« 福留ついにFA権取得と、若竜ドミニカデビュー。 | トップページ | 朝倉山井久本弾丸調整登板、竜戦士札幌入りを前に。 »

2007年10月24日 (水)

53年ぶりに向けて、ドラゴンズ練習再開!

球団史上初の2年連続日本シリーズ出場を決め、
来る27日から北海道日本ハムと対戦するドラゴンズ
53年ぶりの日本一を目指し、この日午後から
地元・ナゴヤドームで練習を再開しました。
昨季の雪辱を果たすべくシリーズでの必勝を期す選手たち
そのなかから集まったコメント等をどうぞ。


◇川上憲伸
<練習再開初日に、意気込みを聞かれ>
「(今年)最後の決戦ですからね。
いつ投げるかは言われていませんが、
投げても2試合だと思うので、
悔いのないよう全力で戦いたい。
チームに貢献できるように、精一杯頑張ります」

<今年もダルビッシュと投げ合う可能性があるが>
「ダルビッシュ? 相手もいつ投げるか、分からないけど…。
人のことより、自分のことを考えて、できることをアピールしたい」
中スポサンスポ時事通信スポニチ名古屋名古屋ニッカン

◇中田賢一
<シリーズ2戦目の先発が予想される。
4回1失点で負け投手の昨年のシリーズ第4戦、
今季初完投も9回サヨナラ負けの今季の交流戦。
札幌ドームで先発した過去2試合の投球内容に>
「悪いイメージはない。
もう悔しくはないですよ。気持ちは切り替わった」

<さらに敵地の札幌ドームも気にする様子もなく>
「ナゴヤドームに似ている。
声援? 甲子園よりも小さいかなあ」

<2度目の日本シリーズは同じミスは犯さない>
「日本ハムは総合力がある。
目の前のバッターに向かっていきたい。
思い切って腕を振るだけ。
1点が重くのしかかってくると思う。
四球や暴投が失点につながる。
僕の場合は完ぺきにできないので、それに近づくよう頑張りたい」
中スポ名古屋タイムズ

◇岩瀬仁紀
<CSの疲れが残っていることもあり、
練習再開のこの日はクールダウンに努める。
日本シリーズもフル回転を誓う>
「疲れはあるけど、何とか処理したい。
(日本シリーズは)移動日があるんで
(登板)間隔はあきますから、また感覚が違いますね。
でも、自分の投げるところは決まっていますから。頑張ります」

<北海道日本ハム打線については>
「新庄さん、小笠原さんが抜けたけど、
日本ハムは去年より強いかもしれない。
テレビで見ているだけですけど、後半戦の粘りはすごいですね」

<日本シリーズでの必勝を宣言>
「今年は勝たないと。CSで優勝した意味がない。
ウチはセの王者じゃないですから。
リーグの代表で出ているようなものだし。
ここ最近はパ・リーグに負け続けているし、
ずっとやられてきていますから、
セ・リーグの代表として、何とか勝ちたい。
やっぱり日本一になりたいんです」
(東京中日、スポニチ名古屋名古屋ニッカン

◇近藤投手コーチ
<ナゴヤドームでの全体練習に
別メニューで参加した朝倉、山井、久本が
遠投で腕の振りをチェックしたことに>
「ブルペンで投げることも大事だけど、遠投もやった方がいい」
中スポ


見せるぞ落合日本一!2日間の休養後、
この日午後2時から
およそ2時間行われた練習。
投手陣はキャッチボール、
ランニング、ダッシュなど。
一方、野手陣がフリー打撃や
バント練習と、シーズンと同じ内容。
静かな雰囲気で、淡々と汗を流していたようです。
そんななか、まずは投手陣から。
おそらく開幕投手を任されるであろう憲伸は、
この日本シリーズを「最後の決戦」と称し、
全力で悔いのないよう投げたいと熱い意気込みを。
また岩瀬は、CSの第2ステージ、3戦連続の
イニングまたぎもあったということで、
この日の練習はクールダウンに終始。
それでも日本シリーズへの意気込みを示し、
注意すべき打者に昨季のシリーズMVP・稲葉を挙げました。

ところでCSでは登板がなかった朝倉、山井
さらに第1ステージ1/3イニングのみの登板となった
久本が急きょ、別メニューで練習後、宮崎へ移動。
きょう24日のフェニックスリーグ・対北海道日本ハム戦に
調整登板することになりました。
やはり登板間隔が空きすぎたということでしょうか。
相手が北海道日本ハムだけに、情報漏れも心配ですが、
ブランクを埋めないといけませんしね。
まあ相手のユニホームを見たら、
来るべきシリーズ登板をイメージして、燃えてくるかもしれません!


◇荒木雅博
<3日ぶりにバッティングに汗を流し、明るい表情>
「いい感じです。
今日は体を慣らした程度。これから上げていきたい」

<もちろん1、2番の役割の大きさを理解。
ダルビッシュ攻略の秘策を検討中>
「いい投手だから、そうそう甘い球は来ないですよ。
甘い球がきたらしっかり振りたい。
出塁したら足で揺さぶる? それが一番ですね。
いかにして1点、2点と取っていくかが大事。
ダルビッシュ攻略法? いろんなことを考えてます」
中スポ12スポーツ報知毎日jp名古屋ニッカン

◇井端弘和
<20日に左ひじに死球を受けたが、
この日の練習には元気に参加、回復をアピール>
「ひじ? 忘れてた。気にせずやれましたよ」

<再び戦う北海道日本ハムについて
攻略には立ち上がりの先制攻撃が重要>
「向こうも、こっちもピッチャーがいいから接戦になる。
1、2番が出れば、得点できる可能性が高くなりますから。
取れる時に点を取りたい。
何勝何敗でもいいから、4勝できればいい」
中スポスポーツ報知名古屋ニッカン

◇高代野手総合チーフコーチ
<53年ぶりの日本一へのキーマンに
荒木、井端の1、2番を指名>
「(1、2戦目の)DHを誰にするかよりも、1、2番が大事。
1、2番の出塁率が重要になる。
それは(阪神、巨人をに5連勝した)
クライマックスシリーズを見ても分かるでしょう。
CSで巨人と阪神がなぜ負けたかを考えないと。
日本ハム相手でも変わりません」
スポーツ報知名古屋ニッカン


◇立浪和義
<第1、2、6、7戦は指名打者制となるが、
昨年同様、ベテランが大役を務めることになりそう>
「(クライマックスシリーズに勝って)
みんながくれたチャンス。
シリーズでは指名打者もあるわけですし、
そう言われても結果を残せるように
しっかりと備えておこうと思っています。
監督からは何も言われてない。
DH? 自分ではそう思って頑張ってます」
中スポサンスポスポニチ名古屋

◇タイロン・ウッズ
<2日間の完全休養を経て、この日から練習を再開。
DHについて、昨年までは試合のリズムを壊したくないから
守備に就くことを望んでいたが、今季は落合監督に一任>
「DH? それは監督が決めることだ。
守備も指名打者もどちらでもOKだ。
チームの中の兼ね合いはあるだろうし、やれという方をやるさ。
でもオレは、日本一になりたいんだ。
そのためなら、何だって、やるよ」
中スポサンスポスポニチ名古屋

◇中村紀洋
<フリー打撃では48スイングで、8発の豪快弾も披露。
腰にコルセットを巻き、痛み止めの薬を服用して、
鋭い打球を連発。三塁でのフル出場を覚悟も、
体調次第では指名打者という選択肢もあり得るが>
「あと4試合勝てばいい。
指名打者? 立浪さんで決まってるんじゃないですか。
腰の負担? ウーン、まだ分かりませんが…。
立っているだけで両足がしびれるんです。
でも、『忘れもの』を取るために頑張りますよ。
今度は絶対に逃しません」

<立浪の打撃練習中、ケージ後ろで
しゃがみながら、立浪の足元をずっと観察>
「立浪さんのフリー打撃で足の動かし方を見て
参考になりましたよ。いいお手本がいて有り難いことです。
詳しく? それは『企業秘密』です」
中スポスポニチ名古屋デイリー

◇森野将彦
<ウッズ、中村紀洋のDH次第では
先発三塁で出場となるが、が笑い飛ばし>
「ノリ(中村紀洋)さんの
内野守備練習を見てたけど、大丈夫ですよ」

<北海道日本ハムのエース・ダルビッシュに対し、
昨年の日本シリーズでは5打数4安打。
しかし警戒する言葉ばかりが口をつく>
「たまたまです。
かなりいい投手なんで打つのは難しいです。
ダルビッシュは、やっぱりいい投手ですよ。
そう簡単には打てないです。
去年? たまたまいい所に落ちたヒットもあったし…。
今年はまた違うでしょうね。
結構、投球が荒れているんですよね。
荒れているからこそ、突然ストライクゾーンに来た
いい球を打つのが難しいんです。
とにかく見極めるしかない? そうかもしれません」

<今年のCSでは、第1ステージは打ちまくったが、
第2ステージは3試合で2安打とやや低迷。
この日の打撃練習では、修正点を確認>
「ピークにあった調子が普通に戻っただけです。
そんなに心配してません。
去年はダルビッシュを打ったけど、
その後は全然打てなくてチームに迷惑かけましたから。
今年はどの投手も打ちたいです」
中スポスポニチ名古屋

◇平田良介
<プロ2年目、19歳が日本シリーズの舞台に立つ。
中日選手の10代でのシリーズ出場は、
88年の立浪、上原以来。19年ぶりのチャンスに>
「いよいよですね。
ぼくの場合は試合に出られるように頑張ります。
シリーズでも先発で出たい。アピールしたいです」
中スポ

◆英智
<2軍で打撃&守備練習をすでに再開。
この日もナゴヤ球場でシートノックを受け>
「まだ、4速とか5速に入れるとき
心配がありますが…。やれることをやるだけ」
サンスポ


◇落合監督
<打撃ケージ後方で、選手の動きを、熱心に観察も
相変わらずいつも通りのコメントを貫き>
「まだ何も考えていません」
中スポサンスポスポーツ報知
毎日jpスポニチ名古屋名古屋ニッカン


一方、野手陣では、札幌ドームで採用される
DH(指名打者)についての話題が。
投手力のある北海道日本ハムに対し、
破壊力十分のオーダーを敷くために起用されるDH
その候補として、中スポには、
大本命の立浪、守備重視のウッズ
そして体調考慮の中村紀洋の3案が出ていました。
順当に行けば、立浪になってきそうですが、
何番に据えるかも気になりますね。
CSの打順の流れが良かっただけに、
平田7番か、投手9番という感じの方が機能するかも。
ただイ・ビョンギュの調子次第では
6番に起用という手もあるかもしれません。


しかし野手陣を仕切る高代コーチによると、
DHよりも重視されるのが、1、2番の出塁。
キーマンに、荒木井端を挙げていました。
阪神との第1ステージの初回が象徴するように、
いかに上位打者が塁に出て、を駆使して、
かき混ぜ、揺さぶることができるか。
特に立ち上がりが良くないと言われる
相手のエース・ダルビッシュに対して効果があり、
シリーズの流れを左右しそうと言われています。

さらに昨季のシリーズの1、2番の成績は、
ドラゴンズ1番・荒木が、打率.111、出塁率.200。
2番・井端が打率.200、出塁率.238と抑え込まれた一方で、
北海道日本ハム1番・森本には、打率.368、出塁率.455
さらに2番・田中賢介には、
打率、出塁率こそともに.313ながら、
シリーズ最多となる犠打を6個も決められる始末。
同じタイプのチームだけに、その働きの差が、
如実に勝敗に出てしまったカタチとなりました。

ダルビッシュにしろ、グリンにしろ
なかなか得点が取れない投手だけに
得点を奪うには、いかに細かいプレーができるかがカギ。
そして、その辺の役割を担うのは、ドラゴンズではアライバ
足とバットでのチャンスメークで、1点、2点と加点したい。
特に盗塁王・荒木の出塁に期待したいですね。
足攻速攻を決めるべく、より一層準備を進めてほしいです。


ナゴヤからの話題。(23日)

◇西川球団社長
<FA権を取得した福留の引き留めに
来年からは兼任コーチプランが浮上した立浪と、
将来的に同じ道を歩ませる準備があることを示す>
「本人が望むのであれば、幹部候補として、
その先(指導者)の道も用意するつもりでいます。
立浪には来年(打撃)兼任コーチをお願いしようと思っているが、
それと同じようにできればいいんじゃないか」

<『終身雇用』を想定した長期契約を提示する考えも示す>
「球団としては(福留に)現役の時は
ドラ(中日)のユニホームを全うしてほしいと思っています」

<金銭面については>
「(交渉窓口の)伊藤君(代表)、
井手君(編成担当)と話し合って、
最終的には私が(白井)オーナーと話し合って決める」

<最大限の誠意を持って流出を食い止める。
長期戦辞さずの姿勢も打ち出し>
「(福留が)FA宣言するしないに関わらず、
イの一番に交渉しようと思っている。
宣言した場合には他球団の条件を聞いてくれていい。
その上でまた話し合う。ウチは急ぎません」

<今年8月にFA権を取得した岩瀬についても
同様に『幹部候補生との認識を示し>
「孝介(福留)同様に、岩瀬にも最後まで
ドラゴンズのユニホームでやってもらいたいと思っている。
その後? それも孝介と同じです」
スポニチ名古屋名古屋ニッカン

◇伊藤球団代表
<福留との残留交渉を日本シリーズが
終了する翌日にも行いたい考え>
「日本シリーズの翌日にも福留君と会う。当然可能性はある」
スポーツ報知スポニチ名古屋

◇井手編成担当
<この日、球団役員会に出席。
日本シリーズ終了後に行われる福留への慰留交渉に関し、
球団側の条件提示がほぼ固まっていることを明らかに>
「福留への提示? (西川)社長からだいたいね。
条件は詰めているところ。きょうも社長と話した。
FA宣言なら4年の複数年? それが一般的ですね。
黒田(博樹・広島)みたいに行使せず
1年(残留)ということもある。
彼(福留)にそういう希望があるのかは
分からないけど、もしそうであれば考える。
彼が何を考えてるのかが分からない。
こちらとしては、いろいろなパターンを想定します。
すべてを考えて条件を詰めている。
彼に意見があるのなら、それを踏まえて
改めて検討したい。そういう余地はある」
中スポスポーツ報知スポニチ名古屋デイリー

◆福留孝介
<FA権取得から一夜明けたこの日、
ナゴヤ球場でキャッチボール、外野ノック、トス打撃と
精力的に右ひじのリハビリメニューを消化。
FA権を行使するか否かについて、結論を急がない考えを示し>
「決断はチームの全日程終了後? それはもちろんです。
具体的な条件を早く聞きたい? それはこっちの事情。
(FA権行使の決断は)早くと個人的には思うが、
今はチームが大事な時期だしね。そううまくはいかない。
ボクの予定より社長、代表の予定が優先なんじゃない?」

<クライマックスシリーズ第2ステージ前に
球団首脳と話し合ったことも明かす。
球団側が慰留に全力を尽くすことについて>
「引き留める引き留めないにかかわらず、
まだ何もしてないわけだから」

<FA権取得については>
「そういうことができない人がいる中で
(FA権を)使えることはいいことじゃないですか」
中スポサンスポスポーツ報知
毎日jpスポニチ名古屋名古屋ニッカン


22日に、FA権を取得した福留
その福留を振り向かせ、引き留めるべく、
球団側は、さまざまな条件を用意しているようです。
中スポには『4年の複数年』としか出ていませんでしたが、
スポニチ名古屋や名古屋ニッカンには、
『超長期契約』『監督手形』という
破格の条件も用意していると報じられました。


『監督手形』という
思いも寄らぬ条件もあって、少々驚きましたね。
その他にも臨機応変に対応する構えをみせるフロント陣
今回は結構、やる気がうかがえます。
これからも様々な情報が飛び交うかもしれませんが、
それでもすんなり行きそうもないのが、
「何を考えているのかわからない」
福留福留たるところだったりもしますが…。
FA宣言するか否かの決断は、日本シリーズ終了後になりそうです。


若竜からの話題。(23日)

◆フェニックス・リーグ
中日-巨人
(23日・ひむかスタジアム)
  014 170 000 =13
  000 300 000 =
[敗] 清水昭信
[D本] なし
[D投] 清水昭信、佐藤亮太、石川、齊藤、金剛
公式HP巨人公式フェニックス・リーグ特設

【ゲームレビュー】
先発・清水昭信が2回、のタイムリーで先制を許すと、
続く3回、坂本、円谷の二塁打など打者一巡の猛攻で4失点
5回、無死満塁からの登板となった2番手・佐藤亮太
巨人打線の勢いを止めきれず、松本、坂本のタイムリーに
押し出しを含む4安打を集中され、この回打者12人で一挙7失点
前半で13失点となり、試合を決められた。
攻撃陣は4回、巨人先発・深沢和帆を攻め、
西川四球、森岡ヒットで1死一、三塁から
堂上剛裕が右中間にタイムリー三塁打。
さらに2死三塁から堂上直倫が右越えのタイムリー二塁打と
3点を奪ったものの、その回以外は得点できず、3-13と大敗。
公式HPより)


●高橋2軍投手コーチ
<先発し、4回0/3を12安打9失点の清水昭信に厳しい評価>
「新しい変化球
(スプリット・フィンガード・ファストボール)を
試したが、決まるところと決まらないところがはっきりとしていた。
全体的にボールが高く、いいところが全くなかった」

<5回無死満塁からリリーフ登板し、、
1回を4安打2四死球4失点の佐藤亮太については>
「満塁の場面での中継ぎが初めての経験だと思うが、
こういう場面での精神力をもっと鍛えてもらいたい」
中スポ


フェニックス・リーグも残り2試合。
ひむかスタジアムでの巨人戦は、
先発・清水昭信、2番手・佐藤亮太が打ち込まれ、
2人で合計16安打、13点を奪われる大炎上
今季まれに見る大敗となってしまいました。
新球・SFFを試したという清水昭信
これを教訓に秋季練習では制球が付くよう鍛錬です。
そして24日はいよいよ最終となる対北海道日本ハム戦
1軍のローテ投手である朝倉、山井、久本ら
日本シリーズに向けての調整登板をする予定ですが、
ぜひとも日ハムを叩いて、有終の美を飾りましょう!




コメント

山井投手、健太投手が、この時期に
宮崎へ飛んだということは、両投手は札幌での
先発はなさそうですね。となると、第1戦は
憲伸投手で間違いないでしょうが、第2戦は
やはり中田投手or小笠原投手でしょうね。
私的には、最近のリズムどおりに中田投手は
日曜日の先発がいいと思いますが……。

平田選手、10代での日本シリーズ出場となると、
なんと19年ぶりなんですね。上原投手、懐かしいです。
精悍なルックスと、スピード&キレのある速球が
とても印象的な好投手でした!

選手達、CSで疲れた体をちゃんとケアできたのでし
ょうか?
特にCSで出番が無かった選手達は調整が難しいと
思いますが日シリに向けてしっかり体調を整えてほ
しいですね。

福留の契約も気になりますが、まずは日本一。
交渉は日本一を勝ち取ってからじっくりやってください。
もちろん残留でね。

Toshikichi師匠 今晩は

今日札幌に向けて飛ぶようですね

昨年のシリーズは、ファイターズの1,2番がよく働きましたからね。 うちの1,2番とはタイプが違うように思いますが、どちらが早く機能するかが鍵となりそうですね。

タイロン選手も2戦目からがらりと攻め方が変わり、最後までらしい活躍が見れませんでした。

今年はやってくれるでしょう。

孝介選手の去就も気になるところですが、監督手形というのはいかがなものでしょうか? 他の選手とのバランスもありますし・・・。

みなさんコメントありがとうございます!
昨夜は爆睡でなんと9時間半も寝てしまいました
いよいよ日本シリーズまであと2日。
ドラゴンズも札幌へと移動、風邪に注意ですね。

>ドライチさん
ともに3イニングずつ投げた両投手。
初戦はないにしても、2戦目だと中3日。
ちょっと難しいかもしれませんね

上原晃さん、懐かしいですね。
あのストレートは覚えていますよ。
久々に名前が出てきて「いたよいたよ」と喜びました!

>りくぶっちさん
疲れは完全に取れないながらも
リフレッシュが出来たことは大きかったでしょう。
ゲーム以前に体調管理は慎重にですね

福留選手、できれば残ってほしいですね。
黒田方式でもいいですから、来季も姿を見たいです!

>dragons1999さん
森本選手よりも田中賢介選手がイヤですね。
小技が効く選手ですし、しっかり注意して行きたいです。

監督手形、驚きましたね
立浪選手ならわからないでもないですが…。
NYに注目されているという岩瀬投手とともに注目です。
ちなみに我らが渡邉選手もFAだったりします

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • COMING SOON

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ