« 谷繁が来た、秋季キャンプ第2クール開始。 | トップページ | 二択バトンにチャレンジ? »

2005年11月 4日 (金)

野口は巨人へ行ってしまうのか?

野口、巨人移籍 決定的
相性の良さを重要視

中日からフリーエージェント(FA)宣言した
野口茂樹投手巨人移籍が、
3日までに決定的となった。
獲得に名乗りを上げていた阪神、楽天
相次いで撤退を決定。
水面下の調査で野口『巨人志向』
キャッチしたためで、中日残留の可能性も極めて低い
交渉解禁日の9日を前に、
FA左腕を巡る状況は大きく動き出した。
(中スポ)

◇野口茂樹
<約1カ月ぶりにキャッチボールを再開>
「8割ぐらい回復しているし、順調です。
これまでもネット投げとかも
していたんで、投げるのは問題ない。
軽く投げ込みがしたいですね。
思ったより(肩の状態が)落ちてなかったかな。
今は感触を確かめている状態。
でもバランス良く投げられました
来年のキャンプ? 
まったく問題なくやれますよ。
(骨折したのは) こっちの手(右手)
なんで大丈夫ですよ。
これからも投球を続けていきます。」

◆岡田監督 (阪神) 
「故障とかも含めて、今編成が調べてるところ。
そら欲しいのは欲しいよ。
でも100%(取りに)行くとは言ってないやろ。
同じ実力で30歳と25歳の選手がいたら、
これからのためにも若い方を使うやろ。
ただFAで取れば、(その選手を)
優先しないといけない部分もある。
うちにも若い左投手はたくさんいる。
鍛えたらいけると判断すれば、
戦力を余らす補強をする必要もないしね。」

◆原監督 (巨人)
「会いたいということであれば、
喜んではせ参じる。
自分が動くことは惜しまない。
それだけいい選手ですから。
われわれの気持ちを伝えるのが大事。」

本格投球は巨人で?この所、お約束的な
野口の話題ですが、
数球団での争いから
何と『巨人・野口』の誕生へ
事態は加速しているそうです。

上の中スポでは、
阪神、楽天の撤退と、
プロ入り以来の球場別通算勝ち数では、
11勝6敗という東京ドームとの
相性の良さという理由から。

FA野口の巨人入りが確実に!
親しい知人に「希望球団」

サンスポでは、出場の機会を求めていることと、
メンタル面などでサポートを受けている
相談相手が東京にいることと、
同じ背番号「47」の左腕の先輩である、
工藤公康の生き方に興味があることなどから。

虎、FA野口獲り断念“在阪志向なし

さらに、なにわWEBでは、
野口自身在阪志向がないことが水面下で判明。
岡田監督が獲得の見送りを示唆したとのこと。

スポーツ紙を総合すると、今朝の時点では
阪神よりも巨人側に追い風が吹いているような
感じになってきています。

この日のナゴヤ球場での練習では、
骨折していた右手に内野用のグラブをはめ、
約1カ月ぶりにキャッチボールを再開。
50メートルの遠投を終えると、
立ち投げながらブルペンで小川を相手に
20球の投球練習を行ったという野口
ただ「FAに関しては…」と
胸の前で×マークをつくり、
これまでと同様に口を開くことはなかったそうです。

一番最後にUPしてきた「なにわWEB」の記事が
より巨人入りの可能性の高さを感じさせました。
阪神、引いちゃうのでしょうか?

確かに過去にノーヒットノーランを達成し、
今季も7回途中まで同じくノーヒットノーランという
好投を見せたのは、東京ドームでした。
投げやすいということもあるのかもしれません。
原監督になって環境が変わりそうな巨人
投手陣がある程度、確立している阪神よりは
チャンスもあるのでは思います。
ただFA宣言した西武の豊田清も狙っている巨人
そう何人も獲れるとは思えないのですが。

中スポでは、
「9日の解禁日以降に交渉の席を用意するのは、
中日以外では恐らく巨人のみ。」
とまで
強気に書かれているこの現状。
このままとは思えないですが、
解禁となる9日までは、あと1週間を切りました。
まだまだ目は離せません。


フロムチャタンの話題 (3日)

荒木、バットマンに変身
スイング改造で特打の毎日

◇荒木雅博
<秋季キャンプではスイングの改造に取り組む。
目指すは、福留の持つチーム最多186安打の更新>
「スイングを根本から変えようとしているんです。
バットが遠回りせず、ボールをたたく場所まで
最短距離で出せるようなスイングにしようと
してるんですけど、これがなかなか難しくて。
数字は目標にしてないです。
こだわりたいのは個人的な数字ではなく、
チームの勝利や優勝ですから。
ただ、今思い描いているスイングが
少しでもできるようになれば、
数字は勝手についてくるはず。
孝介がつくったときよりも、
試合数も6試合増えて146試合だし、
そろそろ何か残しておきたいしね。」

<あまり金額には執着はしていない>
「希望額はありますよ。
でも、それは言いません。
それより、今季のぼくの成績に対して
球団はどれだけの評価をしてくれているのか、
それを聞くのが楽しみなんです。」

個別練習では、もっぱら室内練習場にこもって
バットを振り続ける荒木
実は、フォームよりもっと根本的で
難しいスイングそのものの改造
取り組んでいるそうです。
今季チーム最多タイの181安打
.291の打率も残しましたが、
けっこう初球を打ち上げ、
外野フライということも多々ありました。
より出塁を増やすため、ヒットを増やすには、
スイングの改造が不可欠となったのでしょう。
秋は壊しても、春に直せればいいですから、
とことん取り組んでほしいですね。
ただオレ流ノックとの対決が
まだ見られないのは、やや寂しいところですが。

ちなみに荒木は、福留らともに、
4日、札幌ドームで行われる
『2005プロ野球コンベンション』出席と
5日の『ベストプレーヤーマッチ2005 』出場のために
3日の練習には参加しなかったそうです。


◇中日紅白戦 (3日・北谷公園野球場)
2-2 (9回打ち切り)

【打順】
<紅組>
6鎌田、8英智、5堂上、3高橋光信
DH清水、9普久原、2前田
(レフト・井上、セカンドは打撃投手)

<白組>
6中川、DH2柳沢、8中村一生、5森野
DH2(LG)、2DH小山、7櫻井
(ファースト・渡邉、セカンド、ライトは打撃投手)

【投手リレー】
<紅組>朝倉、高橋聡文、長峰、石川
<白組>中田、川井進、川岸

◇中田賢一
<白組先発、5回を1失点に抑える83球。
その後ブルペンに入り、この日は344球>
「1クールに2回は多く投げ込めと
言われているので、きょうはその日。
紅白戦はフォークが悪かったので、
そこも確かめていた。」

◇高橋聡文
<外角への制球が冴え、
2イニングをパーフェクトに>
「キャンプではいい感じで投げられている。
今季は抜けた時期があったので、
来季は1軍でフルに登板したい。」

◇清水将海
<紅組5番DH、5打点4安打と大暴れ>
「中田から打ててよかった。
キレがあって、いい投手ですから。
何が何でも打ちたかったんです。
(古巣の)ロッテ? 気にしません。
僕はドラゴンズの一員ですから。
中田をはじめ若い投手を含めて、
すごい投手ばかり。
谷繁さんを脅かす存在になって、
ぜひ日本一になりたい。」

◇中村一生
<1回ウラ、朝倉から右中間を破る二塁打>
「新しいフォームにもなじんできましたし、
『打撃は見られるようになった』と
コーチから言われました。
今季の終盤は、ストライクゾーンや
打球の違いに戸惑ったし、勉強不足でした。
まだまだ勉強中ですが、来季は1軍へ上がりたい。」
(トーチュウ『来季こそ!!』より)


沖縄キャンプ・10日目は、
札幌での『プロ野球コンベンション』などのため、
前述の荒木、福留の他に
井端、岩瀬、森岡らが沖縄を離れたようです。

ただ気温は、相変わらず高く
午後から紅白戦を行われたようです。
中田は、シーズン中はあまり投げなかった
チェンジアップを多投し、7奪三振の好投。
イリーガルピッチとされたフォームも
この日は、スムーズに投げられたのでしょう。

聡文はまずますのようですね。
スタミナ強化を重点にキャンプを送っているようです。

清水も4安打でケガからの完全復活をアピール。
日本一になった古巣・ロッテに負けないよう、
来季は1軍でマスクをかぶれるチャンスを
さらにアピールの場を作ってほしいです。

沖縄入り早々、長嶋コーチから
打撃フォームの修正を指示された中村一生
オーソドックスな構えで、
バットをやや寝かせるフォームに変えました。
ただ打撃よりも1軍への大きな壁となっているのが、
守備で、打球を追う体勢が課題とのこと。
この日も普久原、櫻井とともに、
長嶋コーチのノックを受けたそうです。


PS 今日のその他。
気合だ大西 キャンプ合流 

◆大西崇之 (巨人)
<新天地での意気込みを新たに>
「常に何とか倒そうと
していたチームに加わって、
とにかくやらなきゃという気持ちしかない。
今まで以上に気合いを入れて
明日からがんばっていく。
(背番号00の先輩) 後藤さんという
代打の切り札に追いつき追い越せ。
技術よりも気持ちでやっていきたい。
優勝に貢献できる力を絶対に発揮します。」

◆原監督 (巨人)
<背番号00は「原点に戻る」と
いう意味を込め原監督が提案した>
「彼(大西) はハードに激しく、
日本語で言うならば
気合と根性でやっていた印象。
それを何も気兼ねせずに見せてほしい。
今まで通りプレーしてもらいたい。」

土谷いきなり6時間 (トーチュウ)

◆土谷鉄平 (楽天)
<秋季キャンプに合流、
いきなり通常メニューをこなす>
「アピールできるところはアピールしたい。
まずはチームに慣れたいです。」

◆橋上コーチ (楽天)
<土谷について>
「肩が強そう。足も速いみたいだし、
ウチにはいないタイプ。楽しみですね。」

スーパーハードG大西「ハードに激しく」(英語)
=「気合と根性」(日本語)
何かおかしくないですか?
さん。
それはさておき、
原点に戻るという意味の
「背番号00」大西
思ったよりは似合っていますが、
黒とオレンジがまだピンとこないですよ。

一方、「背番号46」土谷はいきなり全開。
11月2日の入団会見では、

「自分のアピールできるところは、
走ることだと思っているので、
走ることに重点をおいてやっていきたいです。
ただ、守備でも打撃でも、走るだけではなく、
すべてにおいてアピールを
していかなくてはいけません。」と話していました。

楽天側の評価も上々、
この調子で進んでほしいです。


PSその2 「ST Question」投票結果。
Q9.「ドラゴンズ、来季はしっかり!この選手?」

川上憲伸 (31%)
立浪和義 (30%)
朝倉健太 (12%)
英智 (9%)
ドミンゴ・グスマン、山本昌 (4%)
アレックス・オチョア (3%)
岡本真也 (2%)
落合英二、谷繁元信 (0%)
Total: 310 votes

☆お答え頂きありがとうございました。
3週間放置?しておいたので、
STQ史上最多の投票数となりました。
エース・川上憲伸と、ミスタードラゴンズ・立浪
2人だけで6割を越えましたからね。
いかに投打の主軸への期待が多かったかです。
来季はしっかりやってもらいたいですね。

公開中の第10問は、今が旬のネタ。
『FA宣言、野口の行方は?』です。
31日にFAの書類を送り、事実上宣言となった野口投手
とりあえず名乗りをあげそうな4球団はエントリーしました。
果たしてどこに決まるのか?
投票よろしくお願いします!




コメント

何とかブログを始めて1年になりましたが、
しょうもない記事を書いて行きますので
又、よろしくお願いします。

野口くんは巨人が有力みたいですね。
出て行くのは決まった感はありますが
個人的には阪神が良かったかな。と、思ってます。
(出場機会を考えたら、巨人が有利だと思いますが)
9日以降に注目したいですね。

大西のユニ姿は、違和感ありあり何ですが(^^ゞ
ただ、頑張ってほしいですね。

>dai さん
コメントありがとうございます!
並びにブログ開設1周年おめでとうございます。
これからもよろしくお願いします。

大西選手も野口投手も?巨人ですか。
クロとオレンジに染まりきらない程度に?
頑張ってもらいたいです。
恩返しも程ほどにお願いしたいです。

『FA宣言、野口の行方は?』にポチッと投票しておきました。
個人的には残留希望ですが・・・。
Toshikichi さんの記事どおり、巨人が有力なようですね。
巨人にだけは行って欲しくないのが本音です。

大西選手、ユニホームあまり似合ってないですね。
ドラのユニホームのイメージが強すぎるのでしょうか。。。

>しんさん
コメントありがとうございます!
並びに投票もありがとうございます。
横浜などに元ドラ戦士がいると
応援してしまうのですが、
巨人だとどうしても抵抗はありますね。
特に大西選手や野口投手など
個性が強い選手ですとなおさらです。
大西選手のユニは慣れが必要でしょうね。

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ