« 5月追撃へローテ再編と試合前はバナナです。 | トップページ | 浅尾拓也天晴れプロ初先発、竜連夜の爆発12点! »

2007年5月 9日 (水)

中村ノリ大当たり4長打5打点、爆発竜17安打16点!

竜17安打16点、猛打に“ノリ”遅れるな!
先発野手も全員安打


ゴールデンウィーク9連戦を終え、
3位のドラゴンズは、今夜から4位・広島との3連戦。
初戦となった福山市民球場でのゲームは、
ライトからレフトへ吹き付ける強風のごとく、
序盤から打線が繋がり大爆発!
勝ち運のない先発・朝倉を大いに援護しました。

◇セントラル・リーグ公式戦
広島-中日 6回戦
(8日・福山市竹ヶ端運動公園野球場 | 中日4勝2敗)
10127人 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
中 日 16
広 島
[勝] 朝倉(8試合2勝3敗)
[D本] ウッズ13号2ラン 中村紀洋6号3ラン 井端2号3ラン
[Dバッテリー]
朝倉、石井、S・ラミレス、グラセスキ、中田 - 谷繁、小田

【ゲームレビュー】
17安打16得点で大勝
2回にイ・ビョンギュの二塁打で先制すると、
3回に森野の適時打など6長短打で5点。
4回はウッズの13号2ランで畳み掛けた。
中村紀洋が6号3ランに3二塁打で5打点
広島青木高広は6連敗となった。
(中スポ、共同通信社ニッカン式スコア


強風のなか、始まったゲーム。
広島の先発は、当初予想された黒田ではなく、
現在5連敗中のルーキー・青木高広
初回、2死一、三塁のチャンスを逃した
ドラゴンズ打線でしたが、2回再び捕まえます!

先頭の中村紀洋がフルカウントから
レフトフェンス直撃のツーベースを放つと、
続くイ・ビョンギュがカウント0-1からの2球目、
外のストレートを積極的に叩くと、
打球はレフトオーバーのタイムリーツーベース!
実に12試合ぶりとなる打点で、ドラゴンズが先制します。
なおも谷繁の投ゴロと、朝倉の右飛で2死三塁。
迎えた井端の当たりは、センター前方への飛球。
しかしこれをセンター・森笠
突っ込んできてダイビングキャッチ。
好捕の前に、惜しくも2点目は阻まれます。

続く3回も、ドラゴンズ打線が繋がります。
この回先頭の荒木が、
レフト線へのツーベースで出ると、
福留がレフト前ヒットで続いて、無死一、三塁。
ウッズは真ん中低目のチェンジアップに三振に倒れ、
迎えるは、2試合ぶりにスタメン復帰の5番・森野
カウント2-1からの5球目、内角低目のストレートを
詰まりながらもライト前へのタイムリー!
1点を加えると、続く中村紀洋
フルカウントからの8球目、
真ん中に入ったストレートを叩き、
左中間オーバーの2点タイムリーツーベースで、4-0
なおもがセンター前で繋ぎ、1死一、三塁とすると、
谷繁が初球、中に入ったチェンジアップを
うまく合わせて、レフト線へのタイムリー!
さらに続く朝倉のライトへの飛球がなんと風で急失速
ライト前に落ち、記録は右ゴロながら1点を加えるなど、
結局、この回は6長短打の大爆発で、一挙5点
ビッグイニングを作って、青木高広をKO。
なおも4回には、広島2番手・マルテから
ウッズがパワーでレフト場外へ持っていく2ランを放ち、8-0
前半で大きくリードを奪い、朝倉を強力援護します。


久々に大量の援護点
もらっての投球となった朝倉
序盤はボールも走り、まずまずの投球でしたが、
大量リードの3回以降、リズムが乱れ始め、
そして5回、まさかの連打を食らってしまいます。
1死からマルテの代打・中東
プロ初安打となるレフト前ヒットを浴びると、
続くはショート内野安打で一、二塁。
ここで迎えるは、2番・松本
外角低目のシュートをうまく叩かれると、
レフト線へ落ちるタイムリーツーベース。
2点を失うと、続く栗原にもセンター前へタイムリー。
さらに新井にもライト線への二塁打と、一気に5連打
前田智徳を一直に取り、2死二、三塁とするも、
森笠に二塁横を抜かれ、さらにタイムリー。
福留のレーザービームで二走の新井が刺され、
なんとか流れを止めたものの、
結局この回6安打を浴び、4失点
大量点をもらいながらも、今イチ乗り切れない感の朝倉
完投もしてもおかしくない状況にも関わらず、
この日は5回2/3、101球を投げ。
9安打3奪三振2四球4失点で降板しました。


中盤、落ち着いた感のあったドラゴンズでしたが、
終盤以降も手綱を緩めず、なおも追加点を。
4点リードで迎えた7回、
この回から登板の広島4番手・小山田を攻め、
森野のセンター前と中村紀洋のレフト線へのツーベース、
さらにが歩かされて、1死満塁のチャンス。
ここで迎えるは、この日1打点の谷繁
初球、内寄りのストレートを積極的に叩くと、
レフトへ抜けるタイムリー!
1点を加えると、石井の代打・立浪が続き、
フルカウントから外角低目のシンカーを叩いて、
一二塁間を破る連続タイムリー
この回2点を加え、スコアはついに2ケタの10点!

さらに8回には、2死一、二塁から
この日すでに猛打賞の中村紀洋が、
真ん中低目のストレートを右方向へ持っていくと、
ライトフェンスの最上部に当たって、
スタンドに飛び込むダメ押しの3ラン
そして9回にも広島5番手・河内から、
この日先発でただ1人安打がなかった井端
真ん中低目のスライダーを叩いて、
センターバックスクリーンに飛び込む
3ランを放ち、この日奪った得点は
今季リーグ最多タイとなる16に。

投げては7回以降、この所登板がなかった
S・ラミレス、グラセスキが1イニングずつ抑え、
さらに最終回は、先発で不振の中田が調整登板し、
1イニングをしっかり締めて、ゲームセット。

結局、この日先発野手全員安打となる17安打
16点を奪ったドラゴンズ
連休後のリスタートを鮮やかに飾る大勝
3連戦の初戦をしっかりモノに。
そして6回途中4失点の先発・朝倉が、
3月31日以来となる2勝目をマークしました。


ノリがノってきたか!?地方球場でのナイトゲーム。
さらに試合開始直後には、
かなりの強風と。
荒れた展開
予想されましたが、
ドラゴンズ打線にとっては、
強力な追い風
なったようですね。
2回ににまさかの先制打が飛び出すと、
3回には6安打で5点を奪うビッグイニング
さらに終盤には、3ラン2本などで8点を奪うなど
結局この日は17安打で、16得点

特にこれまで不振だった下位打線が良く繋がり、
6番・中村紀洋が1本塁打を含む4安打5打点
7番・がタイムリーを含む、2安打1打点
そして8番・谷繁も2本のタイムリーで2打点と、
やはりしっかり打線が繋がれば、
これだけ多くの得点を奪えるものなんだなと、
強力さとともに、それを改めて再確認させてもらいました。

その中でも特筆だったのが、中村紀洋
2回の先制にきっかけとなる
レフトオーバーを始め、この日は
左中間、レフト線、そして最後は得意の右方向と
打ち損じること少なく、5打数4安打5打点
落合監督との連日の特訓がようやく実を結んできたかも。
きょう1日だけでなく、今後も続けられるよう頑張ってほしいです。
この所3、4番の所でしか得点を奪えず、
苦しんでいた打線ですが、爆発をきっかけに乗っていければ。

また投手陣では、朝倉に待望の2勝目が。
この日は久々に序盤から大量の援護点
しかし3回以降、コントロールに乱れが生じ、
5回には、連打で4点を失いもしましたが、
やはり大切なのは、朝倉勝ち星が付くこと
今回に関しては納得いかない投球でしょうが、
ようやく両目が開いたことで、落ち着いてくれるでしょうし、
これからも勝利を重ねてくれることを期待します。


気持ちよすぎるくらいの大勝
3連戦の初戦を取りました。
この流れで一気に、進んでくれればいいですね。
ただ広島市民球場に移動しての第2戦。
先発が予想されていたグラセスキ
この日8回に登板してしまいました。
そうなると、先発は誰になるのか?
相変わらず読みにくいドラゴンズ先発陣ですが、
明日の先発投手に注目したいと思います。


☆ウィナーズ・ボイス(8日)

○中村紀洋
<移籍後最多となる4安打5打点の大当たり。
3回、レフトへタイムリー>
「打ったのは、ストレート。
(先発の)朝倉が頑張っているんで。
今日はとにかく健太(朝倉)に勝ちをつけないと」

<8回、右越え6号2ランホームラン>
「打ったのは、ストレート。
ラバーに当たって、
一瞬(外野手に)捕られたと思いました。
ストレートを押し込んで打つ
バッティングができてよかったです。
うまく押し込むことができて、右方向に打てました」

<3二塁打に3ランと自慢の長打力を見せつける>
「3回の二塁打はうまくタイミングが取れました。
(2回の)1本目はシンでしたけど
(3回の)2本目はつまってましたね。
日ごろ監督からアドバイスをいただいてることを、
実戦で毎日試しているところです。
毎打席、ベンチで監督に言われているから。
まあ今年1年はOKが出ないと思うけど。
ダメなら、またアドバイスをもらって頑張ります」
公式HP、中スポ、サンスポ時事通信
MSN毎日新聞スポニチ名古屋名古屋ニッカン

○イ・ビョンギュ
<2回、左翼フェンス直撃の
先制先制タイムリー二塁打を放つ。
3回にも中前打を放ち12試合ぶりのマルチ安打も>
「打ったのは、ストレート。
久しぶりに得点圏にランナーがいる場面で
いい打球が打ててよかった」
公式HP、中スポ、名古屋ニッカン

○森野将彦
<2試合ぶりにスタメン復帰し、
3回、ライト前にタイムリーを放つ>
「打ったのは、ストレート。
結果が出てよかったです」
公式HP、東京中日、名古屋ニッカン

○谷繁元信
<3回、レフト線へタイムリー>
「打ったのは、チェンジアップ。
うまくヘッドの先にひっかかってくれて、
点を取れてよかった」

<7回、レフト前へタイムリー>
「打ったのは、ストレート。
4点取られて、追加点が欲しい場面だったので
何とか打ちたかった。点が入ってよかった」
公式HP、東京中日)

○タイロン・ウッズ
<4回、レフト場外へ2試合連発となる13号2ラン>
「打ったのは、ストレート。
特大弾? あれは風だよ。
でもまあ、うまく芯でとらえられたね」

<ここ5試合で何と4本塁打。
33試合で13号は144試合に換算すると56本塁打。
日本記録を塗り替えるペースに>
「好調の秘訣? 何もないよ。
甘い球を逃さないだけさ。
日本新記録? 新記録とかは何も考えていないよ。
来た球をミスしないことを考えているだけさ。
コンディションには細心の注意を払ってるから、
年齢なんて感じないよ」
公式HP中スポサンスポ名古屋ニッカンデイリー

○立浪和義
<7回、ライト前タイムリー>
「打ったのは、シンカー。
いい形でシゲ(谷繁)がつないでくれたので、
ダメのダメを押さなければいけない場面だし、
絶好機だったので何とかしたかった。
最近ヒットが出ていなかったし
結果がすべてなので、良い結果が出せてよかったです」
公式HP、東京中日)

○井端弘和
<9回、センターバックスクリーンへの2号3ラン>
「打ったのは、スライダー。
(野手の先発で)一人だけ
(安打が)出ていなかったので、
思い切り振りにいこうと思いました」
公式HP中日新聞名古屋ニッカン

○福留孝介
<5回2死二、三塁、森笠の打球を捕ると、
矢のような好返球で5点目を阻み、朝倉を救う>
「ワンバウンドかノーバウンドか迷ったんです。
その分だけ、(捕手から見て)右にそれてしまいました。
でも、シゲ(谷繁)さんがうまくタッチしてくれたので…。
今までアイツ(朝倉)には
点を取ってやれなかったから…。
これで次は抑えてくれると思うしね」
(東京中日)

○朝倉健太
<6回途中まで4失点も打線の援護に恵まれ
3月31日以来7試合ぶりとなる2勝目>
「今日は3回までリズム良く投げられたのですが、
4、5回はリズムに乗り切れないところがあった。
野手の方が点をたくさん取ってくれたので、
本当は完投を狙わなければいけないのに申し訳ないです。
5回はポンポンと行きたかったんですけど…。
あのへん(連打を受けることが多い)が課題ですね
久々の白星? これで何とか乗っていけるようにしたい。
次回は頑張って投げたいと思います」
朝倉健太公式公式HP中スポサンスポ
時事通信スポニチ名古屋名古屋ニッカン

○中田賢一
<先発要員が、9回にリリーフで調整登板。
1回を1安打2三振無失点で抑え、復調へ歩み出す>
「早く実戦で投げたかった。
(首脳陣に)『投げるか?』と聞かれたので
『投げます』と答えました。
思い切って投げられてよかった」
(東京中日、名古屋ニッカン


◇石嶺打撃コーチ
<豊見城高時代の恩師、栽弘義氏の死去を悲しむ>
「(病状を)聞いていなかったので全然知らなかった。
自分にとっては高校の時からの恩師であり、
さまざまなことを勉強させてもらった。
人生の先生だったので今はただ悲しいし、寂しいです」
名古屋ニッカン


○落合監督
<先発・朝倉について>
「あれ(5回の5点目)が入っていたら?代えてはない。
(きょうは)ケンタに勝ちをつけなきゃしょうがない。
だから言っただろ。
いいピッチングをしても勝てないことがあるし、
ヨタヨタしていても勝つ時は勝つ。それが野球ってもの。
だから辛抱できる時に辛抱しろと言っているんだ」
中スポ、東京中日、サンスポMSN毎日新聞名古屋ニッカン


若竜からの話題。(8日)

◆ウエスタン・リーグ公式戦
広島-中日 10回戦
(8日・広島東洋カープ由宇練習場)
 D 000 000 400 =4
  030 000 000=3
[勝] 中里(8試合2勝)
[S] クルス(10試合4S)
[D本] なし
[D投] 中里、鈴木、クルス
広島東洋カープ、中スポ)


○井上一樹
<7回1死三塁、右前へ決勝適時打を放ち、
チームの勝利に貢献>
「あの打席はかなり集中した。
(ファウルで)粘ることができたしね」
中スポ

○中里篤史
<先発し、6回を4安打4奪三振の3失点。
まずまずの投球を見せた。
「2回はコントロールがばらついて
(3ランで)点を取られてしまったけど、
ゲームの中で修正できたことが収穫です」
中スポ

○小林2軍投手コーチ
<先発の中里について>
「2回は投げ急いでいたが、
4回以降は課題のカーブが決まりだして
内容もよかった」

<2番手で登板し、好投の鈴木について>
「ブルペンでも調子が上がってきている。
本人も手応えをつかんでいるんじゃないか。
もう少し調子が上がれば、1軍に呼ばれてもいける」
中スポ


ベーブルース杯では予選敗退となったものの、
ウエスタンでは首位を走るドラゴンズ2軍
4月30日以来の公式戦は、由宇での広島戦
0-3で迎えた7回、代打・中村公治の四球と
代打・澤井の左前打、そして岩﨑の遊ゴロが
併殺崩れで1死三塁から、
森岡のライト前タイムリーで1点
続く堂上直倫の二ゴロを山本芳彦がエラーし、もう1点
さらに佐竹の一塁けん制で同点となり、
1死三塁から、決めたのが
この日5番・ライトでスタメンの井上選手会長
ファウルで8球粘った末の12球目、
ストレートをライト前へ決勝タイムリー!
粘りの一打でチームを勝利に導いたようです。

投手陣では、今季2度目の先発となった中里
2回には、連続四球の後に
鞘師に抜けたストレートをレフトに運ばれ3ラン
しかしその後は、修正し、6回を4安打3失点。
ただけっこう荒れ球だったようです。
一方、リードした7回から2番手で登板した
鈴木が2回を1安打無失点。
好投を見せ、復調の兆しを感じさせたもよう。
首脳陣からそろそろ1軍の声も聞かれたようです。


PS 今夜の渡邉選手。

◆渡辺がFA資格

中日渡辺博幸内野手が8日、
フリーエージェント(FA)の資格取得条件を満たした。
権利行使の意思はないという。
中日一筋12年目の渡辺
「FA権を取得するまで野球をすることが
入団時の目標。名誉に思う」
と話した。
(東京中日、サンスポスポーツ報知

この度、我らが渡邉選手
取得条件を満たし、FA権を取得致しました!
福留岩瀬の方にばかり頭が行っていて、
恥ずかしながら、このことは全く知らなかったので、
驚くと同時に、ドラゴンズで12年目、
「よく頑張ってくれた」と大いに讃えたいと思いました。

ところで取得記念日となったこの日のゲーム、
8回1死、レフト前ヒットで出たウッズに代わり、
代走での登場。そして一塁の守備固めに入りました。
そして9回、1死一塁で久々の打席が!
広島5番手・河内と相対し、
初球、内角低目のスライダーに中途半端な空振り、
2球目ファウル、3球目ボールのあとの
カウント2-1からの4球目、
内角低目のスライダーに力なく空振り三振
先発野手の良い流れには乗り遅れ、
今季初安打はまたもお預けとなりました(.000

ところで今朝の中スポ紙面には、
FA権を取得した渡邉選手のコメントが出ていたようです。
なんで、東京中日は載せないんだ!と
怒ってもしかたないので、以下紹介↓

◇渡邉博幸
<フリーエージェント(FA)の資格を取得>
「入団したときにFA権をとるまでは
野球を続けたいと思っていたからね。
目標だったわけだからうれしいよ。
どうするか? ご想像の通り、行使するつもりはないよ。
(入団したころは)FA権をとったら
どういう使い方をするんだろうと考えていた。
7、8年経つと自分の力が見えてくるからね。
1日も無駄なく、余力を残すことなく練習してきたから、
この日を迎えられたんだと思う。
これからの目標はいかにケガなく過ごして、
1試合でも多く勝利に貢献することだね。
(宣言は)あと2年も早く取得していたら考えたかもね」

(中スポ)

ちなみに『権利行使の意思はない』とのこと。
これからもドラゴンズ渡邉選手として、頑張ってください!




コメント

いや~、久しぶりに気持ち良かったです。
ヒヤリとしたのは4点を取られたイニングのみ。
あとは余裕のテレビ観戦でした。

ノリ選手の完全復調は心強いですね。
このところ「Number」「SPA!」と雑誌にも
頻繁に登場しているノリ選手。やはり常に
注目の高い選手なんですね!

Toshikichiさん、こんにちは!

昨日の試合は、実に収穫の多い試合でしたネ^^
イの(まさかの?)先制タイムリーで勢いがついたのでしょうか。
下位打線の大爆発、立浪選手の久々ヒット&タイムリー、
不安定気味だった中継ぎ投手がビシッと抑える!などなど・・。
森野選手の復帰にも、胸をなでおろしました。

ノリ、イの6番7番が打ち出すと、本当にコワイ打線になりますね。
今日も快勝を期待します!

ナベさんFA資格条件満たしたんですね。
そんな大切なことを忘れるなんて、
閣下もお人が悪い。:-)

それにしても、中田の調整登板ができてよかった。
大差で勝つのはもちろんいい事なんだけど、私としては
先の横浜第3戦のような接戦をモノにできるようにならないとなかなか上にあげれないと思います。
まだ悲観するときではありませんが、
昨年のドラがそうだったように、
今年はウサギの失速は期待せず
貪欲に勝ちを拾って欲しいですね。
いい投手からはなかなか点が
とれないので、我慢して競り勝つ力がとても欲しい。

渡邉選手、FA資格取得おめでとうございます。

あと2年早く取得していたら考えていたかも?
って今は行使せずで良かったです。
Toshikichiさんも悩まずにすみますし。。。

打線爆発の次の日はちょっと心配ですが
大振りしないで、キッチリ野球で勝ってもらいたい。

昨日は打線の大援護もあり、朝倉投手に勝ちが付きましたが
突然6回に崩れるなど不安な一面ものぞかせています。

中田投手も登板し、今後の先発復帰に向けたいい調整になれば
いいのですが・・・。

今日の相手は大竹投手が予想されています。
大勝の後は貧打になりがちですが、ここはひとつ
気合を入れ直し、4度目の正直で大竹投手を攻略して
もらいましょう。

渡邉選手はドコへも行かないですよね!
ドラゴンズの渡邉じゃないと!
私も信じてます。

昨日はホントによかったです。
朝倉も昨日は大目に見てあげるって感じ。
後半出てきた投手が抑えたのが、
よかったなりよ。
しかしグラセスキも出ちゃったじゃん?!
今日はダレでしょうか?
Toshikichiさんがわからないなら、
私にわかるわけないわね。。。。

とにかく昨日のような楽な展開には、
さすがにならないでしょうが、
きっちりとした試合をして欲しいです。

みなさんコメントありがとうございます!
注目された今夜の先発、浅尾投手となりました。
おそらく中継ぎ陣を繋いで行くのでしょうが、
できるだけ援護してあげてほしいです。

>ドライチさん
あんなに攻撃時間が長いのは久々でした(^^)
やればできるじゃないかも連発でした。

中村紀洋選手、ようやく上がってきましたね!
メディアの取材はチームでもトップクラスのようですし、
改めて全国区なんだなと感じます。

>daojing(妻)さん
イ選手のは、やはり「まさか」ですよ(^^)
6日の横浜戦の9回に良い当たりがありましたので
その流れかもしれませんが、
思わず「(ヒットが)出た!」と言ってしまったくらいです。

連休も終わり、いよいよ選手たちも本気モードかも。
川相コーチも言っていましたが、
気温とともに調子も上昇と行ってほしいです!

>Frantz von Marinedolfさん
大学-社会人出身なもので、
取得に時間がかかると思っていましたが、
1軍にいる期間が意外に長いんですよね。
オフの楽しみが増えました(^^)

それはさておき、中田投手。
今回はいい球を放っていました。
やはりハートの面なのでしょうか。

上に立つためには競り勝っていかないといけないですね。
早く態勢を整え、いい勝利を重ねてほしいです。

>ドラゴンズブルーさん
渡邉選手の性格上、宣言します!
なんてことはないでしょうが、
声をかけてきたら困りものですよね(^^ゞ
まあもう少し打てるようにならないと。

今夜は浅尾投手ですから、
16点取れとは言いませんから、せめて5点はほしいです。

>りくぶっちさん
中田投手、これがきっかけになってほしいですね。
球威はありますから、あとは制球ですね。

大竹投手、やはり出てくるようですね。
昨夜の再現とまではいかなくていいので、
打線が繋がり、チャンスを作ってほしいです。
4度目、期待しましょう。

>ontheway2uさん
渡邉選手、ドコへも行きません(^^)
逆に渡邉選手はドラゴンズだからこそ
これだけ長くできたくらいですし。

今夜は浅尾投手の先発ですよ。
自分はいつも予想を外すので、
やらなくて良かったとホッとしています。
完投しろとは言いませんから、
できるだけ長いイニング、
力のあるボールを投げ込んでほしいです。

取り合えず、残留宣言おめでとうございます。
やっぱナベさんはドラの顔ですから
ドラ一筋で頑張ってもらいましょう!!

昨夜は、本当に気持ちが良かったです。
(虫だけは気持ちが悪かったですが(^^ゞ)
打線が久しぶりに線になって大量得点。
6、7番が打てば、こうなるんですね!!
今日も良い感じですね。

コメントありがとうございます!

>daiさん
広島の黒田投手ではないですが、
ドラゴンズブルー以外のユニを着た
渡邉選手は想像が付きません。
まずは今年で勇退にならないこと。
そして太く長く生きていくことを願っています(^^)

昨夜も快勝でしたね。
広島市民球場は虫が少なくてよかったです。

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ