« サヨナラ、中日ドラゴンズ・野口茂樹。 | トップページ | 兄貴の兄貴分のアニキに弟子入り!? »

2005年11月19日 (土)

明日の若竜、大学生・社会人ドラフト6選手指名!

竜5巡目に柳田 NOMOクラブから初指名

3巡目藤井、割って入る!落合監督、オレを見て!

プロ野球のドラフト(新人選択)会議の第2弾、
「大学生・社会人ほか選択会議」が18日行われ、
ドラゴンズは、6選手を指名しました。
指名選手は以下の通り。


中日ドラゴンズ 大学生・社会人ドラフト確定選手


希望入団枠 交渉権獲得選手
吉見 一起 (よしみ かずき)

金光大阪高等学校-トヨタ自動車 投手 右投右打
1984.9.19生 182センチ 83キロ

MAX147キロのストレートと、切れ味鋭いスライダー、
フォークを武器とする社会人で屈指の本格派。
マウンド度胸が良く、プロ向きの資質を持つ。
昨年12月の右ひじ手術の影響で、
初登板が5月にずれ込んだが、
今年の都市対抗ではヤマハの補強選手として出場。
(トーチュウ評価 A)

「高校(金光大阪)時代から
親身になって見続けてくれたことと、
私を一番に必要としてくれたことに感謝し、
中日への入団を希望します。
将来は先発で10勝をコンスタントに
上げられるような投手になりたい。」

「ひじの問題があるので、
結果を出すのは2年目ぐらいからでいい。
将来的に先発ローテーションに入れる器だ。」
(中田スカウト部長)

なお、吉見投手は、社会人日本選手権を控えた
チーム(トヨタ自動車)がこの日を休養日に充てたため、
記者会見を行いませんでした。
上のコメントは、9日の会見の再録で。


3巡目 交渉権獲得選手   
藤井 淳志 (ふじい あつし)

筑波大学-NTT西日本 外野手 右投両打
1981.5.20生 181センチ 77キロ

肩の強さ、スローイングの正確性が抜群。
両打ちでシュアな打撃に加え、50メートル5秒8の俊足、
遠投125メートルの強肩を誇る
まさに三拍子そろった即戦力候補。
チームでは7番打者だが、パンチ力も。
座右の銘は、『為せば成る』
(トーチュウ評価 B)

「正直ホッとしました。
でも、まだスタートラインに立っただけです。
肩にはこだわっているし、誰にも負けない。
安定した会社(NTT西日本)を出るのだから
両親にも心配をかけると思う。
何年かかろうが、レギュラーを目指さないといけない。」

「地元 (豊橋東高出身) の選手で、
肩と足があるし、パンチ力もある。」
(中田スカウト部長)


4巡目 交渉権獲得選手   
新井 良太 (あらい りょうた)

広陵高等学校-駒澤大学 内野手 右投右打
1983.8.16生 187センチ 89キロ

今季のセ本塁打王・新井貴浩(広島)の弟。
恵まれた体で兄譲りのパワーは一級品。
東都大学リーグ通算14本塁打、
パンチ力のある打撃が魅力で、
50メートル6秒1、一試合5盗塁するなど脚力もある。
努力家でキャプテンを任されるなど責任感も強い。
(トーチュウ評価 C)

「実感がわかないが、
小さいころからの夢なのでうれしい。
“オレ竜”采配で実績のある
監督の下で野球ができるのは幸せ。
中日はレベルが高い選手が
集まっているイメージ。
あこがれの選手は福留さん。
打つことだけではなく、
走ること、守ることでアピールしたい。
(兄とはよく連絡を取り合い)
技術的なことよりも
メンタルの部分が参考になる。
『まだまだお前のレベルじゃ無理。
たくさん練習しろ』と言われます。
ボクのドラフトの年に兄が
本塁打王というのは何かがあると思う。
兄に負けない、という気持ちを
大事にしてやっていきたい。
注目されることで、ボクにもチャンスがある。
生かすのも殺すのも自分次第。
不器用でセンスのないボクだが、
気持ちだけは負けない。
オレ流の厳しい指導も大丈夫です。
早く同じフィールドに立てるよう頑張りたい。」

「(新井兄弟の)2人は飛ばす力、体格ともよく似ている。
弟は私の指導力不足で鳴かず飛ばずに終わったが、
潜在能力はかなり高い。兄は打つだけだったが、
弟は肩が強く、脚力もある。
教え方次第では三塁も出来るし、外野でも面白い。
落合監督の指導を受ければ、近い将来、兄を追い越す。」
(駒大・太田監督)


5巡目 交渉権獲得選手   
柳田 殖生 (やなぎだ しげお)

福知山商業高等学校-NOMOベースボールクラブ
内野手 右投右打
1982.3.31 生 178センチ 77キロ

力があり、バネもある。
50メートル6秒0と足が速く、
打撃はスイングスピードがあり、長打力もある。
広い守備範囲で遠投120メートルと肩が強く、
スローイングも安定している。
身体能力の高さを生かした俊足強打の内野手。
デュプロ時代には、阪神・藤本と三遊間を組んだ。
(トーチュウ評価 なし)

「まだ実感がわいていない。
うれしいだけです。
プロならどこでも行きたいと思っていた。
(中日のイメージは)名古屋の人たちが
熱狂的な応援をするイメージです。
井端さんは実績のある人。
見習って、追いつき、追い越したい。
肩には自信を持っている。
(目標の選手は) 松井稼頭央さんです。
打って、走って、守れる選手になりたい。
(落合監督のイメージは)
三冠王を取った偉大な方。
とりあえず、ついていきたい。
仕事場を試合で抜けるときもあったが、
応援を出してもらったりして感謝している。
NOMOクラブにも野球をやらせてもらって
感謝している。」

「プロだったらどこでも行きたかったので
ヤッターという気持ちでした。
野茂さんには感謝の言葉しかないですね。
このクラブに入団したときから
プロを目標にやってきましたから。
野茂さんの『夢をあきらめるな』という
言葉を信じて、ここまでやってきました。
(阪神の)藤本さんからは
もう1回野球をやれと励ましてもらった。
プロに入ることで恩返しになると思う。
1日も早く戦力になりたい。
いつかは同じ名前の長嶋さんのように、
ビッグな選手になりたい。」

「都市対抗などを経験して実績もある。
特に守備を高く評価している。」
(中田スカウト部長)

「なにより素質の高さを買った。
足も速ければ、肩も強いのが魅力。
(デュプロから)NOMOクラブに行って
プロを目指したというハングリー精神も買える。」
(米村スカウト)

◆野茂英雄
(NOMOベースボールクラブオーナー)
「柳田選手は本当に3年間よく頑張ったと思います。
毎日一生懸命練習してきた結果が出ました。
プロへ行ってからも、今までNOMOクラブで
頑張ってきたことを忘れず続けてもらいたいです。
そうすれば十分プロでも通用すると思います。」


6巡目 交渉権獲得選手   
斉藤 信介 (さいとう しんすけ)

龍谷大学-NTT西日本 投手 右投右打
1982.2.12 生 183センチ 85キロ

昨年、横手からオーバースローに転向した本格派
最速149キロ、球威のある速球で押す剛腕タイプ。
球に力があり、スライダー、フォークも持つ。
リリーフ中心に投げているが、完投するスタミナもある。
9月、オランダでの世界W杯では、
4試合に先発し、3勝をあげる。
いつも大声を上げながら投げる気迫の投球が魅力。
座右の銘は『気合に勝る天才なし』
(トーチュウ評価 B)

「ドキドキでした。
指名させなかったら
どうなんねんと不安でしたよ。
中日の投手陣は球界一。
そこで長く活躍できる投手になりたい。
(3巡目・藤井とは)食えへんようなメシを
一緒に食った仲。頼りになる。」


7巡目 交渉権獲得選手   
佐藤 亮太 (さとう りょうた)

長野日大高等学校-国学院大学 投手 左投左打
1983.9.2 生 186センチ 80キロ

186センチの長身から投げ下ろす
最速144キロ、角度あるストレートは
まだ十分にのびしろがある。
スライダーも良い。左の本格派だが、
制球力に難があるものの、将来性を感じる
東都大学2部リーグの隠れた逸材。
(トーチュウ評価 C)

「正直、本当に指名されるとは
思ってなくて。びっくりしてます。
山本昌さんのように長く野球を続けられる
選手になりたいです。」

「大バケしますよ。(日本ハムの)金村の器用さと
(元横浜の)佐々木の強さを持った投手になる。」
(國學院大・竹田監督)

◇中田スカウト部長
<捕手こそ指名できなかったが、
遊撃手は、西村弥選手を楽天にさられわるも
直後に柳田選手を指名して危機脱出>
「とりたい選手をとれた。
想定内のドラフトでした。」

◇落合監督
「予定通り。あとは選手が来て、
それをこっちが見てからだ。
入ってくれることを願うだけだな。
柳田のことはスカウトに聞いてくれ。」


頑張れ、苦労人!今朝のスポーツ紙で
なんと言ってもダントツ
名前が一番大きかったのが、
『NOMOベースボールクラブ』出身、
5巡目指名の柳田殖生選手でした。
希望枠の吉見投手が、
社会人の日本選手権のために
会見を行わなかったこともあって、
中スポトーチュウも、
柳田選手がトップでした。

NOMOクラブ設立3年目で初のプロ野球選手。
職業は『大工見習い』
高校卒業後にデュプロでプレーも
2年で退社。野球から1年離れた後
プロを目指して建築会社で
月収15万円のアルバイトをしながら
NOMOクラブで夜間に練習する日々。
まさに苦労人といえる柳田選手
ようやく報われてよかったですね。
売りは、抜群の身体能力と強肩。
ドラゴンズショートには、名手・井端がいます。
かなり高い壁となるでしょうが、
追いつき、追い越せの気持ちで頑張ってほしいです。

兄を越えろ!続いては、
広島・新井選手の弟
4巡目指名の良太選手
体の強さとパンチ力。
さらに俊足と、素材は兄以上と言われています。
守備はあまりうまくないようですが、
プロでしっかり鍛えて、将来はぜひ大砲になり、
兄のようにホームランキングになってほしいです。

左・斉藤、右・藤井自分的には、
3巡目の藤井選手 (右) に
期待したいです。
好守・強肩
シュアな打撃。
三拍子揃った選手なのだそうです。
さらにライトからのバックホームは
客を呼べるほどの鉄砲肩とのこと。
ライト争いに加わってくることが楽しみです。
同僚の6巡目指名の斉藤投手 (左) は、
サイドの時も速かったそうですが、
今はオーバースローなのだそうです。
NTT西日本ではストッパー。
吠える剛腕のようなので、
社会人の日本選手権で注目してみたいと思います。

お約束の胴上げだあ!最後は、東北高、
仙台育英高などを率いた名将、
竹田監督大化けする
言っていた7巡目・佐藤亮太投手
左投手のワンポイントなどは、
今空いていますから、チャンスはあるかも、
制球力をつけて、早く1軍で投げてほしいです。

高校生ドラフトで4選手、このドラフトで6選手
新たな若竜達の活躍、大いに期待したいと思います。


フロムチャタンの話題。(18日)

沖縄キャンプは25日目
ドラフトもあってか、
記事はほとんどありません。
東京から戻った福留が練習に復帰。
自打球を当てた森野井端とともに
終日コーチ指示。
そして、前日17日の紅白戦で
頭部に死球を受けた
荒木は大事を取って、この日の練習を欠席
このままキャンプを打ち上げ
数日間の静養後、名古屋へ帰る予定。
完走できなかったのが、不満かもしれませんが、
無理せず静養してほしいと思いますね。

おなじみ、北谷キャンプ現地レポさん
レポートは、こちらからお願いします。

この日の目玉?は、
陸上部・投手陣全員参加による
『地獄の400メートルリレー』
投手陣全体を紅白にわけ、
陸上競技場の400メートルトラックを
1周してリレーを4本
つまり、5,6分に一度、
400メートルを全力で走らないといけないという
まさに「拷問モノ」のリレーだったようです。

ちなみに見た感じで組み分けは、
(間違っていたらごめんなさい)
<紅組>
朝倉?久本?小林?石川
?川岸?佐藤?中田?中里

<白組>
チェン?石井?LG?長峰
?LG?山井?高橋聡文?川井進

1周ごとにしっかりラップも計測しています。
井上、渡邉、福留らも見守るなか、
ペットボトルをバトン代わりにして、
はじめは軽快に走っていたようですが、
3本目以降はさすがに顔がになり、
4本目が終わると、皆、地面にダウンでした。

ちなみに勝負は、紅組の勝利。
ベストラップは中里の55秒。
2位は中田の57秒だったようです。
川岸、川井進、チェンあたりの速さが目立ちましたが、
石川聡文はかなりきつかったようです。
みなさんお疲れ様でした。


◇井端弘和
<じんましんで1週間の入院生活。
ひたすらDVDを見続けた。はまったのはなんと>
「小学生ばりに語れますよ。コナンを。
最後はトリックを途中で
見抜けるようになりました。」

◇上田佳範
<32歳の誕生日をキャンプ地で迎える>
「この時期に(自主トレじゃなく)
チームと一緒に野球をやっているのは
久しぶりなんです。
毎年、ドラフトが来ると誕生日だなって
気持ちになりますね。」

入院中はDVD三昧、色々見ていて、
『名探偵コナン』は劇場版だけでなく、
シリーズも完全制覇したとか。
自宅でもスカパー!のアニマックスにも
加入しているいばちん
すっかり気分は名探偵になってしまったようです。


PS 今日のその他。
「埼玉」or「所沢」 
西武が地名入りチーム名検討

◆後藤西武鉄道社長
「これからは地元に密着していかなくてはダメ。
“埼玉西武ライオンズ”
“所沢西武ライオンズ”とかいいかなと思う。」

◆星野オーナー代行兼球団社長 (西武)
「後藤社長がテレビでお話ししたとは
聞いていますが、直接聞いていないし、
今の時点でコメントはできません
以前からそういう話もあった。
いろいろ考えなくてはいけない。」

西武鉄道が『西武ライオンズ』
チーム名の変更を検討。
チームの本拠地がある埼玉県
所沢市の地名を盛り込む方向だそうです。
チーム名に地域名を盛り込むことで
地域に根ざした球団であることを強調。
”おらがチーム”として観客動員増を
目指すのが狙いだとのこと。

何をいまさらって感じですね。
西武が移転してきてもう27年が経ちますが、
埼玉県といっても西の方ですし、
ファンでないからかもしれませんが、
サッカーJ1の浦和レッズなどとは違い、
正直、埼玉のチームという印象はありません。
今の「インボイスSEIBUドーム」
開場当初は「所沢球場」ではなく
『西武球場』と名乗っていたくらいですからね。
経営者も変わったし、時代の流れだとは思いますが、
あまり「埼玉西武」とは名乗ってほしくないですね。
地域性にこだわるなら
『所沢西武ライオンズ』でいいでしょう。
東武沿線の自分は勝手ながらそう思います。




コメント

どもー^^ノ
TBありがとうございました。
こちらからも貼らせていただこうと思ったのですが、
なぜか反映されません。
どうやら調子悪いみたいでごめんなさい。
ところでTOSHIさん東武沿線にお住まいなんですか?
僕も去年まで実家がある東武東上線沿線に住んでました。
今でもちょいちょい帰っております。

毎年のことですが(笑)今年の指名選手には
ワクワクしています。
落合監督が一芸に秀でた選手が欲しいと要望
したためか強肩、俊足、飛ばす力と楽しみな
選手が多いです。

新井選手のPCの壁紙がお兄さんってところが
良いですね。
ナベさんにファーストもサードも守備を教わって
早く出てきて欲しいです。

みなさんコメントありがとうございます。

>現象さん
すみません、どうにかTBは反映されたようです。
ご迷惑をおかけしました。
さらにごめんなさい。
東武は東武でももっと東を走っている
東武伊勢崎線沿線です。
どちらかというとインボイスSEIBUドームより
千葉マリンスタジアムの方が
自宅からは近かったりします。

>ドラゴンズブルーさん
強肩、俊足とますます一芸主義になっていますね。
スーパーサブが増えるかも?
ところであれは新井選手のPCでしょうか。
きちんとお兄さんの顔が隠れないよう
ショートカットアイコンが右に来ているのが、
えらいなあと感じました。
守備の指導は、渡邉選手と
川相兼任先生にお任せです。

こんばんは。
私は今回のドラフト指名選手の中では新井選手に期待しています。
兄のように大化けする可能性がありそうです。
でもトーチュウ評価 はCなんですね。
ドラフト前から結構話題になっていたので、もっと評価が高いと思っていました。
兄を超える選手になってもらいたいですね。

 今日もキャンプで紅白戦を見てきました。
写真と紅白戦スコアはURL欄のリンクからどうぞ。
 荒木はお休み(もう帰名した?)、柳沢もお休みでしたが、
自打球の森野は元気に出てきました。
ちゃんと足の甲もカバーするプロテクターつけてました。
 紅白戦は石井も高橋聡も5回無失点でした。
石井は立ち上がりヒット打たれましたが、
前回同様ストライク先行、スライダー・フォークで
空振りをたくさん取って、なかなかいい感じでした。
カムバッカーの鋭いライナーやゴロもうまくさばいて
フィールディングのいいところも見せてましたね。
 高橋聡は立ち上がりは変化球のコントロール今ひとつで
カウント整えるのに苦労してたましたが、尻上がりに調子を上げて、
石井と同じく5回3安打無失点、そして6奪三振。
前回よりははるかによかったです。
紅白戦後、競い合う二人は仲良くマラソンへ。
 LGのピッチャーに代わってからヒットがつながりだし、
福留と高橋光の豪快なホームランが出ました。
福留は新フォームで初ホームランかな? インコースの打ちごろの
球を完璧に右中間に持って行きました。このホームランの
スイングが構えからフォロースルーまで連続写真で撮れたので
写真を参照してください。もうほとんどフォーム固まってる気がします。
たまたま昨晩、中里初勝利・岩瀬新記録のゲームのビデオで
彼の打席を見たんですが、シーズン中のスタンスで顔の前にバットを
構えるフォームと見る比べると、もうスイングのスムーズさが雲泥の差。
前のフォームは顔の位置も縦方向に若干動いてるようだったし。
 高橋光のレフト場外へのデカいホームランは、先日の3連発の
2発目同様、打った瞬間「あ、場外行った!」って感じの豪快な当たり。
スゴい打球音でした。満面の笑みでホームインしてましたが、
客席にいた元球団職員らしき人にヘルメットとって挨拶してましたね。
彼の人柄がよくわかる光景でした。
 森野や英智もいいヒット打ってました。森野のライト線二塁打は
久々に見る彼の強い、速い打球でした。若手ではまた櫻井や普久原、
森岡が目立ってましたが、櫻井は中川の犠飛でうまいスライディングで
前田のブロックをかわして勝ち越しホームインしましたね。
ちょっと若手の走塁ミスがいくつか出てましたが。
 紅白戦見られるのは、明日が最後になると思います。雨が心配ですが。

コメントありがとうございます!

>しんさん
新井良太選手も期待しています。
彼の場合、伸びてきたのが
最後のリーグ戦のようなので
評価がこのようになったのかもしれませんね。
素材は兄以上ですから、しっかり鍛錬して
頑張ってもらいたいですね。

>北谷キャンプ現地レポさん
レポートお疲れ様でした。
フォトアルバム、いつもながら感謝です!
森野選手、始めからプロテクターを着けていれば
悶絶することもなかったのに。
ただ大事に至らずよかったです。
石井投手がナイスピッチングでしたね。
試合後の海岸沿いを聡文投手と
走るシルエットもよかったです。
福留選手の連続フォーム、ありがとうございます。
本人はまだまだと言っているようですが、
形になってきた感じがします。
空の様子を見たりすると、
沖縄もだいぶ涼しくなってきたようですね。
今日もよろしくお願いいたします。

今回指名された社会人からの4選手は、
私は全員見ております
(ただ、齊藤は叫ぶ選手ではなかったような)。

ただ、NTT西日本は今回のドラフトで
藤井・齊藤も含めて主力を5人抜かれましたから、
来期チームが立ち行かなくなるのではないかという
心配の声も上がっておるのですよ。
(中日で言えば、中田と井端と福留と森野と井上を
抜かれるようなもんですからね)

>りんかんさん
コメントありがとうございます!
斉藤投手、吠えないですか。
またトーチュウに踊らされてしまったかも?
それにしてもNTT西日本。
主力5人の引き抜きはキツイですね。
選手に罪はないとはいえ、
ちょっとカワイソウに思いました。

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • : DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)

    DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)
    NO DRA, NO LIFE 中日ドラゴンズ承認ファンブックが今年も発売決定!毎日の試合結果を記載できるドラゴンズぴあダイアリー2018-2019が別冊付録。

  • : 中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018

    中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018
    新スローガン『原点回帰 Dragons愛!』を掲げ、日々激闘を続ける竜選手たちを後押しする、中日ドラゴンズの応援歌メドレーアルバムの2018年版が誕生!

  • : 中日ドラゴンズファンブック2018

    中日ドラゴンズファンブック2018
    「原点回帰 ドラゴンズ愛」をチームスローガンに掲げて2018年シーズンを戦うドラゴンズの全容を紹介!森監督インタビュー、京田・又吉トークなどの読み物、選手のプロフィルや過去シーズンの成績をはじめデータも充実。

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ