« 竜打線一転沈黙、サヨナラ負けで3タテならず。 | トップページ | 森野先制弾、井端32歳弾、中田4勝巨人に雪辱。 »

2007年5月12日 (土)

あっという間…エース・憲伸2回5失点KO。

川上どうした?今季最短2回KO

猛打爆発で広島に勝ち越したドラゴンズ
今夜からは東京ドームで首位・巨人との3連戦。
交流戦前に6試合組まれているこのカード。
初戦の先発には、中7日と満を持して、
エース・川上憲伸を送り出しました。
巨人先発陣のエース・内海との対決は、
序盤から思いも寄らぬ展開となってしまい…。

◇セントラル・リーグ公式戦
巨人-中日 7回戦
(11日・東京ドーム | 中日3勝4敗)
42247人 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
中 日
巨 人 ×
[敗] 川上(6試合1勝2敗)
[D本] 中村紀洋7号
[Dバッテリー]
川上、グラセスキ、小林、鈴木- 谷繁

【ゲームレビュー】
先発のエース・川上が序盤で崩れて連敗
川上は球威を欠いたまま、
1回一死一塁でに2点本塁打を浴びた。
さらに小笠原に二塁打を打たれるなど
ピンチを広げて、1回だけで4失点。
2回にも小笠原にソロを打たれて、この回で降板した。
打線は8安打を放ちながら、好機にあと1本が出なかった。
4回に中村紀洋がソロを放って1点返すのが精いっぱいだった。
(中スポ、共同通信社ニッカン式スコア


内海とは今季初対戦のドラゴンズ打線
その立ち上がり、チャンスを掴みます。
先頭の井端が一二塁間を抜くヒットで出ると、
荒木は初球、送って二塁へ。
さらに福留が死球で、1死一、二塁。
ここで迎えるは対巨人戦打率.600、5本塁打ウッズ
ところが初球、真ん中低目のチェンジアップに
手を出してしまい、三塁ゴロ。5-5-3と渡ってダブルプレー
わずか1球でチャンスが消えてしまいます。

一方、巨人戦は今季3度目の登板。
復帰戦となった3日以来のマウンドとなった川上
しかし先頭の高橋由伸に、内角のカットボールを
バットを折られながら、一塁の頭を越されると、
続くは、送りバントの構え。
2球失敗させたものの、カウント2-2からの6球目、
ファウルを狙った内角高目のシュートを
体を鋭く回転させると、高々と上がった打球は
切れずにそのままレフトスタンドへ。
打ったも、打たれた川上もビックリのホームラン
いきなり2点を先制されてしまいます。

まさかの失点でエースが受けた衝撃は大きく、
続く小笠原にライト線へのツーベースを浴びると、
イ・スンヨプには四球を与え、一、二塁。
さらに二岡には真ん中に入ったフォークを
レフト前に運ばれタイムリー。
1点を失うと、なおも一、三塁で、
阿部にも外のシュートをセンターへ運ばれ、犠牲フライ。
ようやく取ったワンアウト
しかしそこまでに奪われた点数は、すでに4

2回には2死から小笠原
初球、外へのシュートを強振され、レフトスタンドへ。
これでスコアは、5-0
真っ直ぐに力がなく、変化球は甘くなったところを
逃さず痛打、修正したり、リズムを掴む間もなく
結局、この日は52球、5安打2奪三振2四球で5失点。
まさにあっという間のKO
2回を終え、ベンチに戻ると、
森コーチに降板を告げられた川上
自らの打席を迎えることなく、
グラウンドから姿を消すこととなりました。


5点のビハインドとなったドラゴンズ
2回は中村紀洋のレフトフェンス直撃のツーベース、
さらに3回も井端のセンター前へ落とすヒットと
ランナーこそ出しますが、後続が抑えられ無得点
しかし4回、ようやく一矢報います。
2死から迎えるは、中村紀洋
カウント2-2からの6球目、
内角低目のストレートをうまくすくい上げると
打球はレフトスタンド上の一番搾りの看板を直撃!
見事なホームランとなり、1点を返します。
なおも続くイ・ビョンギュが、
左中間を破るツーベースを放ち、
チャンスが広がるかに思えましたが、
谷繁の痛烈ライナーを、サード・小笠原が好捕。
またしても小笠原…、反撃は1点止まりに終わります。


川上に次いで、3回ウラから
2番手で登板したのが、グラセスキ
4回ウラ、1死から高橋由伸に四球を与えると、
続くの時に盗塁失敗も、そのにライト前に運ばれ、
2死一塁で迎えるは、小笠原
外角高目のストレートを叩かれると、
打球はレフトフェンスを直撃。
一走のは一気に三塁を回ります。
ところが森野-井端-谷繁と好返球が渡り、
ホーム手前で楽々タッチアウト
積極的に足を絡めてくる巨人の攻撃を
しっかりと堅守で食い止めます。


先発・内海の前に5回までわずか1点。
何とか反撃をしたいドラゴンズ
6回、3番からの攻撃で走者を溜めます。
1死からウッズが左中間を破るツーベースで出ると、
続く森野のライナーを二塁・脇谷がこぼし内野安打。
一、二塁とチャンスを広げ、
2安打1打点の中村紀洋を迎えます。
1、2打席は内海に合っていた中村紀洋でしたが、
巨人バッテリーがここは変化球の連投。
そしてカウント2-2からの6球目、
外角低目のチェンジアップで遊ゴロに取られ、
本塁封殺とされると、続くイ・ビョンギュ
外角低目のスライダーに空振りの三球三振
せっかくのチャンスも潰えてしまいます。

さらに8回にも巨人2番手・から
先頭の荒木がセンター前ヒットで出ますが、
続く福留が真ん中低目のスライダーに空振り三振。
ウッズも真ん中低目のスライダーに空振り三振。
さらに3日には同点3ランを浴びせた森野
外角低目のスライダーに空振り三振と、
なんとクリーンアップが三者連続三振

拙攻を繰り返す間に、
今季初登板の4番手・鈴木
7回には小笠原にバックスクリーン左へソロ、
さらに8回には高橋由伸に右中間へ2ランと、
それぞれホームランを浴びて、3失点。
効果的に追加点を奪われると、
最後は、調整登板の上原
三者凡退で締められ、ゲームセット。
首位叩きで臨んだはずの初戦は、
エースが打ち込まれてのまさかのKO
巨人の勢いの前に、大敗となってしまいました。


「とりあえず今回は2回で代わろうな…」エース・憲伸が登板して、
1回を終えて、
なんとスコアが0-4
あまりに突然すぎて、
ショックを受けるどころでは
ありませんでした。
やはり初回の攻撃が明暗を分けましたね。
立ち上がり、それほど調子が良くない内海から
チャンスを作ったものの、ウッズがわずか1球で併殺打。
ピンチを切り抜け、リズムを掴ませてしまった反面、
憲伸は、2球バント失敗したにまさかの2ラン。
調子云々言う前に、連打を浴びてあっという間の4失点。

やはり腰を痛めたり、体調を崩したり、
さらに足の打球を受けたりと、
満足な調整が出来ていないと思われる
今季を象徴するような球威のなさ
力感あふれる投球が持ち味にも関わらず、
それを出せぬままの5失点KO
大事な巨人戦での失態に、
一抹の寂しさを感じてしまいました。

ただここで沈んでいてはいけないのが、現実。
翌週に、同じ曜日で同じカードが組まれています。
地元での登板で、しっかりリベンジ
特に天敵となりつつある小笠原を何とかしないと。
短期間でしっかりやり直して、落とし前を付けることが、
エースにとって最低限の責務となってくるでしょう。

一方、打線は、内海の前に完全封じ込まれました。
特に福留、森野が抑え込まれたのが痛かった。
レフトへ見事な一発を放った中村紀洋井端
けっこう内海に合っていたようですが、
要所を締められてしまう辺りは、
やはり相手も早くも5勝を挙げる先発エースなんですね。
次週のナゴドでは、しっかり対策を練って、
やり返さなくてはいけません。


まさかの大敗となりましたが、
チームとしては引きずらず、切り替えることが大切。
明日の巨人の先発は、右腕の久保
内海、高橋尚成よりは与しやすい相手と思えます。
できるだけ早い回で先制し、ペースを握ること。
一方、ドラゴンズの先発は、おそらく中田
先発ではここ数試合、結果が出ていませんが、
中継ぎでの登板で得たことを生かし、
巨人打線をできるだけ凌いでほしいと思います。


★プレーヤーズ・ボイス(11日)

●川上憲伸
<2回5安打5失点、わずか52球で今季最短KO。
悔しさを包み隠すように努めて淡々と話す>
「何もありません…。申し訳ないです…。
自分でもよくないなと思っていました。
球威がなかったということです。
巨人打線とかそういうことは関係ないです。
自分でもよく分からない。
去年と(投球の)感覚が違うが、言い訳にしかならない。
とにかく今は球威がないんです。
修正点? 今はどこをどうしていいかは見えていない。
何とか違うことを試していくしかない」
憲伸の声「責任」、中スポサンスポ
スポーツ報知時事通信MSN毎日新聞
スポニチ名古屋、名古屋ニッカン、デイリー

●谷繁元信
<先発・川上の投球を受け>
「球威がないなら、ないなりに抑えなきゃいけない。
お互いどうにもならなかった」
中スポ

●中村紀洋
<4回、左翼席上部のキリンビールの
看板を直撃する特大アーチの7号。
この一振りで、ビール1年分と賞金100万円をゲット>
「まだ回が浅かったし、
1点ずつでも返していきたかった。
あれは自然にバットが出ましたね。
力を入れなくてもあそこまで飛ぶことが分かった。
看板? 初めて。
その上を行ったことはありましたけど」

<6回一死一、三塁での好機では凡退。
試合後は厳しい表情で球場を後に>
「でも(6回1死一、三塁の)
チャンスで打てなかったのが…。
積極的に行ったんだけど、力んでしまった」
中スポ時事通信スポニチ名古屋名古屋ニッカン

●鈴木義広
<7回から4番手で今季初登板。
小笠原、高橋由伸にそれぞれ被弾し、2回3失点>
「やっぱり甘いと打たれます」

<速球は140キロ中盤、相手打者を圧倒したが>
「変化球でカウントを取るときに、
しっかりしたコースに投げないといけない」
(中スポ)

●タイロン・ウッズ
<6回に左中間への痛烈な二塁打を放つも、
試合後は相変わらずの審判不審を口に>
「きょうは内海がどうというより、
ストライクゾーンが広すぎた。
ボールをストライクと言われたから。
来週? 次はストライクを見てくれる審判なら大丈夫さ」
(東京中日)

●福留孝介
<内海の前に3打数無安打2三振。
試合後は、悔しそうな表情で>
「(内海は)そんなに調子が
いいとは思わなかった。また次だよ」
名古屋ニッカン


◆岡本真也
<前日、左手に打球を受け負傷交代。
一夜明け、通常通りの練習をこなす。
患部の状態に関して>
「腫(は)れているけど大丈夫です」
名古屋ニッカン


●落合監督
<先発・川上の2回降板に>
「何回か見てるぞ。
(3年前の)金沢のヤクルト戦だろ?
あのときは1回だろ。
きょうは2回まで投げたじゃないか」

<川上を2回で見切りをつけたことに>
「いかせても仕方がない。
あのまま投げさせていたら、
何点取られたか分からんぞ。
何かあるか? あのまま行かせても
疲労感が残るだけ。抑えたとしてもな。
それなら次、調整してきっちり抑えてくれればいい。

そのあとに見たいピッチャーが
いたから投げさせる方がいい。
きのう、きょう上がってきたピッチャーがいるんだから」

<その小林、鈴木について>
「(小林は)バタバタしながらでもゼロに抑えた。
鈴木はあれぐらいのボールが
投げられるってことが分かった。
いろいろと使い方が増えてくる。
きょうの収穫は、鈴木。
あとは細かいコントロールだけだ」
中スポサンスポスポーツ報知時事通信
MSN毎日新聞スポニチ名古屋名古屋ニッカン


今日の公示。(11日) 

◆セ・リーグ
【出場選手登録】
△中日 小林正人投手
【同抹消】
▼中日 石井裕也投手
共同通信社


前夜の広島戦で9回、四球からサヨナラ打を喰らった石井
試合後、谷繁らからも厳しく叱責されていましたが、
やはりファームでやり直しとなってしまいました。
代わって昇格は、同じ左腕の小林
この日さっそく5回から3番手で登板。
多少ドタバタしながらも、
2回を1安打1奪三振1四球で無失点。
若干プレートの立ち位置を変えたシーンもありました。


今日のその他。(11日)

◆西川球団社長
<金本のウエーバー公示再申請が
不受理になった問題で、コミッショナーへの提訴を断念>
「セ理事会で他球団が(豊蔵)会長一任と表明した。
その中に、うちも入っている。
そういう考えがある中でウチが事を荒らげるのはどうか。
決定を一任されたセ・リーグの会長が決めたのに、
コミッショナーの裁定いかんでは
他球団との関係がぎくしゃくしかねない。
協調してやっていこうというのが大きな理由。
ごたごたが長引けば金本君が一番かわいそう。
提訴にどれだけ時間がかかるか分からない。
オーナーも(解決)時期は早い方が良いとおっしゃった。
これ以上やっても球団に益がなく矛を収めようとなった」

<元通り支配下選手として
プレーすることになった金本には陳謝>
「今回の件で気の毒な状況になったが、
めげずに大成してほしい」

<コミッショナーが現在進める
協約の見直し作業について>
「野球協約は条文間の整合性に欠ける。
不備がないようにしてほしい。
コミッショナーを中心に野球協約の見直しを
やっているので、しっかりとしたものにしてもらいたい。
何かあればこちらから申し上げる」

<また上限いっぱいまで埋まっている
支配下選手枠を空けるかどうかに関して>
「現場の要望があれば(枠を空けることを)考える」
中日新聞サンスポスポーツ報知共同通信社
時事通信MSN毎日新聞スポニチ名古屋

◇豊蔵会長(セ・リーグ)
<中日のコミッショナー提訴断念の連絡を受け>
「中日球団が球界全体の利害を考慮し、
現実的で穏当な判断をされたものと思う。
(セントラル)連盟の不手際などで
金本選手は不安な思いでいたと思いますが、
今後は野球に専念し、グラウンドで
いい結果を残してくれるよう活躍を期待する」
サンスポスポーツ報知時事通信MSN毎日新聞


◆金本明博
<再び支配下選手としてプレーすることに>
「いろいろありましたけど、
僕としてはこれからも野球を頑張っていくだけなので、
気持ちを切り替えてやっていきたいと思います。
やることは変わらないので、
野球を精いっぱい頑張るだけです」
(東京中日、スポーツ報知時事通信MSN毎日新聞


申請、受理、却下、再申請、不受理と
紆余曲折があった金本ウエーバー公示問題
この日、中日球団は、セ・リーグに受理されなかった件で、
コミッショナーへの提訴を断念すると発表。
他の5球団との関係を考慮するなど、
リーグの判断を総合的に受け入れたことで、
金本の身分は今まで通り、支配下選手のままとなりました。
なお金本には伊藤球団代表が直接会って、
経緯を説明したそうです。

何とかもとの鞘に収まったようですが、
今後の育成選手についてのあり方は話し合われるでしょうね。
無事、騒動が集結して、プレーが出来るようになった
金本には、内野手として成長してもらうとともに、
今後の70人枠の行方にも注目です。




コメント

今季はジャイアンツにいいようにやられている
感じがしています。
実に悔しい~~!

今夜はスッキリするような勝ち方で叩いて
もらいたい。
先発は中田くんかなぁ、がんばれ!

ホントに悔しいです。
谷と小笠原にやられっぱなしです。
残念ですが現時点では巨人の方が力が
上と感じます。

しかし野球は力だけでは強さが計れない
スポーツ。
根性見せろよドラゴンズ!!

それにしても憲伸どうしたんでしょう。
今季はエースの働きが全く出来ていま
せん。

レフトスタンドに到着した途端、「代打・清水将選手」の
コールがあり、着席する気力も失せてしまいました。
まさか2回でKOとは……。やはり今シーズンここまで、
体調が万全ではないのでしょうね。次回登板に向けて
心技体すべてが上向きになることを祈るしかありません。

それにしても相変わらず、移動日なしの試合では
勝てませんね~。身体的にきついのは分かりますが、
せめて勝率5割くらいで乗り切ってほしいです。

おはようございます。

エースが序盤に大量点を奪われるとやっぱりこんな
展開になってしまいますね。
ヒットはでるが繋がらないし、二番手以下の投手も
ぴりっとしませんでした。

今日は間合い長い中田ですね。
テンポ良く投げて、打線のリズムをつくってやって
ほしいです。
今日は負けられませんね!

みなさんコメントありがとうございます!
久々に見ていてツラいゲームでした。
ただ中村紀洋選手の看板直撃弾、
あのスイングは実に見事だったと思います。
きょうは井端選手のバースデー。
なにげに樋口投手も同じ日で、1つ違いだそうです。

>ドラゴンズブルーさん
いくら相手はホームとはいえ、
あれはやりすぎではと思うくらいの先制攻撃。
TV開始で5-0は、さすがに困りました(^^ゞ
今夜はぜひとも雪辱ですよね。
中田投手、変わった投球を期待したいです!

>りくぶっちさん
確かに谷選手、小笠原選手です。
なにげに二岡選手なんかもイヤですが、
↑の2選手が突出しすぎています。
辻2軍監督ではないですが、勝負どころで
しっかりと覇気あるプレーを魅せてほしい。
今夜は「根性」を期待したいです。

>ドライチさん
まさかエースが2回で降板とは…。
お得意の打撃も披露せぬままのKO。
観戦した気にはならなかったのではと心中お察しします。
ケガでないことを願っていますが、
球威が戻らないとツライでしょうね。

>daojing(オヤジ)さん
せっかく最近、投打がかみ合ってきたなと
思い始めてきたのに、このありさま。
今季はほんとピリッとしませんね。

中田投手、頼りにしていますから、
ムダ球をできるだけなくし、
できるだけゲームを作ってほしいと思います。
負けられないです!

遅くなりましたm(__)m

憲伸に対して森さんがちゃんとケアしてましたね(^^ゞ
降板後のベンチ内でそんな雰囲気が伝わりましたが
ベンチ奥に二人で向かった後がちょっと
気になりました。

ただ先発が序盤に崩れてしまうと
厳しいですね。
そう言う時こそ打線の踏ん張りがほしいです。

コメントありがとうございます!

>daiさん
森コーチ、朝倉投手の時と違って
かなり深刻な表情で憲伸投手と話していたのか
印象に残りました(゜ロ)
それぐらいの出来事でしたからね。

投手陣、打者陣もちつもたれつですが、
こういう時に援護がないとさらに辛かったりしますね。

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • COMING SOON

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ