« 沖縄キャンプ打ち上げも、サバイバルは続く。 | トップページ | イ・ビョンギュ1番デビューも打線まだまだ13三振。 »

2007年3月 1日 (木)

竜戦士沖縄から各地へ移動、さあオープン戦。

ビョン様OP戦20試合、全部出る
「知らない投手見ておきたい」

キャンプを打ち上げ、いよいよ3月
ドラゴンズの選手達は、主力は福岡へ。
若手は神戸へ。そして名古屋へと移動。
1カ月間過ごした沖縄を離れました。
1軍は今夜、福岡ソフトバンク戦
4番デビューが濃厚のイ・ビョンギュ
オープン戦残り全試合出場を宣言しました。


オキナワ→フクオカの話題。(28日)

◇イ・ビョンギュ
<きょう1日の福岡ソフトバンク戦、
『4番・センター』での実戦デビューが濃厚。
オープン戦全試合に出場したい意向を明かす>
「前から言っているように、
より多くの実戦を積みたいと思っている。
打席数は調整することになると思うけど、
全部の試合に出るつもりだよ。
もちろん、監督と相談してだけどね。
知らない投手が多いから、数多く見ておきたいんだ。
やっぱり自分が打席に立たないと
分からないことがあるからね」

<キャンプを通じ、チームにもなじんだ様子。
この日は余裕の表情で福岡入り>
「新鮮味あふれるいいキャンプだった。
戸惑い? 特にない。
徐々に調子を上げていくよ」
(中スポ、スポニチ名古屋


◇荒木雅博
<この日、沖縄から福岡入り。
充実のキャンプを送れたことに笑顔>
「今年のキャンプでは、
しっかりとバットを振れたし、
思うような練習をすることができました。
これからオープン戦で仕上げていきたいです」
名古屋ニッカン

◇福留孝介
<きょう1日の福岡ソフトバンク戦に出場予定>
「少しずつ試合勘を取り戻していきたい」

<病気を克服した王監督に激励の一打を>
「いいところを見せられれば」
(中スポ)

◇中村一生
<主力中心の福岡遠征に帯同>
「こんなメンバーの中に入ったのは初めて。
せっかくのチャンスなんで
何とか生かしたいですね」
(中スポ)

◇普久原淳一
<中村一生とともに福岡遠征に帯同>
「頑張りたいです」
(中スポ)

◇落合監督
<この日沖縄から福岡入り。
オープン戦残り20試合で
オーダーテストを実施する方針を明かす>
「誰が(先発メンバーに)入ってくるかわからないんだ。
その都度、その都度、
やっていくことになるんだろうな」
(中スポ)


☆福岡・大阪組メンバー
<投 手>岡本、朝倉、中里、吉見、
       中田、鈴木、石井、平井、
         デニー、久本、長峰、小林

<捕 手>小田、谷繁、清水将海
<内野手>荒木、立浪、渡邉、井端、森野、
           西川、澤井、鎌田

<外野手>イ・ビョンギュ、井上、中村一生、英智、普久原
(背番号順・中スポ)


3月に入ると、オープン戦も本格化。
20試合組まれているドラゴンズ
初戦は、福岡ソフトバンクとの対戦となります。

そのゲームで実戦デビューを飾るのが、
新外国人のイ・ビョンギュ
今季のドラゴンズカギを握るプレーヤー。
その動き次第では、守備位置打順も大きく変化。
落合監督も、オープン戦の期間に
1、2、3、5番とさまざまな打順で起用し、
テストを重ねていくようです。

そのですが、キャンプ時と同様に
オープン戦全試合出場を宣言。
相手投手、日本野球の傾向をつかむため、
より実戦の場で、数多くの投手と
対戦したいという考えを明かしました。


ビョンビョン出ますよ。日本の野球に慣れるには、
より実戦を積むこと。
逆に相手に弱点を分析される
リスクもありますが、
それよりも数をこなす
ことの方が大切でしょう。
味方としても、外野手としての
コンビネーションや、
走塁などチームプレー
積み重ねられれば、よりチームに
溶け込むことができるでしょう。

期待は大きいと思いますが、
においては、オープン戦は結果や内容よりも経験
まずはお手並み拝見という感じで、見守りたいと思います。


その他の野手では、荒木のコメントが。
昨年痛めた右肩の状態も良好、
足はもう完璧で、打撃、守備も
いい感じになってきたとのこと。
キャンプではしっかりと
バットを振れたということで
好調の井端同様、1、2番は期待できそうです。

また若手野手陣からは、
中村一生普久原が福岡でのベンチ入り濃厚。
打撃が期待させている一生
外野守備では落合監督からも名前が出る普久原
しっかりチャンスをモノにしてもらいたいです。


◇朝倉健太
<きょう1日の福岡ソフトバンク戦に先発予定。
2回4失点となった紅白戦の雪辱を誓う>
「この前あんな感じだったので、
実戦で結果を出していかないと…。
去年の成績があっても安心なんてしていられない。
(代わりは)次から次へといますから。
(長いイニング数については)徐々にね…」

<前日(27日)のブルペンでは好感触を掴み>
「すごくよかったです。うまく指にかかってきて。
キャンプでも納得いく調整ができた。状態はいい」

<福岡の選手宿舎到着後、近所の公園で
長峰と軽めのキャッチボールで調整。
先発マスクの谷繁とも入念に打ち合わせを>
「ブルペンでいい球を投げても
意味がない。試合で抑えないと」
中スポスポニチ名古屋


前日の名古屋ニッカンでは、
中田の先発が予想されていましたが、
今朝のスポーツ紙では、
朝倉の先発が濃厚のようです。

中田同様、前回の紅白戦では、
2回4失点と散々の内容。
森コーチから罰走を命じられただけに
しっかりと雪辱したいところでしょう。
朗報なのが、キャンプ最終日のブルペン。
指にボールがうまくかかり
好転へのきっかけが掴めたとのこと。

昨季のこの時期とは立場が違うだけに
若手投手陣を引っ張るべき朝倉の出来が、
先発ローテの行方を左右することは確かです。
その地位を強固にするためにも
まずは実戦で結果を出してほしいところですね。


オキナワ→コウベの話題。(28日)

◇中村紀洋
<あす2日、教育リーグ・サーパス戦に出場予定。
いきなり因縁の古巣との対戦にも>
「古巣? ああ、そうでしたねえ…。
何も気にしてないですよ。
お世話になった球団なので、
あいさつ回りで大変になると思います。
変な意識? それは全然考えていないです」

<キャンプでの調整は2週間だったが>
「(キャンプでは)
やれるところを見せないといけないし、
こういうふうにやってると
周りの選手にもアピールしたかった」

<沖縄で背番号『205』をつかみ取り、
新たな野球人生をスタートさせた>
「年俸の方もプロに入団した時
(430万円)とほぼ同じ400万円。
ルーキーの時と同じ野球をしたいという
気持ちが一番ですね。
これからが勝負ですからね。
現時点でフルスイングもできますし、
守備も思うように動けています。100%の状態。
自分の持っているものを精いっぱい
教育リーグで出していきたいです。
これまで通り、気を張って頑張りたい
(2軍で)何とか結果を残して、
支配下選手契約を勝ちとりたいです」

<神戸に移動後は、約半月ぶりに
兵庫県芦屋市の自宅に戻り、疲れを癒やす>
「家族も試合を見に来るかもしれません」

<試合当日の神戸サブ球場は無料開放。
大勢のファンが駆けつける可能性が高いが>
「たくさんの人に、見に来てほしい。
自分の力を、見てほしい。
応援してくれた方々の前で結果を出したい。
それが一番のお礼ですからね。
打ったら、目立つんかな?。
向こう、誰が放るんやろな」
中スポサンスポスポニチ名古屋名古屋ニッカン

◇辻2軍監督
<中村紀洋の打順について、
育成選手ながらチャンスを与える考えを示す>
「4番? まあ、どうかなあ。そのあたりかな。
積極的に使います。
1打席でも多く入ってもらうつもり」
中スポ


☆神戸組メンバー
<投 手>金剛、佐藤充、川井、樋口、齊藤、
              菊地、石川、清水昭信、高橋、
             
加藤、クルス、E・ラミレス
<捕 手>前田、田中、小川
<内野手>堂上直倫、新井、森岡、
       春田、柳田、竹下、中村紀洋

<外野手>平田、藤井、上田、中村公治、堂上剛裕
(背番号順・東京中日)


あす2日から、ウエスタン・教育リーグが開幕。
2日のサーパス戦を皮切りに、
18日の三菱自動車岡崎との
プロ・アマ交流戦を含め、
15試合を行う予定になっています。

育成選手の中村紀洋
神戸組として、沖縄から空路移動。
『中日・中村紀洋』の最初に対戦する相手が、
よりによって、因縁の古巣・オリックスの2軍。
しかしその件に関しては、一笑に付したようです。
きょう1日はオリックスの室内練習場で、
初戦に向けて練習予定。
この日の夜は芦屋市内の自宅で
久々の家族団らんを過ごしたもよう。

辻2軍監督は、チャンスを大いに与えるようで、
『4番』での起用を考えていることも示唆。
支配下選手になるためには、
ブランクを埋めての
猛アピールが必要となります。
生きた球を多く打てるチャンスを
しっかりと生かしてもらいたいです。
つかの間の英気を養った背番号『205』
まずは、古巣相手の凱旋試合
復活のノロシをあげられることを期待します。


オキナワ→ナゴヤの話題。(28日)

◇タイロン・ウッズ
<故障者以外の野手で唯一、
福岡、大阪遠征に同行せず名古屋に戻る。
4日の千葉ロッテ戦に向け、ナゴヤ球場で調整予定>
「(キャンプ合流が遅れたこともあり)全然疲れてない」
(東京中日)

◇浅尾拓也(大・社ドラフト3巡目)
<ルーキー右腕は名古屋組へ>
「これからもアピールしないといけないので頑張りたい」
名古屋ニッカン

◇堂上直倫(高校生ドラフト1巡目)
<きょう1日の愛工大名電高の
卒業式出席のために名古屋へ帰る。
終了後は教育リーグ出場に向けて神戸に移動の予定>
「直接、神戸に行った方が楽ですが、
そうすると皆に会えないので」
名古屋ニッカン


☆名古屋組メンバー
<投 手>バレンタイン、川上、岩瀬、山井、
        山本昌、浅尾、S・ラミレス、小笠原、
          グラセスキ、佐藤亮太、高江洲、三澤、チェン

<野 手>福田、ウッズ、岩﨑、金本
(背番号順・中スポ)


3班に分かれた最後は、名古屋組
こちらには、故障者や再調整組が中心ですが、
本拠地・ナゴヤドームでの
オープン戦で登板を予定されている
岩瀬、バレンタインら投手陣や
福岡、大阪遠征に同行せずに
ナゴヤ球場で調整するウッズもこちらに入りました。

また神戸組ながら卒業式に出席予定の
堂上直倫も、地元に戻ったようです。
とんぼ帰りになるようですが、
最後の高校生活をエンジョイしてください。


PS 今日の渡邉選手。

今朝の中スポ<ドラ番記者>に関連記事が。
まず、中村紀洋のインタビューから↓

◇中村紀洋
<読谷でともに汗を流した面々との
野球談議で、質問責めにあい>
「中日の若手はすごいっすよ。
野球への取り組み方というか、
意識付けがものすごく高い。
漠然と野球をやっているんじゃないってことですよ」
(中スポ<ドラ番記者>


ここまでは単なるノリ記事なのですが、
以降で我らが渡邉選手が登場してきます!


「ベテランも同じです。
ボクは野手で年齢が5番目
(上から立浪、谷繁、渡邉、井上)なんですが、
年上の渡辺さんの趣味を聞いてすごいと思いました。
汗をかくことなんでしょ?
立浪さんが教えてくれました」

(中スポ<ドラ番記者>


どういう風にミスタードラゴンズから
伝わったかはわかりませんが、
「汗っかき」はあくまで性分!
正確な趣味は「釣り」「パチスロ」です(笑

同じ一塁と三塁が出来て、右の代打としても
中村紀洋カブるかもしれない渡邉選手
背番号も『5』繋がりで、危機感もあるのでは?
負けないためにも、3月も常に汗かいて練習していきましょう!

ちなみに渡邉選手のもっぱらの楽しみは、
ナゴヤへ戻る3月3日に
愛娘の初節句を祝うことらしいです。




コメント

イ・ビョンギュ選手「オープン戦残り全試合出場を宣言」
頼もしいですね。
早く日本の野球に慣れるためにも、いい心がけです!
頑張ってフル出場して欲しいです。

ところで私、年度末ということで仕事がほとんど
パニックです。
自分のブログも更新出来ませんし、皆さんのブログ
にもなかなかお邪魔出来ません。
この状態は3月末まで続きそうです。
少しでもお邪魔出来るように仕事頑張ります。

李選手、いよいよオープン戦“デビュー”ですね。
少しでも多く打席に立ち、開幕までに感性を
研ぎ澄ませて欲しいです。

打席での佇まい、雰囲気もいいですよね。
引き締まった身体に、背番号「7」が
とてもよく似合っています!

コメントありがとうございます!
返事が遅くなってすみません。
オープン戦が半分以上がリアルタイムで
見られないので、更新が非常に遅くなります。
速報性がないのは、いつものことですがご了承ください。

>daojing(オヤジ)さん
お仕事、大繁忙期のようですね。
まずは本業が第一ですから、
なんとか乗り切ってもらい、
4月には再び、ともに応援していきましょう。
お仕事、頑張ってください!

>ドライチさん
イ選手、いきなりヒットでしたね。
思わず「やるじゃん、ビョン吉!」と言ってしまいました(^^)
オープン戦でできるだけ慣れてもらい、
良い形で開幕を迎えてほしいですね。

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ