« 朝倉好投11勝、快勝中日マジック猛打賞井端の6! | トップページ | 憲伸痛恨の失投、中日マジック前線5で停滞。 »

2006年10月 5日 (木)

立浪涙のサヨナラ打、岡本渾身、中日マジック5!

立浪涙、男37歳意地の一撃!

竜サヨナラ劇勝M5

8連戦の初戦を快勝で飾り、

マジックを6としたドラゴンズ

優勝へのカウントダウンも一歩一歩進んでいます。

そして迎えた広島4連戦の第2戦

9月月間MVP・ウッズのタイムリー、井端の好走塁などで、

リードしていたものの、終盤、まさかの同点に。

しかし最後は劇的な幕切れが待っていました。

◇セントラル・リーグ公式戦
中日-広島 19回戦
(4日・ナゴヤドーム | 中日10勝8敗1分け)
35847人123456789R
広 島
中 日1x
[勝] 岡本(52試合4勝1S)
[D本]なし
[Dバッテリー]
中田、岡本-谷繁

共同通信社中スポ戦評ニッカン式スコア



中7日での登板となった中田

初回、先頭の東出を二ゴロに取ると、

続く山田はスライダーで空振り三振。

森笠を弱い当たりの三塁内野安打で出しますが、

新井を三ゴロに打ち取り、

上々の立ち上がりを見せます。

一方、広島の先発は2年目左腕の小島紳二郎

その立ち上がり、先頭の荒木

三塁線を破るツーベースで出塁すると、

井端の二ゴロで三塁へ進みます。

続く福留はカウント0-3からタイミングを外され、

浅いレフトフライに倒れますが、

ウッズが追い込まれながらも、

真ん中低目のストレートを

センターへ弾き返してのタイムリー!

9月月間MVPの一打で、今夜もドラゴンズが先制します。



1点のリードをもらった中田

2回は三者凡退に取りますが、

3回二死から東出の当たりは、センターへ。

英智が懸命に突っ込み、

グラブに当てるも捕れずに、記録はツーベース。

続く山田は、打ち取った当たりの二ゴロ。

ところが荒木からの送球が逸れ、一塁セーフ。

不運な連打で、2死一、三塁と

今夜はじめてのピンチを迎えます。

しかし森笠を内へのカーブで

ライトフライに打ち取り、切り抜けます。

ピンチを脱した中田に援護点。

3回ウラ、1死から井端がライト前ヒットで出ると、

続く福留は真ん中高目のストレートを

打ち損じてのセンターフライ。

悔しさからバットを思い切り叩き付けます。

2死となって迎えるは、先制打のウッズ

カウント1-2からの4球目、

内角高目のストレートを引っ張ると、

速い打球が三遊間を抜けていきます。

ここで一塁走者の井端好走塁!

打球がレフトフェンスまで達すると見るや、

スピードを緩めず、三塁を一気に回ります。

レフトからの返球が返ってきますが、

最後は捕手の石原を吹っ飛ばしてのホームイン!

ウッズのタイムリーツーベースと

井端の激走で、2-0とリードを広げます。



今夜の中田は、立ち上がりからストライク先行。

力のあるストレートと変化球のキレも良し。

抜け球はいくつかあるものの、

低目に丁寧にボールを集め、打たせて取る投球。

4回、5回もしっかりと三者凡退に取って

広島打線を無失点に抑え込みます。

しかし6回、2死から森笠

内角低目のスライダーをうまくすくい上げられ、

ライトへのツーベースを浴びると、

続く新井は三遊間を抜けそうな当たり。

しかし井端が体で止めて、一、三塁。

ここで迎えるは、前田

8月の豊橋での広島戦では、

6回に連打を浴び6失点した中田でしたが、

初球、外へのストレートで

遊ゴロに打ち取り、この回を0で凌ぎます。

続く7回も中田は、

浅井のレフト前ヒットと自らのワイルドピッチ、

さらに松本にライト前に落とされてしまい、

1死一、三塁と走者を再び背負います。

ここで迎えるは、小島の代打・末永

しかしここから踏ん張れるのが、今夜の中田

末永を外へのストレートで空振り三振に取ると、

続く東出もフォークで遊ゴロに打ち取り、

この回もピンチを凌ぎます。



ところが疲れも見え始めた8回、

思わぬカタチで失点をしてしまいます。

先頭の山田にレフトフェンス直撃の

ツーベースを浴びると、森笠の二ゴロで三塁へ。

続く新井は、当てただけの二塁ゴロ。

その間に山田が生還し、2-1と迫られてしまいます。

ここで落合監督がマウンドへ。

前田を警戒、中田に声をかけて、間を置きます。

しかしそのかいもなく、

カウント0-2からの3球目、

ストレートが外へミットを構える谷繁の逆、

甘く内からに入ってしまいます。

前田が逃さずに叩くと、弾丸ライナーで

ライトスタンドへ飛び込むホームラン。

ここまで好投を続けながら、強烈な一発

同点に追いつかれてしまった中田

結局8回を投げ、133球。

9安打8奪三振無四球で2失点。

白星を手に出来ずに、マウンドを降りました。



同点で迎えた9回、

2番手のマウンドに上がったのは、岡本真也

2日に父親を亡くした岡本でしたが、

通夜も告別式も参列せずに、優勝へ向かうチームに帯同。

代わりにユニホームの左腕に

黒い喪章を着けての登板となりました。

その岡本が今夜は、渾身の投球!

先頭の石原をフォークで、ライトフライに取ると、

続く松本を真ん中低目のストレートで見逃し三振。

さらに河内の代打・井生もフルカウントから

外角低目のストレートで見逃し三振と、

これ以上ない気迫のこもった力投を見せ、

三者凡退にきっちりと打ち取ります。



この気迫打線がしっかりと応えました。

9回ウラ、この回から登板の広島4番手・梅津から

先頭の井上が一二塁間を破るヒットで出ると、

すかさず代走には奈良原が送られます。

続く英智は、初球バントを失敗しますが、

2球目にしっかり決めて、二塁へ。

さらに谷繁が四球を選んで、一、三塁とすると、

当然この男の出番となります。

岡本の代打には、もちろん立浪和義

広島ベンチも左の高橋にスイッチしますが、

制球が定まらず、カウントは0-3に。

たとえカウントが0-3であっても、

好球必打の立浪は甘い球なら打ってきます。

そこに来たのが、おあつらえ向きの

真ん中高目のストレート。

フルスイングで捉えると、高々と上がった打球は

右中間を深々と破り、弾んでいきます。

まさに狙い打ちのサヨナラタイムリーツーベース!

奈良原がサヨナラのホームを踏む前に、

歓喜のナインは、立浪に向かって一直線!

水をかけられるは、追いかけられるは、

上着を脱がされそうになるは、

手荒い祝福でヒーローはもみくちゃに!

劇的なサヨナラ勝ちをおさめたドラゴンズ

優勝へのマジックをまた1つ減らし、ついに『5』に。

そしてそれを導くべく、渾身の投球を見せた岡本

チームから亡き父に捧げる4勝目をプレゼントしました。



ミスターも感涙、ファンも感涙(T^T)好投を続けていた中田

8回に同点に追いつかれ、

流れ的には、延長も

あるのではと思いましたが、

土壇場9回ウラに

劇的なサヨナラ勝ち!

それもミスタードラゴンズ・立浪

バットから生まれたことが

とてもうれしかったです。

9回ウラ、1死一、二塁。

投手が左の高橋に代わり、

カウントがノースリーになった時点で勝負あり。

立浪ならノースリーから

絶対打ってくると思っていましたが、

やはり予想通り、甘い球を見逃しませんでした。

ナインもうれしかったのでしょう。

二塁ランナーの奈良原がホームを踏む前に

立浪に近づいて、もみくちゃにしていましたからね。

そしてお立ち台も印象的でした。

感極まり、目に涙をためていた立浪

しっかり責任を果たせたという男の満足感

ファンに対する感謝の気持ちがいっぱいの

いいお立ち台だったと思います。

まさに打ってほしい人がしっかり打っての勝利

この1勝は優勝へさらに近づく、

大きな勝利になったと思います。

そしてこの勝利を導いたのは、

やはり9回に登板した岡本の渾身の力投でしょう。

2日に父・敬貴さんを亡くし、

左袖に喪章を着けて臨んだこの日のマウンド。

前の回に同点に追いつかれ、流れが悪くなっていただけに

しっかりと三者凡退に打ち取ってくれたことが

そのウラのサヨナラに繋がったと思います。

とにかく1球1球に気迫がこもっていましたね。

特に松本、井生を連続見逃し三振に

打ち取ったストレート

その気持ちを充分に感じ取ることができました。

つらいでしょうが、良く投げてくれました。

この勝利のボールをぜひ捧げてほしいと思います。

劇的な勝利で、マジックもついに『5』となりました。

もはや敵は、勝ち続けている阪神ではなく、

台風など天気の方が気になります。

ただドラゴンズは、あと5つしっかり勝つこと。

明日はルーキー・吉見の先発が予想されます。

きょうの勝利でさらにチームが乗ってきていますので、

一気に3連勝してほしいと思います。


☆今夜のビクトリーラン!(4日)

○立浪和義

<サヨナラタイムリーについて>

「最高にうれしいです。

良い場面で回ってきたので

絶対に打ってやろうという気持ちでした。

ノースリーでしたが

甘い球なら迷わずに打つつもりでした。

いつも大きな声援をくれるファンの方には

涙が出るほど感謝しています。

今日はその期待に応えることができて

本当に良かったです。

優勝を目指しているチームに貢献できるように

毎日一生懸命プレーしています。

9回には岡本の力投もあって、

その必死で投げている姿を見て

何とかしたいと思っていました。

いつも温かい声援ありがとうございます!

これからもチーム全員一丸となって

がんばりますので応援よろしくお願いします!!」



<球団最多、通算12本目のサヨナラ打。

お立ち台でファンからの大声援を受け、感極まる>

「いいところで回ってきたんで、

絶対に打ってやろうと…。

迷わず、甘いところにきたらいこうと思っていたんです。

ファンの皆さんにいつも大きな声援をいただいて、

ホンマに感謝の気持ちでいっぱいなんです。

涙が出そうになります。

たくさん打ってきましたけど、

プロ入りしてからきょうのヒットが一番うれしかったです。

(現役が)もう終わるようなことを言ったら

アカンのですけどね」

<9回1死一、二塁。カウント0-3、

しかし立浪の辞書に『待て』はない>

「セットポジションに入るときから、

真っすぐだけ打とうと。

四球なら満塁になるけど、

自分で決めてやろうと思ったんです。

いいところで出してもらって、

期待に応えられてよかった。最高に嬉しいです」

<今季はレギュラーの座を奪われ、

7月2日の広島戦から代打生活が始まった>

「過去の3回の優勝は

レギュラーでしたけど、今年は違います。

でも、この世界は力の世界。割り切ってやっています。

誰だって試合に出たいです。

出たくないと思ったら、脱ぐ時です。

でも今は代打として期待してもらっている。

プロ野球選手はどんな状況に追い込まれても、

ベストを尽くす。そう自分に言い聞かせています」

公式HP、中スポ、サンスポスポーツ報知共同通信社

MSN毎日新聞スポニチ名古屋名古屋ニッカン、CBC)

○岡本真也

<9回、2番手で登板し、4勝目をマーク。

ピシャリと3人で抑えてサヨナラ勝ちを呼び込む>

「特別な1勝? そうですね。

何ともいえない1勝ですね。

野手の皆さん、チームの皆さんに感謝です。

何としても抑えたかったし、抑えないといけなかった。

自分では普通に投げてるつもりだったけど、

力いっぱい、勢いだけで投げてた。

やっぱりちょっと気持ちが違いましたね。

(亡くなった)オヤジが

力を貸してくれたんだと思います」

<2日に父・敬貴さんが他界。

この日は、京都の実家で告別式が行われたが>

「自分が野球をやっていることの方が

父が喜ぶはずから。兄がいるので任せます」

<本当なら試合後、立浪と一緒に

お立ち台に上がるはずも、こっそり辞退>

「すみません。泣いちゃいそうだから...。

あしたから同じようにがんばりますよ」

(東京中日、サンスポスポーツ報知MSN毎日新聞

スポニチ名古屋名古屋ニッカン、CBC)

○タイロン・ウッズ

<1回の先制タイムリーについて>

「打ったのは、ストレート。

三塁にランナーがいたので

ジャストミートを心がけたよ。

今は良くボールが見えているね」

<3回、レフトへのタイムリーについて>

「打ったのは、カットボールかスライダー。

あそこに飛んだらヒットになるけど、

いいところに転がった。

井端もいいタイミングで

走ってくれてナイスランだった」

<試合を終え、穏やかな笑みを浮かべ>

「いいバッティングができたし、いい試合だったよ。

阪神もすごくいい試合をしているし、

お互いがいい戦いをして争うのはとてもいいことだ。

うちは毎日一生懸命戦って

マジックを減らしていけばいいんだ」

(公式HP、中スポ名古屋ニッカン

○井端弘和

<3回、ウッズの左翼への二塁打で

一塁から一気にホームを陥れる>

「フェンスまで(打球)届きそうだったので、

最初からホームまでいこうと思いました。

二塁を回ったところで、

コケそうになって遅れました。

それより最後は打つべき人(立浪)が

打ったという感じですね」

<3回には東出と交錯して左手首を痛めたが>

「東出のスパイクが当たったけど

リストバンドをしていたので大丈夫です」

(東京中日、名古屋ニッカン

○荒木雅博

<この日4打数2安打で

ついに打率が.29976と3割が目前>

「いや今は数字よりも

勝ちたい気持ちが強いですから、それはいいです」

(中スポ)

○井上一樹

<9回、先頭でライト前ヒット。

何よりも立浪のサヨナラ打を喜ぶ>

「自分が出られてよかったけど、

それよりタツさん。絶対に打ってくれると信じてた。

きつい試合だったけど、

結果的にファンの皆さんが

喜んでくれる展開になったね」

(中スポ)

○中田賢一

<8回2失点の好投をみせたが、

前田に痛恨の同点弾を浴び、7勝目を逃す>

「あそこは何とか粘りたかったんですが、

もうひと踏ん張りが効かなかったという感じです。

(痛恨の1球は)外の要求が逆球だった。

思ったところに行かなかったので、失投です」

<直前、落合監督がマウンドへ>

「余計なことを考えなくていいから頑張れ、

という感じのことを言われました」

<今季103回2/3で、16本目の被弾に>

「納得できるまともな球を投げて

ホームランを打たれた記憶がないので、

甘くなった球をホームランにされていると思う。

いつも自分のミス。何とかしないといけない」

(中スポ、スポニチ名古屋名古屋ニッカン

○森バッテリーチーフコーチ

<先発・中田について(4回終了時)>

「ストライク先攻で攻めているしリズムもいいな。

追加点が入るまで我慢強く投げて欲しい」

(公式HP)

○落合監督

<試合後はお決まりのコメントで>

「見ての通りのゲーム。

あと10試合、5つ(勝てばいい)。

立浪? ああいう場面をつくった前の2人もな。

あとはクラ(英智)が一発でバントを

ピシッと決めてくれればいいんだけど。

(言うことが)一緒で悪いけどな。あしたも同じだで」

(公式HP、中スポサンスポMSN毎日新聞CBC


ナゴヤからの話題。(4日)

ウッズが月間MVP受賞

(名古屋ニッカン)

◇タイロン・ウッズ

<9月の野手部門の月間MVPを受賞>

「9月の成績はすごく満足している。

優勝へ向けてチームに貢献できたことは何よりよかった。

その中での受賞は最高にうれしい。

これからもチームのためにベストを尽くして

バットを強く振ることを心がけてやっていきたい」

<好成績だった同僚の福留や荒木を抑えて受賞に>

「4年間(日本に)いて

3度もらえるのはよくやったかな」

<目下、本塁打、打点のリーグ2冠王だが>

「個人の記録は全試合が終わってから考えたらいい。

チームの勝利が大事でそのために打ちたい。

まだ試合が残っている。

ベストを尽くして最終的にいい形になればいい。

勝利に導くためにベストを尽くすだけ。

シーズンが終わった時にそういう結果

(2冠)になっていればいい」

中スポ共同通信社スポニチ名古屋



9月に打率.321、9本塁打、28打点をマークした

ウッズが自身3度目の月間MVPを獲得しました。

おめでとうございます!

打率.404、8盗塁の荒木

打率.372、8本塁打、25打点の福留という

同僚を抑え、首位争いの中で

印象的な活躍をしたことが評価されての

受賞に笑顔だったようです。

10月もこの調子でぜひとも二冠王を獲ってほしいですね。


今日のその他。(4日)

元ドラ・大西、今季限りで引退

球団には残留か

◆大西崇之(巨人)

<今季限りの現役引退を表明>

「引退しようと思います。

自分の中では完全燃焼。百点満点だったと思う。

体も小さいし、プロに入る時には

35歳まで野球をするとは夢にも思わなかった」

<9月29日のイースタン、

東京ヤクルト戦では本塁打も>

「足で走り倒して来た自分が

2軍とはいえ本塁打を打った。

それで有終の美だと思い、

けじめをつけてもいいと思った」

<今後については球団に残る方向>

「(球団)代表が考えてくれている」

(中スポ、スポーツ報知



昨季までドラゴンズに在籍し、

金銭トレードで巨人に移籍した大西

今季限りで現役引退すると表明しました。

今季は、20試合の出場で打率.133。

7月末から2軍落ち、来季の戦力構想から外れ、

引退を決断したそうです。

なかなか巨人の00での姿は、

ドラゴンズ戦では見られませんでしたが

第二の人生でもガッツマンとして、

頑張ってほしいと思います。

ところでFAした背番号31の人は元気なのでしょうか?




コメント

Toshikichiさん、おはようございます。
岡本と立浪の気迫が呼んだサヨナラ劇でした。
岡本の投げるボール一球一球に気持ちがこもってました。
悲しみをこらえての岡本の熱投!感動しました。
それにしても立浪の気合いの一打!さすがミスタードラゴンズ!
期待を裏切りません。
あと「5」。もうこのまま突っ走ってほしいです!

おはようございます。
あまりにも感動的な勝利でしたので、昨夜は
なかなか寝つけませんでした。

岡本投手が、サヨナラ勝ちを呼び込みましたね。
気持ちの入った熱投。感動の名場面になりました。

立浪選手は、もう、さすがとしか言いようがありません。
その実力はもちろんですが、あのような場面に
出番がまわってきて、感動的な結果を残すのは
スター選手に相応しい強運もあると思います!

中田にとっては試練でしたが、岡本が次の回を
気迫のこもった投球で締めた時点で、サヨナラの
ムードは漂っていましたね。
それを決めたのが立浪だったというのが何とも
ドラマチックでしたが、インタビューの涙を見て
感動すると同時に、もしかしたら今年で最後なのかな?
と少し寂しい気持ちにもなりました。
まぁそれは本人が決める事なので全ての試合が終わる
までわからないと思いますが、燃えるチームリーダーの
為にも、是非とも今年悲願達成して欲しいですね。

おはようございます
昨夜は立浪のサヨナラヒット
岡本の炎のピッチ

そして大西の引退など印象深い日でしたね
今日は阪神戦中止みたいですが
きっちり勝って引き離したいですね!

Toshikichiさん、おはようございます。
昨日のゲームは感動しました。
もうカウントダウンモードに入りましたが、お天気が心配ですね。
日程優先でいけば、土曜日のハマスタはかなりの雨でも強行
開催をするのかも知れませんが、できればいいグラウンド状態で
戦ってほしいですね。今夜の神宮は中止でしょうか?
このまま連勝を続けて、自力でマジック0にしてもらいましょう。

立浪さんの集中力は凄いですね。
ノースリーから真ん中付近のストレートなら
絶対打ってくると自分も思いました。
それで結果を出すわけですから脱帽です。
森野もこの集中力を盗んでほしいです。

やっと5までマジックが減ってきました。
今日の新宮は雨で行われるか判りませんので
しっかり勝って「4」にしてほしいですね。

岡本っていいピッチャーですよねえ...
這い上がってきたストーリーもいいし ..
そんなピーが虎にもほしい...

っていうか、もう少し、
ハラハラドキドキを試合だけでなく、
楽しみません?(笑)

良い試合が続いてるね。
もう心配ないかな?

みなさんコメントありがとうございます!
劇的なサヨナラ勝ちで、
さらにチームのムードも上がって行きそうですね。
今夜の神宮が中止になってしまったので、
着実に1つマジックを減らしてほしいです。

>daojingさん
岡本投手の力投、自分も感動しました。
とにかく1球1球に気持ちがこもっていて
いいボールを投げ込んでいましたね。
特に井生選手への外一杯のストレートには
本気でヨシと叫んでしまいましたよ。

>ドライチさん
立浪選手、完全に代打に対応できるようになりましたね。
2400本以上打っているヒットメーカーが
しっかりと新たな仕事をこなしている。
それが勝利に繋がったのがとてもうれしかったです。
決める人が決めれば、チームが盛り上がる。
昨夜の手荒い祝福もほんとにうれしく思えました。

>JarJarさん
中田投手、本当なら7回か、
前田選手の前で代えても良かったのですが、
これも試練なのかもしれません。
ただ今夜は制球もだいぶ良かったので、
今後に繋がる投球にはなったと思います。
立浪選手、まだまだ頑張ってほしい。
日本一をつかむことは必須ですが、
それを花道にはけっしてしてはいけないです。

>Rさん
大西選手、現役引退だそうですね。
あの気迫はけっして忘れません。
巨人に残るようですが、
いつかナゴヤにも帰ってきてほしいです。
阪神戦中止でしたね。
この時期の雨は困りますよ。

>ギンタロウさん
台風が2個あるようで、
週末の状況がほんと気になります。
今夜中止になった阪神戦は明日に順延のようですが、
おそらく明日もダメなのでは?
そうなっていくうちに一番最悪なのが、
11日の予備日か、12日の甲子園で
胴上げになってしまうこと。
そこまで関東を見放さないよう、
自力で5つ減らしてほしいです。

>daiさん
やはりノースリーから打ってきましたね。
そこが立浪イズムなのかもしれません。
ようやくカウントダウンでの
立浪選手のお立ち台も見られました。
これでますます盛り上がることでしょう。

今夜は『マジック・アレックス』が必須ですが、
そのアレックス選手、出場できるでしょうか?

>555さん
サーバーの調子が悪くて
コメントが反映されずにすみませんでした。

虎さん、負けないじゃないですか。
このままだと12日の甲子園まで引っ張られるかも?
そんな意味では、ハラハラドキドキなんですよ。
今夜は中止のようですね。
矢野選手に「100号おめでとう」と言っておいて下さい。

>コロンビーさん
チーム的にはだいぶ良くなってきましたね。
あとはこの調子をキープして、
週末の狭い横浜、神宮対策と
台風の行方に注意すれば、イケルでしょう!

いやぁ、良いモノを魅せていただきました。
ここぞというところで打ってくれると感動が増します。
完全にVロードモードに入りました。
もはや眼下の敵がいくら連勝しても怖くないです。

それにしても最後のフライングについてブラウン監督から
クレームが出ないか内心ヒヤヒヤでした(苦笑

コメントありがとうございます!
今夜の先発は憲伸投手でした。
これで来週の甲子園は登板しそうですね。

>ドラゴンズブルーさん
確かにあのダッシュはヒヤヒヤでしたね。
ブラウン監督なら提訴しそうな気もしましたよ。
それだけみんなうれしかったんでしょう。
中でもウォーター・ODA捕手、スゴイ速さでした。
まるでノーノーの時の立浪選手みたいでしたね(^^)

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • COMING SOON

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ