« 中村ノリ死球で退場、主力勢揃いも無得点ドロー。 | トップページ | 憲伸、昌仲良い失点と打線は井端ばかりかな。 »

2007年3月10日 (土)

ナゴドで楽天2連戦、ナゴ球で藤井が4安打!

ドラゴンズの今週末は、
ナゴヤドームでの東北楽天との2連戦。
登板が予定される中田、川上、山本昌ら
登板を前に、それぞれ調整を行いました。
またナゴヤ球場の教育リーグ・サーパス戦では、
キャンプで故障に泣いた藤井が4安打2盗塁。
開幕1軍に向け、再び猛アピールをかけるようです。


ナゴヤからの話題。(9日)

◇川上憲伸
<きょう10日の東北楽天戦に先発予定。
投球練習後、体の手入れを入念に行う>
「きょう(10日)のイニング数? 分かりません。
順調は順調ですよ。今は結果より内容が大事。
あとは特に何もないです」
(東京中日、スポニチ名古屋名古屋ニッカン

◇山本昌
<10日、川上に続いての登板が濃厚。
ブルペンでは川上と並んで投球練習>
「球数か3イニングくらいだと思うよ。
先発? 聞いてないよ。川上でしょ。
調整は順調です。とにかく頑張りますよ」
(中スポ、スポニチ名古屋名古屋ニッカン

◇中田賢一
<11日の東北楽天戦でオープン戦初登板予定。
この日は屋内練習場で軽く体を動かす。
ここまでの調子について、自分なりの分析は>
「真っすぐがもうひとつのところがありますね。
でも、カーブ、フォークの感じはいいです」

<亡き父には好投して
先発ローテ入りをアピールするのが一番>
「結果を出して試合で投げられるように、
毎年頑張ろうと思いますけど、
特に今年はそうですね。
父もどこかで見てくれてると思うので」
中スポ


10日、11日と東北楽天を迎えての
ナゴヤドームでの2連戦。
4日の千葉ロッテ戦で
オープン戦初登板を果たした
エース・川上と、ベテラン・山本昌が、
揃ってきょう10日のゲームに登板予定。
この日は、岩瀬らとともに休日を返上し、
ナゴヤ球場の屋内練習場などで
ランニングやキャッチボール、
ブルペンでの投球練習で汗を流したもよう。

開幕に向け、順調な調整を進めている両投手
先発・川上-2番手・山本昌
リレーが予想されますが、
開幕ローテが確実な2人は、結果より内容
川上は、直球の球速アップとカットボールの精度。
山本昌は、MAXを135キロに近づけること。
その辺りを登板のテーマに置くようです。


一方、父・治英さんの葬儀などで
一時戦列を離れていた中田は、
あす11日にようやくマウンドに上がるもよう。
5日の練習再開以降、ナゴヤドームの
ブルペンで投球練習をしてきた中田でしたが、
キャンプでの実戦登板の内容が今イチだっただけに、
直球の球威や変化球の精度や制球が
どの程度、修正されているのか。
キャンプで一緒に罰走した朝倉が、
好調時の投球を取り戻し、結果を出しているだけに、
開幕ローテ入りに向けては、まずは結果が重要。
さらにその内容で対比されることでしょう。

オープン戦最初の登板ということもあり、
中継ぎで短いイニングを投げる予定ですが、
出遅れた分、まずは結果を出すこと。
ただ中田自身もそれは十分にわかっていることでしょう。
家族のため、自分のための初登板。
背番号20のピッチングに注目したいです。


◇中村紀洋
<8日の西武戦で左ひじに死球を受け途中交代。
この日は名古屋市内のホテルで休養。
自らアイシングを施して患部の回復を図る>
「今日はゆっくり静養します。
左ひじはまだ腫れているけれど、
大きな問題はないと思う。
回復に専念しました。
(炎症防止のため)お酒も飲めません」

<きょう10日の東北楽天戦の出場について
出場へ強い意気込みを語る>
「朝になってドームに行って、
トレーナーと相談してからでないとね。
トレーナーの方に見てもらって、それから考えたい。

去年(8月)と同じくらいの腫れ。
あの時はバットが振れるようになるまで
2週間かかったけど…。
(今回は)期待しとってくださいよ!」
サンスポスポーツ報知スポニチ名古屋名古屋ニッカン

◇高代野手総合チーフコーチ
<この日、ナゴヤ球場で教育リーグを視察。
中村紀洋の試合出場については、慎重な姿勢>
「あすは状態次第? そうなる。
あの死球なら大事には至らないと思うけど、
2~3日の間は腫れもあるだろう。
まあ今のノリは体も絞れているし、
何が何でも(出る)という必要もないんじゃないか」
スポニチ名古屋名古屋ニッカン

◇西川球団社長
<中村紀洋が支配下選手登録された場合の
契約について言及>
「(育成の最低保障の)
240万に対して400万だから、
(支配下選手の最低保障の)
440万には600万くらいでしょう。
(出来高契約も)ありません」
(中スポ)


8日の西武戦で左ひじに死球を受け、病院直行。
打撲と診断された中村紀洋
この日は、名古屋市内のホテルで休養
チームのトレーナーから渡された
氷のうを使って、アイシングに専念するなど
左ひじの回復に努めました。

支配下選手枠への昇格がだいぶ見えてきましたが、
大事な時期だけに、出来れば休みたくない
首脳陣は無理はさせない方針のようですが、
本人が強く出場を志願すれば、代打出場の可能性も。

「驚異的な回復力を見せますよ」
意気込む中村紀洋ですし、おそらく出てくるかも?
ただ決して無理だけは禁物ですね。


若竜からの話題。(9日)


◆ウエスタン・教育リーグ
中日-サーパス
(9日・ナゴヤ球場)
 SU 001 010 000  =2
    100 101 00× =3
[勝] 久本 [S] 高橋
[D本] なし
[D投] 川井、鈴木、久本、齊藤、高橋
(中スポ)

【ゲームレビュー】
1回ウラに相手のミスであっさり先取点。
3回、先発の川井が併殺の間に
得点を許し、同点にされる。
4回ウラ、2死一、三塁から
藤井のタイムリーで勝ち越す。
5回、2番手・鈴木が2死一、三塁から
中村公治の失策で同点になる。
7回ウラ、1死満塁から堂上直倫の犠飛で勝ち越す。
これが決勝点になり、3-2で逃げ切る。
公式HPオリックス・バファローズ


◇藤井淳志
<『1番・右翼』でフル出場。
4安打2盗塁の活躍で猛アピール>
「ゲームでは、どんな形でも
いいから結果が欲しかった。
キャンプで出遅れたので、
今は取り戻すために必死にやっています。
一打席、一打席を大事にするだけです。
打って、走って、アピールするだけです」

<前日からスタメン復帰し2安打1打点。
そしてこの日は4安打。連日の活躍に>
「タイミングの取り方はよくなっていると思います。
変化球に対応できることを意識しているんですけど、
結果が出てよかったですね」

<報道陣に囲まれ、自ちょう気味に話す>
「こういう感じ、久しぶりですね。
去年の今ごろは今年の堂上(直倫)くんくらい
囲まれていたんですけどね。
なんだか、不思議な感じですね。
皆さんに何度も囲んでいただけるよう頑張ります」
公式HP中スポ名古屋タイムズ

◇堂上直倫(高校生ドラフト1巡目)
<7回1死満塁で決勝点となるレフトへの犠牲フライ。
カウント0-3から狙い通り高目を叩く>
「打てのサインだったので、積極的にいきました。
バッティングの調子はあまり良くないです。
犠牲フライを狙ってました。
あの場面では外野に打とうと
思ったので良かったです」

<1回の第1打席には追い込まれながら、
レフトへヒットを放つ>
「きのう(5打数無安打と)打てなかったんで、
打ててホッとしました」
公式HP中スポ

◇岩﨑達郎(大・社ドラフト5巡目)
<8回から遊撃の守備につき、実戦デビュー。
守備機会も打席もなかったが>
「早く試合に出たかったので、うれしかったです。
これからどんどん出てアピールしていきたい」
(東京中日)

◇井上一樹
<『3番・DH』で出場、3打数無安打。
4日連続で1時間の居残り特打を敢行。
現在は教育リーグで調整を続けているが>
「練習の場が与えられてありがたい。
今は初心に帰ってやることができている。
若い選手も見ているし、
『オジさん』が頑張っているところを見せないと」

<気持ちの充実を強調、
開幕1軍へ強い意気込みを見せる>
「開幕1軍は絶対にあきらめないよ。
オレにだってコツコツと努力して培ってきた
小さなプライドはあるんだから」
(中スポ<ドラ番記者>スポニチ名古屋

◇辻2軍監督
<藤井について>
「いま1番のお薦め。
打撃のタイミングの取り方が良くなった。
ようやく元気が出てきたね」
名古屋タイムズ


ナゴヤ球場で行われた
ウエスタン教育リーグ・サーパス戦
7回に飛び出した堂上直倫の犠牲フライで
勝ち越し、3-2で逃げ切ったもよう。

そのゲームで最も光ったのが、
『1番・ライト』でスタメンの藤井
第1打席にセンター前ヒットを放つと、
2回の第2打席は、高めのスライダーを
きっちり左中間へ持っていくツーベース
4回の第3打席はライト線へ落とすタイムリー
7回は、同じくライトへのヒット
この日、4打数4安打1打点
さらに1回と4回に盗塁を決めるなど、攻走で大暴れ
十分に持ち味を発揮し、昇格へ向けアピールしました。

外野のレギュラー奪取を狙うため、
キャンプでは、連日の
鳥かご3時間マシン打撃など
課題の打撃向上に猛練習を重ねましたが、
右太もも裏の痛みを訴え、途中リタイア。
無念の終盤となっただけに、
この時期、できるだけアピールしたいところ。
打撃好調について、本人は
「タイミングの取り方がよくなっている」とし、
出遅れを取り戻すため、
これからも必死にやると語りました。


ウリャー、オレもいるぞ!途中リタイアには
なりましたが、
あれだけ振り込んだことは、
決してムダには
ならないでしょう。
1軍合流は
まだ見えないにしても、
自分の打撃の一片
掴むことができれば
さらに結果に結びつくかもしれません。

ルーキーイヤーの昨季は、
開幕スタメンに名を連ねた藤井
森野が入ってきたり、井上が降格と
外野争いも予断を許しませんが、
期待はやはり大きいです。
しっかり結果を出して、道が開けることを願います。


その他では、ナゴヤ球場で
若手に交じって汗を流す井上選手会長
3打数無安打にに終わったようですが、
試合後は連日、居残り打撃を行い
この日はタイミングの取り方を修正したもよう。
波紋を呼んだ2軍落ちですが、
井上本人は、気持ちの充実を強調。
開幕1軍への強い意気込みを見せたようです。
ただゲームでは7回に牽制死もあったようで、
さらなる集中力の充実も必要かもしれません。

また前日活躍の中村公治ですが、
この日は、レフトでの守備で2つのミスが。
5回は、ライナーを着地点に入りながら、落球
6回には、打球の目測を誤ってのヒットと、
深視力の悪さを感じるようなプレーだったようです。
もともと守備は上手には見えませんが、心配ですね。

最後にキャンプ序盤に両足ふくらはぎを痛め
出遅れていたルーキー・岩﨑が途中出場。
ようやく実戦デビューを果たせて、笑顔だったとのこと。
いますぐの選手ではないですが、
まずはゲームに出続けること。そこからの積み重ねです。


◇高橋聡文
<9回に5番手で登板。1回を2奪三振。
MAX146キロのストレートを主体に
カーブを織り交ぜ、緩急で完ぺきに抑える>
「体の疲れが取れてきた。
だいぶ腕も振れるようになったし、
カーブもよかったと思います。これからですね」
(中スポ)


投手陣のなかでは、9回に登板した高橋
すべてセットポジションから
MAX146キロのストレートを主体に
106キロのカーブを織り交ぜる、
緩急を生かしての投球。
鈴木郁洋にはフルカウントから
内角への144キロのストレートで三振。
続くには、変化球を3球続けて三振を奪うなど
3人でピシャリと抑え、ゲームを締めました。

技巧派が多いドラゴンズの左腕のなかで
数少ない力で押せる投手でもある高橋
復活への兆しを掴めれば、
チームにとっては、プラスになりますね。


その他では、
先発・川井が4回を3安打1失点。
制球も良く落ち着いた投球だったとのこと。
3番手・久本は、MAX142キロと
直球が走り、完ぺきだったもよう。

一方、不安が残ったのが、2番手・鈴木
ストレートのMAXが平均130キロ台と今一つ。
さらに味方の守りのミスに
足を引っ張られたこともありますが、
2回を投げ、4安打1失点
めった打ちされ、降格したスーさんですが、
変わらぬ調子に、まだまだ調整が必要なようです。

 2007年版発売!ドラゴンズファンブック(2007)


今日のその他。(9日)

◇池田久美子(スズキ)
<30日に行われる
中日の今季開幕戦で始球式を務める>
「楽しみです。当日はビシッと
勢いのあるボールを投げたいと思います」
(東京中日、時事通信


ナゴヤドームの開幕戦の始球式に
陸上女子走り幅跳びの日本記録を持ち、
ドーハ・アジア大会で金メダルを獲得した
池田久美子選手の起用が正式に発表されました。

アスリートらしい力強いコメント。
ぜひともビシッと、決めちゃって下さい!




コメント

「オレを忘れないでくれ!」と言わんばかりに
藤井選手、大爆発ですね。思えば昨シーズンは
開幕スタメンだったわけです。あの壮絶な打撃練習の
成果を生かし、1シーズンを通して1軍に
定着して欲しいですね。

コメントありがとうございます!

>ドライチさん
藤井選手、上昇の兆しですね。
きょうもヒットを放ち、サヨナラの四球を選ぶなど、
好調を維持しています。
来週は野外球場が続きますし、
1軍へのチャンスもあるかもしれないですね。

堂上くんの笑顔(公式HPで見ました)いいですね!
あの笑顔があれば、きっと何かやってくれると感じます。(根拠はないです。。。。)

えーっ?私の名前知ってらしたのですか?恥ずい・・・・。
ブログトーシロですが、ドラゴンズの日本一を祈る気持ちは一緒だと思ってます。
多少浮気性がありますが。。。。
Toshikichiさんのブログも見習って、
少しでもレベルを上げたいです。

Toshikichiさん、こんにちは。
ナゴヤドームを離れる前に今日こそ
いいところを見せてほしいですね。
それにしても出遅れていた藤井がやっと調子を
上げてきたようですね。
一軍レベルで必要な守りと足と肩を持っているので
あとはバットでPRしてもらいましょう。
一世とハムはバットだけだと厳しいかも知れませんね。

コメントありがとうございます!
今日は東北楽天はマー君が投げるらしいですね。
スカパー!を録画したので、
これから見ようと思っています。

>ontheway2uさん
堂上直倫選手、いいスマイルですね。
確かに何かやってくれそう。
スター☆性がかなりありますので、
しっかり英才教育を期待します。

お名前は奥ヒダさんのところで
ちょくちょく見ていました。
自分もまだまだブログトーシロですよ。
ただ更新が他よりも遅い分、
何か付加価値を付けないとと、いつも思っています。
たいしたオマケでなくて、喜ばれませんが(^^ゞ

>ギンタロウさん
藤井選手、新井選手、平田選手、春田選手の世代が
1人でも1軍に食い込んでくれたらいいと思っています。
そして両中村もですね。
中村枠というのは、ドラゴンズにはないですから、
ぜひともハム選手には守備を、
一生選手には、思い切りを期待したいです。

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ