« 朝倉札幌悪夢再びと極寒竜あわや完全試合。 | トップページ | 浅尾悔しい初先発と、貧竜打線育成選手に完敗。 »

2007年3月20日 (火)

井上選手会長1軍合流と東京中日情報羅列。

オープン戦も残り5試合
札幌から東京へ移動したドラゴンズは、
きょうあすと東京ヤクルト、横浜と連戦の予定。
現在、オープン戦最下位と低迷はしていますが、
開幕までには上昇カーブを描いてほしいところ。
そんなドラゴンズあの選手が戻ってまいりました。


◇井上一樹
<きょう20日の東京ヤクルト戦から1軍合流。
6日に降格してからの2週間、
やるべきことをきっちりやれたと自負する>
「例年になく打ち込めた。
第2次キャンプができました。
この2週間で(2軍の)若い選手と
一緒に汗を流して練習したり、飯を食べたりして、
原点に帰ったというかいい経験ができたと思う」

<1軍に戻っての意気込みを語る>
「(1軍では)人が嫌がることでも
自分がやるつもりだし、
どんな立場も受け入れて、しっかりやります。
自分のできる精一杯のことをやっていきたい」
(中スポ、名古屋ニッカン


『中村ノリ効果』で押し出され、出番激減。
さらに不振も重なったことで、
6日から2軍で再調整していた井上選手会長
2週間の『第2次キャンプ』を経て、
きょう20日から1軍へ昇格することになりました。

この日もナゴヤ球場で、2軍若手とともに練習。
特打を行うなど約4時間、精力的
体を動かしたあとに、東京に移動した井上
降格当初はやや腐っていた印象を受ける記事もあり、
いろいろと波紋を呼びましたが、
前向きに捉え、打ち込みをなどを行ったり、
教育リーグに出場したりと、
若い選手とともに、汗を流していくことで、
原点に戻れたと、プラス面を強調。
「やるべきことをきっちりやれた」
『第2次キャンプ』の効果を振り返りました。


現状では、開幕レフトは森野が濃厚で、
8つのレギュラーはすべて埋まっています。
ただ選手会長として、ムードメーカーとして、
さらに頼りになるベテランとして、
チームにおいてやるべきことはたくさんあるでしょう。
まずは代打などで、『第2次キャンプ』の成果を見せ、
復調をアピールしてくれたらうれしいところです。

リフレッシュし、満を持して復帰する
選手会長が低迷打線にを入れてくれるかも。
帰ってきた背番号9に期待したいと思います。


その他では、6日の西武戦で打ち込まれ
降格していた鈴木も、昇格が決まり、
デニー、岡本、中田、平井らとともに
関東遠征に合流するもよう。
キャンプの疲れが溜まった時期での不調でしたが、
現状では回復し、調子も上がってきたとのこと。
やはり中継ぎではいてもらわなくてはいけない投手。
開幕までにしっかり合わせてほしいです。


トウキョウからの話題。(19日)

◇福留孝介
<この日は、東京都内の宿舎で静養。
オープン戦打率が.129と低迷している理由を明かす>
「今は、ヒットを打とうと
思っていないから大丈夫だよ。
スイングしながら去年の感覚を思い出している。
アウトでも納得できる打球ならいいんです。
三振しないでファウルで粘れることもできるけど、
ストライクゾーンとかの違いも
見ないといけないからね。
(18日の北海道日本ハム戦では)
ああ! この感触だというものがあった。
去年のシーズンの感覚は戻りつつある」

<本番モードに入る時期について。
週末の横浜戦で仕上げる考えを明かす>
「シーズンを本当に意識するのは
残り2試合ぐらいからで十分でしょう」
スポニチ名古屋名古屋ニッカン

◇荒木雅博
<若手に交じって神宮屋内練習場で打撃練習。
打撃投手を相手に約15分、フォームをチェック>
「今日は確認したいことがあったので打ちました。
色々な投手に対応できるように意識して打ちました。
どんな投手がきてもタイミングが
合わせられるようにしないと。
(オープン戦打率は.176だが)
アウトでもいい打球の方がいいから」
スポニチ名古屋名古屋ニッカン


ある意味深刻化している打線の低迷ですが、
打率.129福留については、
明るい表情で、調整が遅れていないことを強調。
スイング、ストライクゾーン確認のため、
あえて結果を求めないスイングをしたり、
見逃したりしていると低調の現状を説明。
そして週末のナゴヤドームで
結果を求める本番モードに突入。
しっかり開幕に合わせると予告しました。

一方、打率.176荒木は、
中村公治、普久原ら若手に交じって
休日返上で特打を行い、
打撃フォームを微調整したもよう。


両者のコメントで共通することは、
「アウトでも納得できる打球ならいい」ということ。
確かにオープン戦ですからね。
あと10日でしっかり合わせてくれるでしょう。
ただこの日、新聞記事に出てこない選手については、
いくらか心配な部分もあったりもしますが。


◇澤井道久
<オープン戦絶好調男は、トップタイの5盗塁。
盗塁王の勲章を引っ提げ、開幕1軍入りをつかむ構え>
「盗塁王ということは考えないけど、
1個でも多く盗塁したいと思っています」

<もともとチームトップクラスの足も、
昨季はケガなどもあって、1軍昇格なし>
「3年目ですから、ダメなら後がないと思ってます」

<昨オフ、鳥取県のスポーツジム
『ワールドウィング』に約1カ月出向き、
必死に理想の走り方をマスター>
「いろいろな方のアドバイスを受けて変えました。
力を入れないで走るんですよ。
僕が一番アピールできるのは足ですからね」
中スポ

◇勝崎トレーニングコーチ
<春季キャンプで沢井の走りを見てうなる>
「全然違うね。無駄な動きがなくなった。
ベスト時のタイムはそれほど変わりないけど、
コンスタントに速いタイムを出せるフォームになった」
中スポ

◇清水将海
<最後のオープン戦ウィーク
3人目の捕手は、1軍生き残りに力が入る>
「結果、出さないとね」

<この日は若手と一緒に神宮屋内練習場で
ノックを受けたり、軽快に体を動かす。
移籍3年目、過去2年とは体調がまったく違う>
「ケガもなくきてますからね」

<相手は開幕でぶつかる東京ヤクルトに始まり、
横浜、広島とセ・リーグばかり>
「ベンチにいても、ゲームに出ていても、
これまで以上にしっかりと相手を見ていきたい」
中スポ

◇小田幸平
<トレードマークのメガネについて。
いったい常時いくつ持っているのか>
「10個くらいかな」

<メガネは古田PMと同じアイメトリクス製。
ドーム用、ナイター用などがあるほか、
フレームの色だけが違うものなどこだわりも>
「気分によって変える」

<視力は右が0.1、左が0.08。
中学時代にハードコンタクトを
使用したが痛くて断念。変える予定は>
「ないよ。トレードマークだもん」
(中スポ<ドラ番記者>

◇森野将彦
<神宮屋内練習場でフリー打撃、
ノックなどで汗を流す。
外野用グラブについては苦笑い>
「内野用ほど詳しくどういうものかわからない。
とりあえずカビがはえそうな
今まで使っていたグラブを使います」
名古屋ニッカン


その他の選手の情報を羅列。
まずは、18日の北海道日本ハム戦でも
あわやノーヒットノーランの危機を阻止した
オープン戦絶好調男の澤井
ここまで盗塁数が、12球団トップの5個
その伏線には、オフに身につけたという
イチロー走法があるそうです。
手足の上下運動を極力なくし、
重心を水平に保ったままスタスタという走法。
ワールドウイングで習得したことで、
疲労を極力少なくするという効果もあるとのこと。

1軍に向かって走れ!スペシャリストが
1軍残留の条件。
ここで盗塁王となれば、
アピールできますし、
他球団にも「澤井の足」
インプットされてきます。
残り5試合で
積極的に走れること
開幕1軍につながってくることでしょう。


また3人目の捕手・清水将海も生き残りに必死。
昨季は2人制だった1軍の捕手陣
しかしキャンプからオープン戦にかけ、
打撃でアピールしてきた清水将海
残り5試合で活躍を見せれば、
手薄な右の代打として、
移籍後初の開幕1軍も見えてくるかもしれません。
中村公治、普久原らと争う残りの1軍枠
ベテランの食らいつきにも期待したいです。


◇浅尾拓也(大・社ドラフト3巡目)
<きょう20日の東京ヤクルト戦でプロ初先発。
ロング救援を想定し、3イニングほど投げる予定>
「チャンスをもらえたら、
自分に与えられたイニングは
しっかり投げられるようにしたいです」
(中スポ)

◇中田賢一
<あす21日の横浜戦に登板予定。
この日はナゴヤ球場で練習を行う>
「自分では調子が上がってきていると思うので、
そのままの感じを試合にぶつけられればいいと思います」

<前回登板では2回3失点と散々。
オープン戦最終登板で復調をアピールしたい>
「これまでは短いイニングでも
(打ち込まれて)球数が多かったので、
長く、球数少なく投げたい」
(中スポ)


きょう20日の東京ヤクルト戦
なんとルーキー・浅尾が先発予定。
先発として登板しますが、
ローテ入り云々より、ロングリリーフとしての
適性をテストするのが狙いのよう。
初登板の巨人戦同様、持ち味を出せれば、
1軍残留をアピールすることができるかも。
今回は、おそらく谷繁
マスクを被るかもしれませんから、
まずは思う存分、投げ込んでほしいところです。
ちなみに東京ヤクルトの先発は、
育成選手伊藤秀範とのこと。
打線も含め、これは絶対に負けられませんね。

また21日の横浜戦には、中田が登板予定。
開幕ローテに入るには、ここで結果を出さないと。
同じく関東で投げると思われる平井
さらに教育リーグの阪神戦に先発予定の佐藤亮太
そして22日の岐阜で投げる予定の長峰と、
残り5試合、こちらの争いも熾烈になりそうです。


今日のその他。(19日)

◇落合監督
<中日新聞東京本社激励会に出席。
あいさつでは、手短にスピーチ>
「たくさんものをしゃべるときは
あまり自信がないときです。
今年もみなさんの期待に応えられるように、
また期待して今年の秋を待っていてください」
中スポ

◇中村紀洋
<同じく中日新聞東京本社激励会に出席。
育成選手にも関わらず『主力待遇』で呼ばれ>
「僕が行っていいんですかね」
名古屋ニッカン


この日、東京都内で、
中日新聞東京本社の激励会が行われ、
西川球団社長、落合監督以下、
コーチ陣
、東京遠征中の21選手が参加。
そのなかに、まだ育成選手の中村紀洋の姿も。

揃いのチームジャンパーには背番号もなく
本人は苦笑いだったようですが、
もうしっかり『人数』に入っているということで。
前向きに受け取りましょう。


PS 今日の渡邉選手。

打率1割台が半数以上を示すドラゴンズの主力。
ご多分に漏れず、我らが渡邉選手の打率も、
もっか.158と低迷しています。
この日主力は休養日でしたが、渡邉選手休日返上
神宮屋内練習場での若手練習に参加したようです。
中スポに、コメントが↓

◇渡邉博幸
<荒木、森野とともに若手中心の練習に参加>
「打ち込みたいというのもあった。
汗をかきたいから。
部屋で休んでいるのも嫌だし、
体を動かしておくほうが、
翌日の試合にも入っていきやすい」

(中スポ)

久々にキーワード「汗」が出てきましたね。
まあ部屋で休んでいるよりは、動いた方が楽。
を流してスッキリしたかも。
打ち込みの効果が今後出てくれればいいなと思います。




コメント

夕方6時前に、神宮から帰ってきました。
一樹選手、復帰戦の打席は四球。
澤井選手は最後、代打で準備していましたが、
目前で併殺&試合終了。残念でした。
明日の登場に期待したいです。

それにしてもドラゴンズ、勝てません。
李選手の2試合連続のタイムリーが
せめてもの救いでしょうか。
そろそろ気持ち良く勝って欲しいですね。

今日の試合は。。。。
またも、激寒ですっ!
福留の言葉は心強いですが、
ほんとに、大丈夫かしら?

でも私たちは信じて、応援するしかないですね。

中村紀は、完全にドラゴンズの一員の待遇みたいで。
今の喜びと気持ちを、シーズンが始まっても、持ち続けて欲しいです。
かなり期待してます。

コメントありがとうございます!
関東初戦も黒星となり、とても残念です(T^T)

>ドライチさん
関東初戦、観戦おつかれさまでした(^^)
井上選手会長、澤井選手ともに
出番少なしという形でしたね。
主力が眠っている現状、なんとか脇役が目立って
明日のハマスタは、白星に導いてほしいと思います。

>ontheway2uさん
福留選手は目的意識があるので大丈夫でしょう。
ただ残り2試合でこれだと困るかもしれませんが。

中村紀洋選手、疲れもあるのでしょうか。
このところ、大振りが目立っています。
フルスイングも魅力ですが、
たまには謙虚なバッティングにも期待したいです。

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • : DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)

    DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)
    NO DRA, NO LIFE 中日ドラゴンズ承認ファンブックが今年も発売決定!毎日の試合結果を記載できるドラゴンズぴあダイアリー2018-2019が別冊付録。

  • : 中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018

    中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018
    新スローガン『原点回帰 Dragons愛!』を掲げ、日々激闘を続ける竜選手たちを後押しする、中日ドラゴンズの応援歌メドレーアルバムの2018年版が誕生!

  • : 中日ドラゴンズファンブック2018

    中日ドラゴンズファンブック2018
    「原点回帰 ドラゴンズ愛」をチームスローガンに掲げて2018年シーズンを戦うドラゴンズの全容を紹介!森監督インタビュー、京田・又吉トークなどの読み物、選手のプロフィルや過去シーズンの成績をはじめデータも充実。

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ