« デニー友利驚き逆輸入と森野ノックでダウン! | トップページ | 中里・英二契約更改と雨の沖縄合否もちこし。 »

2005年11月13日 (日)

サバイバル紅白戦と平田君いきなり練習禁止令?

石井と高橋聡、先発ローテ対決

◇ 中日・紅白戦
(12日・北谷公園野球場)
  000 000 012 = 3
 白 010 100 000 = 2
[紅投] 鳥谷部、高橋聡文、シン、チャン(LG)
[白投] 高村、石井、ソ(LG)
[本] なし

【主な選手の成績】
<紅組>   
1番・セカンド  荒木  5打数0安打
2番・ライト   上田  5打数1安打
3番・サード   森野  3打数0安打
4番・ショート  森岡  4打数2安打
6番・一塁    堂上  4打数2安打
7番・センター  英智  4打数2安打

<白組>
1番・センター  福留  4打数0安打
2番・DH   高橋光信  4打数0安打
3番・捕DH    清水  4打数1安打
7番・セカンド  中川  3打数1安打2打点
守備のみ:サード・渡邉(2失策)

<紅組>
先発・ 鳥谷部(テスト) 1回無安打無失点
2番手・ 高橋聡文    5回4安打4三振2四球2失点

<白組>
先発・ 高村(テスト)  1回無安打1四球無失点
2番手・ 石井      5回5安打3三振無失点

★細かい試合経過は、
北谷キャンプ現地レポさんのこちらから。

◆高村祐 (前楽天)
<MAX140キロで1イニング無失点。
合格に向けて大きく前進>
「とにかく、今の自分はやるだけです。
どれだけ自分を出せるかでした。
結果? いや、あしたもう1回あるんで...。
とにかく、必死になって投げるだけです。
ボクには中日しかありませんから。」

◆鳥谷部健一 (前西武)
<同じくテスト登板で1回無失点。
福留に臆することなく、
チェンジアップで空振り三振に>
「自分の持ち味はカーブ。
スライダー、チェンジアップ、
フォーク、カットもあります。
おさえられてよかった。
きょうの結果はよかったけど、あしたですよ。
野球人生がかかっているから。」

◇井手編成担当
<テスト登板の2投手について、
合否は13日に先送りに>
「また明日、投げることになった。」

◇石井裕也
<白組2番手、5回を5安打無失点。
来季の先発ローテ入りをアピール。
この日も合計328球を投げ込む>
「きょうは先発を意識して
力の入れどころ、抜きどころに気をつけた。
先発ではないときは球数が多かったけど、
今日は少なくできた。」

◇高橋聡文
<紅組2番手、5回を4安打無失点。
紅白戦後は、罰の?オレ流ノックでダウン>
「先発だと全部全力ではいけないから、
抜くところも必要。だけど、難しいですね。」

◇森繁コーチ
<石井、聡文に期待をかける>
「今季は先発投手陣が
結果を出せなかったから、こうなった。
ローテにいる投手が焦るような
投手が出てきてほしい。
(石井は) キャンプの疲れがある状態で
あれだけ結果を残せるんだ。
競争に勝ち残ってくれれば使うよ。
先発のチャンスも出てくるだろう。
(高橋聡文については) まだダメだな。」

◇森岡良介
<紅白戦で石井から2安打>
「紅白戦はずっといい感じです。
凡打しても『ここが悪かった』と
自分で言えますから。」

◇福留孝介
<白組1番・センターでフル出場>
「センターラインは大事だからね。
いつでも守れるようにする。
コーチからセンターも
練習をしておけと言われている。
いきなりやることになっても
対応できるように準備だけはしたい。」
<6回二死満塁からの柳沢の小飛球を
スライディングキャッチ>
「もう少しギリギリかなと思ったけど、
うまくタイミングを合わせられました。」


沖縄キャンプ19日目。
戦力外通告を受けた、前楽天の高村と、
前西武の鳥谷部が、テスト登板となった紅白戦。
テストというだけあって、
高村とは、清水がバッテリーを組み、
荒木、上田、森野、森岡が。
鳥谷部とは、柳沢がバッテリーを組み、
福留、高橋光信、清水が相対しました。

結果はともに1イニングを無安打無失点
高村は、ストライク先行で
MAX140キロのストレートで押して、変化球勝負。
荒木を遊ゴロに、上田をニゴロ、
森野に四球を与えるも、森岡をニゴロに取りました。

一方の鳥谷部は、売りが変化球とだけあって、
真っ直ぐの球威はないものの、
変化球のキレとコントロールで勝負という感じ。
やや上半身で投げるようなフォームから、
福留をチェンジアップで空振り三振に取ると、
高橋光信を右飛に、清水を一飛に取りました。

しかし2人の投球を見た首脳陣からは
合格のサインは出ず、追試ということに。
今日13日に持ち越しとなりました。
ただ高村の相手捕手が13日は、
清水から谷繁に代わるとのこと。
正捕手が自ら受けて、合否の判断に加わりそうです。

石井裕也高橋聡文
来季左腕先発のローテ入りを懸けた対決は、
石井が一歩リードしたもよう。
勝負所でキレのいいボールを放っていた石井と、
コントロールにちょっと難があった
聡文の差がこの試合では出たようです。
無失点で笑顔だった石井と対照的に、
5回を2失点だった聡文は、
ブルペンでの投げ込み後、
落合監督の地獄の『オレ流ノック』
マンツーマンで約2時間!
前日から決まっていたメニューとはいえ、
ノックを捕り終えると、ついにダウン
10分間も動けなかったようです。

福留は、この日もセンターでフル出場。
好守も見せていたようです。
一部マスコミによると、
ライトからセンターに転向
アレックスがレフトに回る構想が
温められている?とのこと。
事実であってもなくても、
センターも出来る方が、
編成的にもよくなるのではと思います。


ナゴヤからの話題 (12日)

平田、落合監督超え宣言
背番号「8」

中日が高校生ドラフトで1巡目指名した
大阪桐蔭高の平田良介外野手は12日、
名古屋市内のホテルで入団交渉を行い、
契約金1億円、年俸840万円で仮契約した。
プロでの目標を聞かれた平田
「何度も三冠王を取れる選手になりたい」と、
3度の三冠王に輝いた落合博満監督超えをぶち上げた。
「オレ以上の打者に育てる」と宣言した落合監督は、
本人の希望通り背番号「8」を与える意向という。
(中スポ)

◇平田良介 (大阪桐蔭高)
<指揮官を意識した壮大な目標を掲げる>
「目標は(走攻守)三拍子がそろった、
三冠王を何度も獲れる選手になりたい。
誰もやったことがないことをしたい。
早く試合に出たいですね。
落合監督には打撃の面で教わりたいです。」

<背番号については>
「球団に任せますが、できれば高校時代に
付けていたのと同じ背番号(8番)がいいです。
8番の野球選手の印象は特にありません。」

<契約金1億円という額について>
「1億円なんですか?
税金のこととかよく分からないんで不安です。」

<巨人入りしたチームメートの辻内投手に対して>
「いままでは一緒にプレーしていましたからね。
特別に楽しい勝負ができると思う。」

<9月のアジアAAA選手権で痛めた右肩のリハビリ中、
球団から“年内絶対安静指令”を出される>
「しばらくは練習をしちゃいけないということでした。
ランニングもできないかもしれません。
(練習に行ったら) 罰金取るぞ、って言われました。
体を万全にして、早くゲームに出られるようにしたい。」

◇落合監督
<平田のために『背番号8』を空けた?>
「背番号? まだそんな段階じゃない。
入団発表の時にわかるよ。」

◇井手編成担当
「背番号8は、落合監督が
平田のために (森野から) 空けさせた。」

◇中田スカウト部長
<平田に右肩完治するまで『野球禁止令』を出す>
「本人が目いっぱい練習するタイプなので、
ストップをかけました。
完全によくなるまで無理をするなということ。
もう1度やった(故障した)ら終わりですからね。
こっちとしては年内は体を動かして欲しくない。」


平田君、早く肩を治してね。高校生ドラフト1巡目指名
平田君
仮契約が行われ、
入団が内定しました。
ビッグマウス並の目標や、
破格といえる契約金、
森野から奪う形となった背番号8よりも、
「完治まであと1か月」といわれた
右肩が心配ですね。

9月の高校日本代表の韓国でのAAA選手権で
タッチされて亜脱臼状態となった右肩
その後は医師の許可を得て、
練習を継続していたそうですが、
前日の11日に名古屋市内の病院での
検査結果は予想以上の重症
目一杯練習するという平田君にはショックだったかも?
キャッチボール、打撃練習、
下半身強化のためのランニングはもちろん、
右手をあげることも許されないとのこと。
ちょっと出遅れも考えられそう。
まずはしっかり直すこと。
それもプロとしての大事な仕事です。
治ってから、大いに期待したいと思います。


落合監督が立浪に原点回帰のススメ

◇落合監督
<秋季キャンプ免除の
立浪に対して、原点回帰のススメ。
この秋の過ごし方がカギを握ると力説>
「タツ(立浪)が来年やれるかどうかは、
これからの時間をどう過ごすかだ。
年を取れば自然と肉体は衰える。
そのスピードを少しでも遅くするには
地道にトレーニングを重ねるしかないんだ。
オレもあの時もっと練習しとけばと
引退してから思ったもんだよ。
タツは分かってると思うけどね。」

一方、新人ではなく、ミスターへの話題。
中日の日本人選手で
唯一、この時期練習していない
立浪に対し、落合監督がアドバイス。
今季、ケガがちだった立浪
現在、何をしているかは分かりませんが、
来春のキャンプは、いい状態で迎え、
若手と一緒に動いてくれたら、
ある意味、面白くなるかもしれませんね。
果たして、指揮官の言葉が
ミスターの心を動かすでしょうか?


△ドラゴンズ・契約更改▼
11月12日 (金額は推定・単位は万円)

清水  2700 (▼700・21%)
中川   690 (▼ 30・4%)
森岡   850 (▼ 50・6%)
堂上   600 (□  0・0%)
柳沢   (3000 ▼1000・25%を保留)

◇堂上剛裕
<この日唯一、ダウン提示を免れ、
現状維持の600万円でサイン>
「(サイン) しました。
来季は1軍で活躍したい。
今季はプロ初の1軍を経験したといっても、
チームに貢献はできなかったから。」

◇森岡良介
<6%のダウンに>
「球団からも『力はついてきている』と
言っていただきました。
でも、レギュラーの人
差があるのはわかっています。
今まで以上に強い気持ちで練習しないと。
1軍の人の倍やるつもりで、
何とか28人に入りたいですね。」

◇柳沢裕一
<限度幅いっぱいの25%ダウン。
今季初の保留、青ざめた表情で>
「(保留かいう問いかけに) ハイ。
下がり幅が大きい。厳しいです。」

◇伊藤球団代表
<柳沢の契約について>
「昨季と違って、今季の立場は
もうスーパーサブではなかった。
その分(のアップ額)を返してもらうということです。」

この日の更改は、暑い沖縄の地に
一気に寒風が吹きすさぶようなダウン更改でした。
特に柳沢は厳しいですね。
昨季、『オレ流査定』で上がった選手は、
その分はダウンを覚悟したほうがいいかも?


PSその2 今日の渡邉選手。
澤井が故障したため、
サードの守備のみについた渡邉選手
しかし8回表、荒木の三塁への当たりを
合わせそこなって後逸するなど2失策の失態?

詳しくは下の記事を↓。
題して『渡辺 失策は特守のせい』

故障の沢井に代わって、
ベテラン・渡辺が急きょ紅白戦に出場。
三塁守備だけだったが、失点にからむ
2失策で仲間から厳しいヤジを浴びた。
「いやあ、足が動かなかったです。」
と頭をポリポリ。
本人の名誉のために付け加えると、
動けなかったのは連日の特守のためで、
年齢のせいではありません。(中スポ)

「なんかほかのこと考えとるんか」
ベンチのコーチ陣から罵声を浴びたそうです。
名手も疲れているのかも?




コメント

どうも、現地です。今日は未明から朝にかけて
激しい雨が降ってグラウンドは使えず、
紅白戦他は中止でした。
野手は室内、投手は全員陸上部でした。
自分が見に行った12時頃には川上たちが
上がっちゃったんで若手の走りを見てました。
ブルペン(&高村・鳥谷部の投球)は
もしかしたらあったかもしれません。
詳しくは写真の方をどうぞ。

同い年の中田と中里がいつも同じ組になって競わされてますね。
中里の方が走るのは速いみたいですが、
怪我してる間のトレーニングですごい体が出来ています。
二人はとても仲良さそうですが、
我がドラゴンズの次の10年の担ってほしい投手ですし、
良きライバルとして競り合ってほしいです。
中里はチームみんなから「あっちゃん」と呼ばれて
愛されているようですね。
陸上部はもちろんめちゃくちゃきついはずだし、
単調なので楽しいはずはないけど、
きつさも楽しんでやってる、という感じでしたね。
笑いながら走ってる写真が多いのは、
ゴール前の直線で競り合いになって
ヒーヒーいいながら競ってるとこんな表情になるみたいです。

今晩もうひと雨くるのですが、なんとか早めに上がって
明日紅白戦が出来るといいですね。
昼に一度見に行こうと思ってますが、
高村・鳥谷部の追試が見れるかもしれません。

あと、昨日の高橋聡の落合ノックの件ですが、
予定されていたということで
罰ゲームということではなかったようですが、
森野のときのより非常に殺伐としたものを感じましたね・・・。
落合監督もノック後に(森野のときのように)
高橋聡と話すことも無く、最後の1本打つと
スタスタとにメインに戻っちゃったし・・
期待していた投球内容が出来なかったという意味合いで
きつさは増幅してたように感じましたが、
それにしても1対1でグラウンド全体を使って
同じくらいの本数だったわけで、
森野のときより数倍きつかったのではと思います。
高橋聡はよく耐えたと思いますが、
落合監督に言わせれば
「給料アップしたんだから当たり前!」でしょうか(笑)。
先発テストもいいですが、
個人的にはやっぱりセットアップタイプかなと思ってます。

>北谷キャンプ現地レポさん
コメントありがとうございます!
記事のUPが遅くなってしまったうえに、
内容がこちらに近かったので、
コメントを移してしまいました。ご了承下さい。

沖縄、雨だったのですね。
またも合格の報が出ていなかったので、
なぜなんだろうとは思っていました。
12日の聡文投手のノック、
マンツーマンで振られまくりで
かなりきつそうでしたね。
今夜の更改で年俸が倍になった聡文投手、
来季も頑張ってもらいたいです。
13日分のフォトアルバムも拝見しました。
中里あっちゃんは、中田投手と良いライバルになりそう。
投手陣が必死に走っているのに、
一方でオリオンの撮影が行われているのには
思わず笑ってしまいました。
今日は合否が決まるでしょうか?
楽しみにしたいと思います。

おはようございまーす。
名手も疲れには勝てませんか^^
加齢のせいではないのですね?ww

キャンプ中も
毎日 こちらにお邪魔するのが楽しみですわ~。
記事の内容も凄いですが特派員!?さんがいますからね~♪
私も便乗してお写真見させていただきました。
裕也もいっぱいでとっても嬉しかったです。
あ なべどんの余裕の笑顔も良かったですよね!
それにしても恐怖のノックですよね。
あの日の聡文投手は試合・ブルペンで
かなりの球を投げた後に猛烈ノックで
まさにフラフラだったでしょうね><
このしごきに耐えてこそだ!頑張れ~~~!!

>そふいあさん
コメントありがとうございます!
「北谷キャンプ現地レポ 」さんの
フォトアルバム、見て頂けましたか?
自分も毎日とても楽しみにしています。

石井投手の頑張っている様子が
しっかり写っていたと思います。
渡邉選手のエラーはなかったことにして下さい(笑
聡文投手をはじめ、選手たちも
厳しい練習に耐え、頑張っていますよね。
これが来季につながってほしいと本気で思います。

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • : DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)

    DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)
    NO DRA, NO LIFE 中日ドラゴンズ承認ファンブックが今年も発売決定!毎日の試合結果を記載できるドラゴンズぴあダイアリー2018-2019が別冊付録。

  • : 中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018

    中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018
    新スローガン『原点回帰 Dragons愛!』を掲げ、日々激闘を続ける竜選手たちを後押しする、中日ドラゴンズの応援歌メドレーアルバムの2018年版が誕生!

  • : 中日ドラゴンズファンブック2018

    中日ドラゴンズファンブック2018
    「原点回帰 ドラゴンズ愛」をチームスローガンに掲げて2018年シーズンを戦うドラゴンズの全容を紹介!森監督インタビュー、京田・又吉トークなどの読み物、選手のプロフィルや過去シーズンの成績をはじめデータも充実。

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ