« 岡本合流、福留帰国、合同自主トレ第2クール開始。 | トップページ | 堂上直倫目がスゴいと井端北京五輪に意欲。 »

2007年1月21日 (日)

福留あぜん、中日最高年俸タイを保留。

福留「あきれた」 3億8000万円保留
球団提示額に怒り…自費キャンプも
 

中日・福留孝介外野手が20日、
名古屋市内の球団事務所で1回目の契約交渉を行い、
1億2500万円増の3億8000万円を保留した。
会見では「言葉が出ません。あぜんとしたかな」と発言。
昨年、一昨年とキャンプ直前まで交渉がずれ込んだ
昨年のMVP男の初交渉は、今年もまた決裂
自費キャンプの可能性さえ出てきた。
(中スポ)


◇福留孝介
<チーム日本人最高の3億8000万円の提示も
希望額と言われる4億円には遠く及ばず。
紅潮した顔で努めて淡々とした口調で会見>
「サイン? していません。
額を見た瞬間? 言葉が出ませんでした。
あぜんとしたかな。
球団からの提示は自分(の希望)と
大きくかけ離れていた。久々にあきれました」

<その口調の中には譲れないプライドが>
「(希望額との)開き? 大きいと思います。
球団の提示を楽しみにしてたけど、
今シーズンに向けてという意味では、ガッカリしました。
球団としては精いっぱいと言われたが、
いくら言葉で最大限の評価をしたといわれてもね。

自分でも、目いっぱいの成績出したつもり。
それにしては球団の提示額は
大きくかけ離れていたので、何も言わず出てきた。
これ以上の成績を求められても僕自身、苦しい。
一番いいと思った年。
その評価としてはちょっと低いと思う。
提示額? 言葉が出ません…」

<シーズン途中に右ひざ負傷による離脱があり、
『146試合出たわけじゃない』という減点材料に>
「じゃあ146試合出るために
力をセーブしてやるのですか」

<球団側のバランス論には耳を貸さない構え。
納得するためには自費キャンプも覚悟>
「冷静になって考えます。
ただ、慌てて(サインを)したくない。
最後は納得してシーズンを迎えたい。
キャンプに突入しても? はい。
僕の希望とかけ離れていると思う。
あとは球団がどう感じてくれるか」
(中スポ、サンスポスポーツ報知共同通信社
MSN毎日新聞スポニチ名古屋名古屋ニッカンデイリー


◇井手編成担当
<チーム内の年俸バランスとして、
球団トップの岩瀬の年俸を上回る金額を
簡単には提示できない状況を説明>
「彼(福留)には
今年はすごくやったという自負がある。
野手として最高レベルであることは認めているが、
こちらにはこちらの事情がある。
チームのバランスは考えます。
(4億円の大台は)いかない。
ここ5年くらいのことを考えて。
だから(福留が)突出するわけにはいかない。
誰がトップでいるべき、という話があるし。
とにかく、こちらの立場を説明した」

<シーズン中盤の右ひざ負傷による離脱に触れ>
「146試合出たのとは(提示額は)違う。
プラスの満額とは違う、と伝えた。
(117得点、104打点について)
昔の130試合制で“200超”なら超一流」

<次回交渉について白井オーナーの
裁可を仰ぎ、歩み寄りの可能性も示す>
「億単位の話だから、簡単には決められない。
また交渉によって変わるかもしれない」
(中スポ、サンスポスポーツ報知共同通信社
MSN毎日新聞スポニチ名古屋名古屋ニッカンデイリー

◇伊藤球団代表
<福留の2度目の交渉日について、
キャンプインまでの決着を望む>
「25日か26日あたりに、
何とかもう一度できれば…」
サンスポ

△ドラゴンズ・契約更改▼
1月20日(金額は推定・単位は万円)
福留 38000(△ 12500・49%)を保留


年をまたいでようやく
実現した契約更改交渉
しかし交渉時間は、わずか約30分
球団からの説明を聞くと、
交渉することなく席を立ち、
会見に臨んだ福留の顔は、
明らかに怒りの表情だったようです。

打率.351で4年ぶりの首位打者を獲得。
リーグMVP、ベストナイン、ゴールデングラブ賞、
最高出塁率、最優秀MEP賞、昇竜賞と
7冠のタイトルラッシュ。
さらには球団としては、56年ぶりとなる
『3割、30本塁打、100打点、100得点』の偉業も達成。
シーズンを通じてコンスタントに打ち続け、
自己ベストの成績でチームを
リーグ優勝に導いたという自負を持って臨んだ交渉。

成績を野手トップと評価した球団側
1億2500万円のアップ額。
さらにチーム日本人最高年俸の
岩瀬と同額の3億8000万円を提示。

それでも最低希望額が4億円とも言われる福留は、
「思っていた額とあまりにも違った。
(希望額との差が)大きくかけ離れていた」

その評価にあ然とし、ガッカリ。
よって、今回の保留となったようです。


がっかりだよ!すんなりいかないとは
思いましたが、
やはり初回は
保留となったようですね。
それでも球団側としては、
相当の金額
出したと思いますよ。
ファンの目で見ると、
岩瀬の金額には届かないだろうと
思っていましたが、一緒に並べましたからね。
アップ額も1億2500万円と破格ですし、
それだけでも十分なのではと感じましたが、
福留もっと上を見ていたようです。

球団側の言い分は、やはり『バランス』
「3億8000万の岩瀬
福留が抜くという図式は成り立たない」と主張。
そして今回新たなキーワードで
『ここ5年くらいのこと』というのが出ました。

確かに5年間フルに投げ通して
結果を出し続ける岩瀬に対して、
首位打者は2度獲得したものの、
ケガによる離脱もあった福留
共にその離脱がチームに大きな影響を与えるだけに
そのは大きかったと言えるのでしょう。

しかしいきなり『5年間』を持ち出されても、
人一倍プライドが高いと思える福留には、
それはおそらく通用しないでしょうし、
過去2年間の契約交渉では、
自身では我慢してきたという経緯もありますから、
この1年間で評価しろと言ってくるでしょう。
おそらく、お互いに納得できる金額は
もう少しは高くなるのではと思われます。

今後は双方のスケジュールの合間を縫って
25、26日あたりが濃厚のようですが、
最低希望額といえる4億円とも
あと2000万円の差があるだけに、
最悪の場合には、昨年の憲伸同様、
自費キャンプ突入の可能性もあるかも。

現時点で着地点が見えないうえに、
いくらかのしこりを残してしまえば、
今季取得するFA権にも影響を与えそう。
ただファンとしてはとことんやった末に
双方納得な解決のみを願うだけです。


ナゴヤからの話題。(20日)

◇岩瀬仁紀
<ナゴヤ球場での合同自主トレに初合流。
18日まで鳥取の『ワールドウイング』で
蓄積疲労除去のトレーニングをしてきた>
「全部クリアにはできないけど、
だいぶ疲れは取れました。
ここまでは例年と変わらず、順調に来ています。

向こうでも投げていたし、
いつでも投げられる状態。
春のキャンプは疲れとの戦いなので、
うまく疲れを取りながらやっていく」

<練習後には正面入り口で
即席のサイン会を開催も約10分で打ち切り>
「さすがに全員にはできないねえ」
(東京中日、スポニチ名古屋名古屋ニッカン

◇福留孝介
<ナゴヤ球場での合同自主トレに初合流。
井上、岩瀬らと体を動かして笑顔>
「皆が元気だったね。
やっぱり元気なのが一番ですよ」

<しばらくはバット封印で調整する意向>
「バットは2月半ばになったら振ろうかな。
人に見せられるような形になったら
皆さんにお見せしますよ」
名古屋ニッカン

◇中川裕貴
<ナゴヤ球場での合同自主トレに合流。
福留と同じ便で帰国も出国ゲート内で解散。
日常生活でもその違いを痛感>
「荷物が出る時間が違った。
ビジネスクラスの福留さんと
エコノミークラスの僕らの差です」

<全体練習後、屋内練習場で
ティー打撃を行い、久々にバットを握る>
「いきなり振ってどうかなと思ったけど、
そこそこ振れたしよかったです。
下半身を鍛えてからバットを振ると
いうことが理解できました」
(中スポ、名古屋ニッカン

◇澤井道久
<合流後、屋内練習場で打撃練習。
実はハワイでもバットを握っていた>
「いい選手ほど走る。
シーズン中でも疲れたときは走るんだと
福留さんに言われ、なるほどと思いました。
自分でもやろうと思います。
春季キャンプは初日から100%の力でアピールします」
(中スポ、名古屋ニッカン


この日も主力選手が
ナゴヤ球場の自主トレに続々合流
まずは、鳥取での自主トレを終えた岩瀬
蓄積した疲労も取れてきたようで、順調な仕上がり。
キャッチボール、ランニングなどフルメニューを消化。
ただ守備練習では思わぬエラー
井上からは「プロとは思えんぞ」と突っ込まれたもよう。

またハワイ帰りの福留、中川、澤井も合流。
この時はまだ、福留ゴキゲンのようでした。


◇中田賢一
<決め球フォークの復活を誓い、
春季キャンプでの最大テーマに挙げる>
「フォークですよね…。
プロに入ってから、しっかり落ちなくなった。
大学時代のフォークだったら、
絶対打たれる気がしないんですけど、
今は投げられない。ほんと悔しいんですよ。
昔は困ったらフォーク。
いい時の『押し抜く』って感覚が
たまにしかなくて、
低い場所から抜いてるだけなんです」

<昨季は17試合に先発し7勝4敗に終わり>
「粘りきれないんです。
7回、8回に崩れて
勝ち負けつかなかったのが3度。
それがなければ10勝できましたからね」

<キャンプのブルペンでは、
毎日全球種は投げず、日ごとに重点的に
取り組む球種を決めてやっていくことに>
「僕は2ケタ勝利を挙げた
ピッチャーじゃないので、
オープン戦からしっかり
結果を残さないといけない立場です」
中スポ

◇佐藤充
<約3カ月ぶりのブルペン入り。
セットポジションから約30球の立ち投げ。
カーブを多めに投げ、フォームを入念チェック>
「めちゃくちゃ違和感がありました」
(東京中日)

◇石川賢
<4年目右腕は減量に成功。
大きな体ながら動きの良さが目を引く>
「3キロ減りました。
100キロを切って、97キロを維持しています。
去年の秋の練習で100キロを切ってからは
増えていないんです」

<チームメートには『どすこい』と呼ばれる。
体重を維持するために肉体改造を試みる>
「増やさないことと、筋肉を落とさないように
ウエートトレをして鍛えています。
体重を落としながら、
体を締めることが大事ですね」

<トレーニングコーチとも相談してやっているが、
最近肩の周りが大きくなったと言われるという>
「自分ではそんなに意識してないんですが。
キレというより、動きが良くなったです。
このまま維持していこうと思っています」
(中スポ)

◇菊地正法(大・社ドラフト4巡目)
<屋内練習場で福田相手にプロでの初投げを行う。
立ち投げながらキレの良い速球を投げこむ>
「いい感じで投げられました」
(中スポ)

◇上田佳範
<外野レギュラー争いに
ごく短い言葉ながら参入意欲を示す>
「頑張ります」

<昨季は夏場以降に出場機会が減り、
落合構想には、その名前は出ていないが>
「それは仕方がないです」

<オフは山梨の山奥のゴルフ場を走り準備着々>
「体はしっかりできたと思う」
中スポ


3年目を迎えた中田の情報が。
沖縄キャンプでは、
決め球のフォークの精度を上げるために
投げ込みを行う考えを示しました。
昨季は、MAX151キロのストレート、フォーク、
曲がりの大きなスライダーを持ち球に
小さな曲がりのスライダー、カーブ、
チェンジアップを混ぜていたという中田

しかし昨季はそのフォークのキレが悪く
大事な場面では決まらなかったもよう。
中田自身の理想としては、
簡単にストライクが取れた
大学時代のフォークに近づけること。
初の2ケタ勝利と先発ローテを確保するために、
背番号20は、往年のフォークを追い、
新たに磨きをかけていくようです。


その他では、昨秋は肩の休養と
下半身強化のため走り込みを続けていた
佐藤充が、ブルペン入り。
約3カ月ぶりに試投を行いました。

また今朝の東京中日には、
さらに体が大きくなったのでは!?
思えた石川の写真が!
太ったのかと思いきや、実は減量に成功。
ウエートトレの成果で脂肪を燃焼、
筋肉を付けて体重2ケタをキープしたそうです。

秋季練習で落合監督にダメだしされた
2段ぎみのフォームも修正したとのこと。
動きが良くなった『どすこい』
待ったなしの4年目に勝負をかけるもよう。期待しましょう。




コメント

Toshikichiさん、こんにちはです。
孝介はやっぱり保留でしたね。
昨日テレ東に出ていた落合監督は最後には調停が
あるからって発言していました。
孝介が納得するまで交渉は続くのでしょうが、
日本一になったら4億超えというのが理想ですね。
でも、しこりだけは残してもらいたくない心境です。

孝介選手、一発更改とはいきませんでしたね。
孝介選手だけに絞って考えると、希望額と思われる
4億円に到達してもいいのでは……
とも思ってしまうのですが、
やはり岩瀬投手との兼ね合いや、
チーム内全体でのバランスなど、
容易にはクリアできない部分があるようですね。

キャンプイン前の次回交渉でも、簡単に決着とは
いかないような気がします。できるだけ早く
双方納得した着地点が見つかればいいのですが……。

こんばんは。

今日のほんのちょっとだけナゴヤ球場で
自主トレ観てきました。
中田投手、笑顔で元気にキビキビ動い
てました!
大学時代のフォークの押し抜く感覚を取り
戻して今年はぜひ二桁勝って欲しいですね!

福留は2月半ばまでバット振らず、形になるまでスウィングは
人には見せないって言ってるようですが、外から見ることができない
北谷のノック小屋か読谷の室内打撃レーン(↓)にでも
篭るつもりなんでしょうかね・・・
http://www.flickr.com/photos/dragonsfanatic/359320732/
http://www.flickr.com/photos/dragonsfanatic/340735089/

毎年彼の打撃練習を間近でじっくり見るのを楽しみにしてるので、
その楽しみはキャンプ後半に取っておくことになりそうです・・・

色々言いたい事はあります。
特に井出編成担当に対して。
ただ双方歩み寄る必要があるのは
確かな訳でお互い納得がいくまで
トコトン話して解決して欲しいと思っています。

みなさんコメントありがとうございます!

>ギンタロウさん
確かに活躍して日本一になっていたら、
4億に乗っていたかもしれないですね。
『調停』久々に聞く言葉ですが、
落合監督が言われるようにとことんやって、
納得いく結果に終わってほしいです。

>ドライチさん
やはり球団としてはバランスとなるでしょう。
ただ福留選手の貢献度は高かったですからね。
それにしても今回も長引きそう。
たかが2000万、されど2000万では
片づかない問題なだけに、
福留選手のイメージも含め、やや心配です。

>daojing(オヤジ)さん
自主トレ見学、おつかれさまでした。
やや短いふれ合いになってしまったようですが、
写真もあって、とてもありがたかったです。
中田投手、今季はローテ死守と2ケタ期待します。

>北谷キャンプ現地レポさん
今季の福留選手、なかなかバットを握らなそう。
おそらくドメのカーテンが引かれるかも?
スイング公開はキャンプ後半でしょう。
その際は素敵なフォトを堪能させてもらいます。

>FU-TAさん
次回以降の歩み寄りを勝手に想像すると
タイトル料込みで4億くらいになるのでは。
福留選手の「がっかり」にも
正直驚いたのですが、
井手さんも相変わらずコメント下手だなと。

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ