« 憲伸、昌神宮ツバメ退治と落合監督お守り返して。 | トップページ | ウッズ痛恨のエラー、ボールと勝利を掴み損なう。 »

2006年9月23日 (土)

ウッズ、福留豪華一発競演、中日圧勝マジック12!

お守りなくても 落合監督、大爆勝

Vは誰にも止められない

優勝へのマジックを13としたドラゴンズ

今夜から東京ヤクルトとの神宮での3連戦。

初戦は、復調の兆しを掴んだ

エース・川上憲伸が先発します。

ハーラートップの15勝を挙げながら、

このカードに限ると、防御率はなんと6.88

気の抜けない強打・東京ヤクルト打線

エースはどう立ち向かったのでしょうか。

◇セントラル・リーグ公式戦
東京ヤクルト-中日 18回戦
(22日・明治神宮野球場 | 中日10勝8敗)
20584人123456789R
中 日
ヤクルト
[勝] 川上(25試合16勝5敗)
[D本]ウッズ36号満塁 福留28号2ラン
[Dバッテリー]
川上、久本、中里-谷繁、小田

共同通信社中スポ戦評ニッカン式スコア



立ち上がりの川上は、青木、リグス

わずか3球で仕留め、ツーアウト。

続く岩村には四球を与えますが、

ラミレスをサード正面のライナー。

続く2回も先頭の真中に四球を与えたものの、

後続を断って、まずまずの出足を切ります。

一方、東京ヤクルトの先発は、

2ケタに王手をかけている石井一久

初回、2回とわずか1安打に抑えられますが、

3回にドラゴンズ打線が捕まえます。

2死から、荒木が自打球を足に当てた直後に

カットボールを叩き、一塁線を破ると

痛いながらも必死に走り、二塁を陥れます。

さらに続く井端の8球目に荒木が三塁へスチール。

その投球で井端が四球を選び、

福留とは勝負を避けられて、連続四球で2死満塁。

大きなチャンスで4番・ウッズを迎えます。

追い込まれながらも、2-2からの5球目、

内から中に入った低目のカットボールを

逃さずにジャストミートすると、

打球は、大きな弧を描いて、

左中間スタンドに飛び込むホームラン!

見事なグランドスラムで、一挙4点

主砲らしい一撃でエースを大きく援護します。

さらに続く4回も、先頭のアレックス

レフトフェンス直撃のツーベースで出ると、

続く井上が中に入ったシュートをはじき返し、

センター前へ抜けていくタイムリー!

1点を加え、5-0とリードをさらに広げます。



今夜の川上は、気迫を押し出しての

全力投球と言うよりも、どちらかというと

低めにボールを集め、打たせて取る投球。

ストレートとカーブの緩急で巧みに相手を交わし、

4回まで東京ヤクルト打線

わずか1安打に抑えていきますが、

5回に点差もあってか、若干制球が乱れます。

2死から石井一久の代打・鈴木健に四球を与えると、

続く青木にも低目が外れて、連続四球。

一二塁となったところで、落合監督がマウンドへ。

川上に声をかけ、間を置きます。

迎えるは、本塁打36本の恐怖の2番・リグス

しかし落ち着きを取り戻した川上

渾身の真ん中高目のストレートで空振り三振!

しっかりピンチを切り抜けると、

この試合初めてのガッツポーズが飛び出します。

6回になると、ギアを入れ直した川上

先頭の岩村を外へのカットボールで

見逃しの三球三振に取ると、

続くラミレスを緩いカーブでセンターフライ。

さらに真中には粘られながらも

最後はフォークでレフトフライ。

クリーンアップを三者凡退に打ち取ります。

5-0のまま迎えた7回、

ドラゴンズがビッグイニングを作ります。

東京ヤクルト2番手の鎌田祐哉から、

先頭の川上が三遊間を抜くヒットを放つと、

続く荒木は送りバント。

二塁も間に合いそうなタイミングながらも

鎌田は一塁へ送球、ランナーが進みます。

ここで井端が、見事な右打ち。

カウント2-2からの5球目、

真ん中低目のストレートを叩くと、

川上がゆっくり走ってもホームへ還れる

右中間を突破のタイムリーツーベース!

さらに1死二塁で福留が続きます。

前の5回の打席では、石井一久から

ライトポール際にあわやホームランという当たりを

なんと三発も放ちながら、結局空振り三振に倒れ、

納得のいかない表情をしていた背番号1

しかしその悔しさがバットに火を噴かせます。

カウント2-1からの5球目、

真ん中低目のストレートを完璧に捉えると、

今度は切れずにライトスタンドへ飛び込むホームラン!

8-0とさらにリードを広げます。

そしてアレックスがダメ押しを。

森野のセンター前ヒットと鎌田のワイルドピッチで

再び1死二塁となると、詰まりながらも

センター前に落とすタイムリーヒット!

この回5安打を放ち、4点を奪ったドラゴンズ。

強さを見せつけ、試合を一方的にします。



9点の援護となった川上は、

7回ウラ、1死二塁から飯原誉士に、

センター前へのタイムリーを浴び

1点こそ失いますが、後続をしっかり抑えると、

結局この日は、7回、116球を投げ、

4安打5奪三振4四球で1失点

100球を越えたことと、点差もあることから、

この回でマウンドを降りました。

8回以降は、好調キープの久本から

やや不安定の中里への継投で、

8点リードを守りきって、ゲームセット。

エースが投げて、主軸が打ってと

力を見せつけての完勝となったドラゴンズ

これでゲームのなかった阪神との

ゲーム差を再び5ゲーム差とすると、

優勝へのマジックを1つ減らして『12』に。

Vロードをさらに一歩進みました。



タイロン、スゴイね(^o^)エース・憲伸

しっかり投げて、

打線が繋がり、

福留・ウッズ

アベックホームランが

飛び出すなど、圧勝

もっともつれたゲームになるのではと

予想していたのですが、一方的な展開に

中盤からは、とても楽に見ていられました。

3回のウッズのグランドスラムが

とてもインパクトがありました。

あれで石井一久を粉砕し、

一気に流れを引き寄せました。

ここぞというときに4番が打ってくれると

やはりゲームは盛り上がりますよ。

3発損した福留の意地の一打もさすがでしたし、

井上、井端、そしてアレックス

横浜戦では、あと1本が出なかった打線に

タイムリーが出たのも大きい。

ここに来て元気な打線。明日も期待したいです。

先発の憲伸は、公式戦では約2年ぶり、

今季初の神宮の登板だったので

心配な面が多々あったのですが、

強打の東京ヤクルト打線

警戒してか、丁寧に放っていましたね。

緩急をつけて、相手を翻弄

リグス、岩村、そして天敵・ラミレス

ほとんど仕事をさせなかったのが、

今回の勝利につながりました。

力ではなく、を出し16勝目を挙げたエース

これでだいぶ復調したといえるのでは。

次週はおそらく甲子園での阪神戦。

今度は、力の投球を魅せてほしいですね。

これでマジックは『12』

だいぶVロードも加速してきた感じです。

明日は、ノーヒッター・昌さんが先発。

ある意味注目を浴びますが、

気にせず、しっかり自分の投球で、

チームの勝利に貢献してほしいです。


☆今夜のビクトリーラン!(22日)

○タイロン・ウッズ

<3回の先制36号満塁ホームラン>

「ホームランが打ててうれしいです。

これからも今日のような試合をしていきたいです。

バッターボックスではいつも辛抱強く

良い球が来るのを待っています。

今は自分のタイトルよりもチームの勝利のために

残り試合も全力を尽くしたいと思います」

<3回のホームラン談話>

「打ったのは、ストレート。

ちょっとスライドするような速球だったかな。

満塁だったから、ジャストミートを心がけていたよ。

いい球だけを待っていたんだ。

それに、追い込まれていたので

三振だけはしたくなかったからね。

いい試合で大きな1発が出て、最高の気分だよ。

大きな一発? 

そりゃ、満塁弾ってのは、そういうもんだよ」

<一気に4打点の荒稼ぎ。

球団史上単独4位、リーグ断トツの113打点。

本塁打でも1位を猛追。来日初の2冠に現実味が>

「ベストは尽くすよ。

でも優勝の方が大事だ。タイトルは気にしない」

公式HP、中スポ、サンスポ共同通信社

スポニチ名古屋名古屋ニッカン、CBC)

○川上憲伸

<7回を投げ4安打1失点、

ハーラー単独トップの16勝目をマーク>

「きょうは投げる前に、

狭い球場だから1、2点で7回を目標にして

投げようと思っていました。

ゲームをつくれてよかったです。

久しぶりの神宮だったけど、

打線に助けてもらったので

リズムよく投げることができました」

<スローカーブを効果的に

使うなど、最後まで冷静>

「阪神戦より冷静? まあ、そうですねえ…。

完ぺきだった? ボチボチです」

<3連敗中、2敗がツバメ打線相手>

「そういうのはあまり関係ないです」

<連敗の不振の最大の要因は

実際の投球と意識とのギャップ。

阪神との大一番で本来の安定感が戻った>

「投げる前のイメージと

マウンドでのギャップがありすぎた。

自分の思っているボールが全然いかなかった。

あの試合(15日の阪神戦)も

立ち上がりは良くなかったけど、

悪いなりに抑える術をつかんだ。

ギャップが埋まったんです」

<完全復調のアピールとなる連勝に>

「阪神戦で勝ったからとかではなく、

ずっといいピッチングをしないといけない。

これからもリズムよくいければいい」

憲伸の声「心強いビジターでの大応援団」、

公式HP、中スポサンスポ

MSN毎日新聞、スポニチ名古屋名古屋ニッカン

○福留孝介

<7回、ライトへのホームラン>

「タイミングが上手くあいました。

狙っていった部分もあった。

でもチームが勝つことが大事だった。

完ぺきな当たりだった。

チームも勝てたし、自分も打てた。

言うことないね」

<空振り三振に終わった5回は

ライトポールをわずかにそれる大飛球を2度3度>

「きょうは(本塁打を)3本打ったね。

審判がファウルと判断したんだから、仕方ない。

状態はいい。どんなコースにも

体がうまく反応して、バットが出る」

<これで28号。球団では56年ぶりとなる

3割、30本、100打点、100得点が見えてきた>

「数字を意識しないと

いうよりも、自然体でいきます。

打てるときは打てるだろうから。

意識しないで達成できれば一番なんだけどね」

(公式HP、中スポ共同通信社

スポニチ名古屋名古屋ニッカン、CBC)

○新井良太

<8回、川上の代打で登場。

代打で4打席連続となるショート内野安打を放つ>

「(記録は)すぐ止まりますよ。

思い切ってやっているだけです」

バットは折れました。一塁へ懸命に走りました」

<大学時代の主戦場・神宮球場に凱旋。

試合前は謙虚に気合を入れ直す>

「結果が出ている? 

今は盆と正月がいっぺんにきたようなものです。

ボクは、元気を出して頑張るだけっス!」。

<大きく元気な声でチームを盛り上げる>

「ぼくは大きな声を出すしかないですから。

声を出せば元気が出るし、

声だけでここまでこれた男ですから」

<試合になり、出番が来れば集中力が増す>

「打つ、打たないは別にして、

こういう状況で出してもらえることに、

すごく感謝しています」

(中スポ<ドラ番記者>

トーチュウ、ニッカン名古屋ニッカン

○井上一樹

<4回無死二塁から、センター前タイムリー>

「ランナーを進めたい。

考えていたのはそれだけです」

(公式HP、トーチュウ、名古屋ニッカン

○井端弘和

<7回、右中間へのタイムリーツーベース>

「憲伸(川上)がランナーだったので

長打が打てて良かったです」

(公式HP、名古屋ニッカン

○アレックス・オチョア

<7回2死二塁で、センター前タイムリー>

「ランナーが得点圏にいたので、何とか還したかった」

(公式HP、ニッカン

○荒木雅博

<3回2死、フルカウントで二塁からスタート。

結果四球で一、三塁となりチャンスを広げる>

「(2死なので)普通は走らないですけど、

絶対にセーフになると思ったし、

投手にプレッシャーをかけたかったから。

根拠? 二遊間がけん制に入る

そぶりがまったくなかったし、

(石井一久の)パターンも全球一緒だったし....」

(トーチュウ)

○中里篤史

<9回、3番手で登板。

先頭の米野に四球、青木に中安を浴びるも、

1イニングを無失点でゲームを締める>

「四球を出した後に井端さんが

『肩に力が入りすぎている。

腹に力を入れる感じで』と、いってくれた。

そうやったらいい感じで投げられた」

(中スポ)

○森バッテリーチーフコーチ

<先発・川上について(4回終了時)>

「神宮で投げるのは初めてだけど、

丁寧に低めへ投げている。

クリーンアップの前にランナーをためないこと。

点を取ってもらったから

このまま粘り強く投げて欲しい」

(公式HP)

○落合監督

<投打の主役が活躍しての大勝に>

「見たまま。

エースが抑えて、4番が打って、

さらに3番も打てば負けないんだ。

先を見て戦うのはシーズン中盤まで。

ここからは目の前の試合を

一つずつ全力で戦うだけだよ。

もう先のことを考えている時期じゃない」

<紛失した黒いバッグの話題になると>

「事件? それと野球は、別のこと」

(公式HP、中スポ、サンスポMSN毎日新聞

スポニチ名古屋名古屋ニッカンCBC


PS 今夜の渡邉選手。

9回ウラ、久本に代わり、一塁の守備固めで登場。

さすがに夜になると冷え気味の神宮。

汗っかきの渡邉選手のアンダーシャツも

今夜からは、長袖になりました。

そして9回二死、リグスの打球は、

一塁へのファウルフライ。

ワンハンドキャッチでゲームを締めくくりました。




コメント

ゆったりと応援できる試合でした。
ヒットは出てもなかなか点が入らない試合が
多かったのでこれでリズムを取り戻してもらいたい。
マジックも一桁に近づいてきましたね。
土日にひとつは勝って勝ち越してナゴドに
戻ってきて欲しいです。

がんばれ、昌さん!

エースが抑え、主砲が打つ。
まさに理想的な試合展開でした。
憲伸投手は四球が多かったものの、安心してみていられました。
私の注目は新井選手です。
試合前の練習でも快音を響かせていましたが、この日も代打で登場し内野安打で出塁。
当たりはイマイチでしたが結果が出ることは将来に繋がることだと思います。
この内野安打でなんと打率.800に。
シリーズのラッキーボーイになれるか?

Toshikichiさん、おはようございます。
圧勝でしたね。
試合後の落合監督のコメントにもありましたが、
まさにエースが投げ4番が打てば負けない試合
でした。
四球が多かったのがちょっと気にいらないですけ
ど、川上も勝つための投球がきちっと出来ていた
ようです。
いよいよラストスパートですね。
昌、朝倉で3タテいけそうですね!

おはようございます。昨夜は余裕の生観戦でした。
まさに理想的な試合展開でしたね。

憲伸投手は、丁寧にいったぶん四球もありましたが、
特にカーブが効果的でした。苦手だったヤクルト戦に勝ち、
もう完全復活ですね。

それにしても久本投手、素晴らしいですね。
もともと、いいボールを持っていましたから、
結果を残すことによって付いてきた自信が大きいです。
ブルペンからマウンドに走る後ろ姿も、頼もしかったです!

今夜も生応援、がんばります!

おはようございます!いつもお世話になってます!
神宮ではボコボコ燕に本塁打うたれてましたから
昨夜の憲伸の投球には久々納得、安心して
見れたヤクルト戦でした!

それとウッズも昨日の快打でもう置物とは言わせない!!?

川上は後からそう言えば苦手なはずの屋外球場だったのに・・・
と思うほど、安定した投球でした。
名古屋ドームと違って一発警戒の低め中心、変化球主体の
素晴らしい投球でした。
(谷繁のリードのおかげもあるのかな?)
マジックも順調に減り良い感じです、早いトコ一桁に乗せたい
ですね。
そうしたらグッと現実味が出てくると思います。

孝介のHR打ち直しはお見事でした。
3発のファール時の打席では三振でしたが
何だか、意地を見せた感じです。

やっぱりこのチーム憲伸が勝つ事が使命みたいです。
勝てばしばらく波にのりますし、先発陣に影響が
大きいと思います。
と、言う事で昌さんは今日は大丈夫と、思ってます。
じゃないと悲しくなるので・・・・。

暑いと屋外は苦手だけど涼しければ問題ないみたいで>エース様
孝介もこれで90打点突破、岩瀬は40Sも視野に入る、と過去の
ドラゴンズの優勝の中では最もハイレベルなMVP争いとなりそうですね。

ウッズの逆予想の要望が増えつつあるのでw
Toshikichiさんの真似をして「今日の~」を使わせてもらうかもしれません。
よろしくお願いします。

コースケ、ホームランを打ち直しするなんてすごいですね。
私もレフトから見ていたのですが、打球を見失ってばかりでした。
あ、でもホームランはきれいなアーチでした。

みなさんコメントありがとうございます!
投打がかみ合っての大勝。
昨夜は強さが際だったゲームでした。
これで本格的にVモードに入ってくれればいいですね。

>ドラゴンズブルーさん
アライバコンビが出て、福留選手が歩き、
そしてウッズ選手のグランドスラム。
まさに画に描いたような得点でした。
それもよかったですが、森野選手、
アレックス選手などにも当たりが戻ってきたことが
とてもうれしく思います。
果たして1ケタでナゴドに繋げるか?楽しみですね。

>りくぶっちさん
観戦おつかれさまでした。
新井選手、打率8割ですか!
まさにワンダーボーイですね。
2軍から上がっても、短い期間で戻されるなか、
しっかりと結果を残しているのが大きいです。
今夜も出たら、一発かましてほしいですね。

>daojingさん
憲伸投手、立ち上がりはおやっ?と思いましたが、
柔軟な投球で東京ヤクルトを手玉に取りました。
特にカーブが決まっていましたね。
ヤクルト打線も面を喰らったかも。
ようやくスパートかかりそうですね。
今夜も頑張ってもらいましょう。

>ドライチさん
観戦おつかれさまでした。
圧勝のゲーム、このところなかったので
見ていてとても楽でした。
久本投手、まさに神がかりですね。
自信も持って投げているのが、いいですね。
今や左では、大事な存在。
0点台、どこまでキープできるか楽しみです。
今夜は、風が強そうですが、熱い声援お願いします!

>Rさん
こちらこそいつもお世話になっております。
福留選手の幻の3発も含め、
主軸のホームラン競演はうれしかったです。
憲伸投手も余裕の快投、
昨夜は本当に見事だったと思います。
ウッズ選手、今夜も活躍を期待したいです。

>JarJarさん
憲伸投手、丁寧かつ慎重でしたね。
力ではない、技の面を
昨夜は見せてもらったと思います。
谷繁捕手のリードもあったと思います。
いよいよマジックも12ですね。
40もあったのが、遙か昔のようです。

>daiさん
ポールの遙か上のは、
ホームランにしてくれてもと思いましたが、
きれていたようですね。
それにしても4発目は、見事でした。
さすが福留選手ですね、よく打ちました。

昌さん、期待したいですが、
とりあえず1本ヒットが出て、
気分的にリセットしてほしい。
そして2ケタ10勝目を成し遂げてほしいです。

>FU-TAさん
昨夜は涼しかったですからね。
MVP争いは、激しくなりそう。
別の意味で楽しみになりそうです。

「今日の~」よかったら使って下さい。
きっと渡邉選手も喜んでくれると思います(^o^)

>Frantz von Marinedolfさん
観戦おつかれさまでした。
福留選手、まさに執念ですね。
特に幻の三発目はほんとうに惜しい当たりでした。

今夜は台風の影響で風が強そうですが、
方角がどちらかによって
荒れるかもしれませんね。

Toshikichi師匠、こんばんは♪
タイロンのコメント、ごっ機嫌ですね!
神宮に行くと、HRをたくさん打たれるのではないか?と
ビクビクしてしまう自分がいるのですが、
昨日は憲伸投手の快投で
フフフ~ン♪ってかんじでした。
援護が大きかったのもよかったのかもしれませんね!
勝ち試合を観るのはやっぱり楽しいですよね!

話はまったく違いますが、
監督のバッグ盗難について
今朝、金村さんが
「いまどき、セカンドバッグを持っているのが驚き!」と
ツッコミを入れており、思わず笑ってしまいました
(ごめんなさい)。
何物にも変えられない物だと思うので、早く返してほしいですね。

今日の昌さんがどんな投球をしてくれるのか、楽しみでなりません!!
今のドラゴンズなら、きっと風も見方になってくれるはず♪

コメントありがとうございます!

>みんこさん
観戦おつかれさまでした。
ウッズ選手のグランドスラム、見事でしたね。
レフドラの中に飛び込んで
より一層盛りあがったと思います。
まさにフフフ~ン♪ですね(^o^)

金村さんには悪いですが、監督のは
セカンドバッグというより小さな手さげかばんかも。
http://chuspo.chunichi.co.jp/dragons/tp2006/tp0922-1.htm" rel="nofollow">http://chuspo.chunichi.co.jp/dragons/tp2006/tp0922-1.htm
のように取っ手も付いていましたし(^^ゞ
そんなことよりも早く見つかってほしいですね。

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • COMING SOON

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ