« 救世主?秘密兵器?平田良介大きな期待。 | トップページ | 憲伸これぞエースの力投、圧倒竜早くも王手! »

2007年10月13日 (土)

逆襲へまず虎退治、クライマックスシリーズ今夜初戦!

井端・ノリ、間に合った 
よかった!虎狩り打線組める


いよいよ今夜から日本シリーズ出場権を争う
セ・リーグのクライマックスシリーズが始まります。
2位のドラゴンズは、3位・阪神
地元・ナゴヤドームで3試合制の第1ステージを。
初戦を目前に控えたこの日の最終調整。
出場が危ぶまれていた井端中村紀洋
ともに復調した姿を見せ、スタメン出場に強い意欲を。
どうやらベストメンバーで初戦に臨めそうです。


ナゴヤからの話題。(12日)

◇井端弘和
<前日再開したフリー打撃をこの日も行い、
右手首痛からの回復をアピール。
クライマックスシリーズ強行出場に意欲満々>
「(練習期間の)5日間で
状態はだいぶよくなっています。
(治療も)やり尽くした。
やっと『やれる』という気になれました。
これ(CS)が最後なので強引というか…。
きょうは自然に任せて休む。
あしたは(試合に)出るつもりで来て、練習して、
チームに迷惑がかかることがなければいきます。
あしたは(バットを)振れると思う。あとは監督が決めること」

<シートノックでは送球を控えたが、
キャッチボールで肩の状態を確認。CSに向けて>
「まだ真剣に投げていないけど、
気持ちが入ってくれば違ってくる。
CSは3試合だから頭を取ることが大事。
2戦負ければ終わりなので、
何としてでも頭(第1戦)を取って、楽な状態にしたい。
出るからには迷惑を掛けるんじゃなくて、
勝ちにつながる仕事をしなきゃね。痛みは消えてないですけど」
(中スポ、東京中日、スポーツ報知時事通信
スポニチ名古屋名古屋ニッカンデイリー

◇中村紀洋
<守備練習を解禁、シートノックに参加して
三塁の守備位置で軽快な動きを見せる。
右方向や中堅へのさく越えを披露したフリー打撃の後は
再び三塁でノックを受け、腰痛からの復調をアピール>
「(腰は)大丈夫。昨日は痛かったけど
(練習後に痛み止めの)注射打ちましたから。
違和感? それはないわけないでしょ。
あしたの先発? その気ではいます。
判断するのは監督ですけど、やるからには頑張る。
(頭から)出たい気持ちだけは持っていきます。
残り3戦という意識です。
勝たないと先がないわけですからね」
(中スポ、スポーツ報知スポニチ名古屋名古屋ニッカンデイリー


◇荒木雅博
<クライマックスシリーズ初戦に向けて>
「初めてでイメージがわかないので、
天王山の3連戦と思ってやります」
(東京中日)

◇タイロン・ウッズ
<クライマックスシリーズ初戦に向けて>
「いいリフレッシュ期間になった。
コンディションはいい。とにかく自分のベストを尽くすよ」
(東京中日)

◇森野将彦
<クライマックスシリーズ初戦に向けて>
「出るからには打ちたい。
打撃練習の感じなら十分にやれると思う」
(東京中日)

◇イ・ビョンギュ
<クライマックスシリーズ初戦に向けて>
「何とか初戦で勝って波に乗って東京ドームに行きたいね。
コンディションはとてもいいよ」
(東京中日)

◇平田良介
<クライマックスシリーズ初戦に向けて>
「チャンスがあるかどうか分からないですけど、
自分の出せるものを出す。
思い切ってやります。緊張は全然ない」

<前日は阪神投手陣のDVDを寮の部屋で何度も見ていた>
「DVD? しっかり見ました。
やっぱりローテーションに入っている投手のボールはスゴイですね。
でも(自分が打つ)イメージはしました」
中スポ

◇谷繁元信
<クライマックスシリーズ初戦に向けて>
「とにかく勝ちたい。ベストを尽くす。
初戦は各打者の状態を探る? そんなひまはないと思う」
(東京中日、中日新聞


◇井上一樹
<中村公治、岩﨑とともに、
頼もしい選手会長が宮崎から1軍に合流>
「短期決戦は負ければ弱い、勝てば勝負強いと評価される。
ただ、ふつうにやれば、大丈夫だと思う」
名古屋ニッカン

◇岩﨑達郎
<フェニックスリーグから招集され、
ルーキーがプロ入り初の1軍合流。
落合監督が見守る中、フリー打撃や
井端とともに遊撃で守備練習を行い>
「最初は緊張しました。
監督? 全然、気付きませんでした。
こういう機会はめったにないから、不安よりは楽しみですね。
自分にできることがあれば何でもやりたい」
(東京中日、名古屋ニッカン

◇新井良太
<シリーズでは外野手での出場が濃厚。
7日の横浜戦、今季初スタメンだったが
4回、左ひじに死球を受けて、そのまま途中交代。
立浪から『痛がるのは一塁へ行ってからじゃないのか』と
チャンスを自ら無駄にしてしまったことを指摘され>
「その通りだと思いました。
もう二度とベンチには戻りません。
今度は顔に当たっても一塁へ行きます」
(中スポ<ドラ番記者>

◇高代野手総合チーフコーチ
<強い送球を控えたまま、練習を終えた井端について>
「たぶん大丈夫だと思う。
送球? 本人はやれると言っていたけど、
監督が『1日我慢しろ』と止めたんだ」
(中スポ、スポニチ名古屋


初戦を前にしたドラゴンズナインのコメントを
まとめてみましたが、大一番を前に
いよいよと言う感じがみなぎっていますね。
ドラゴンズはこの日、午後2時から約3時間、
ナゴヤドームで投手と野手に分かれて練習。
投手陣では先発が予想される川上、中田ら
ランニングやキャッチボールなどで登板に備えると、
野手陣はシートノックの後、フリー打撃で調整。
腰痛を抱え、CSの出場が危ぶまれていた中村紀洋
シーズン終了後初めて、守備練習を行うと、
右手首痛で打撃も守備もできないと言っていた
井端も2日連続のフリー打撃を行うなど回復をアピールして、
全力投球以外は、ほぼメニューを消化。
間に合ったというべきか、間に合わせたというべきか、
一気にペースを上げ、なんとか滑り込みセーフ
これで大事な一戦に何とかベストなメンバーが組め、
阪神と相対することができる状況となりました。


痛いの何の言っていられん!荒木、井端、中村紀洋、
ウッズ、森野、イ・ビョンギュ、
平田、谷繁
という
スタメンが予想される野手陣
三遊間を組む2人が
しっかり入ったことで、
これで行けそうだ!
言う気になってきましたね。
病み上がりだけに無理は禁物とはいえ、
2戦先勝の3試合という短期決戦なだけに
ある意味、強行しなくていけない面も出てくるかもしれません。
しかし百戦錬磨の2人はそれも覚悟のうえ。
痛みを押しながらも、それを感じさせないプレーを魅せてくれるでしょう。
とにかく攻撃陣としては、先手必勝がカギとなってきます。
先制し、序盤中盤までにいかにリードできるか。
主砲・ウッズ、森野の状態も上がってきているようですし、
それに繋ぐアライバノリ上位打線には大いに期待したいです。
さらに注目は、7番スタメン濃厚の平田
阪神投手陣はとりあえず頭に入ったようですし、
あとは硬くならずに、思い切り向かってほしいところです。


◇川上憲伸
<短期決戦で重要な意味を持つ初戦、
先発予想の大本命のエースは、練習前は平常心を強調>
「始まるからといって特に変わることはない。
気持ちはレギュラーシーズンと同じですね」

<練習後には、ピリピリムード。
駐車場に現れ、CSを迎える心境を言葉少なに語る>
「負けられない一戦? どこ(の試合で)も
(迎える気持ちは)一緒じゃないですか。
(報道陣の質問を遮断し)ごめんなさい」
中スポ中日新聞サンスポスポーツ報知
時事通信毎日jpスポニチ名古屋名古屋ニッカン


◇中田賢一
<中スポ第2戦、ニッカン初戦の先発予想。
ランニングなどで汗を流し、落ち着いた表情で心境を語る>
「ごく普通ですね。そんなに気持ちの変化はないです。
変な高ぶりはないですよ。
僕は変に意識するとだめなのでいつも通りに行きます」

<今季2勝1敗、通算8勝2敗という
阪神との相性については相変わらず意に介さず>
「阪神? 相手はどこでも、やることは一緒なので…。
気をつけるのは四球を出さないことです。
球数投げてもスピードが落ちない自信はあるので
監督に『代われ』と言われるまでドンドン行きたい」
(東京中日、名古屋ニッカン

◇朝倉健太
<小笠原、山井と並び第3戦の先発候補。
リリーフで待機するなどフル回転を宣言>
「勝てればいい」
スポーツ報知

◇岩瀬仁紀
<守護神は平常心を強調。大一番の登板を心待ちに>
「やってみないことには分からない。
(気持ちの)入れ込みはない」

<今季、阪神とは接戦が続いたが>
「どっちも考えることは一緒
(出番が)来たらしっかり投げるだけ」
スポニチ名古屋

◇森バッテリーチーフコーチ
<短期決戦の初戦の重要性を説き>
「そりゃあ頭を取れりゃいいけど、向こうも同じだろ。
頭がなけりゃ、先も見えてこない」

<惜しみない投手起用を示唆。
朝倉、山井、小笠原のうち1人、ないしは2人を待機させる>
「(阪神とは)3試合じゃない。
2連勝、2連敗すれば終わるんだからな」

<初戦の先発については煙に巻く>
「川上? 勝手に決めるな」
スポーツ報知スポニチ名古屋


◇落合監督
<大一番を前にした周囲の過熱ぶりをよそにいつも通り平然。
気負いのカケラも見せず、自然体で直前練習を締め>
「そっち(マスコミ)で(CSを)盛り上げてよ。
安藤だろうが、下柳だろうが、誰が投げようが関係ない。
ウチの野球をやることに変わりはないんだから。シーズンの延長だよ。」
スポーツ報知スポニチ名古屋デイリー


一方、投手陣のなかでは、初戦の先発が濃厚な
エース・川上憲伸がシリーズモードに。
大事な一戦に向け、良い緊張感と気合が入っているようです。
阪神戦は、今季4勝2敗と上々の相性。
さらにここぞの大一番では、
必ず先発を任されてきたエース
一部では虎キラーの中田を初戦と予想していますが、
オーソドックスに初戦は、憲伸で行くでしょう。
この1週間、従来通りに調整し、
順調に仕上がってきたという憲伸
負ければその時点で相手に王手をかけられてしまうという
短期決戦の初戦の持つ意味は限りなく大きく、重い
そうなればこのチームで投げるのは、やはり憲伸
そのようなものを背負って投げられるチカラは、
やはりチームでは随一でしょう。
おそらくシーズンと違い、完投などは考えず、
始めから飛ばしてくるのでは思われます。
一つの失投も許されませんが、しっかりゲームを作り、
ぜひとも連戦の頭を取ってもらいたい。
今まで以上に気迫のこもった熱投を期待したいです。


日本シリーズと違い、あくまでもレギュラーシーズンの延長。
公式戦で年間24試合も戦ってきた阪神が相手ともあり、
普段と変わらぬ動きのの落合監督からは、
この日、阪神戦に向けてのコメントはありませんでしたが、
やはり心の中は、ナゴドでの最終戦で述べた
「一度失った我々には、もう失うものはない。
是が非でも日本シリーズのペナントを名古屋の地に持ち帰る。
そのために全身全霊を懸けて戦う」
気持ちで一杯でしょう。
逆襲のための第一歩となる今夜からの第1ステージ。
チャンスを活かし、しっかり戦って勝つ。
そして阪神を倒し、再び巨人への挑戦権を掴む。
2つ目のハードルを必ず跳び越えてもらいたいと思います。


若竜からの話題。(12日)

◆フェニックス・リーグ
練習試合・東京ヤクルト-中日
(12日・西都原運動公園野球場)
  300 100 000 =
  040 001 000 =
(規定により9回ウラも実施)
[敗] チェン
[D本] 柳田(3ラン)
[D投] 菊地、石川、チェン、佐藤亮太、齊藤
公式HP東京ヤクルト公式フェニックス・リーグ特設

【ゲームレビュー】
初回、西川、普久原の連打で2死一、二塁から、
柳田が左中間に3ランを打ち込み、先制。
しかし先発・菊地が2回ウラ、突如乱調。
遊撃・柳田のエラーと四球で1死一、二塁から
大原にライト線へのタイムリー二塁打。
さらに四球で2死満塁から志田に走者一掃の
タイムリー二塁打を許し、4失点
4回、春田のタイムリーで4-4の同点に追いつくも、
6回ウラ、3番手・チェンが2死一、二塁からl
牧谷宇佐美に詰まりながらも
センター前に落とされ、勝ち越しを許す。
その後、打線は逆転のチャンスは何度も作ったが、
決定打が出ず5-4で敗れ、リーグ戦4連敗
公式HPより)


●柳田殖生
<5番・遊撃で先発出場。
初回、左中間への先制3ランを含む、2安打3打点と活躍>
「打ったのは、内角よりのストレートだと思います。
インサイドからバットを出そうとしているので
理想の打ち方が出来ました。
(降格直前に)1軍で松井さんから
三振を食らっているので、意識はしてました。
でも入るとは思わなかったです。
これを続けて行きたいと思います」

<マルチ安打を放つも3、4打席目は連続三振>
「振れているけど、あとの2打席はボールの見極めが悪かった」

<2度目の1軍昇格は3打数3三振に終わり、
クライマックスシリーズを目前に2軍に降格>
「力のなさを痛感しました。
今年、残り少ないけど一から鍛え直したい」
公式HP中スポ

●西川明
<3打席連続安打など4安打と大暴れ>
「ラッキーヒットです。
最後の打席だけしんでとらえることができました。
調子が悪くてもコンスタントに1試合1本ヒットを打ちたい」
中スポ

●菊地正法
<先発し3回を2安打5奪三振4失点、制球に課題を残す>
「(4点を失った)2回は全体的にボールが高かったです。
力んで抜ける球が多くなりました」
公式HP

◆山本昌
<フェニックス・リーグ参加のため、宮崎に出発。
ナゴヤ球場でブルペン投球し、13日の先発登板に備える>
「行ってきます。
(宮崎の)天気が悪い? 
そうなの? まあ雨で流れたら仕方がないね」
(東京中日)


練習日の予定が、急きょ練習試合となった
西都でのフェニックスリーグ・東京ヤクルト戦
初回、柳田の3ランで先制したものの、
先発・菊地が乱調で3回を4失点。
4回に同点に追いつくも、6回に勝ち越しを許してしまい、結局黒星。
宮崎に来て4試合、またも勝てずに終わってしまいました。
井上、中村公治、岩﨑が1軍に招集され
抜けた打線の中では、1番・二塁スタメンの西川が活躍。
第1打席の中前打を皮切りに、4安打!
ここに来て、だいぶ調子を上げてきたようです。

またベテランの昌さんが、
フェニックスリーグに参加するため、
この日、ナゴヤから宮崎へ出発。
きょう13日に登板するようですが、天気は良くなさそう。
さすが雨男、ここでも健在のようです?


今日のその他。(13日)

北京オリンピックアジア予選 日本代表チーム 第一次候補選手
(全日本野球会議(野球日本代表)オフィシャルサイト)

◇森野将彦
<外野手としての選出ながら
初めて日本代表候補選手に選ばれる。
ナゴヤドームでの練習後、候補に入ったことを知らされ>
「最後に名前が出て驚きましたが光栄です。
さっき広報から聞かされたばかりで。正直、驚いてます。
だって一次の段階でも、次の段階でも名前がなかったから。
今まで選ばれるなんて思ってもいなかった。
自分とは無縁のものと思っていました」

<左翼、三塁にとどまらず、
内外野ならどこでも守れる特性は、
日本代表の中でもプラスになる>
「今年やってきたことが認められて選ばれたと思う。
どこでも守れるのは、ぼくの持ち味ですしね。
どこでも守れるのがチームのためになると思う。
こうなったらどういう役割でも(日本代表に)入れるように
自分のいいところをアピールしたいです。
最後のメンバーは少ないし、せっかくだから残れるようにがんばりたい。
もし、最終メンバーに選ばれたら、精いっぱい頑張りたいと思います」
(これまでの『代表』と言ったら)中学時代の関東選抜くらいかな」
公式HP中スポ時事通信名古屋ニッカン

◇川上憲伸
<日本代表最終候補選手に選ばれ>
「最終候補に選ばれて、現時点では光栄に思っていますが、
今はクライマックス・シリーズを控えているので、
そちらで頭がいっぱいです。
正式メンバーに選ばれたら精いっぱい頑張りたいと思います」
公式HP時事通信

◇岩瀬仁紀
<日本代表最終候補選手に選ばれ>
「最終的に正式メンバーに選ばれるように、
しっかりやっていきたいと思います」
公式HP時事通信

◇井端弘和
<日本代表最終候補選手に選ばれ>
「故障持ちなので早くけがを治して万全で臨みたい。
最終候補の中から、最終メンバーに残れるようにがんばります」
公式HP時事通信

◇荒木雅博
<日本代表最終候補選手に選ばれ>
「光栄です。クライマックス・シリーズがありますから、
そこで精いっぱいのプレーをして、
最後まで残れるようにがんばりたいと思います」
公式HP時事通信


その他の情報としては、
2008年北京五輪に向けたアジア予選決勝リーグ
(12月1日~3日・台湾)に臨む野球日本代表
最終候補34人がこの日発表され、ドラゴンズからは、
川上、岩瀬、井端、荒木、そして森野の5人が選ばれました。
特に5月の第1次候補にも、9月の追加選手にも入ってなかった
森野は、いきなり最終候補に選ばれ、びっくり!
どうやら攻守でのユーティリティーぶりが認められたもよう。
これを弾みにして、これからのゲーム頑張ってほしいです。


また12日から『BALLPLAYERS.JP』内に
中継ぎ右腕の鈴木公式サイトがオープン!
同期で仲の良い中田に続いて、ブログもスタートさせました。
記念すべき最初の投稿は、こちら↓
『はじめまして、中日ドラゴンズの鈴木です。』

「中継ぎ投手はファンの皆様に
思いを伝える機会が少ないので、
ブログ内で伝えていきたい」
というスーさん
「中田よりはまめに更新しますので」というのもいいッスね!
ぜひとも楽しみにしたいと思います。
『鈴木義広|公式ウェブサイト』は、こちらから!




コメント

いよいよ、あと2時間ちょっととなり、
さらに緊張感が高まってきました。
井端選手、ノリ選手のスタメン濃厚は
うれしい限りですが、私的にはやはり
1番と4番が打線のカギを握ると思います。

荒木選手がきっちりと塁に出て足でかき回し、
タイロン選手が適時打、もしくはホームラン。
教科書のお手本のような攻撃パターンで、
序盤に早く得点できれば、投手陣も
心強く感じるでしょう!

コメントありがとうございます!
岩﨑選手、井上選手、中村公治選手が1軍に登録。
渡邉選手が惜しくも涙をのみました(T^T)

>ドライチさん
いよいよ始まりますね。
自分的にも気合が入ってきましたよ。
憲伸投手、やはり初戦先発でしたね。
きっとやってくれると信じています(^^)v
さらにアライバモリノの日本代表トリオが1~3番。
特に荒木選手、下柳選手を倒すために
塁を賑わせ、かき混ぜてほしいです!

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ