« 春季キャンプ直前、沖縄からの話題。 | トップページ | ドラゴンズキャンプイン、落合監督アグレッシブ! »

2007年2月 1日 (木)

竜春到来、サバイバルキャンプがはじまる。

「3月30日までサバイバル」
落合監督、15分“所信表明”

2007年のプロ野球の春季キャンプ
きょう2月1日から一斉に始まります。
リーグ連覇日本一を目指すドラゴンズは、
沖縄の北谷、読谷両球場でキャンプイン。
その前夜、宿舎で行われた全体ミーティングで
落合監督が、約1カ月間に渡る
サバイバルキャンプを宣言しました。


◇落合監督
<選手、コーチ、スタッフを集め、全体ミーティング。
キャンプイン前日恒例の訓示は15分に及んだ>
「(開幕の)3月30日までに
サバイバルゲームが始まるってことだな。
オレが入るまでのチームにいたのは24人。
残り50人近くは(就任後に)新しく入ったメンバーだ。
みんなにチャンスがある。
力あるやつは残っていくし、
ないやつはふるい落とされるんだ」

<1、2軍の垣根を撤廃。
戦力の見極めが春の沖縄のメーンテーマ>
「第1クールは主力と故障者は読谷。
やるのは野球なんだ。
とりたてて新しいことはしない。

今の力があれば1軍の試合に出られるメンバー、
今年中には出てきそうなメンバー、
2、3年後を考えてのメンバー…。
色分けをしなきゃいけない。見極めしないと。
当落線上の選手の力を判断しなきゃいけないんだ。

先発は(外野)一つしか空いてなくても、
代打や守備要員など枠は空いている。
(主力が)順調に3月30日
(セ・リーグ開幕で、中日は東京ヤクルト戦)を
迎えてくれりゃいいけど、
迎えられない場合に備えて
戦力を底上げしないといけない」

<伝えたキャンプでの禁止事項は、3つ。
車の運転、船での釣り、未成年の飲酒。
そのうえで選手にはくさびを打ち込む>
「生活が懸かっている。
ケガをしたら仲間が喜ぶんだぞ。ケガはしないでくれ」

<期間中、北谷と読谷の両球場を
精力的に往復してチェックする方針を明言>
「当落線上の選手を見極めないといけないから、
あっちに行くか、こっちに行くか、わからない。
方向性を決めてやるのがこっちの仕事。
(報道陣はオレと)すれ違いにならないようにな」
(中スポ、サンスポスポーツ報知共同通信社
スポニチ名古屋名古屋ニッカンデイリー


◇井端弘和
<主力中心の読谷組に入る。
マイペース調整を手に入れたが>
「やることは変わらないですからね。
しっかりやるだけですよ」
(中スポ)

◇荒木雅博
<自主調整となる読谷スタートに>
「しっかり調整できる自信はありますよ」
(中スポ)

◇イ・ビョンギュ
<他の主力野手とともに読谷スタートが決まり>
「韓国にいる時から沖縄で
キャンプをしているし、
そんなに問題はないと思う」
名古屋ニッカン

◇高代野手総合チーフコーチ
<読谷組の練習について>
「(練習)メニューは
ある程度決めてあるけど、
マイペースでやってくれと言うつもりだよ」
(中スポ)


4年目となる落合ドラゴンズ
今春のキャンプの大きな特徴は、
1、2軍の垣根の撤廃
投手陣は従来とあまり変わりませんが、
福留、荒木、井端、新外国人の
イ・ビョンギュも含め、主力野手のほとんどが
従来2軍が使用する読谷球場からのスタート。
一方、若手やそれ以外の野手は
1軍首脳陣が陣取るメーンの
北谷球場でのスタートとなりました。

この振り分けを落合監督が説明。
それによると、現状69人の選手を、

<1>今の力があれば、1軍の試合に出られる選手(主力)
<2>今年中には(1軍の試合に)出てきそうな選手
<3>2、3年後など将来に向けての選手

と、3つに分け、1と3読谷で調整。
2に当たる選手を厳密に見極めるために、
北谷で徹底的に競争させ、段々とふるいにかけていく。
その激しい競争による戦力の底上げ
今春のキャンプのテーマであると語りました。

さらに第2クールが終わる13日までは、
毎日、北谷組と読谷組のメンバーを
頻繁に入れ替え
練習後のコーチ会議の結果によって、
翌日の処遇が発表されるというシステムを採用。
まさに若手にとっては、サバイバル!
3月30日の開幕1軍枠に入るため、
約1カ月、厳しい競争が繰り広げられそうです。


以下↓に振り分けられたメンバーを
発表しますが、
主力は完全に分けられましたね。
北谷スタートかと言われた立浪も読谷へ。
新井は故障(左足捻挫)したため、読谷となりました。

一方、若手にとっては、一寸先は闇
しっかり練習しないと、翌日には
自分がどこに行くのかさえわからない。
緊張感も高まり、さらに練習に
身が入るのではと思います。

12球団一厳しいと言われる地獄のキャンプ
北谷で1カ月完走したものが、
次のステップへ進めることになりますが、
まずはケガのないよう、
それぞれの課題にしっかり取り組み、
手応えが得られるようなキャンプを
過ごしてほしいと思います。


それでは、毎年恒例となりました、
今朝の東京中日紙面に掲載された
『竜戦士67人 決意の春!!』
キャンプに向けての選手たちの一言を
北谷組、読谷組と振り分けましたので、一気にどうぞ!


☆竜戦士67人 決意の春!!☆

<北谷球場組メンバー・39選手>

◇0 金剛弘樹
「昨年秋に力まず投げられるフォームにして
いい感じなので、しっかりと固めたい」

◇4 ジョー・バレンタイン
「コンディションはいい。
日本での調整の仕方も聞いてきた。
ハードワークも構わない」

◇11 川上憲伸
「自分がやらなきゃいけないことは
変わりありません。1年間ケガしない体づくりを」

◇12 岡本真也
「今年は新しい調整法にもトライします。
技術的にはシュートに磨きをかけたいです」

◇13 岩瀬仁紀
「いつもと同じです。ケガしないこと。
開幕に向けてしっかりと体をつくること」

◇14 朝倉健太
「今年が勝負と思っています。
シーズンで結果を残すための準備期間の始まりです」

◇18 中里篤史
「中継ぎをやることになるので、
ブルペンに多めに入って、連投もできるようにしたい」

◇19 吉見一起
「昨年秋に投げるときの体の使い方のコツが
分かったので、しっかりマスターしたい」

◇20 中田賢一
「球種全部のコントロールの徹底です。
いいコースに投げられるよう突き詰めたい」

◇21 樋口龍美
「今年は勝負です。攻めの姿勢でやれるだけやりたい。
実戦で結果を出していきたい」

◇23 鈴木義広
「この2年、春先をうまく乗り切れなかったので、
調整法を確立してしっかりやりたい」

◇30 石井裕也
「走り込むと体重が落ちていた。
今年は体重が落ちないようにしっかり体力をつけたい」

◇33 平井正史
「去年のキャンプも先発調整だったから心配はない。
1年間投げられる体をつくりたい」

◇49 フランクリン・グラセスキー
「体の調子はいい。キャンプではしっかりと
体を鍛えて、1年間働けるようにしたい」

◇50 佐藤亮太
「シーズンを通じて投げられる体力づくり。
肩の強化に励みたい。大きなケガはしないようにする」

◇58 石川賢
「1日1日課題を見つけて取り組みたい。
投げ込んで低めのコントロールをつけたいですね」

◇61 久本祐一
「ブルペンの段階から試合の感覚をイメージして
実戦登板に向かいたい。結果を出したい」

◇67 高橋聡文
「ケガすることなく、1年間投げられるだけの
体力をつけられるよう練習します」

◇68 長峰昌司
「左打者の内角をつく球がないので、
ブルペンではシュートを練習していきます」

◇69 小林正人
「1年間投げられる力をつける。
シュートの精度を課題にブルペンで投げ込みたい」

◇26 小田幸平
「秋で体力は自信がついた。春は技術。
人を気にせず、自分だけを見て、課題をこなす」

◇27 谷繁元信
「体調もよく、自主トレは順調にできた。
ケガをしないようにしたい」

◇39 清水将海
「テーマはがむしゃら。もう後がないんでね。
体はどこも悪くない。がむしゃらにやるだけ」

◇59 小川将俊
「結果がすべての世界。実戦で結果を出せるように、
練習に食らいついていきます」

◇24 堂上直倫
「これまでと違い、アピールしないといけません。
打撃をアピールできるよう頑張る」

◇32 中川裕貴
「キャンプを通してずっと1軍組にいること。
シンプルだけど難しいので挑戦したい」

◇40 西川明
「まずプロの練習についていける基礎体力強化に励みたい。
ケガなくキャンプを終えることが目標」

◇45 森岡良介
「秋季キャンプで痛めた左足を早く完治させ、
通常の練習メニューに戻れるようにする」

◇46 岩﨑達郎
「練習についていける体力を身につけて、
自分の持ち味でもある守備力を磨いていきたい」

◇48 澤井道久
「絶対にケガをしない。打撃、走塁、内外野の守備、
すべてにおいてレベルアップを図る」

◇53 柳田殖生
「守備を重点的に強化したい。
秋のキャンプで教わったことを自分のものにしたいですね」

◇54 鎌田圭司
「すべての面でアピールしていきたい。
開幕1軍には守備も走塁も必要、全部鍛えますよ」

◇63 堂上剛裕
「守備より打撃。
ハワイでタイミングの取り方をつかんだので、
それをものにしたい」

◇8 平田良介
「打撃は名古屋でいい感じがつかめました。
これを変化球にも対応できるようにしたい」

◇22 藤井淳志
「打撃は右打席に専念するので、
同じ質なら2倍になる。しっかり身につけたい」

◇51 中村一生
「昨年のハワイ・ウインターリーグでつかんだ
打撃をしっかりと自分のものにする」

◇52 春田剛
「ケガをせずに乗り切ることが第一です。
2年目なんでどんどんアピールしていきたい」

◇56 中村公治
「お尻に火がついていますからね。
打撃を磨いて結果を出していくしかないですよ」

◇62 普久原淳一
「打撃が課題ですけど、内野もやるので、
やることはたくさんある。技術を上げます」

(他に育成選手の竹下が参加)


<読谷球場組メンバー・31選手>

◇16 佐藤充
「これまでまともにキャンプを
乗り切ったことがないので、けがなく1カ月頑張る」

◇17 川井進
「キャンプ後半の実戦でしっかり投げられるように、
思い切ってやれることをやりたい」

◇29 山井大介
「とりあえずは自分自身のスタイルの
ピッチングをできるようにしたい」

◇34 山本昌
「キャンプではとにかくケガをしないこと。
それだけです」

◇36 デニー
「ケガをせずに、昨季のようにシーズン通じて
ベンチ入りできるよう準備したい」

◇38 齊藤信介
「きれい事を言える立場じゃないです。
とにかくガムシャラにやるだけです」

◇41 浅尾拓也
「体力強化が大前提だが、チャンスがあれば
1軍の紅白戦や練習試合に登板してみたい」

◇43 小笠原孝
「周囲のペースを気にせず、
自分がやるべきに集中する。絶対にケガはしない」

◇47 菊地正法
「故障しない体づくりに励み、
ブルペンではどんどん投げ込んでアピールしていきたい」

◇60 高江洲拓哉
「1年目は周りを気にして集中できなかった。
2年目は自分だけを考えてアピールしたい」

◇64 清水昭信
「なんとかケガせずついていきたい。
投げるスタミナをしっかりつけていきます」

◇65 金本昭博
「まだ投球練習出来る状態じゃないので、
早く投げられるようにがんばります」

◇70 三澤興一
「実戦で早く投げられるように仕上げたい。
足を故障していたので、ケガに注意します」

◇00 前田章宏
「スローイングをしっかり練習して、
これは自分が一番というくらいにしていきたい」

◇28 田中大輔
「初めてなので、できるだけ多くのピッチャーの
投球を受け、1軍にずっといたい」

◇37 小山良男
「今までと同じではいけないので、
今まで以上に一生懸命やるだけです」

◇55 福田永将
「頑張りすぎないで頑張りたいですね。
捕手としてのリード、基本的な動作を教わりたい」

◇2 荒木雅博
「右肩の状態はかなりいいです。
これから1カ月、しっかり体をつくっていきますよ」

◇3 立浪和義
「今年は例年になく体調がいいんです。
やるべきことをやって、オープン戦に臨みます」

◇5 渡邉博幸
「一番大事なのはケガしないこと。
1カ月、体調管理には気を付けなきゃね」

◇6 井端弘和
「開幕に向けて、しっかり下半身をつくります。
チーム全体のことも見ていきたいです」

◇25 新井良太
「2年目で結果を出さないといけない。
すべてが課題と思っています。気合で頑張る」

◇31 森野将彦
「自分ではまだレギュラーを取ったとは
思っていない。今年も挑戦者のつもりでやる」

◇1 福留孝介
「やるべきことはわかっています。
WBCがあった去年とは違った形になるでしょう」

◇7 イ・ビョンギュ
「体は8割できてる。中日のキャンプは
きついと聞いているが、頑張ってついていく」

◇9 井上一樹
「まずは開幕スタメン。そのための準備を。
下半身強化を多めにやりたいです」

◇35 上田佳範
「周囲からは外野の競争などと言われるが、
まずは自分のやるべきことをしっかりやる」

◇57 英智
「レギュラーに近づくために
気力、体力を順応させながら、向上していきたいですね」

(他に育成選手の加藤、チェンが参加。
ウッズは、2月8日の第2クールから合流予定。
サンティアゴ・ラミレスは、2月12日以降に来日予定)


◆ドラゴンズ 2月の予定◆
1日 キャンプイン
7日、14日、21日 休み(毎週水曜日)
16日 練習試合(対SK)
17日 練習試合(対サムスン)
18日 練習試合(対サムスン)
20日 練習試合(対SK)
22日 練習試合(対LG)
24日 オープン戦(対東京ヤクルト・北谷)
25日 オープン戦(対横浜・宜野湾)
27日 キャンプ打ち上げ
公式HP


スクロール、おつかれさまでした。
全選手、しっかり頑張ってほしいですね!


オキナワからの話題。(31日)

◇ジョー・バレンタイン
<沖縄入りし、グラセスキーとともに入団会見を行う。
来日前に日本でプレーするためのアドバイスをもらう>
「中日はファーストクラスの球団だと
思っている。とても興奮している。
代理人のテリー・ブロスさん(元ヤクルト)に
日本の野球については聞いてきました。
チームワークを守って戦うことが
一番大事だということを言われました。
日本での調整の仕方も聞いてきました」

<中継ぎでの起用方針は承知済み。
守護神・岩瀬の存在も知っていた>
「自分の投球スタイルはリリーフだと思う。
リリーフをやってきたので、それができればいい。
岩瀬さんのことは知っている。
彼の前の7、8回を投げられればいいと思う。
クローザーなら25~30セーブを挙げたい。
コンディションはいいよ」
(中スポ、MSN毎日新聞スポニチ名古屋名古屋ニッカン12

◇フランクリン・グラセスキー
<195センチ左腕は会見でニックネームを披露>
「オレのことは『ラ・トレ(=塔)』と呼んでくれ。
背が高いから直球がいいコースに決まれば武器になる。
勝利に貢献できるよう頑張りたい」
MSN毎日新聞名古屋ニッカン

◇森バッテリーチーフコーチ
<中継ぎとして期待を寄せる一方で
ダブルクローザー構想に含みを持たせ>
「岩瀬の連投が続けばあるかもしれない」
スポニチ名古屋


新外国人投手のバレンタイン
グラセスキーが沖縄入り。
そろって宿舎で入団会見を行いました。
中継ぎ候補と期待されるバレンタインは、
守護神・岩瀬につなぐ
『勝利の方程式』に食い込む決意を示し、
また塔身左腕?のグラセスキー
不敵に笑いながら、意気込んだようです。


◇堂上直倫(高校生ドラフト1巡目)
<期待の大物新人は北谷スタートと決定。
はやる気持ちを抑えるように>
「2月1日に合わせてきたんで
いよいよという感じ。
ケガをしないことが大事だと思いますが、
監督が見てくれるなら気合も入りますね。
アピールしたい」

<2月1日からユニホーム着用が解禁になることに>
「小さいころから父(照さん)を見ていたし、
兄(剛裕)の姿も見ているので」

<キャンプ名物となっている
落合監督直々のノックについて>
「(落合監督が)ノックを
してくれるのかは分からないけど、
そうなれば、想像はつかないけど、
受けてみたいという気持ちはある」

<沖縄での合同自主トレでは、
先輩たちのフリー打撃に実力差を痛感も>
「(先輩たちはバットでボールを)
こすっただけでスタンドに入る。
シート打撃や紅白戦で勝負強さをアピールしたい」

<キャンプを控えた全体ミーティングを終え>
「身が引き締まりました。
監督はけがをするなと。
それは僕も思っていたことなので気をつけたい。
最終的には4月に合わせるけど、
ケガをせず体をつくっていきたい」
中スポスポニチ名古屋名古屋ニッカン12

◇堂上剛裕
<オフ最後の日、兄弟一緒に外出を。
弟は買い物袋を下げて帰ってきたが>
「買い物というよりは
ちょっと外へ出たというところです。
暖かくていいですよね」

<キャンプでは、兄弟一緒の
北谷での練習となるが>
「練習は大変ですけど、頑張ります」
(東京中日)

◇田中大輔(大・社ドラフト希望枠)
<プロ初のミーティングで気を引き締める>
「レベルアップのため、プロで生きていくために
必要なすべてを身につけられるよう頑張りたい。
合同自主トレから一緒に練習させてもらい、
やっとドラゴンズの一員になれたかな、と感じた」
(東京中日)


スーパールーキーの堂上直倫は、
北谷でのスタートに。
初めてのキャンプを前日に控え、
意気込みを語りました。
厳しい競争となる北谷では、
名物の落合ノックを浴びることになるかも?
さらに初日は同じ内野手の兄・剛裕とも
同じ組で練習を回ることに。
心躍らせ、開幕1軍を見据えつつも
焦らずやっていく構えのようです。

キャンプがんばるぞ!周囲の期待は
大きいと思いますが、
まずは体力をつけ、
キャンプについていくこと。
さらには若者らしく
元気に声を出すこと。
そして売りの打撃
アピールすること。
初めてのキャンプですし、
どれだけ出来るかは
まだ未知数ですが、泥だらけになりながら、
プロの荒波にもまれてほしいと思います。

ところで直倫が着用している
ハーフパンツの白いすそに
『26 EIJI』の文字が!
落合英二さんからもらったモノのようですね。


◇川上憲伸
<異例のキャンプ前日トレを敢行?
ゴルフ場にグラブを持参し、キャッチボール>
「岩瀬さんがキャッチボールをやろうって。
珍しい? そうですね。
でも、みんなより遅れているかもしれないしね」
(中スポ)

◇岩瀬仁紀
<ラウンド後に川上とともに肩慣らしを>
「ちょっとキャッチボールをやっただけですよ」
(中スポ)

◇山本昌
<例年通り大トリで、貫禄の沖縄入り。
41歳、24度目となる春季キャンプに>
「いよいよ? まあ、慣れたもんですよ。
やっぱり暖かいね、沖縄は。
ま、今年もやりますよ。頑張ります」
(中スポ、名古屋ニッカン


今オフ最後の休日となったこの日、
多くの選手は、リフレッシュのため、
自主トレを休み、ゴルフなどを楽しんでいたもよう。
しかし憲伸岩瀬は、ラウンド後、
クラブをグラブに持ち替え、キャッチボール。
初日からブルペン入りする予定の2人。
キャンプに向け、準備万端のようです。

一方、御大・山本昌は、
例年通り、日本人選手大トリでの沖縄入り。
しかし、更新された昌さんのエッセイによると、
那覇到着が、北海道日本ハムナインとほぼ同時刻。
到着ロビーで行われていた歓迎セレモニーを
横目で見ながら、人の多さにちょっと恥ずかしくなり、
その場を逃げるように?バスに乗り込んだそうです。


◇福留孝介
<荒木らとともにゴルフでリフレッシュ。
自身初の自費キャンプ突入にも、焦りはなく>
「いつもとやることは変わらないよ。
契約のことを引きずりたくない。
野球をやるときは集中したい」

<調整ペースを一任され、マイペース宣言>
「ゆっくりやるよ。
打ちたくなったら(北谷に)いけばいい」
中スポスポニチ名古屋名古屋ニッカン

◇井手編成担当
<福留との会談について、明言を避け>
「明日か、明後日か…」
スポニチ名古屋


最後に、チームで唯一の未更改。
ついに自身初の自主キャンプ突入となった福留
しかしいつもと変わらず、平然、
終始、笑顔を絶やさなかったもよう。
3年ぶりに読谷での放牧スタートとなりましたが、
場合によっては北谷の屋内練習場で
打ち込みを行う可能性も示したそうです。
先日の『踊る!さんま御殿!!』でも
「今自分の中で戦っている事」として語った契約問題
練習に差し支えない程度で、早期解決してもらい、
2年連続MVPに向け、調整を進めてほしいと思います。




コメント

いつもの全選手コメントお疲れ様です。
岡本、長峰、小林・・・(あと鈴木あたりもそんな話を過去にしていましたね)
朝倉のおかげで北谷のブルペンはシュートブームでしょうか?
なんとかものにしてほしいですね

全選手のコメントの中で、やはり目についたのは
「怪我をしないように…」という内容。私も全く同感です。
日本一のハードな練習ですから、生傷は絶えないと思いますが、
シーズンに響くような怪我だけは何としても避けてほしいです。

それにしても、堂上弟選手のハーフパンツ、いいですね。
英二さんからいただいた貴重な“お宝”。
大切にしてほしいですね!!

選手もファンも今日が一区切り。
新たな気持ちで応援しましょう。
改めて今シーズンもよろしく。

いよいよ始まりましたね!
選手それぞれ目標や課題がありますが、全員怪我などには気をつけて、春の開幕に備えて欲しいですね。
天気良くメニューを順調にこなせると良いですね。

こんばんはー!
今日は私も野球ブログらしい記事を書きましたよ(^^)v
でも手抜きして、こちらにリンク貼らせていただいちゃいました~。
すいません。

いつもながら、全コメント打ちお疲れ様です!
でもおかげでまとめて読めて嬉しいですv
ナオりんのハーフパンツの字、よく見えましたね~。
ただのナオりんブロマイドじゃなかったんだ(笑)

いよいよキャンプが始まりましたね。
この時期は希望に溢れていて、
わくわくしますよねぇ。
全コメント打ちお疲れ様です。
最近はあまり情報収集ができないので、
ありがたい情報でした。

どうも・・・ 写真撮りすぎて処理に時間がかかってしまいました・・・
もう力尽きましたので(泣)、これも書きかけですが簡単にレポを書いておきましたのでサイトから見てください・・・
とにかく落合監督の動きに尽きるキャンプ初日でした・・・・
とにかく若手に技術指導、対話、平田には実演まじえて神主打法の伝授(これが一番印象に残りました)など、若手育成を徹底しようという強い意志を感じました・・・・

次は土曜に読谷を見に行ってこようと思います。

今年もいよいよ始まりました。
晴天にも恵まれ幸先のいいスタートとなったようですね。

ただ、新井弟と森岡のケガがちょっと心配です。
私が個人的に期待している選手だけに早くよく
なって欲しいと思います。
まだ開幕まで約二ヶ月ありますから、しっかり治して
開幕には元気な姿を見せて欲しいです!

みなさんコメントありがとうございます!!
いよいよキャンプイン。
やはり選手はユニホーム姿がいいですね。

>MegaDraさん
今年もキーボード、たくさん叩いてしまいました(苦笑
シュートについては、
昨季の朝倉投手の成功が影響していますね。
長峰、小林投手という左投手が
習得したいというのが印象的でした。

>ドライチさん
落合監督も訓示したようですが、
ケガをして、得するモノはないですからね。
しっかりケア、しっかり申告ですね。

>コロンビーさん
記事で紹介していただき、感謝します。
自分も気分を新たにして、
きょうから応援していきたいと思います。
こちらこそよろしくお願い致します。

>JarJarさん
今朝は日本列島、寒気に包まれましたが、
昨日の沖縄は天気が良かったようですね。
まだまだ初日なので、はやる気持ちをセーブして
ケガのないよう調整してほしいです。

>doracoさん
リンクありがとうございます。
今季もできるだけやっていこうと思っています。

堂上直倫選手のジャージの写真は
昨日の東京中日の1面でデカデカと出ていたんですよ。
昼食を取りながら何気なく
見ていたので思わずビックリでした(゜ロ)

>teraさん
さすがに67選手、きつかったですが、
背番号と合わせて意気込みを知るいい機会でした。
それぞれの課題をしっかりこなし、
充実感のあるキャンプを過ごしてほしいです。

>北谷キャンプ現地レポさん
初日からかなりのロケットスタート、お疲れさまです(笑

落合監督、かなり精力的に動いていましたね。
選手とのコミュニケーションも多く、
「対話路線」と言っていた通りの初日に感じました。
今朝の東京中日は、神主指導が1面でしたよ。

>daojing(オヤジ)さん
新井選手、なんで読谷なんだろうと思っていたら、
ケガをしていたんですね。
少々出遅れましたが、まずは治して挽回を期待です。
それに比べ、森岡選手は時間がかかるかも?
正念場ですが、焦らないで課題に取り組んでほしいです。

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ