« 渡邉選手新春始動と堂上兄弟イチロー宅へ。 | トップページ | 山本昌母校トレで始動と07竜投国産ローテ。 »

2007年1月 4日 (木)

新春初井端、竜のチームリーダー就任宣言!

井端、“現場監督”になる
ミーティングでゲキ!グラウンドで喝!!
 

新春のトークショーに出演した井端
今季は、チームリーダーになると宣言!
竜の現場監督となり、マウンドで、
グラウンドで、そしてミーティングで発言をし、
今年はチームを引っ張っていくと誓いました。


◇井端弘和
<愛知県日進市のナゴヤハウジングセンターで
行われたトークショーに参加。
その中でライバルは?との質問に>
「ライバルは堂上(直倫)君ですね。今年入団した。
理由? いい顔をしているからね。
(本気?)まだ大丈夫でしょうけどね」

<落合監督が投手に声を掛ける
内容について、昨年までの一例を披露し>
「年下には優しいけど、
川上や岩瀬さん、(山本)昌さんには
『相手よりいくら給料もらっているんだ!』って」

<今季のプレーの目標は>
「個人的には3割、失策ゼロ。
(守備でも)相手のお客さんから
拍手をもらえるようにしたい」

<出演後、今年は真のチームリーダーとして
チームを引っ張ることを誓う>
「もうこの年ですからね。
今年はチームを引っ張ろうと思います。
球場に入ったら、全面的にそうしたい。

選手会長といってもチームの外、
立浪さんには前から引っ張るように
言われていたんですが、
いままでは立浪さんに頼っていた面があった。
立浪さんが(グラウンドに)いると
遠慮というか安心感があった。
だから今年はグラウンド内で引っ張りたい。
選手をしかることも、みんなの前で
しゃべることもあると思う。

まあ、その分怠慢プレーとか
絶対にできないですけどね。
その方がボクにとってもいいと思う。
立浪さんがやられていたようにできればいい。
(日本人の)内野では一番、年上ですからね。
今年は(グラウンドでも)発言しないとダメだし、
勢いをつけるようなプレーもしないとね。
周りに言うと自分も手を抜けなくなる。
谷繁さんや井上さんには
自分たちのことをやっていただきます」

<今後は5日に小田、鎌田とともに
自主トレ先のオーストラリアへ出発>
「沖縄に行く前に体も肩も完ぺきにしていきたい。
ボクが怠慢プレーをしていたら示しがつかない」

<今年の沖縄キャンプで打ち込む計画を明かす>
「これまではバッティングが
狂うのが怖かったから、
打ち込みをしてなかったんですけど、
修正の仕方も分かってきた。
今年は(バットを)振るだけ振りたいと思っています」

<もちろん恒例の落合ノックを受けることを表明>
「体力が落ちているかいないか
確認するのにいいんですよ」
(中スポ、スポーツ報知
スポニチ名古屋名古屋ニッカン12


奥の藤波さんがシブい!この日は、愛知県日進市の
ナゴヤハウジングセンター
日進梅森会場で行われた
『新春!プロ野球対談~
中日ドラゴンズ
井端選手がやってくる!』
に参加。
藤波行雄さんらとトークショーに出演。
約500人くらいのファンが集まった会場で
失策0など今季の目標を語り、
またファンの質問にも答えていたもよう。

その井端が年頭の決意として、
今年は、リーダーとして
チームを引っ張ることを誓いました。
リーダーといっても、選手会長としてではなく、
マウンドやグラウンドで仲間をしかり、
若手の怠慢プレーを見逃さずしっ責。
ミーティングではゲキを飛ばすという
現場監督的な役目。
グラウンドでのチームリーダー
目指していきたいと語りました。

04、05年と選手会長を務めた実績もある井端
しかしグラウンド外の職務で精いっぱい。
精神的支柱となるチームリーダーといえば、
やはりミスタードラゴンズ・立浪
その役目を担っていました。

しかしその立浪も8月で38歳。
サードのレギュラーとしてよりも、
代打の切り札としての出番が増えると思われる今季。
そうなると、ピンチの時にマウンドで
監督・コーチ以外に投手にゲキを入れたりする
役目が出来るのは、やはり内野の要である井端
年齢的にも今年32歳。
ラスベガスの優勝旅行などでも
共に行動することが多かった立浪からは
常々言われていたことなのでしょう。
ようやく今季「立浪流リーダー」
継承することを決意し、行動に出るようです。

内野手の年齢でいうと
荒木が今季30歳、森野が29歳など
レギュラーでは、やはり井端が一番年上。
実績からいっても、適任ですし、
そのような雰囲気なのであろうと思います。
怠慢プレーをしている選手を見かければ
時には激怒して、チームを締めるなど
ある意味、嫌われ役の部分もあったりしますが、
そういう選手がいないとチームは成り立たない。
そして当然、自らはそんなプレーはできない。
そういう年齢に差し掛かった井端にとっても、
メリットがあることだと思います。

年末はかなりイベントをこなした井端でしたが、
5日からようやく選手として始動。
小田、鎌田とともに、オーストラリア
ゴールドコーストで自主トレを開始。
肩をはじめ、万全な体を作り、
春季キャンプでは、徹底的な打ち込みも行うもよう。

将来のドラゴンズのために立ち上がった井端
真のチームリーダーになるべく、
言葉で、プレーでチームを引っ張っていってほしいです。


ナゴヤからの話題。(3日)

◇藤井淳志
<愛知県小坂井町の豊橋中日ハウジングセンターでの
トークショーに出演。
イベントには約150人のファンが集まり>
「1人も来ないのでは…(と思っていた)」

<トークショーでは
定位置奪取に並々ならぬ決意を語る>
「今年もレギュラーを目指します。
まだ堂々と言える立場ではないけど、
去年の成績に満足してたら
プロでやっていけませんから。
キャンプには100%の状態で向かいます」
中スポ


2年目のシーズンを迎える藤井が、
愛知県宝飯郡小坂井町の
豊橋中日ハウジングセンターでのトークショーに出演。
藤井の地元・豊橋市の隣町ということで、
約150人のファンを前に今季の飛躍を誓ったもよう。

開幕スタメンは果たしたものの、
プロの壁にも当たった昨季。
しかし今季は、2つ空いている
外野のレギュラー争いに食い込まなくてはいけない。
特に秋季練習では、強化選手に挙げられながらも
左ひざを痛めるなどでリタイア。
ある意味、マイナス評価からのスタートとなります。

幸い左ひざも良くなってきているのは朗報。
右打ち専任となるバットも1センチ長くし、
グラブも形状を変えるなど、
準備はぬかりないとのことだそうです。

イ・ビョンギュをはじめ、
井上、上田、英智ら先輩のライバルはたくさんいます。
厳しい戦いになるかもしれませんが、
それを勝ち抜く気持ちと技術の向上を
2年目は目指してほしいと思います。




コメント

どちらかと言うと、寡黙な職人気質のイメージもある
井端選手からの頼もしいコメント。嬉しくなりました。
遠慮なく、グイグイとチームを引っ張っていってほしいですね!

藤井選手にも、今年は大いに期待したいです。
なにしろ、昨年は開幕スタメンを勝ち取ったほどの逸材。
おっちょこちょいな部分も少々ありますが(笑)、
潜在能力の高さは誰もが認めるところ。
レギュラー奪取に向けて、努力精進してほしいですね!

コメントありがとうございます!

>ドライチさん
井端選手、内野の要ですからね。
今までは立浪選手や谷繁選手らに
遠慮していたようですが、
今季は積極的に引っ張ってほしいです。
藤井選手に関しては、ヒザをしっかり治すこと。
そこからがスタートですから。
レギュラー獲りにしっかり食い込んでくれればいいですね。

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • : DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)

    DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)
    NO DRA, NO LIFE 中日ドラゴンズ承認ファンブックが今年も発売決定!毎日の試合結果を記載できるドラゴンズぴあダイアリー2018-2019が別冊付録。

  • : 中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018

    中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018
    新スローガン『原点回帰 Dragons愛!』を掲げ、日々激闘を続ける竜選手たちを後押しする、中日ドラゴンズの応援歌メドレーアルバムの2018年版が誕生!

  • : 中日ドラゴンズファンブック2018

    中日ドラゴンズファンブック2018
    「原点回帰 ドラゴンズ愛」をチームスローガンに掲げて2018年シーズンを戦うドラゴンズの全容を紹介!森監督インタビュー、京田・又吉トークなどの読み物、選手のプロフィルや過去シーズンの成績をはじめデータも充実。

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ