« 兄貴の兄貴分のアニキに弟子入り!? | トップページ | 背番号125・加藤光教打撃投手、夢へ前進? »

2005年11月20日 (日)

駆け抜けた、高橋尚子鮮やかに復活V!

高橋2時間24分39秒で優勝 
東京国際女子マラソン

東京国際女子マラソンは20日、
東京・国立競技場を発着点とするコースで行われ、
約2年ぶりのフルマラソンとなった
シドニー五輪金メダリストの高橋尚子 (ファイテン)が、
2時間24分39秒で大会初優勝した。
右脚3カ所に肉離れを起こしていたが、
高橋は集団の中で落ち着いたレースを展開。
25キロすぎで3人に絞られた先頭集団から、
長い上り坂の手前の35.7キロでスパートし逃げ切った。
(共同通信社)

○高橋尚子(ファイテン)
「2年間走ることができなかったが、
多くの皆さんに支えられて
ここに帰ってくることができた。
沿道からの声援も背中を押してくれました。
これだけ (直前に) 走らずに
本番を迎えるのは初めて。不安だった
2年前のこともあるし慎重に走ることを心掛けた。
記録よりも勝負を頭に置いていた。
(足の痛みは) まったくないと言ったら
ウソになるが、やると決めた以上は
ゴールする気でいた。
途中棄権は全く考えていなかった。
頼むから脚が最後までもって、と思いながら走った。
一度は陸上をやめようとも思ったけど、
ここに帰ってきて良かったと
心から思える42.195キロでした。
記録は全く考えなかった。
それよりも、見ている人に
夢を持つことの大切さを伝えたい、
暗闇にいる人に勇気を与える
メッセンジャーになるんだと考えていた。
夢を持ち続けることで、充実した毎日を過ごせた。
あらたなスタートを切ることができました。
(2年間を振り返って)
支えてくれた人の温かさが身にしみた。
悪いこともいろいろあったけど、
オセロゲームのように黒だった部分を
すべて白に変えられた気分。
悪いことがステップになった。
どれだけ走れるかは未知の世界だったけど、
形として残せたのがうれしい。
今はようやく次の扉を開けたところ。
でも、3年後の大きな試合を頭に入れて、
これをステップにしたい。」

会見での高橋選手のコメントはここから。


鮮やか、Qちゃん!見ましたよ、
東京国際女子マラソン
2年ぶりのフルマラソンとなった
高橋尚子選手
大会前には、右脚3カ所に
筋膜炎(軽い肉離れ)
抱えていることを公表。
「痛みが増したら
我慢しないことを条件に
出場を認めてもらった」と話し、
周囲も出場さえ不安視していましたが、
トップという順位で見事に走りきりました。

確かに右ふくらはぎのテーピング
痛々しかったですが、
走っているのをみていて、
ケガをしていることを
微塵も感じさせないところは
やはり強いランナーなんだなと思いました。
2年前、同じこのコース。
高橋選手は39キロ地点でまさかの失速
結果は2位、タイム的にも良くなく、
アテネ五輪への道を絶たれてしまいました。

今年5月、10年来師と慕ってきた
小出代表のもとから独立。
6月からは、練習パートナー、トレーナー、
栄養士の3人だけのスタッフという
『チームQ』として始動しました。

今までのように監督やスタッフが
立ててきたメニューではなく、
すべて自分たちで考え、自分でこなす。
新しい環境になって、迷いの連続だったことでしょう。
そういった中で超高地合宿もこなし、
今回の東京に備えてきました。
 
「止まった時間を動かしたい。
再出発するには、ここからもう一度始めたい。
どん底を見た後に、もう一回夢を持つことで、
必ず結果がでることを伝えたい。」

再起の為に東京マラソンを選び、
ケガを公表しながらも、強く出場を希望。
悲壮なる決意で望んだ今回の戦い。
立派に勝ち抜いたと思います。

序盤から5キロ17分前後の平凡なペース。
終始先頭グループに付け、
ペースメーカーが外れた25キロからは
エルフィネッシュ・アレム、
ジビレ・バルシュナイテ
との三つどもえに。
我慢を重ねながら、先頭集団を作って
競り合っていた高橋選手
スパートしたのが、35.7キロ
仕掛けて一気に抜け出すと、後は差を広げるのみ。
必勝パターンは、中盤から終盤にかけての飛び出し
言われていますが、それは見事なものでした。

「2年前に負けてしまった
あの坂に負けたくないという思いがあった。
自分自身の思い出との戦いだった。」

そういう思いで坂の前にスパートした高橋選手
コースの難所である長い上り坂となる
それからの5キロもタイムを落とすことなく、
2年前抜かれた39キロ付近
淡々と走り抜けて行きました。
そして競技場のトラックに入り、
ゴール200メートル前地点で
かけていたサングラスを外し、
周回中にガッツポーズ、
最後は大観衆に右手を突き上げ、
笑顔のゴールでした。

見ていて本当に強さを感じました。
心配された右足が最後までもったこともありますが、
本当に鮮やかな復活だったと思います。

自分は、1年半前、アテネ五輪の選考から
漏れた後の初のお目見えとなった
『吉川なまずの里マラソン』
高橋選手を生で見てから、
ずっと復活を望んでいたので
今日もTVの前でずっと釘付けになって応援していました。
始めは、いつ落ちてしまうかと不安でしたが、
20キロでも先頭集団、30キロでは三つどもえ。
そしてスパート。一気に抜けてくれと思い、
ゴールの瞬間はとてもうれしかったですね。

「とにかく「高橋尚子は復活したんだ」ということを
全国の皆さんにお知らせし、夢をあきらめないでやれば
必ず報われるということをメッセージしたかったんです。」

会見でコメントした高橋選手
メッセージは伝わったと思います。
これからは、さらに大きな大会に向け、
チーム一体となって、走っていくことでしょう。
高橋選手、今後も夢を諦めずに
もっともっと走り続けて下さい。
自分も応援していきたいと思っています。




コメント

TBありがとうございます。
今回の高橋選手の復活Vには心底感動しました。
本当によかった無事に走れてよかった
本当に強いところを見せてもらえてと・・・。
更なる活躍を期待しています。

>taiga_k2 さん
コメントありがとうございます!
高橋選手、ホント頑張りましたよね。
この2年、いろいろあったと思いますが、
それをも振り切る強さ。
すごさを見せつけられました。
これからも頑張ってもらいたいです。

こんにちは、 Toshikichiさん。

お詫び。Yahooのブログ、
「アレックス・オチョア記者」閉鎖しました。
実は、あのブログ私が管理してました。
いままでTBありがとうございました。
こんどからは「竜太郎」一本でやっていくつもりです。

>竜太郎さん
コメントありがとうございます!
そうだったんですか。
言われるまで全く気づきませんでしたよ(笑
これからは「竜太郎」一本なんですね。
リンクともども了解しました。
今後ともよろしくお願いします。

Toshikichiさん、こんばんは。

Qちゃん2年ぶりに復活ですね。
私も主人と二人でテレビ見てましたよ。

すごかった。
感動しました。

ところで、Qちゃんって、以前中日新聞の
キャンペーンガールやっていたらしいですね。
それに英智選手の少し先輩だとか。

Toshikichiさん、こんばんは~♪
Qちゃん、すごかったですね、
ただただ脱帽いたしました。
心がどこまでも強いヒトなんだな~と。
月並みなコトバですが、勇気をもらいました。。。
ホントのホントによかった、
北京に向けがんばってほしいです!!

コメントありがとうございます!

>YUKIさん
高橋選手、すごかったですね。
走りきってくれることを願っていただけだったのに
まさか1位で抜けるとは。
今朝のトーチュウも1面でした。
高橋選手は今は、中日新聞社客員扱いだそうです。

>みんこさん
悪いことも色々あったうえでの今回の激走。
強いんだなと思いましたね。
まだまだQちゃん時代が続くのか?
若手が伸びてくるのか?
今後も楽しみになってきました。

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • : DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)

    DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)
    NO DRA, NO LIFE 中日ドラゴンズ承認ファンブックが今年も発売決定!毎日の試合結果を記載できるドラゴンズぴあダイアリー2018-2019が別冊付録。

  • : 中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018

    中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018
    新スローガン『原点回帰 Dragons愛!』を掲げ、日々激闘を続ける竜選手たちを後押しする、中日ドラゴンズの応援歌メドレーアルバムの2018年版が誕生!

  • : 中日ドラゴンズファンブック2018

    中日ドラゴンズファンブック2018
    「原点回帰 ドラゴンズ愛」をチームスローガンに掲げて2018年シーズンを戦うドラゴンズの全容を紹介!森監督インタビュー、京田・又吉トークなどの読み物、選手のプロフィルや過去シーズンの成績をはじめデータも充実。

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ