« サードへの道? 森野にオレ流ノックの洗礼! | トップページ | 井上新選手会長誕生?と渡邉選手近況報告。 »

2005年11月 1日 (火)

争奪戦必至!? 野口茂樹、FA宣言!

野口、FA宣言 球団争奪戦
竜残留要請もマネーゲーム拒否

中日の野口茂樹投手が31日、球団を通じて
フリーエージェント宣言の手続きを行った。
中日からのFA宣言選手は01年の前田、山崎以来。
球団は交渉が解禁される9日にも残留要請する方針だが、
同時に“マネーゲーム”への不参戦も表明した。
野口のFA宣言を受け、早くも巨人をはじめ、
阪神、オリックス、楽天の4球団は獲得の意向を示した。
“野口争奪戦”は激化しそうで、
条件しだいでは移籍する可能性も十分にある。
(中スポ)

◇野口茂樹
<ついにFA権行使に踏み切る> 
「書類は(球団に)提出しました。
それを球団がコミッショナーに出せば、
(FA)宣言ということになります。
今の心境? 
とにかく宣言したということです。
オファーを待つ? そうですね。」

◆清武球団代表 (巨人)
<事実上の”FA参戦”を表明>
「手続き的にいうとこれからだけど、興味のある選手。
FA選手の中では当然、上位にランクされてしかるべき。
(正式な公示前のため) まだ言いづらいが...
まだ十分に歴史を作れる投手だと思う。
今年は成績が振るわなかったが、
”こんなもんじゃない”というのが関係者の見解。
これまで散々苦しめられてきた。
幸いケガは右手だし、まだまだやれる。」

◆原監督 (巨人)
<わき出る愛を抑え切れず>
「時期的に (コメントは) 難しい部分はあるけど、
魅力的な投手であることは間違いないね。」

◆牧田球団社長 (阪神)
<明確な態度表明は行わず>
「全体的な補強の話の中で今後、
申し上げることになります。
特にウチが動いていると言うことを
言える段階ではない。
これから発表させてもらう。
きょう話すことはない。」

◆黒田編成部長 (阪神)
<すでに獲得の方針を固めている>
「FA公示が出れば、検討する。」

◆岡田監督 (阪神)
<場合によっては直接交渉も辞さずの構え>
「補強しないといけないのは投手や。
何人おってもエエ。
まだ、手続きをしただけだから、
実績を見ても評価は分かっている。
これから故障の有無などを調べて最終判断する。
直接出馬?それはこれからの話や。」
「FA宣言したから、そら(獲りに)いくよ。
これまでの実績とか評価は
もう分かっていることやからね。
落合監督と肌が合わなかっただけ。
まだ来年32歳だし、環境が変われば
先発で十分2ケタ以上勝てる。
可能性がないなら別やけど、
これからはタイムテーブルに従って
やっていくだけや。」

◆小泉球団社長 (オリックス)
<野口について、控えめながら>
「ウチは左が不足しているし、欲しい投手。
担当者に調査させたい。
紙面を読む限り、巨人や阪神など
複数の球団が興味を示している様子。
ウチはマネーゲームには弱いから。」

◆中村監督 (オリックス)
「ずっと追いかけてきた選手。興味はある。」

◆山下編成本部長 (楽天)
「投手の補強は一番のポイントと考えていたので、
野口のような素晴らしい左投手が
FA宣言するのであれば、
球団としては非常に興味があります。
獲得へ向け、十分前向きに検討したい。」

◆野村克也氏 (楽天新監督)
<野口について>
「スライダーの出し入れが印象的。
欲しいね。いいピッチャーは
何人いても邪魔にならない。
フロントにも言ってある。」

◇伊藤球団代表
「FAを獲得した選手だからといって、
待遇を手厚くすることはありません。
条件を見直すことはしません。」

◇西川球団社長
<方針は残留要請、だが無条件ではない>
「野口君には残ってほしいですが、
仮に他球団からべらぼうな提示があったとして、
引き留めるためにさらなる上積みはしません。
FA制度の悪癖が続いてしまう。
年俸高騰の原因ともなります。
球界の将来にもかかわること。
必要なのは必要だが、すでに条件は伝えている。
それ以上のことをするつもりはない。
限度以上のマネーゲームはしません。」


この姿は見納めなのか?野口がついに
FA権を行使しましたね。
書類を提出したのみなので、
まだ胸の内
語ってはいませんが、
ひとつの行動に出たのは確かです。
公示は8日なので、まだ獲得の意思を
表明とまではいきませんが、
同じセ・リーグから、巨人、阪神
パ・リーグからは、オリックス、楽天
4球団が名乗りを上げると予想されています。

ドラゴンズ側は、残留要請はしますが、
引き留めのためのプラスアルファはきっぱりと拒否。
おそらく単年、現状維持に近いラインとのこと。
推定1億80万円といわれる今季の野口の年俸。
13試合に登板し、3勝6敗、防御率4.00という
今季の成績で、残留となれば
ダウン表示も間違いないところ。
条件面では2年契約、今季年俸に
上積みを用意するであろう巨人
3年契約で総額5億円を用意、
背番号も愛着のある「47」を準備する阪神など、
他球団との隔たりは、
間違いなく予想されるところでしょう。

「歴史を作れる投手」といった巨人
左の先発投手が不足している阪神、オリックス
投手ならいくらいてもいいという楽天
ここ2年間、不振が続いているとはいえ、
環境が変われば、実績がある投手なだけに
通用するという高評価をされているのがうかがえます。
野口がチャンスや登板機会を求めるなら、
残留するよりも、動いたほうがいいかもしれません。

一部では残留の意志がないことは確実といわれ、
「同一リーグで見返したいという思いは強い」とのこと。
自分としては、ドラゴンズ残留してほしいですが、
この2年間の処遇を考えると、どう本人が選択するのか?
まずは野口判断を見守りたいです。

人一倍こだわりが強く、一途な性格、
野球に対し、真摯な姿勢を保つ野口の心中はいかに?
9日から始まる熱い争奪戦に注目していこうと思います。


フロムチャタンの話題。(31日)

◇ 中日・紅白戦
(31日・北谷公園野球場)
  007 001 20  = 10
 白 001 100 00  = 2
[紅投] 遠藤、川井進、石川、長峰-小山
[白投] 落合英二、久本、川岸、小林-前田
[本] 柳沢 (紅)

【主な選手の成績】
<紅組>
1番・センター  英智 5打数1安打
2番・ショート・ 鎌田 4打数2安打2打点
4番・サード   森野 4打数1安打1打点
5番・捕手    小山 5打数2安打1打点
6番・DH     柳沢 4打数1安打3打点

<白組>
1番・ショート  森岡  4打数1安打
3番・センター 中村一生 5打数2安打1打点
4番・一塁   高橋光信 4打数1安打
6番・レフト   櫻井  4打数1安打1打点

<紅組>
先発・  遠藤  2回3安打無失点
2番手・  川井進 2回4安打2失点

<白組>
先発・ 落合英二 2回無安打無失点
2番手・  久本  2回6安打7失点
4番手・  小林  2回3安打2失点

★特別ルールで8回打ち切り

◇柳沢裕一
<3回一死、久本からレフトへ3ラン>
「打った瞬間に入ったと思いました。
完ぺきな手応えの当たり。
ストレートを待って、来た球がスライダー。
それでも体が自然に反応した。
打撃は自分の課題の1つ。
どんどんアピールしていきたい。
きつい言い方になるかもしれないけど、
自分より年齢が下の選手のことは
まったく気にしていない。
(若手に) 追いつかれる心配よりも、
上にいる谷繁さんにいかに追いつくかを考えています。
選手でいる以上はレギュラーを取りたい。
年齢は関係ありません。
谷繁さんのすごいところは、
捕球してから送球までの速さ。それと勝負強い打撃。
でも負けを認めるつもりはありません。
いつかは追い越せると思ってやってます。」
(トーチュウ『来季こそ!!』より)

◇堂上剛裕
<紅組3番・ファーストで出場、
3回久本から右中間を深々と破るタイムリー三塁打>
「いい感触で打てた。
でもまだアピールが足りない。」

◇長峰昌司
<紅組4番手で登板、
2イニング無安打無失点3三振の好投>
「9月くらいから、リズムがよくなって、
ボールが指にかかる感覚がよくなってきた。
今日もうまく投げられました。
(チェンジアップは)教育リーグで投げて、
通用するかなと思いました。
僕は、直球と変化球の
コンビネーションで勝負するタイプ。
直球は見せ球、くらいに思っているので。
この秋は、変化球の精度アップをしっかり図りたい。」

◇川岸強
<白組3番手で登板、
セットで制止を怠り、反則投球を宣告される>
「腕でリズムを取りながら投げようと
思っているので、(制止を) 忘れた。」


長峰が良かったようです。
約2週間前から本格的に投げ始めた
チェンジアップなど変化球の精度が
上がったり、これまでは130キロ台が
ほとんどだったストレートが
この日は最速142キロを計測するなど
成長が見られたようです。

久本が6安打7失点ですか、
3回に柳沢の3ランを始め、つるべ打ちを
喰らったような感じです。

その柳沢ですが、実質今季初めてとなる
ホームランは完璧な当たりだったようです。
谷繁FA残留がほぼ決まりのようですが、
「ポスト谷繁」の育成は、今後の課題となります。
前田、小山が連日、紅白戦でマスクをかぶっていますが、
まだまだ柳沢の存在も忘れてはいけません。
来春のキャンプでは、谷繁以外の捕手は
横一線で競われるそう。
課題の打撃をUPさせて、来季も第二捕手の座を
死守してもらいたいです。


ナゴヤからのひとこと。(31日)

◇谷繁元信
<球団事務所にFA手続きに必要な書類が到着、
本人はキャンプ合流のため、31日、沖縄入り>
「キャンプではピッチャーとじっくり話し合うつもり。」

◇山井大介
<沖縄キャンプに合流することに、
1日に沖縄入りし、2日から練習に合流>
「これからです。頑張らないと。」

◇山本昌
<大西(巨人)と土谷(楽天?)相手に約20分ノックの嵐>
「2人への惜別ノックだよ。」

山井が沖縄入りするんですね。
このままナゴヤにいるのかと思っていました。
遅れを取り戻すためにも、
沖縄ではハッスルしてほしいです。
昌さんのノックは右へ左へと激しい「挨拶」
受けた大西も「ありがとうございました」と
笑顔だったようです。

「ナゴヤドーム ご来場者ファンサービス」
アンケートのお願い

ドラゴンズの公式ホームページで
ナゴヤドームでのファンサービスのアンケート
行っています。興味のある方はへアクセスして下さい。




コメント

ちょっと本題からずれて(?)

オフィシャルのアンケート
イベントを第一目的に
ドームへ行く人って少ないと思うんですよねぇ
もちろんいいイベントがあればいいんでしょうが・・・

集客に必死なのは見えてきますが

>MegaDra さん
コメントありがとうございます!
返事が遅くなってすみません。

確かにそうですね。
行ったときにたまたまイベントがやっていて
ラッキーってことが多いかもしれません。
何かもらえるのはうれしいですが、
それだけじゃないとは思いますね。

こんにちは。
ドラゴンズから土谷選手がイーグルスに来てくれることになりました。
私はイーグルスの補強ポイントは「1番センター」だと
思っていますので、守備範囲が広く足が速い土谷選手には
とても期待しています。ベテランの関川選手などとの
レギュラー争いが楽しみです。

野口投手も野村監督が高く評価しており、
私もジャイアンツファン時代に野口投手の素晴らしいピッチングを
何度も目にしていますから是非ともイーグルスに来ていただきたいですが、
ジャイアンツやタイガース相手となるとちょっと厳しそうですね・・・。
変にお金などではなく、
イーグルスには誠意ある交渉をしてほしいと思います。

>じまぁ さん
コメントありがとうございます!
すみません、土谷選手について何も触れていないのに。
外野が固定されてしまっているドラゴンズでは、
チャンスは少なかったですが、
22歳とまだ若いですし、俊足巧打の選手ですから、
活躍を期待したいと思っています。
野口投手は、野村新監督が獲得に行くと出ていました。
中村捕手が退団してしまったのは
正直、残念ですが、阪神や巨人よりは
イーグルスの方がいいなと思います。
今後に注目です。

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ