« 2006交流戦日程発表と落合監督熱血8時間!? | トップページ | 野口・谷繁FA交渉と、希望枠・吉見入団決定! »

2005年11月 9日 (水)

福留奪還、アライバ連続、三井ゴールデン・グラブ賞!

福留、2年ぶり3度目の
「三井ゴールデングラブ賞」
 

プロ野球の守備の名手に贈られる
『三井ゴールデン・グラブ賞』
8日発表され、中日からは荒木雅博二塁手、
井端弘和遊撃手
=ともに2年連続2度目=、
福留孝介外野手=2年ぶり3度目=が受賞した。
ペナントの連覇こそ逃したが、
守りの堅さへの評価は今季も不変
表彰式は30日に東京都内で行われる。 (中スポ)

◇荒木雅博
<2年連続は『168票』と
両リーグを通じて最多の支持を集める>
「最多得票?ありがとうございます。
少しずつレベルアップしていると思うし、
続けて獲りたい賞です。うれしいです。
また来年も、よりいっそうの
レベルアップをしてがんばります。
野球をやっている以上、選ばれ続けたい賞ですね。
そのためには練習してより磨きをかけたいです。」

◇井端弘和
<2年連続の受賞、来季は『守備率10割』に挑む>
「連続で取れたことがうれしいです。
支えていただいた皆さんに感謝します。
ボクの中ではある意味、
ベストナインより重い賞なんです。
続けて取れたことには、すごく意味がある。
手放したくないですね。
開幕直後さえ乗り切れたらと思っていたんです。
自分にプレッシャーをかけて、
野球をやっている限りは10割に挑みたいです。」

◇福留孝介
<名手の称号を奪還>
「取れてよかったです。うれしいですね。
来年もまた、続けて取れるようにがんばります。
去年、ボクが逃したものの中で、
一番悔しかったのがこの賞です。
今回受賞できたことで、
またがんばろうと思えます。
自分ではうまくなったというより、
丁寧にいこうと思った結果だと思うんです。
無理なところで投げたくなかったし、
ムダな球を投げないようにはしました。
自分の中で余裕ができてきたからだと思います。
来年も補殺の数は減ってもいい。
だけど10割は目指したいです。」


守備面に卓越した優秀選手に与えられる
2005年度『三井ゴールデン・グラブ賞』
以下結果の通り、決定しました。
投票結果は、こちらから。

◇2005年度 三井ゴールデン・グラブ受賞選手◇ 
    【セ・リーグ】         【パ・リーグ】
黒田博樹(広島)初 <投 手> 松坂大輔(西武) 6
矢野輝弘(阪神)2  <捕 手> 城島健司(ソフトバンク)7
シーツ (阪神)初  <一塁手> 福浦和也(ロッテ) 2
荒木雅博(中日)2 <二塁手> 西岡剛 (ロッテ) 初
岩村明憲(ヤクルト)5 <三塁手> 今江敏晃(ロッテ) 初
井端弘和(中日)2 <遊撃手> 小坂誠 (ロッテ) 4
福留孝介(中日)3 <外野手> SHINJO (日ハム) 2
赤星憲広(阪神)4    同   サブロー(ロッテ) 初
金城龍彦(横浜)初   同   大村直之(ソフトバンク)3
★数字は受賞回数、SHINJOはセ・リーグで7度受賞

本物のグラブです。昨季は、
6ポジションを独占した
ドラゴンズからは、
2年連続で、
荒木井端が。
そして2年ぶりに
福留が受賞となりました。
おめでとうございます!

なかでもうれしかったのは、福留でしょうね。
昨季は、選ばれるであろうと思われましたが、
結果としては、同僚のアレックス、英智
そして赤星に続く73票で4位
アテネ五輪や骨折もあったとはいえ、
守備には定評のある福留にとっては
屈辱だったかもしれません。

それもあってか、今季は何と守備率10割
そして自慢の肩では、4年連続2ケタという
リーグトップタイの12補殺を記録。
セ・リーグナンバーワンの157票での
受賞となりました。
守備力はドラゴンズの売り。
クッションボールの処理もうまく、
瞬時の判断で進塁を許さず、
投手陣をかなり助けた事と思います。
来季もさらに進化していってほしいです。

ベストナインに続く受賞となった
『日本一の二遊間』アライバコンビ
特に荒木は、両リーグ最多の得票も集め、
井端も、宮本慎也石井琢朗などの名手を
圧倒して、2年連続の受賞となりました。
今季は、ファーストがけっして上手ではない、
ウッズだったにもかかわらず、
1塁への送球も後半はかなり安定していましたし、
もちろん守備範囲の広さは、
相変わらず素晴らしかったです。
まだまだ名手・アライバ時代を続けてほしいです。
その井端は、全身にじんましんが出て、
緊急入院していましたが、
体調も戻り、退院したそうです。
こちらもよかったですね。

ところで気になったのが、このコメント。

◆SHINJO (北海道日本ハム)
<104票でパ・リーグ外野手部門1位も>
「今年のおれのゴールデングラブ賞はおかしい。
1年間この賞を取り組んでいた選手に申し訳ない。
来年からは、印象ではなく数字で選んでほしい。」

この賞は、選考基準に達した選手のなかから、
新聞社、通信社、テレビ局、ラジオ局の
プロ野球担当記者として5年以上にわたり
現場での取材を主に担当している記者が
投票で選ぶのだそうです。

リーグ8番目の守備率 .991、
捕殺3、失策2の成績だったSHINJO
喜べなかったようですね。
確かに相手チームがその強肩を恐れて
進塁や本塁生還を狙わなければ、
捕殺は出来ませんし、数字だけではないですが、
しっかり試合を見て、投票をしてほしいですね。
サード・立浪2票や一塁・ウッズ1票など
ドラゴンズ的にも笑っちゃう票がありますから。

ちなみに、昨季42票でゴールデン・グラブ賞を
受賞した、我らが渡邉選手
今季はというと、下の通り↓

一塁手 <有資格者5名>
シーツ(タイガース) 142
佐伯貴弘 (ベイスターズ) 15
渡邉博幸(ドラゴンズ) 5
T・ウッズ(ドラゴンズ) 1
清原和博 (ジャイアンツ) 1
(セ一塁手該当者なし) 23

なんと、5票も入っています!
内野手の選考基準は、
「チーム試合数の1/2以上、
1つのポジションの守備についていること 」

セリーグでは5人が有資格者で、
そのなかでも3番目。
同じチームから2人出ているのは、まれでしょう。
しっかり見て下さった方なのか、
印象や冷やかしなのかは分かりませんが、
投票して下さってうれしいですね。
来季は奪回?してみましょう?


PS 今日のその他。

セ・リーグは3月31日開幕 
阪神は敵地でヤクルト戦

すみません。以前ST
「来季の開幕は、ナゴヤドームで阪神と...」と
書いてしまったことがありましたが、
相手が広島になってしまいました。
ただ広島は04年は、5位だったはず?
「1位-4位」という決まりではないようです。

3月31日(金)開幕となるセ・リーグの
詳しいスケジュールは、こちら↓から。
■ 2006年度 公式戦試合日程

関東地区で行われるゲームは、主に以下の通り。

4/4(火)~4/6(木)  対横浜 (横浜スタジアム)
4/28(金)~4/30(日) 対巨人 (東京ドーム)
6/27(火)~6/29(木) 対ヤクルト (神宮球場)
7/4(火)~7/6(木)  対巨人 (東京ドーム)
7/17(月)~7/19(水) 対横浜 (横浜スタジアム)
8/1(火)         対横浜 (平塚球場)
8/2(水)~8/3(木)  対横浜 (横浜スタジアム)
8/4(金)~8/6(日)  対ヤクルト (神宮球場)
9/18(月)~9/19(火) 対横浜 (横浜スタジアム)
9/22(金)~9/24(日) 対ヤクルト (神宮球場)

週末のゲームが少ないですね。
自分としては、土日しか行けないので
寂しい限りです。
10月の神宮のゲームも今の所は未定。
暑い季節での観戦になりそうです。


野口、巨人ときょう交渉へ
きょうFA契約交渉解禁
(中スポ)

野口、巨人入りへ
解禁日即交渉「意中の球団ある」
(スポーツ報知) 

◇伊藤球団代表
<9日午前に野口と交渉予定。
条件提示としては、現状維持に近いラインに>
「来季の戦力だと構想して査定通り、
妥当だと思われる条件を提示します。
交渉ではなく話し合い。
まず、こちらの考えを伝える。
FA権を取ったからといって、
5の評価が10になることはない。
FAで来た選手と違い、
13年間ウチでやってきた選手だから、
そういう話(長年の功労)にはなるかもしれない。」

◆清武球団代表 (巨人)
「あした? 変わったことはありません。」
まずは会ってから。こちらの誠意を伝えるだけ。」

FAの交渉解禁日となる今日9日、
宣言をした野口が、いよいよ交渉の席につきます。
午前中にドラゴンズと、午後に巨人との予定。
単年契約で、現状維持かダウンといわれる
ドラゴンズに対し、2年契約で
推定総額2億3000万円を用意したという巨人
本人の気持ち次第ですが、
巨人が有利といえるでしょうね。
即決とはいかないでしょうが、
後日に改めて表明という感じではと思われます。


きょうにも決着 FA谷繁

◇井手編成担当
<9日、谷繁と沖縄の選手宿舎で
出来高契約など細部について確認>
「交渉が解禁となった以上は、
早い方がいいでしょう。
最終的なものを持っていって
契約する予定です。
合意済み? そうですね。」

一方、谷繁とは井手編成担当が沖縄で交渉。
こちらは、ほぼ基本合意をしているはずなので、
スピード決着となるでしょう。


『移籍する大西選手からのメッセージ』

ところで、球団公式HP
巨人に移籍した大西からのメッセージがUPされていました。
何と「ファンのみなさまへのメッセージ」は、
メッセージビデオになっています。
ちょっとタイミングがずれている感もありますが、
ファンとしてはうれしいものがあるでしょう。
動く大西からの感謝の言葉、
ぜひ皆さん聞いて下さい。 




コメント

ブルースリー時代は続きそうですね

センター荒木
ライト井端
サード(ショート)福留
なんて、やってましたから感慨深い?です

>MegaDraさん
コメントありがとうございます!
こう考えると、今季は
「ブルースリー」の年だったんですね。
最近のファンは、福留選手が内野手だったことを
知らない方も多いと思います。
今、やり直したら結構うまく出来たりして(笑

孝介1年目のレフト守備でカープ戦落球が懐かしいです。
今では球界を代表する外野手になりましたね。
ブルースリーのGG賞はケガがなければ続きそうです。

「中日ドラゴンズの大西~」で始まるメッセージを聞くと
淋しい限りですね。
ファンが多かったので最後までドラのユニを着てほしかったです。
移籍する野口くんのメッセージは球団HPで
恐らくないでしょうが
あったらサプライズです(^^ゞ

>dai さん
コメントありがとうございます!
あのエラーは自分も忘れられません。
ラジオの実況が耳に残っているくらい(笑
野口投手のメッセージ、ないでしょうね。
あっても、押し黙った末に
「中村さんのおかげです。」とか言ったりして(笑

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • : DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)

    DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)
    NO DRA, NO LIFE 中日ドラゴンズ承認ファンブックが今年も発売決定!毎日の試合結果を記載できるドラゴンズぴあダイアリー2018-2019が別冊付録。

  • : 中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018

    中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018
    新スローガン『原点回帰 Dragons愛!』を掲げ、日々激闘を続ける竜選手たちを後押しする、中日ドラゴンズの応援歌メドレーアルバムの2018年版が誕生!

  • : 中日ドラゴンズファンブック2018

    中日ドラゴンズファンブック2018
    「原点回帰 ドラゴンズ愛」をチームスローガンに掲げて2018年シーズンを戦うドラゴンズの全容を紹介!森監督インタビュー、京田・又吉トークなどの読み物、選手のプロフィルや過去シーズンの成績をはじめデータも充実。

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ