« 野口・谷繁FA交渉と、希望枠・吉見入団決定! | トップページ | デニー友利驚き逆輸入と森野ノックでダウン! »

2005年11月11日 (金)

上田佳範即決入団とサード森野、背番号31?

上田、竜合格 3安打で即決 

前・日ハム外野手 紅白戦大暴れ

◇上田佳範 (前北海道日本ハム)

<5番ライトでフル出場した紅白戦で4打数3安打。

中日入団をテスト初日で決め>

「中日球団に感謝している。

先輩や師事している人が多いし、

落合監督にも現役で一緒にやらせてもらった。

人に恵まれていると感じてます。

恩返しが出来るように貢献したい。

元の球団を見返せるように頑張ります。」

「森さん(投手チーフコーチ) が

日本ハムの投手コーチをしていたのが

縁で電話で誘っていただいて。

ありがたかったです。

ほかの人より、何か特別すぐれていると

いうものがあるわけではないです。

足が特別速くもないし、すごいホームランが

打てるってわけでもないですから。

ただ、自分のやれることを確実にやって

チームに貢献したいです。

もちろん(中日ではレギュラーが決まっていない

左翼の)レギュラーを狙うくらいの

気持ちではいますけどね。」

◇落合監督

<「高い守備力」と1日で上田の採用を即決>

「採用です。あれだけ守れるんだから。

(上田は)まだまだやれるよ。

この日の動きを見て(合格を)決めたよ。

ウチは外野手いないんだもん。

捕手も投手も内野も

高いレベルのところで足りないんだ。

ある程度のレベルの選手はほしいよ。」

◇井手編成担当

「監督はヒルマン監督ら首脳陣と

相性が悪かったといっていたね。

そういうのもあるよ。」


1日で中日入り!この日からテスト生

参加していた

前北海道日本ハム

上田が、紅白戦でアピール!

落合監督の目にかない、

たった1日

採用が決まってしまいました。

紅白戦後、グラウンドで

打撃練習をしている時に、

落合監督

別室まで呼ばれ、

「合格だよ」と告げられた上田は、

早速CD帽子とシャツを支給され、

着替えるとグラウンドへ飛び出していったそうです。

思わぬ展開になりましたね。

上田佳範というと投手から転向し、

97年に3割をマークするなど、

ずいぶん前の選手という印象が

あったのですが、まだ31歳なんですね。

(11月18日が誕生日で32歳になる)

故障をしていたわけでもないのに、

今季はわずか11試合で12打数1安打の.083

ある意味日ハム首脳陣に干されていた選手のようです。

確かに日ハムの外野では、

SHINJO、坪井、稲葉、森本ヒチョリなどの

イメージがあって、上田は浮かびませんでした。

そして受けた戦力外通告。

日ハムにもいた森繁コーチに誘われ、沖縄へ。

落合監督も現役、解説者時代も含めて、

高く評価していた「イチローに匹敵する」という

守備も含めたこの日のプレーを見て、

即日採用となったようです。

確かに、ドラゴンズの外野は、

福留、アレックス、井上、英智以外は、

巨人移籍となった大西をはじめ、

森章剛(日ハムへ)、土谷(楽天へ)、

さらに幕田、大友と外野手が

かなり戦力外通告を受け、

平田君などドラフトで何人か獲っても、

何となく不安がありそうな気がします。

守備力に定評がある上田なら、

おそらく、幕田がやっていたポジションはこなせそう。

さらにプロ14年目という経験も見逃せないでしょう。

「古巣を見返したい」という反骨心も

大いにプラスになるでしょう。

空いている外野手の空席を奪えるよう、

背番号35上田選手には、頑張ってもらいたいです。


フロムチャタンの話題。(10日)

◇ 中日・紅白戦
(10日・北谷公園野球場)
  001 000 000 = 1
 白 000 011 000 = 2
[紅投] 中田、川井進、石川-前田
[白投] 朝倉、長峰、川岸-小山
[本] なし



【主な選手の成績】

<紅組>

1番・セカンド  荒木 4打数2安打1盗塁

2番・ショート  鎌田 4打数2安打

3番・サード   森野 4打数0安打

4番・一塁  高橋光信 3打数1安打

5番・ライト 上田(テスト) 4打数3安打

7番・センター  英智 3打数0安打

<白組>

1番・ショート  森岡 4打数2安打1打点

2番・サード   中川 4打数1安打

4番・センター  福留 3打数0安打

10番・セカンド  澤井 3打数2安打

(指名打者が、柳沢とイ(LG)の2名)

<紅組>

先発・  中田  5回3安打1失点1ボーク

2番手・  川井進 2回2安打1失点

3番手・  石川  2回2安打無失点

<白組>

先発・  朝倉  5回7安打1失点

2番手・  長峰  2回1安打無失点

3番手・  川岸  2回2安打無失点



◇中田賢一

<紅組先発、フォームを

修正して臨み5回を3安打1失点>

「(フォームは) まだタイミングが

ずれることがあるけど、徐々に慣れてきた。

戻すのはいつでもできるんで。」

<4、5回は正捕手・谷繁の指示で、

自ら配球を考えながらの投球に>

「谷繁さんに

『自分で考えて投げてみろ』と、言われたので。

自分の思った配球とか、

次はここに投げるという意識を

持って投げる、ということだと思う。」

<許した3安打はすべて4、5回。

自分で配球をした感想は>

「球数がバアーッと増えちゃったんで…。

球数を少なくすることを

課題にしてやっているのに。

考え方がもうちょっと足りないと

いうことでしょう。」

<チーム若手のMVPである

『2005ヤナセがんばれドラゴンズMIP賞』を受賞。

商品として384万円相当のベンツ>

「ありがとうございます。

車は感謝の気持ちを込めて父に贈ります。

自分にベンツはまだ早いですから。

来年以降もがんばって、

賞に恥じない成績をあげたい。」

◇朝倉健太

<5回を1失点ながら、被安打は毎回の7。

投球内容に納得できず、試合後ブルペンへ>

「決めたい時に決められなかった。

ストライクを決める確率を

もっと上げていかないと。」

◇荒木雅博

<紅白戦に初めて打席も含め、フル出場。

軽く2安打1盗塁で格の違いを見せつける>

「キャンプでやっていることを

実戦で試したかった。それに守りだけだと

逆に疲れるんですよ。」

◇福留孝介

<初の紅白戦、白組4番で先発し、3打数無安打>

「きょうは全然、バットを振ってないから。」

<紅白戦で4番・センター。

来季は外野の司令塔もある?>

「センターを守ったのはコーチに言われたから。

理由はコーチに聞いて下さいよ。」

<若手に熱心にアドバイス>

「(左中間を破られたレフト)櫻井には、

(3回までは)あえて黙って守備位置を

見ていたんだけど、こっちが動いてもほとんど一緒。

(守備範囲にも関わらず飛球を譲ったライトの)

中村(一生)にもボクは『ライトッ!』って

言ったんだけど、最初からボクの後ろに

回り込むみたいな感じだったので...。

すぐに送球しやすいのはライトですから、

アイツが捕らなきゃいけないんです。」

(トーチュウ『来季こそ!!』より)

◆高村祐 (前楽天)

<テスト生として沖縄キャンプに参加。

12日に登板する紅白戦が『一発勝負』>

「他の球団からの誘いはないです。

絶対に中日でという気持ちで沖縄に来ました。

ボクとしては『ここでやる』っていう

気持ちで来てます。

持ってるものを全部出して頑張るだけです。」

◇落合監督

<梨田元近鉄監督を通じ、

チャンスを求められた高村について>

「紅白戦に投げさせて、

どれだけの球が投げられるか見てから決めるよ。」


沖縄キャンプは17日目、

この日からテスト選手3名が参加、

紅白戦では、荒木、福留がスタメンフル出場。

格の違いを見せつけたようです。

谷繁が出した『自己配球の投球』。

中田には、ハイレベルなものを求めているようです。

ただ全球でサインを出すのはある意味面白そう。

右手をせわしなく動かして、サインを出した後は、

手を制止しない新フォーム。

二重の気遣いに、さすがの背番号20

悪戦苦闘だったようです。

紅白戦後はブルペンで187球を投げ、

この日は合計332球

キャンプ中の300球超えは早くも3度目だそうです。

課題のスタミナアップも見据えている中田

ストライクを決められない朝倉

同じレベルになってほしいのですが。

白組4番で紅白戦フル出場の福留

なんと守備がいつものライトではなくセンターでした。

これはシーズンを考えて、

センターを守れるようにしておいてくれと

落合監督がコーチへ指示したようです。

確かに今季は終盤にセンターに入ったりして、

適応能力は証明済み。

この日も守備では荒木の左中間の当たりを

2塁へレーザービーム、補殺するなど。

ゴールデングラブ賞受賞者らしい所は健在。

さらに櫻井中村一生にアドバイスをおくるなど、

外野の要らしいところを見せていました。

来季はセンターでスタメンも

なきにしもあらずかも。

元東北楽天の高村

元西武の鳥谷部健一の2人の投手が、

上田とともにテストを受けるために、

沖縄キャンプに参加。

中でも高村は、ブルペンで46球の

『売り込み投球』を行ったそうです。

元大阪近鉄のエースである高村

今季は右肩痛に悩まされていたようですが、

回復した直後に戦力外通告。

「まだやれる。まだやりたい。」という固い決意

12日の紅白戦が事実上の『試験』となりますが、

果たしてどうなるでしょうか?


△ドラゴンズ・契約更改▼

11月10日 (金額は推定・単位は万円)

森野   3600 (△1100・44%)

高橋光信 2400 (△500・26%)

鎌田   1000 (▼200・17%)

小山   1000 (▼200・17%)

英智   2800 (▼600・18%)

◇森野将彦

<背番号『31』へ変更、”竜の掛布”へ?>

「今季は途中でバテて、試合に出られなくなった。

そういうことをなくさないとレギュラーは無理です。

ポジション? サード1本という感じです。

秋季キャンプは最後までやってこそ意味がある。

そういう責任感をアピールしたいです。」

◇英智

<昨季の倍増からほぼ一転の減給。

約1ヶ月半の離脱が響き、

『スーパーサブ査定』は大幅カット>

「1年間ベンチにいてもらわないと

いけないのがスーパーサブ。

いない分は減らさせてもらった、と...。」



今季は自己最多の118試合に出場して

9本塁打、46打点をマークした森野

44%アップとなりました。

9年目で初の年間フル1軍を果たした森野は、

シーズン終了直後から、

フェニックス・リーグに突入。

落合監督の『オレ流ノック』を連日受けるなど、

今秋の強化指定選手になっています。

その森野、何と来季から背番号が

今までの「8」から『31』に変わるそうです。

『31』といえば、あの元阪神のサード、

掛布さんのイメージなのでしょうが、

何でいまさら『31』なのかちょっと疑問ですね。

1ケタの方が、内野手らしくていいと思うのですが...。

ドラフトで入ってくる新人に

『8』を与えるのでしょうか?ちょっと見物です。


PS 今日のその他。

足の動き「アウト」 腕の静止「セーフ」

竜、二段モーション見直し提案

規制緩和求める方向 セ、2段モーション問題

10日のセ・リーグ理事会のなかで

投手の『2段モーション』について協議されました。

今回は混乱を防ぐ意味でも、

これまで最も問題視されている

「足の動き」に対して、厳しく不正投球を

取ることで大筋でまとまったようです。

21日に開かれるNPBの規則委員と

セ・パ審判部長らとの打ち合わせで、

「手の動き」に関する規制緩和を求めていき、

国際試合に適合できるかどうかを見極め、

さらに28日には12球団の投手コーチを呼んで、

確認することになるとのことです。

その辺りにしておくのがいいと思いますよ。

とりあえず『イリーガルピッチ問題』は、

これで落ち着くのではないでしょうか。


【ドラゴンズオンラインショップ】

岩瀬選手日本最多46セーブ記念等身大タペストリー

岩瀬の誕生日である10日に発売になった、

日本最多46セーブを記念してのグッズは、

約100×210㎝と等身大タペストリー。

素材は、布製品に比べてとても丈夫で

長持ちという3M高級ターポリンを使用 。

壁掛けタイプ(青い紐付き)で

何と送料、消費税込みで、10550円

安いのか高いのかよく分かりませんが、

毎日、等身大の守護神を拝みたい方にはおすすめです。

詳しくは、こちらでチェックしてみて下さい。


中日がデニー友利獲得

前レッドソックス

最後にちょっと驚きのニュースです。

デニー友利ですか...。

いきさつなど詳しくは、また明日。




コメント

新人で「8」をつけるとなると、平田かなぁと思います。

なんだか森さんが頑張ってますね(笑
生え抜きの投手も大事にして欲しいものです。

森野選手の背番号変更も意味不明です。
私も内野は一ケタってイメージがあります。
彦野が「8」だったので外野もあり?
ってことは平田くんかなぁ。。。。

こちらでははじめまして、現地レポです。
既に他で見られてるかもしれませんが、
今日の午後キャンプをみてきました。
写真はURL欄に。デニー、高村の姿も見ましたよ。
高村はちょうどブルペン終わったところで、
投げてるところは見られませんでしたが。
内容は写真の通りで、紅白戦は無く、
体力と根性作りのノックをメインに見てきました。
岡本、井上、遠藤らの中堅ベテラン始め、
みんな落合監督や高代・風岡・早川コーチらのノック攻めでした。
特に森野と森岡、鎌田は、全体の練習の最後に
暗くなるまで鬼気迫るノックを
立ち上がれなくなるまで受けてました。
歯を食いしばってノックを受ける姿を見てやってください。
「お前ら給料上がったんだろ!それくらい捕れ!」
「(森野に)おまえも(ショーゴーと同じ)北海道行きたいか?!」
「送球が甘い!とってもそんなじゃダブルプレー取れんぞ!」
みたいなデカイ声が監督からかかってました。
特に森野には1年を通して戦える体力をつけて、
立浪とレギュラーを争ってほしいものです。
デニーにはなんとか死に花を咲かせてもらいたい、と
沖縄県民としては思ってしまいますね。
彼の苦労も聞いているだけに。
まあまずは英智・井上らに対する上田のように、
同じサイドの川岸・鈴木らと競争の構図を
作れるところまでは最低行ってほしいと思います。
明日の紅白戦は高村や鳥谷部も投げて採否が決まるようです。
もちろん観に行きますが、
デニーは投げる(投げれる)のかな・・・

森野が#31になるということであれば
当然チェンの背番号も変わるわけで、
一体何番を背負うのか気になるところではあります。

ところで。実は
「'05年版・野球好きブロガー生息図を作ろう」と
いう企画が今行われておりまして、
私もその企画に一口乗っております。
私のblogのトップページにリンクバナーを張ってありますので、
もしよろしければ一度御覧になって下さい。
よろしくお願いします。

上田は首脳陣との折り合いが悪かったようですね。
いい選手なのに何で?と思っていました。
背番号35はまっくんが長い間つけていたお陰で(?)
なかなか活躍の場がありませんでしたが、
読売からウォーリー与那嶺さんが移籍したときにつけていた番号。上田にはもう一度光って欲しいです。デニー友利にも!

みなさんコメントありがとうございます!
返事が遅くなり、申し訳ありません。

>W.P.Tさん
自分もはじめに、平田君の顔が浮かんでしまいました。
大学・社会人ドラフトでの即戦力の方かも
しれませんが、平田君の方が話題になるかも?

>ドラゴンズブルーさん
「森繁ルート」で選手が来ますよね。
まさかデニー投手が逆輸入だとは思いませんでした。
まだ何人か来たりしたら、スゴイですよね。

>北谷キャンプ現地レポさん
MegaDraさんの所から、いつも拝見させて頂いています。
中スポにもない生の表情が出ているフォト、
とても感謝しています。
デニー投手、北谷にいたんですね。
早く投げるところが見たいです。
森野選手に対する期待は大きいようですね。
一皮さらにむければ、いいサードになると思うので、
おおいに期待したいです。
今日の紅白戦も楽しみにしています。

>りんかんさん
おひさしぶりです。
背番号31は、チェン投手でしたよね。
彼も期待の左腕ですから、もう少し若い数字に
なるのでしょうか?注目したいです。
『'05年版 真・野球好きブロガー生息図』
昨年のよりもリアルになっていましたね。
企画が大いに盛り上がることを期待しています。

>tropical_dandyさん
上田選手には、まずはまっくん以上の活躍を期待します。
デニー友利投手もそうですが、まずは1軍定着。
そしてチームにいい刺激を与えてもらいたいです。

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ