどれだけ負けていても
最後まで声援を送ってもらい、
いっぱい勇気をもらいました。
大した成績を残していない選手ですが、
ファンに大きくしてもらった、
力以上のものを出させてもらったと
思っているんです。
違う球団、それも打倒するために
燃えてきた巨人に行くことは、
皆さんも驚くかもしれません。
ぼくもドラゴンズで選手生活を終えることが
理想だと思っていましたが、
「今、野球をやめると一生、後悔する」
そう思っていた時に、
いただいた誘いの言葉だったんです。
ある意味、ドラゴンズでやってきたことを
認められたからこそだと思っています。
ユニホームが替わっても、
今までやってきたことをグラウンドで見せるだけ。
そう受け止めています。
来季もナゴヤドームにやってきます。
応援してほしいとはおこがましくて言えません。
けど、1人の野球選手として、
大西崇之を見ていてもらえれば...。
これが中日ドラゴンズの大西として、
お別れの言葉です。ありがとうございました。

(トーチュウ『大西崇之”お別れ”手記』より)

正直、グッとくるものがありました。
黒とオレンジのYGマークの大西選手には、
始めは違和感があると思いますが、
ドラゴンズへの恩返しものぞむところです。
「今までやってきたこと」、さらにそれ以上の
スピリット巨人で見せることが大事。
「人生のすべてを賭けて」頑張ってほしいと思います。

ありがとう、大西崇之選手!


フロムチャタンの話題 (27日)

中日川上61球、早くも始動

◇川上憲伸
<ブルペン入りし、捕手を座らせ61球。
異例の秋季キャンプ参加での投球練習>
「きょうは肩のまわりが悪かったから投げてみました。
本当に投げただけという感じです。まだまだです。」

◇中川裕貴
<26日の早出練習で監督からの厳しい指示が>
「監督からは『斜めの動きが少ない』と
言われました。その話もノートにつけて、
キャンプが終わるころに読んだときに、
『この動きはできる』と
言えるようになって帰りたい。
機会があれば、監督のノックを受けてみたいです。」
(トーチュウ『来季こそ!!』より)

◇中里篤史
<プルペンで41球、まだばらつきはものの、
伸びのあるストレートは豪快>
「いい感じで投げられました。全力に近い。
でも、もう少し球を(ベースに)近いところで
投げられたら、もっと回転が良くなると思う。
練習は必死にします。
けど、全部が全部みんなと同じペース
じゃなくてもいいと思ってる。
とにかく慎重にステップアップしていきたい。」

◇柳沢裕一
<中里のボールを受けて>
「いい時の桑田(巨人)さんのような球筋。
低めの球が伸びてくる。すごいストレート。」

◇岩瀬仁紀
<グループから離れ、独自調整。
ブルペンには入らず、軽めのランニングで終える>
「目標は来季の開幕。
そのためには今何をしなければいけないかを
考えて調整していきます。」

◇落合監督
<来季から反則適用が厳しくなる
投球動作に関して、審判団に疑問を>
「(中田が反則投球とされた手の動きなどを例に挙げ)
それなら(山本)昌も頭の上で
一度止めるからダメになる。
そんな事を言ったら98%のピッチャーがひっかかる。
ほとんどの投手がボークになって野球にならない。
(審判に)説明を受けても、納得いかないだろうね。」

<日本シリーズに異論を>
「今の日本シリーズはイビツ。
考えなおす時期にきている。
交流戦とかプレーオフとか入ってきたら
日本シリーズという呼び名はふさわしくない。
日本一じゃなくプレーオフチャンピオンだろ。
昔はリーグの1位同士が
プライドを持って勝負していた。
ロッテファンは喜んでいるだろうけど、
オレが当事者だったら釈然としない。」


球団公式HPのレポートでも出ていましたが、
川上憲伸がブルペン入りし、
力強い投球をしていたとのこと。
憲伸は秋は投げないはずなのに、
暑さで腕がうずいてしまったのでしょうか?

「思ったより伸びなかった。
送球は良くなっているが、
守備、打撃ともまだ足りない。」と
高代コーチにいわれた今シーズンの中川
森岡、堂上とともに連日の猛練習です。
この日も落合監督らが、
中川の捕球体勢を厳しく指導。
腰を落とすようにする特訓では、
落合監督風岡コーチ
何度も体重を乗せられていたようです。
「1軍でプレーすることが目的」
勝負の3年目にむけ、秋は徹底的に練習ですね。


PS 今日のその他。
野口、週明けにもFA宣言
争奪戦ぼっ発!

◇野口茂樹
<FA権を行使することが確実に?>
「きょうは何もないです。
自分の中ではある程度、
固まっている部分はありますけど…。
ただ、皆さんにお話しするのは
もう少し待ってください。
誤解のないように、きちんと説明します。
その時には、自分の方向性なり、
意思を示したいと思います。」

◇伊藤球団代表
<FA権行使が濃厚な野口に対し>
「すでに1度、話し合いをしてますし、
今からもう1度話し合うことはないでしょう。
彼が宣言すればしたで交渉を進めていくでしょうし、
宣言しなければ、その時は通常の交渉をします。」

ストーブリーグ開幕で注目される野口
ナゴヤ球場での残留組練習を終えた後、
手にした権利について語ったようです。
マスコミが少々うるさすぎますね。
何か「宣言しろ」追いつめているような感じ?

しかし、以下のように
野口のコメントの端々から
「相談? いや、自分で
決めることですから。考えます。」
「今後の練習は予定通りですよ。
今はまだドラゴンズの一員ですから。」
「書類をどうすればいいのか、
まだわかっていない部分もあるんですよ…。」
「(FA申請書の)書類をいつ送ろうかと」
どこまでホントかわかりませんが、
そのようなことが洩れているようです。

一方の阪神は、すっかり獲る気でいるようですよ。
虎 野口は巨人には譲らん 

どちらにしても、野口がいう
「その時」とは週明けを意味するようです。
ちなみにルール上は、
11月7日までに在籍球団に行使の意思を表明し、
その手続きが済めば、8日に公示、
9日に交渉開始となるようです。
城島、松坂、井川など
ストーブリーグも熱くなりそうですね。




コメント

こんばんは~^^
まさに日本シリーズの終了と同時に
どーんと発表されましたね。
と言っても プロ野球ニュースでは映像も無く
少し物足りませんでしたが。

それにしても驚きの結末でしたね。
まさかジャイアンツとは・・・。
でも大西選手の事を一番高く評価してくれたようですしね。
これで熱い男・大西を敵に回しましたね(;´Д`)
これで来年は楽しみが増えそうですね。

Toshikichiさん。
大西さんのお礼の手記全文UPありがとうございます。
WEBでは「手記を寄せた」としかなくてガッカリしていたので
こちらで拝見できて本当に嬉しかった(感涙)
大西さんの気持ちが伝わる一言一言。
泣き虫なわたしには・・・。+゚(゚´Д`゚)゚+。
正直まさかのGへの移籍でしたが、
これからも野球人大西を応援して行きたいと思います!
※わたしのブログで本文中にてこちらにリンクさせて頂きたいと思います。
よろしくお願いしますm(__)m

Toshikichiさん、こんばんは。。。
大西選手のお別れ手記、すごいすごいよかったです。
酔いも手伝ってか、涙が・・・(T_T)
>応援してほしいとはおこがましくて言えません。
なにをおっしゃいまするかっっ!!
巨人戦のナゴド、大西コールで湧くの間違いなしですよね!!
いやあ、私、大西さんのファンになっちゃった!(相変わらず単細胞でスミマセン)
manaさんが惚れるのもムリないですね!!!(笑)
大活躍してほしいって心から思いました!!!
ガンバレ、大西さん!!!

どうやら、ノグチくん、ストーブリーグの目玉になりそうですね。
巨人、阪神と手を挙げてくれそうですから、
11月の記事にはコマらなそうな印象です(笑。

お久しぶりです。
ストーブリーグもハラハラし通しのamamiです(^^;

大西選手巨人入りですね。
うちのドラファンに「大西移籍決まったよ、さてどこでしょう?」
と聞いたところ、最後まで「巨人」が出てきませんでした。
「巨人だよー」と言ったら、心底驚いていました。

わたしはアンチ巨人ですが、小久保(工藤もかな)は別でした。
そこに大西選手も加わりそうです。
巨人は良い選手を獲ったなぁ……と思います。
ナゴドで「それが大事」はもう聞けないのか……

みなさんコメントありがとうございます!
昨夜はパソコンが開けない状態だったので、
返事が遅くなってしまいました、すみません。

>そふいあさん
大西選手は見たいのですが、
巨人戦をみてると腹が立つことがあるので、
プロ野球ニュースなどダイジェストでのみ
大西選手の勇姿を見たいと思います。

>manaさん
Webで手記がUPされていなかったので、
読んでいない人がたくさんいるだろうと思い、
UPしました。喜んでいだだき光栄です。
おまけに記事にリンクまで、感謝でした。
「野球人大西」が続けば、
たとえ巨人であろうと、
熱いプレーが見られますからね。
来季のG戦での「恩返し」が楽しみです。

>みんこさん
自分もこの手記でぐっと来てしまいました。
manaさんのように超ファンでなくても
熱くさせるナイスガイ、
大西選手、ホントに頑張ってもらいたいです。
ただドラゴンズ戦は控えめにお願いしたいです。

>Coplandさん
師匠のお力なら、「Noguchi」という
カテゴリーで記事がいくつもの作れるかも?
ある意味、オフの目玉になっていますよね。
ただ大西選手とともに、野口投手まで
巨人に行ってしまったら、イヤですよ。

>amamiさん
JOH、どうなるのでしょうか?
それは後日として、
普通なら「大西=巨人」結びつきませんよね。
最後まで出ないのは当たり前かも。
ただ注目度が高い球団からのお呼びで
よかったと、自分は思います。
ところで、東京ドームで「それが大事」が出たら
ある意味、大西選手らしくていいかも?
その辺もチェックですね。

こんばんは~、遅ればせながらやってきました。
みなさんも書かれていますが、私もGとはビックリです。
相当イメージになかったんですよね~。
これで大西選手を見るためには、6年ぶりくらいに東京ドームへ行かねばならなくなりました。
(横浜がよかったんだけどな~)
ToshikichiさんはGの試合は観ないんですよね。
心の中で見守りましょう。

>doraco さん
コメントありがとうございます!
すごいですね、東京ドームですか。
「打って打って打ちまくれ」が歌えますよ。
ココロの中で「それが大事」も歌って上げてくださいね。

「Gの試合は観ないんですよね」
あまり観ないですね。
ただドラゴンズの試合が無いときは観たりしています。
対阪神戦の時は「大西頑張れ」と叫んでしまうかも?

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • : DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)

    DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)
    NO DRA, NO LIFE 中日ドラゴンズ承認ファンブックが今年も発売決定!毎日の試合結果を記載できるドラゴンズぴあダイアリー2018-2019が別冊付録。

  • : 中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018

    中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018
    新スローガン『原点回帰 Dragons愛!』を掲げ、日々激闘を続ける竜選手たちを後押しする、中日ドラゴンズの応援歌メドレーアルバムの2018年版が誕生!

  • : 中日ドラゴンズファンブック2018

    中日ドラゴンズファンブック2018
    「原点回帰 ドラゴンズ愛」をチームスローガンに掲げて2018年シーズンを戦うドラゴンズの全容を紹介!森監督インタビュー、京田・又吉トークなどの読み物、選手のプロフィルや過去シーズンの成績をはじめデータも充実。

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ