« 井端ノリCS間に合うかと立浪コーチ兼任へ。 | トップページ | 逆襲へまず虎退治、クライマックスシリーズ今夜初戦! »

2007年10月12日 (金)

救世主?秘密兵器?平田良介大きな期待。

平田、スタメンあるぞ「7番センター」 
トラ退治やる気!やる気!!


クライマックスシリーズ(CS)第1ステージまであとわずか。
2日前となったこの日のドラゴンズの全体練習は、
投内連係やシートノックで守備の基本を再確認したもよう。
そのなかでレギュラーをおしのけ、
センターの守備位置に入ったのが、2年目の平田
シーズン終盤に頭角を現した背番号8は、
どうやらCSでもスタメン抜擢の可能性が濃厚。
ケガ人が多い野手陣の救世主となるかもしれません!?


ナゴヤからの話題。(11日)

◇平田良介
<シート打撃でセンターに入り、
CS第1ステージスタメン出場の可能性が出てきた。
2年目の最後にビッグチャンスを迎え>
「スタメン? ボクは何も言われていませんが…。
出るつもりで、やる気を出しています。
今、この場所にいられることが信じられないぐらいですから。
どうなるかはわからないですけど、
もしチャンスがあるんだったら、一生懸命にやるだけです」

<フリー打撃で打席に入ると、
ベテラン・立浪に見守られ、時折アドバイスも>
「バッティングはいい感じです。
立浪さんに教えていただいているおかげだと思います」

<第1ステージで対戦する阪神投手陣について。
ウエスタンで対戦したことのある上園に話が及ぶと>
「あまり覚えてないです。
下柳さんはテレビでしか見たことがないけど、
すごくコントロールがいいので
狙い球を絞っていかないといけない。
安藤さんは自分が出ていない(ウ・リーグの)試合で
投げているのを見て、ボールが早くてコントロールがいいと思った」
(中スポ、サンスポスポーツ報知
スポニチ名古屋名古屋ニッカンデイリー

◇高代野手総合チーフコーチ
<平田のCSスタメン起用についてその可能性を示唆>
「(平田の)先発? 使えるだけのものは持っている。
守りもセンスがある。どこに出しても恥ずかしくない。
井端の有事に備えての布陣? 井端がどうであろうと平田は出る。
あとは、使うかどうかを決めるのは監督」
(中スポ、サンスポスポーツ報知スポニチ名古屋名古屋ニッカン

◇立浪和義
<打撃ゲージ裏から若手のスイングをチェック。
平田にはアドバイスを送る>
「ああやって結果を残しているんだから
自信をもってやってほしい。
自分も順調に来ています」
(東京中日)

◇イ・ビョンギュ
<シーズン中は中堅のレギュラーも
この日のシートノックで右翼を守る。
右翼でフル出場したのは1試合のみだったが>
「打球の見え方が違うけど、それは問題ない」

<シートノックで外野の練習を終えると、
一塁で守備練習を行い、併殺プレーもそつなくこなす。
韓国ではプレーオフには計6度、シリーズには計3度出場>
「プレーオフの心構え? 
まあ、しっかりコンディションを整えることかな。
短期決戦ではとにかく最初の試合を勝つことだよ」
中スポ名古屋ニッカン

◇高山通訳
<イ・ビョンギュの一塁守備練習について>
「監督の指示ですね。
高校生の時もやっていたみたいだし、
向こう(韓国)でも年に1、2試合ほど
一塁を守っていたみたいです」
中スポ


◇井端弘和
<この日からフリー打撃は再開。
4日ぶりのスイングだったがごく軽め。
約10分、感触を確かめるようにバットを振る>
「打ったうちに入りません。
インパクトの瞬間に(右手を)外していましたから」

<シートノックにも中村紀洋とともに参加せず。
決戦2日前でもフルメニューをこなせないが
クライマックスシリーズ出場へ強い意欲を示す>
「あした(12日)はもっと打つと思います。
試合に出るつもりで調整しています」
中スポスポニチ名古屋名古屋ニッカン

◇中村紀洋
<この日も打撃のみで守備練習は行わず。
スイングも感触を確かめる程度にとどめる>
「(腰の状態は)見ての通り。2割ぐらいです」
(東京中日)

◇川上憲伸
<CS第1ステージ初戦の先発が濃厚。
エースは他球団のことを意識せず、自身の投球に集中。
練習後、入念なマッサージを受け、足早に帰路に>
「パ・リーグのCS? 時間がなかったので見てませんよ」
スポニチ名古屋

◇岩瀬仁紀
<ランニング、キャッチボールなどで汗を流す。
守護神はCS第1ステージでの出番を熱望。
イニングをまたいでの登板など、スクランブルOKを宣言>
「やってみないとどうなるかはわからないけど、
当然、頭には入っているよ。
絶対に勝つしかないわけですから。行けるときは行く。
個人のことは関係ない。チームが勝てばいい」
中スポ名古屋ニッカン


ナゴヤドームでこの日行われたシートノック
守りに入った外野手の守備位置は次の通りでした。
レフトに上田、新井、森野(三塁、遊撃も)が入り、
ライトには、通常センターのイ・ビョンギュが、
そしてセンターには、平田藤井とともに入りました。
英智をケガで欠き、井上、中村公治が合流するとはいえ、
フリー打撃の間の守備では早川コーチが寄り添い、
マンツーマンで指導するなど、急ピッチ。
それでも打球を追うスピードや強肩などセンスを見せた平田
井端、中村紀洋などケガ人の状況にもよりますが、
2年目の若竜が大舞台でスタメンに抜擢される可能性は
どうやら高くなっているようです。
この日の練習の帰り際、初対戦となる阪神投手陣の投球と
自身の打撃フォームを収録したDVDを手にしていた平田
大きな舞台でのチャンスを前に、
やる気も十分に握りしめていたようです。


立浪「兼任コーチ」とともに(^^)右肩、右手首痛の井端に、
腰痛の中村紀洋
満身創痍の野手陣。
ともに前日よりは
良くはなっていますが厳しい状況。
そんななか明るい話題
なってきそうなのが、平田ですね。
ナゴヤのマスコミやスポーツ各紙でも
『救世主』、『秘密兵器』などと取り上げ、
その期待のほどが十分に伺えます。
シーズン残り数試合というところで1軍に昇格し、
ナゴヤドームでの広島戦では、押し出し四球で初打点
神宮での東京ヤクルト戦では、プロ初安打となる2点タイムリー。
さらに最終戦の横浜戦では、
クルーンの158キロ討ちなど、プロ初の猛打賞
ここに来て、打撃での成長をアピールする平田
守備はキャンプ時から評価されていただけあり、
手薄な外野でのスタメン起用も十分にうなずけるでしょう。
さらに6、7番という打順でことごとく巡ってくる勝負運
それを大事にするとともに、期待したいですね。

1軍での経験が少ないだけに、
時として若さが出てくるであろうというのは十分承知。
ただ平田本人には、無我夢中でやってもらいたいですね。
勢いがモノを言いそうな短期決戦
特に第1ステージは、2戦先勝の3試合しかないだけに
とにかく思い切り良く、阪神に向かってほしい。
大きなチャンスをぜひともモノにしてもらいたいです。

「どこに出しても恥ずかしくない」
高代コーチが太鼓判を押す平田
後は落合監督がこの若竜をどう使っていくのか。
あと1日に迫ったクライマックスシリーズ
初戦のスタメンに、大いに注目したいと思います。


その他の情報では、今朝のサンスポに、↓が、
福留はFAせずに中日残留へ…手術費用球団負担が要因
(サンスポ)

阪神側そのような情報で動いているようで。
定かではないですが、まあ悪い気はしないかなと…。


若竜からの話題。(11日)

◆フェニックス・リーグ
巨人-中日
(11日・南郷町中央公園野球場)
  000 000 002 =
  000 000 03× =
[敗] 金剛
[D本] なし
[D投] 清水昭信、高江洲、金剛
公式HP巨人公式フェニックス・リーグ特設

【ゲームレビュー】
先発の清水昭信が好投。
巨人打線を6回まで3安打無失点。
2番手・高江洲も1回を2三振無失点に抑えるが、
8回ウラ、3番手・金剛が3連打で満塁のピンチに
痛恨のワイルドピッチで失点。
その後も梅田浩のタイムリーなど
この回合計5連打を浴び、3失点
攻撃陣は、9回に相手投手の乱調に付け込み
中村一生のタイムリー二塁打などで2点を奪うも、
逃げ切られてしまい、同リーグ3連敗
公式HPより)


●清水昭信
<先発で好投。低めを意識した投球で
巨人打線を6回4安打無失点に抑える>
「ストレートはしっかり腕を振って、
変化球は抜けないように心掛けました。
ストレートは良かったです。
指に掛かったし、思った所に投げられました。
スライダーが今一つ…。
次も低めに制球して、テンポよく投げたい」
公式HP、中スポ)

●高江洲拓哉
<2番手で登板。1回を1安打2奪三振無失点>
「今日は、腕が振れました。変化球が少し高かったです」
公式HP


●岩﨑達郎
<1番・遊撃で先発出場し、4打数無安打も
右肩痛および右手首痛でCS出場が危ぶまれている
井端のサブとして、1軍に緊急招集されることに>
「聞いたときは驚きました。
登録されるか分からないけど、
呼ばれたからには思い切ってやりたい」
中スポ

●井上一樹
<5番・ライトで先発出場。
8回に中前に鋭いヒットを放ち、2試合連続安打。
1軍合流が決まり、中村公治、岩﨑とともに
宮崎空港から最終便で名古屋へ>
「鼻息を荒くせず、冷静にいきたい」
(中スポ)

●中村公治
<3番・中堅で先発出場。4回に右前打を放ち、
3試合連続安打。1軍合流が決まり>
「練習でも、どこでも精いっぱいやるだけです」
(中スポ)

◇高代野手総合チーフコーチ
<故障者続出の1軍外野陣が手薄な状況。
フェニックス・リーグに参加している
井上らの1軍昇格の可能性について>
「(宮崎から)3人ほど呼んでいる」
共同通信社

●辻2軍監督
<岩﨑の1軍合流について>
「ショートは現状で岩﨑でしょ。
(選手)登録されるか分からないけど、
上(1軍)が練習を見て決めることだからね」
中スポ


10日の東京ヤクルト戦(サンマリン)が
雨で流れたドラゴンズのフェニックス・リーグ。
第3戦となった南郷スタジアムでの巨人戦は、
スライド先発したルーキー・清水昭信が6回無失点と好投。
伸びのあるストレートが決まっていたようですが、
課題である変化球の制球は今イチだったよう。
7回1イニングの2番手・高江洲も無失点に抑えましたが、
3番手・金剛が捕まってしまい、2-3で黒星。
同リーグ開幕3連敗となってしまいました。

この試合後、3選手1軍に合流することが決定。
手薄な外野手の補強として、
井上選手会長と、3試合連続安打の中村公治が。
また右手首を痛め、CS出場が危ぶまれる井端の控えとして、
2軍のショートでレギュラーの岩﨑
急遽、呼ばれることとなりました。
今季1軍出場ゼロながら、俊足と守備がウリという岩﨑
あくまでも井端のコンディション次第ですが、
チャンスが来れば、掴んでもらいたいですね。
こういう場でプレーできるのはきっとプラスになります。
ただ出場選手登録が可能な選手枠は、3つ
すでに1軍に合流している渡邉選手と、
この3人が、その枠を争うことになってきそうです。




コメント

平田選手、CSの先発出場が楽しみですね。
今、もっとも勢いのある選手だけに、ベンチスタートでは
納得いきません。4打席で3三振するかもしれませんが、
残りの1打席で勝利に貢献する一本が出る……
そんな期待を抱いています。

孝介選手の情報は確かに嬉しいですね。
ドラ残留が早く現実のものとなって、
多くのファンを安心させて欲しいです!

Toshikichiさん、こんばんは。

いよいよ明日からですね・・!
井端とノリの状態は心配ですが、
プロ根性がすごい二人ですから
きっとスタメンで出てくれる、と信じてます。

平田選手への期待はすごいですね。
立浪選手とのツーショットは、いい表情^^
少し前には考えられなかった
シチュエーションでしょうが
プレッシャーに感じることなく
ノビノビとプレーしてくれたら嬉しいです。

コメントありがとうございます!
いよいよ今夜からCSセが開幕します。
あと8時間とはいえ、けっこう緊張しています(^^ゞ

>ドライチさん
平田選手、7番・センターで来そうですね。
変化球には苦労するかもしれませんが、
それをも補う一打を大舞台で放ってほしい。
そしてセンターでしっかりした守備を期待します。

福留選手、そうこなくっちゃ!と
情報を見てとりあえずは思いました。今後にも注目です。

>daojing(妻)さん
井端選手、中村紀洋選手、ともにスタメンで来そうですね。
三遊間を守るこの2人はチームには不可欠。
ホントにケガしてるのか?と思わせるような活躍を期待します。

平田選手、しっかりDVDで勉強したでしょうか。
良いイメージを持って、大一番に臨んでほしいです(^^)

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • : DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)

    DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)
    NO DRA, NO LIFE 中日ドラゴンズ承認ファンブックが今年も発売決定!毎日の試合結果を記載できるドラゴンズぴあダイアリー2018-2019が別冊付録。

  • : 中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018

    中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018
    新スローガン『原点回帰 Dragons愛!』を掲げ、日々激闘を続ける竜選手たちを後押しする、中日ドラゴンズの応援歌メドレーアルバムの2018年版が誕生!

  • : 中日ドラゴンズファンブック2018

    中日ドラゴンズファンブック2018
    「原点回帰 ドラゴンズ愛」をチームスローガンに掲げて2018年シーズンを戦うドラゴンズの全容を紹介!森監督インタビュー、京田・又吉トークなどの読み物、選手のプロフィルや過去シーズンの成績をはじめデータも充実。

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ