« 円熟偉業山本昌、おめでとうノーヒットノーラン達成! | トップページ | 吉見一起プロ初先発初勝利、中日星伐マジック14! »

2006年9月18日 (月)

朝倉痛恨の1球、ナゴヤドーム虎戦全勝ならず。

落合監督“悠然”「今の戦いでいい」
天王山トラ圧倒2勝1敗

川上の力投、山本昌のノーヒットノーランと
感動的な勝利で直接対決連勝
マジックを15としたドラゴンズ
こうなると狙うは、三たびの3タテ
勝てば対阪神戦ナゴヤドーム今季全勝となります。
朝倉健太安藤の先発で始まった第3戦は、
投手戦の様相となりました。

◇セントラル・リーグ公式戦
中日-阪神 19回戦
(17日・ナゴヤドーム | 中日13勝5敗1分け)
38362人 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
阪 神
中 日
[敗] 朝倉(21試合10勝5敗)
[D本]なし
[Dバッテリー]
朝倉、岡本、岩瀬-谷繁

共同通信社中スポ戦評ニッカン式スコア

中8日での先発となった朝倉
しかし立ち上がりから球威、制球ともに良く、
ノーヒットノーランのショックから
抜け出せていない阪神打線を快調に抑えていきます。
一巡目をパーフェクト。
4回も2死からシーツに真ん中に入った
ストレートを右中間に運ばれ、ツーベース。
この試合初めての安打を浴びますが、
続く金本をフルカウントから真ん中高目のストレートで、
ライトフライに抑え、ピンチを切り抜けます。

一方、降雨コールド以来、
中4日となった安藤もまずまず。
ボールを低目に集め、緩急のついた投球の前に
ドラゴンズ打線は、2回、3回と
四球でこそランナーを出しますが、
決定打が出ずにピンチを凌がれてしまい、無得点。
両投手の投げ合いで、ゲームは0-0のまま、
早いペースで、7回を迎えます。

6回を投げ、66球。
阪神打線をわずか1安打、6奪三振無四球の朝倉
しかし1死から迎えたシーツ
カウント1-3からの5球目、
内角高目へのシュートが抜け、胸元近くに。
朝倉にとってこのゲームはじめての四球
ところがこの投球にシーツが激高!
一塁へ進む間、怒りをあらわにして、
朝倉に向け、指を指しながら威嚇
これによって、朝倉のリズムに
思わぬ狂いが生じてしまいます。

1死一塁となって迎えるは、4番・金本
カウント0-1からの2球目、
併殺を取ろうと2球続けたシュートが
真ん中高目に甘く入ってしまいます。
見逃さずに叩かれると、打球はレフトスタンドへ。
この2ランホームランが、
3連戦で阪神が25イニングス目に奪った得点。
朝倉にとっては、悔やまれる1球で、
均衡が破れてしまいます。

なおも続く濱中の当たりは二塁ベース付近へ。
荒木が反応し、横っ飛びで掴んで一塁へ送りますが、
ショートバウンドとなって、ウッズが捕れず。
内野安打となり、ランナーを出してしまいます。
しかし朝倉は、続く鳥谷、矢野を連続三振。
落ち着きを取り戻し、追加点は防いだものの、
悔しさからかベンチに戻る際、
グラブで自らの頭を叩きました。

2点のビハインドとなった7回ウラ、
2回以降、ノーヒットだった
ドラゴンズ打線がようやく反撃。
先頭の5番・森野がレフト線へ落とすツーベース。
得点圏に久々にランナーを進めます。
しかし続くアレックス
外角低目へのスライダーに空振り三振。
さらに井上のピッチャー返しの打球が
安藤の右太ももをかすりますが、
それがなんとショート正面に。
鳥谷が掴むと、すぐさま三塁へ送球。
森野が二三塁間に挟まれアウトとなると、
谷繁も遊ゴロに倒れてしまい、スリーアウト。
無死二塁のチャンスを生かせませんでした。

7回ウラの攻撃が8番で終わり、
代打が出せずに続投となった朝倉ですが、
8回、簡単に2死を取った後、
赤星に三塁線を抜くヒット。
続く関本に四球を与え、一、二塁。
ここで先ほど四球を与えたシーツを迎えます。
ベンチもポイントと察したか、
落合監督がマウンドへ行き、朝倉にゲキを入れます。

前の打席で内角を投げ、威嚇されたシーツ
しかしここでは外角勝負。
そしてフルカウントからの7球目、
外へのシュートでタイミングを外しての投ゴロ。
追加点を与えず、ピンチを凌いだ朝倉は、
この回で降板となりました。

7回までわずか2安打と、
安藤の前に沈黙のドラゴンズ
8回ウラ、何とか状況を打開すべく、
先頭の朝倉代打・立浪を送ります。
好調をキープする立浪は、2球目、
真ん中高目のスライダーを叩くと、
レフト線へと落ちるツーベース
代走には、奈良原が送られます。
続く荒木は4球ファウルで粘った末、二ゴロで1死三塁。
井端を迎え、1点をやれない阪神はバックホーム体勢。
4球目、真ん中高目のストレートを叩くと、
惜しくもセカンド正面のライナー。
福留を迎えたところで、阪神ベンチが動いて、
安藤から左のウィリアムスにスイッチします。
しかし福留が、追い込まれながらも四球を選び
2死一、二塁とチャンスを広げます。

ここで迎えるは、昨日2ランを放ったウッズ
阪神ベンチは、もちろん藤川にスイッチします。
ナゴヤドームでは4月以来の登板となった藤川に対し、
8月末の甲子園では、ストレートに
空振り三振を喫したウッズ
一発出れば、逆転の場面でしたが、
この日の藤川は、変化球が効いていました。
カウント2-1からの4球目、
外角低目へのカーブに空振り三振。
この日最大のチャンスを逸してしまいます。

2-0のまま迎えた最終回。
マウンドには、2番手の岡本が上がります。
しかし10日の広島戦以来、中6日
間隔が空いてしまった岡本は、
先頭の金本に一二塁間を破られると、
続く濱中にもレフト前に運ばれ、
さらにバントの構えの鳥谷には、ストライクが入らず
四球を与えてしまい、無死満塁としてしまいます。
何とか続く矢野をストレートで
空振り三振に取りますが、ここで降板。
藤本に代打・桧山を送られると、
ドラゴンズベンチも3番手に
中7日となってしまった守護神・岩瀬を送ります。

2年2カ月、岩瀬から点を奪えない阪神は、
ここでこの日再登録となった今岡
代打の代打で送ります。
しかしここは岩瀬貫禄勝ち
外角低目のストレートで三球三振に打ち取ると、
続くなぜか右打席に立った
藤川も外へのストレートで見送り三振。
登板間隔を感じさせない守護神
満塁のピンチを凌ぎ、味方の反撃を待ちます。

ところが打線は藤川の前に、手も足も出ず。
9回ウラは、先頭の森野
外へのカーブに見逃し三振。
続くアレックスは打ち上げてしまい、センターフライ。
そして頼みの井上も初球、
内角へのストレートに詰まってしまい、
サードフライに倒れ、ゲームセット。

ドラゴンズの連勝は、5でストップ。
このカードナゴヤドーム今季最終戦で
阪神に初勝利を献上してしまい、ゲーム差は5に。
そして優勝へのマジックは『15』のまま。
自己最多タイの11勝目に
4度目のチャレンジとなった朝倉は、
好投しながらも、白星はまたもお預け
それでも大事な直接対決を
2勝1敗と勝ち越し、無事終えることとなりました。

出番がちょっと早くてすまんな!さすがに3タテ
できませんでしたね。
ナゴヤドーム全勝で
行ってほしかったのですが、
阪神もこのまま
引き下がれないでしょうし。
ただ大事な直接対決を
2勝1敗
終えることができてよかったと思います。

朝倉は8回を投げ、109球。
4安打4奪三振2四球で2失点。
白星こそ付きませんでしたが、
最近の投球のなかでは、良かった方だったのでは。
今夜は安藤がそれ以上だったので、
打線が得点できず援護がなかったのが残念でした。

そしてあの7回の投球はもったいなかったですね。
シーツへの四球が尾を引いてしまったようで
続く金本に甘いシュートを叩かれての痛恨の一発。
それ以外はしっかり放っていましたし、
来週の神宮では勝てるのではないかと期待します。

直接対決3連戦を終えて、
普通なら、これで一息つけるのですが、
明日は敬老の日で、祝日
当日移動でハマスタでの横浜3連戦を迎えます。
お天気の方がやや心配ですが、
中田以外のローテが2枚空いています。
果たして明日は誰が投げるのか?
ルーキー・吉見の初先発もあるかもしれないので、
注目したいなと思います。


今日のコメントから。(17日)

●朝倉健太
<8回4安打2失点と好投も11勝目はならず。
7回、金本にレフトスタンドへ運ばれた一球を悔やむ>
「何もないですよ。調子は悪くなかった。
できるだけ飛ばしていこうと思っていた。
リズム良く投げることができたが、
あの1球だけが…。悔しいです。
シュートでゲッツーを取ろうとしたけど、
高めにいっちゃった。それだけですよ。
シーツ? それは関係ないです」
中スポサンスポスポニチ名古屋名古屋ニッカン

●岩瀬仁紀
<9回1死満塁で登板。中7日のマウンドも
今岡、藤川を藤川を直球で見逃し三振に切って取る>
「試合前から(事前に)聞いていてはいなかったけど、
そんなこともあろうかと、準備はしていました。
投げないよりも、投げておいた方がいいですしね。
ボールはよかったと思う。実戦で投げられてよかった」
(トーチュウ、スポニチ名古屋名古屋ニッカン

●立浪和義
<8回、朝倉の代打で登場。
大歓声に応え、レフト線へのツーベース>
「先頭打者だったので、
何でもいいから塁に出ようと思っていた」

<3タテは逃すもVロードが見えてきた。
しかし表情を引き締めて>
「(同一カードで)3連勝できれば一番いいけど、
なかなかそれはできない。
またあしたから切り替えて、1戦1戦やるだけです」
中スポ名古屋ニッカン

●タイロン・ウッズ
<8回2死一、三塁で空振り三振。
この日は4打数無安打で終わる>
「安藤は良かったけど、おれのミスショットもあった」
(中スポ)

●荒木雅博
<4打数無安打2三振に終わり、連続安打が
自己最高に1試合足りない14試合でストップ>
「(安藤は)低めに決まってコントロールがよかった。
記録? あっ、そうだ。また頑張ります」
(中スポ)

●井本スコアラー
<阪神担当、安藤の投球について>
「甘い球がそんなになかったですね。
低めに決められたらそうは打てない」
(中スポ)

●高代野手総合チーフコーチ
<阪神先発・安藤について>
「コントロールも良かったし、腕も振れていた。
2勝1敗だから御の字じゃないか」
サンスポ

◆山本昌
<ノーヒットノーランから一夜明け、
報道陣の取材攻勢にジョークを飛ばす>
「きょうだけはジャニーズだから」

<ただ1つの失策を犯した森野について、
ベテランらしい気遣いを見せて笑い飛ばす>
「あれがあったから記録ができた。
あれがなかったら緊張しすぎて
達成していなかったよ。
きょうもすごく申し訳なさそうな顔して
元気ないな…。気にしなくていいのに」
サンスポ名古屋ニッカン

◆デニー友利
<前日の山本昌のノーヒットノーラン。
9回に入る直前のブルペンで>
「(6月6日、8回まで無安打無得点の)
川上の時は投手全員でベンチに行って、
その後すぐ打たれた。だから今回は、
『絶対ブルペンから出るなよ』ってみんなで言い合って、
我慢してモニターで見ていたんだよ」
(中スポ<ドラ番記者>

◆川相昌弘
<バント練習場に来た1つ年下の
山本昌をおやじギャグで祝福>
「おっ、ノーヒッターだ! マサにミラクルですね~」
名古屋ニッカンドラ番ブログ

◆近藤営業部長
<10月3日からの広島との4連戦の
チケットも売れ始め、嬉しい悲鳴>
「阪神にもう少し頑張ってほしかったけど、
切符の方は“両睨み”で横浜戦も広島戦も
売れ行きは伸びてます」
サンスポ

○アンディー・シーツ(阪神)
<7回、朝倉の内角攻めに激高>
「アサクラにはこれまで、3回くらい
顔の近くに投げられているんだ。
おなかならいいけど、顔はね...。
チーム初安打を放った? 勝てればいいよ」
(トーチュウ)

●落合監督
<今季最少タイの3安打で完封負けにも>
「がっぷり四つ? 
そういうチームだよ。お互いに。
きょうは向こうに勝ち運があった。

朝倉はそれなりに投げたと思うけどな。
失投といっても、失投は誰にでもあるもの。
何でもかんでもピッシャというわけにはいかない。
打つほうが仕留めるか仕留めないかだからな」

<2点差の9回1死満塁での岩瀬投入に>
「調整登板。そうじゃないと最初(9回頭)からいく。
本当は1人の予定だったんだけど…」

<首位攻防戦で2勝1敗と勝ち越し>
「2勝1敗? まだまだ、23試合ある。
今のまま戦ってくれればそれでいい」
(中スポ、サンスポ共同通信社MSN毎日新聞
スポニチ名古屋名古屋ニッカンCBC


若竜からの話題。(16、17日)

◆プロ・アマ交流試合
中日-名古屋ウェルネススポーツカレッジ
(16日・ナゴヤ球場)
  000 000 000 =
   101 000 00× =
[D投] チェン、川岸、高江洲、樋口
[D本] 清水、澤井
名古屋ウェルネススポーツカレッジ 硬式野球部

 

◆プロ・アマ交流試合
中日-西濃運輸
(17日・ナゴヤ球場)
 西 000 000 000 =
   001 001 10× =
[D投] 小笠原、石井、長峰、高橋聡文
[D本] なし
SEINO-SPORTS.com 野球部試合結果

○石井裕也
<西濃運輸戦に2番手で登板。
2回を2安打2奪三振で無失点>
「感覚を確かめるための登板で、
久々だったから球も少し高めに浮いたし、
最初は微妙だったけど、
(ピンチになって)腕が思い切り
振れたからよかったと思います。
左足首はもう大丈夫です。
これからも結果を残して、
もう1度、1軍に戻れるように頑張りたいです」
中スポ

○澤井道久
<右ふくらはぎの肉離れから実戦復帰。
西濃運輸戦、6回にレフトへの豪快なソロ本塁打>
「(打撃の)調子が上がってきたところで
ケガしてしまったけど、その間もずっと
いいイメージを持ち続けられた。
これからも試合に出してもらったら、
結果を出していきたいですね」
中スポ

○堂上剛裕
<名古屋ウェルネス戦で4番に座り、
先制の適時打を含む4打数2安打1打点>
「4番目の打者という気持ちじゃなくて、
4番打者なんだという
自信を持って打席に入りました。
タイミングの取り方を変えたけど、
感じよく打てたと思います」

<27日には中村一生とともに
ハワイ・ウインターリーグに向けて出発>
「これまでとは違う自分になりたい。
すべてにおいて、これまで以上に
一生懸命取り組んで、何かをつかんできたいです」
中スポ

○樋口龍美
<名古屋ウェルネス戦に5番手として登板。
1回を無安打無失点も四球に反省>
「抑えなきゃいけなかったのに、
無駄な四球を出してしまったのがよくなかった。
今は結果を積み重ねていくことしか考えていないので…」
中スポ

◇佐藤充
<ナゴヤ球場のブルペンで2軍降格後初めて、
直球を中心に約40球の投球練習>
「思ったより感じが良かったんで、気分はいいですよ」
名古屋ニッカン

週末の若竜は、ウエスタンのゲームがなく、
地元チームとのプロ・アマ交流試合を行ったもよう。
16日は、都市対抗野球東海地区二次予選参加の
名古屋ウェルネススポーツカレッジと。
17日は、強豪・西濃運輸と対戦。
ともに完封勝ちをおさめました。

そのなかでは、17日に登板した石井
6日の東京ヤクルト戦で左足首に打球を受け、
7日に登録抹消。抹消後初の実戦登板で
2イニングを無失点。6回1死一、二塁のピンチでは、
キレのある速球とスライダーで連続三振。
まずまずの投球を見せ、順調な回復ぶり
アピールしたようです。




コメント

安藤がよかったのは事実ですがもう少し対策を練れなかったかな、
というのは思いました。先発するのは分かってたわけですから。

神・岩瀬は藤川に投じた最後のストレートが146km!
この辺は流石だと思いました。

朝倉投手の好投報われずという感じの試合でしたね。
阪神安藤投手の出来が良すぎたと言えばそれまでなんでしょうけど、次回の直接対決に向けて1点は返してほしかった。

試合終盤の藤川投手の投球についてですが、ストレートに伸びがなく、変化球を多用していましたが、どこか悪いんでしょうか?

球界を代表する好投手だけにちょっと心配です。

おはようございます。

2勝1敗は御の字ですが、健太投手で負けたのは
非常に残念です。今シーズンは心技体とも充実し、
今や安定感ではチームトップクラスですから、
なんとか白星を付けてあげたかったですね。
気持ちを切らさず、次回の登板で11勝目を
挙げてほしいです。

本日から久しぶりの関東シリーズ。
マジックが着々と減っていくように、気合を入れて
応援してきます!

タイロンもそうですが、昨日のシーツも
顔付近のボールは怒るんですね。
見てる方として、そんなに怒らなくても
と、思いますが(^^ゞ
健太は、あの1球が甘く入ってしまいました。
それを打ったアニキ金本が上だったと
思うようにします。

※70周年フィギュアが気になっちゃいましたか(^^ゞ
もし神宮で販売していたら再度、岡本狙いでトライしてみます。

昨日の試合はスポーツニュースで見ただけですが
朝倉は良い投球してただけに残念でした。
今季決め球としているシュートをアニキに完璧に狙い撃ち
されちゃいましたね。少々甘く入ったとは言え打った方を
誉めておきましょう。
打つ方は昨日は少しお休みみたいでしたが、今日からまた
頑張ってくれると思います。
先発投手も誰が来るのか・・・楽しみですね!

みなさんコメントありがとうございます!
直接対決を2勝1敗で勝ち越せてよかったです。
この流れで今日からはハマスタ、神宮へ。
ここでマジックを1ケタに持っていきたいです。

>FU-TAさん
ちょっと打線が早打ちで淡泊でしたね。
福原投手の時もそう感じましたが、
やはり良い投手だと厳しいのかも?

岩瀬投手、146出ましたか!
憲伸投手や昌さんに刺激されたかもしれませんね。

>りくぶっちさん
完封負けはいけないですね。
序盤でせめて1点でも取れていれば
ゲームの流れが変わっていたかもしれません。
藤川投手、ストレート1本槍ではなかったですね。
作戦というのもありますが、心配でもあります。

>ドライチさん
朝倉投手、良かったんですけどね。
打線の援護があれば、勝てたかもしれません。
ただ調子は復調しているよう。
おそらく次回は勝ってくれると信じています。
今日は吉見投手が先発のようですね。
ドライチさんとりくぶっちさんが
行かれているので、良い後押しをしてくれて
勝ってくれるでしょう。自分はVTR観戦です。

>daiさん
シーツ選手、けっこう細面な顔?ですから。
やはりデリケートなのかもしれません。
3回目というのもあったかも。
ただその威嚇が尾を引いて喰らった一発。
まだまだ勉強かなと思いました。

フィギュア、夢にまで出ましたからね。
次はぜひとも岡本投手、ゲットしてください(^o^)

>JarJarさん
2球続けての2球目が
甘く入ってしまいましたから、
逃さず叩かれてしまい、残念に思いました。
今日からは狭いハマスタ。
ホームランが心配ですが、ウッズ選手が
おそらく爆発してくれると信じています。
先発の吉見投手を援護してほしいです。

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • COMING SOON

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ