« 山本昌母校トレで始動と07竜投国産ローテ。 | トップページ | 若竜新春ばなしと07落合構想・野手編。 »

2007年1月 6日 (土)

福留始動!球団も始業!そしてあの軍団も...!?

「開幕に合わせる」と福留 セ・リーグMVPが始動

多くの会社が仕事始めとなった1月5日、
選手からも様々な情報が入ってきました。
昨季リーグMVPの福留が自主トレを開始。
また球団の年賀式も行われました。
そして今年は新たな志願者が加わった
あの軍団もついに始動したもようです!

◇福留孝介
<ナゴヤ球場で自主トレを開始。
バドミントンやキャッチボールなどで汗を流す>
「肩はいい調子じゃないかな。
肩を治す意味でも11月はボールを握らなかったけど、
12月はちょこちょことやっていたからね」

<昨季のリーグMVPも気を引き締め直し>
「余裕なんてないよ。
シーズンが始まってみないと
打てるかどうかわからないんだから」

<始動は昨年と同じ5日だが、
WBCがあった昨年より大幅にペースダウン>
「年始だからって目標とかもないよ。
いつもと同じことをやるだけ。
ただWBCがあった去年とは違うかな。
(今年は)開幕に合わせて普通にやる。
まずは走ること。バッティングも
人様に見せられるような状態になるまでは
皆さん(報道陣)の前で振りませんよ」

<契約更改交渉はまだ1度もなく、
帰国後の1月下旬になることが濃厚だが>
「別に焦りはない。都合が合わなくて
交渉できなかったのだから仕方ない。
やった分だけしっかり
(球団が)評価してくれるでしょう。
期待しています」
(中スポ、東京中日、共同通信社、
スポニチ名古屋名古屋ニッカン12


◇澤井道久
<ナゴヤ球場での自主トレに姿を見せる。
7日からは福留らとともにハワイに飛ぶ>
「予定はどうなっているかわかりませんが、
とにかく行ってきます。
何も聞いていませんが、
一緒にいさせていただきます。
見て勉強したい」
(中スポ)

◇伊藤球団代表
<福留の契約更改交渉について>
「自費キャンプまでいくことはないでしょう。
そこまでいかないと思う。
(1度目の交渉日については)まだ決まっていない。
福留が(自主トレ先のハワイから)
帰国してからだから、20日以降になるとは思うが…」
名古屋ニッカン


昨季セ・リーグMVPの福留孝介が始動。
ナゴヤ球場などで自主トレを開始しました。
11時すぎに姿を見せた福留は、
外野を歩いた後、ゆっくりと1時間かけてランニング。
ストレッチ、ダッシュ、筋力トレーニングのあと、
そして屋内練習場に移動して、
森岡を相手に約20分間のバドミントン
右肩のまわりを確かめるようにラリーを続け、
満を持して、キャッチボールを開始。
山なりのボールで肩を十分に温めた上で
強いボールを投げ込んだもよう。
バットを握ることのない軽めのメニューながら
約2時間30分、汗を流した福留は、
新春初トレにまずまずの表情。
しかし好成績を残して迎えた今季に対しては、
「余裕なんかない」を気を引き締めていたとのこと。


オフのスケジュールが多忙だったこともありましたが、
右肩を痛めていたことを正直、忘れていました。
しかし新年初のキャッチボールでは
「違和感がない」ということでホッとしましたね。
昨季は、3月のWBCに出場することで
ややハイペースになっていた福留ですが、
今季はあくまでも3月30日
開幕に間に合えばいいという調整方法。
ゆっくり慎重に進めていくそうです。

7日には、先輩の山﨑武司(東北楽天)、
そして弟子入り志願の澤井、中川
ハワイでの自主トレに出発。
現地で本格的な自主トレーニングを開始します。
ある意味、注目のシーズンとなる福留
しかし調整は、マイペースを貫いていくようです。
ケガをしない体づくりを願いたいですね。


ナゴヤからの話題。(5日)

◇白井オーナー
<球団年賀式で年頭のあいさつ。
クライマックスシリーズなど、
新方式が導入された球界の初代王者を大号令>
「プロ野球からファンが離れる傾向にあります。
ほかの楽しみが増えたというのもあるでしょうが、
昔のように人(の心)を引きつけるためには、
勝つことが条件になります。
(その上で)昔のような巨砲主義ではなく、
新しいタイプの野球、
魅力あるゲームをしなくてはならない。
落合監督はその辺りを模索しておるようでした」

<今季から導入される
クライマックス・シリーズについて>
「クライマックス(シリーズ)は、
史上初の試みだが、中日の名前を
真っ先に書き込まれるのはもちろん、
新しい形での日本シリーズでも勝たなければ!
戦力というものは毎年変わっていくもの。
その中で連覇をつかみとることは難しいが、
栄冠をつかみとりたい」

<あいさつは地域経済の活性化にまで及び>
「(今季の公式ファンクラブの会員)
10万1000人の期待にも応えなければいけない。
景気はいざなぎ越えとか言われていますが、
消費はいまひとつ。
ドラゴンズが消費者の景気を
盛り上げるのに貢献できるのではないか。
また、ドラゴンズあってのドーム、
ドームあってのドラゴンズ。
三者が手を取り合い、栄冠を目指したいと思います」
中スポスポニチ名古屋名古屋ニッカン

◇伊藤球団代表
<同じく年賀式であいさつ>
「多くのファンにナゴヤドームに
足を運んでいただいて、
熱烈な応援をしていただきたい」
名古屋ニッカン

◇西川球団社長
<年賀式で乾杯の音頭を取る。
経営者としてクライマックスシリーズに期待>
「(主催権のある)1位になるとインカムがある。
シリーズの分配金もある。
今年以上の収益をあげられます。
ドームと手を携えて盛り上げていこうと思います」
(東京中日)

◇落合監督
<4日、オーナーに電話で年始のあいさつ。
『連覇するとあいさつした』とのプレッシャーに>
「ありがとうございます。そのつもりです」
中スポ


中日球団が今年の業務を開始。
名古屋市中区の中日パレスでの年賀式
白井オーナーが、今季から両リーグで
実施される日本シリーズ出場権を争う
「クライマックスシリーズ」での
初代王者獲りを大号令。
今季は良質の野球で勝利を納め、
ファンを楽しませる野球を落合監督に求めました。

「魅せて勝つ野球」
けっこうハードルが高そうですが...。
ナゴヤドームとは年に数度しか手が取り合えない
自分としては、連覇を成し遂げてくれれば
それで十分喜べますのでよろしくお願いします。


◇立浪和義
<井上、岩瀬、井端、朝倉らとともに
名古屋第一赤十字病院を慰問。
講堂でのトークショーで『野球とは』との質問に>
「野球を通じていろんな事を学んだ。感謝している」

<進退をかけたシーズンへ口元を引き締め
サードのレギュラーを諦めない姿勢を示す>
「今までの年と意識や気持ちは違いますよ。
自分は与えられたポジションでやるだけですけど、
もちろん(先発の)チャンスはうかがいます。
何が起こるか分からないから。
ただ出られないなら代打の準備もしていく」

<年末年始も自宅のジムなどを利用し、
極秘トレで汗を流し続けている>
「とにかくケガだけはしないように備えないと。
特別なことはせず、
キャンプでケガをしないようにする。
ずっと最初(先発)から出てきたからね。
ユニホームを着ている限り、
期待や応援してくれる人がいる限り、一生懸命頑張ります」
(中スポ、中日新聞スポニチ名古屋名古屋ニッカン

◇井上一樹
<立浪らとともに名古屋第一日赤を慰問。
選手会長はトークショーで呼びかけを>
「サインや写真撮影にもっと応じる、
地域密着の球団にしていきたい。
皆さんもぜひ応援してください」

<実はこの日も遅刻を。
高速道路で火災事故が発生するなどで
1時間近く遅れてしまい苦笑い>
「エラい目にあった」

<サムスンのキャンプ参加は日程が合わず
キャンセルするも7日に単身グアムへ出発>
「自主トレなんてやることは一緒だけどね。
今度はパスポート忘れないよ」
スポニチ名古屋名古屋ニッカン

◇朝倉健太
<立浪らとともに名古屋第一日赤を慰問>
「僕は2年連続で活躍したことがないので、
今年は勝負の年だと思っています」
(中スポ)

立浪、井上らが恒例の
名古屋第一日赤への慰問を。
今年は、岩瀬、井端、朝倉らとともに訪れ、
約150人を前にトークショーを行った後、
小児病棟では病室を回りながら、
サインボールやサイン入りバットなどを
一人一人にプレゼントするなど
入院している子どもたちを励ましたもよう。

ところで足長おじさんの代表ともいえる
井上選手会長ですが、この日も遅刻したことが判明。
高速で道路火災事故が発生した影響もあり、
集合時間から1時間近く遅れの現地入りと
なってしまい、苦笑いだったそうです。

7日に自主トレのため、
単身グアムに出発する予定という井上
三度目はしっかりパスポートを携帯し、
フライト時間に間に合うよう行動してください!


◇井端弘和
<小田、鎌田と中部国際空港から
自主トレ先のオーストラリアに向けて出発>
「(自主トレを)久々に一生懸命やりますよ。
基本は自分の体をつくることですよ。
でも聞いてくれば別。
教えられることは教えますよ」

<自身も若手時代、打撃、守備ともに
さまざまな現役選手に教えを請った>
「ボクはしつこかったですよ。
野球のことに関しては分かるまで何度も聞いた。
いまでも立浪さんに聞くことがありますよ。
2月以降も指導? 聞いてくればね」
中スポ名古屋ニッカン

◇小田幸平
<井端らとともにオーストラリアへ。
中部国際空港であの桑田真澄に出会い>
「ビックリしました。
去年まで一緒に自主トレしていたんですよ。
『頑張れ』って言われて気合が入りました。
井端さんから何かを盗みます。
といってもバットを盗むとかじゃないですよ」
(中スポ)

↑の病院慰問にも参加していた井端
終了後、セントレアに移動し、
小田、鎌田と自主トレ先の
オーストラリアへ向かい、出発しました。
10日間程度のゴールドコーストでの自主トレ。
現地では、小田、鎌田に打撃指導も
行うことを明らかにしました。

ポスト谷繁のため、打力を向上させたい小田は、
弟子入りに備え、同じモデルのバットを3本持参。
若手時代に彦野、久慈ら現役選手に
指導を仰いだという井端
今回は逆の立場となり、指導を快諾しました。
しかし教えるだけでなく、井端自身もしっかり練習。
早朝にランニング、夕方にティー打撃、
キャッチボールなどを行うなど
「久々に一生懸命」の自主トレになりそうです。

ところでスポニチ名古屋には、
立浪『今月前半は名古屋市内で、
後半は
井端とともにグアム自主トレの意向』
出ていたのですが、井端グアムにも行くのでしょうか。
「井上」の間違いならいいのですが、
ラスベガスではキャッチボールもしていましたし、果たして?
渡航を前に、髪を短く刈ったいばちん
自主トレも忙しくなりそうです。


PS 今日の渡邉選手。

◇渡邉博幸
<恒例の神奈川合同軍団自主トレを開始。
今季の決意は『1人三役』への挑戦>
「去年までは甘んじていたわけではないけど、
ウッズの代わりという意識が高かった。
今年は代打も頑張りたい。
この年で言うのあれだけど、チャレンジだね」

<『ポスト川相』として、
チームの精神的支柱にもなると語る>
「自分が引っ張れるような存在になりたい。
川相さん(現・コーチ)は偉大過ぎて
遠慮しちゃうところがあったかもしれないけど、
僕は若手でも話し掛けやすいと思う」
中スポ

◇森野将彦
<神奈川軍団自主トレに
小山、石井、普久原らと参加。
走り込みやノックに汗を流す>
「今年も始まったかと言う感じ。
シーズンまであっという間ですよ」
(中スポ)

◇英智
<神奈川軍団の自主トレに志願の特別参加。
ハードな練習に悲鳴をあげる>
「1人でやるのが大切だと思っていたけど、
今年は何か変えていこうかと思って参加しました。
でも初日からこんなにきついとは...」

<ウエートトレーニング中、
『ゴムチューブないかな』と探す森野に
初ギャグをかます>
「チューブならありますよ!
(有線放送が流れるステレオに向かい)
えーと、チューブは懐メロだな!?」
(中スポ、<ドラ番記者>


全国の渡邉選手ファンのみなさん。
おまたせいたしました!
新春恒例の『ドラゴンズ神奈川軍団』
合同自主トレが、神奈川県の
三菱ふそう川崎平間グラウンドで開始となりました。
今年も、渡邉選手をリーダーに、
森野、石井、小山、普久原
神奈川県出身の5選手に加え、
渡邉選手『尊敬』する英智が、
「今までの自主トレの答え合わせ」のために
志願して参加。計6名で行われました。

初日となったこの日でしたが、
お日柄もよろしく晴天のグラウンドで
走り込み、アメフトボールを使ってのキャッチボール、
ノック、ウエートトレーニングなど多種多彩。
初参加の英智は、早くも悲鳴を上げたようです。

少ないギャラリーのなか、今年も見学された
「だらごんず」さんのレポートは、こちら

そんななか神奈川軍団リーダーの
渡邉選手の記事が今朝の中スポ、東京中日に!

何でもやりますよ!6月に37歳となる渡邉選手
今季は守備固め、
代打、相談役の
1人三役
務めていくそうです。
数日前の井端
リーダー宣言でも触れましたが、
川相、奈良原が引退し
コーチになったことで
渡邉選手は野手では上から数えた方が
早い年齢になりました。
また高橋光信も移籍したことで右の代打が手薄に。
元祖・スーパーサブとしては、
守備固めとともに、出番は増えそう。
そのためにこのオフはウエートトレで
腕力を重点的に強化するなど
しっかり目的を持って、取り組んでいるそうです。

さらに渡邉選手
二代目「メンタルアドバイザー」にも立候補。
面倒見がよく、親しみあるキャラクターですから、
けっこう合っているかもしれませんね。

12年目を迎えるスーパーサブ。
今季は、その活動範囲が広がっていきそう。
「チャレンジ」をモットーに
まずは神奈川軍団をしっかり仕切ってもらいましょう!




コメント

うわ~、囲みでご紹介いただいて、ありがとうございます!
ナベさんはますます貫禄がついてきた気がしますね~。
1人3役はベテランの心意気。
精神的な主柱としても手腕を発揮していってもらえると、一段と団結力が高まりますね。
期待してます!

それにしても、(ドラファンカップルも驚いていたけど)ギャラリー少なすぎです!
去年は主婦とか色紙持参でけっこう来てたんですよ。
ま、おかげで選手の皆さんもグラウンド外ではのんびりモードでした。
石井投手には大きな声で挨拶するようにと息子に言っておいたところ、「こんにちは!!!!」って声かけたら振り向いてくれました!
森野選手が一番シャイですね。
今年は暖かくて良かったです。

一樹選手の遅刻には、失礼ながら
笑ってしまいました。
このシーズンオフは、意外な部分(!?)で
話題を振りまいていますが、
自主トレ以降は“本業”でスポットライトを
浴びてほしいですね。

渡邉選手、バッティングでも期待大です。
終盤に代打で決勝打→そのまま守備固めで好守
→お立ち台という流れが理想的ですね!

コメントありがとうございます!
7日は、新年会で日帰り温泉に行ったため、
返事が遅くなってしまいごめんなさい。

>doracoさん
軍団レポート、ありがとうございました。
選手たちの近影もあって、とてもよかったです!
平日でしたし、ギャラリーが少ないのは仕方ないかも。
これがナゴヤ地区ならもっといたかもしれません(T^T)

石井投手も森野選手もそして我らが渡邉選手も
神奈川軍団みんなの活躍に期待したいと思います。

>ドライチさん
井上選手、なんとか今回は
無事にグアムへ旅立てたそうです。
レギュラー争いには遅刻しないよう
しっかり調整してきてほしいです。
渡邉選手のお立ち台、昨季は2試合でしたが、
今季はもっと増えてほしいです。
言われるような流れでの活躍で
場所としては、神宮かハマスタを希望します!

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ