« 連夜の速攻竜、クライマックス第2ステージ進出! | トップページ | 東京ドームに注意、ドラゴンズ決戦の地へ移動。 »

2007年10月16日 (火)

リハビリ福留、平田にエール、休日のナゴヤ球場から。

阪神に連勝し、クライマックスシリーズ(CS)の
第1ステージを突破したドラゴンズ
この日は、18日からの巨人との第2ステージに向け、
英気を養うための完全休養日
そんななか、ナゴヤ球場で右ひじのリハビリ中の福留が、
CSスタメン奮闘中の平田にエールを送りました。
そのほか福留絡みのコメントなども手短にどうぞ。


ナゴヤからの話題。(15日)

◇中村公治
<ナゴヤ球場で休日返上のマシン打撃を行う。
前日、代打でチャンスをもらったが中飛に終わり、
無念を晴らすかのように1時間半、振り続け>
「絶対初球を打ってやろうと思って、
打てる球がきたのにファウルで打ち損じてしまった。
すごい悔しかったです」

<第2シリーズは投手陣の強化が予定されるため、
野手人数は削減されそう。井上、上田らとの競争に>
「自分を冷静に見たら、アピールできるのは
やっぱり打撃しかない。何とか結果を残したいです」
中スポ

◇新井良太
<ナゴヤ球場で休日返上の練習を行う>
「試合に出ていないので、疲れなんてないですよ。
チームに貢献できるように、準備をするだけ。
左? 内海さんからは1本安打を打ってますが、
そういうのは関係ないです」
(中スポ)

◇石井裕也
<ナゴヤ球場のトレーニングルームで、
チューブを使ってのトレーニングを行う。
左打者の多い巨人が相手だけに、登板機会もありそう>
「左の強打者? たくさんいますね。
準備はいつでもしているので、しっかり抑えたいです」
(中スポ)

◆英智
<右太もも肉離れで戦線離脱中。
前日の外野ノックと比べ、この日は軽めのリハビリ。
キャッチボールとウエートトレーニングで終了>
「きのう(14日)ノックを受けたので、
きょうは控えめにしました。
もう1回、ケガしたら終わりなので、
自分で調整しながらやっていきます」
(中スポ)


◆福留孝介
<ナゴヤ球場でリハビリ中。
クライマックスシリーズ第1ステージで
先発出場した2年目の平田に激励のエールを送る>
「よくやってると思う。
本人にとっては大きなチャンス。
失敗することを恐れないで思い切ってやってほしい。
失敗しないと誰も思ってないから。
こういうのを経験すれば、来年以降の財産になる」

<貴重な経験をする上で、感謝の心を持つことも強調>
「ここまでこれたのは、
周りのサポートのおかげなんだということを
分かってやってくれれば」

<自身のリハビリも順調。
キャッチボール距離は15メートルから20メートルに。
30球の投球数は変わらないが、最後の1球だけは
かなり力を入れて投げていた>
「順調? まあまあというところですね」

<チームはCS第2ステージ進出を決めたが、
自身の出場は絶望的な状況だけに>
「このまま頑張って欲しい」
中スポスポニチ名古屋名古屋ニッカン

◇平田良介
<福留のエールを伝え聞き、CS突破へさらに決意を固く>
「福留さんから、そう言っていただけるのはすごくうれしいです。
僕もミスを恐れずに、自分らしく全力を尽くしたいです」
(中スポ)

◆西川球団社長
<FA権を取得見込みの福留の引き留め策として、
これまでの実績、貢献度、今後の期待度を
加味した年俸を提示する考えを示す>
「FA権を取る節目の年だし、
これまでの貢献度を加味して考えないといけない。
過去の成績もあるが、将来の期待度も含まれることになる。
来年も残ってもらわないと困るという気持ちは伝えてあるから。
単純にマイナスという計算はしない。今季の成績は関係ない。
(落合)監督、オーナー、ファンみんなの意見。
一番痛い時期に渡米、手術させたのは
今年だけじゃなく、将来のことがあるからです。
監督の気持ちは(福留に)伝わってると思います」

<福留の存在感の大きさを十分に感じている>
「興行的なことも考えています。
牛島(和彦氏、中日-ロッテ)、田尾(安志氏、中日-西武)が
(トレードで)出た時のファンのリアクションが
どういうものだったか知ってるから」

<その他の選手について、
CS用の特別査定を導入しないことを明らかに。
巨人は、CSでの貢献度をプラス査定することを決めたが>
「巨人のことは知らないが、
うちは特別ボーナスなどは考えていない。
日本シリーズの挑戦権をかけた戦いだから」
中スポスポーツ報知スポニチ名古屋名古屋ニッカン

◆伊藤球団代表
<CSの貢献度の上乗せはせず、
あくまでもシーズン144試合での成績で考慮>
「あくまでも公式戦の延長という考え方。
うちは日本一になるのが目標なんだから」

<福留との残留交渉をCS第2ステージ終了後、
日本シリーズの前に行う方針を固め>
「まだ具体的な日程は決まっていませんが、
シリーズ前にやるべきでしょう」
スポーツ報知名古屋ニッカン


休養日ということで、これと言った話題はないですが、
その中では、この日、ナゴヤ球場で練習を行った福留
手術した右ひじのリハビリを兼ねたキャッチボールのほか、
ランニングなどで下半身を強化したもよう。
1週間前は、15メートルだったキャッチボールの距離を
20メートルに延ばし、最後の1球は力を入れて投げるなど
来季への復帰に向け、メニューを順調に消化しているようです。

本来なら3番・ライトとして、
スタメンに名を連ねるはずの背番号1。
しかしケガで自分は出ることができない。
その代わりとして、CS第1ステージでは
7番・センターとして先発出場、奮闘している
2年目の平田へ、激励のエールを送りました。
自身もルーキーイヤーの99年に、日本シリーズに出場。
大きなエラーを犯したものの、その失敗が糧となり、
経験となり、現在に活きているということもあって、
先輩として、熱きアドバイスを送ったようです。


来季背中に背負うのは…。「失敗することを恐れないで
思い切ってやってほしい。
大舞台を経験すれば、
来年以降の財産になる」

シーズン終盤まで2軍にいて、
まだ1軍出場が10試合にも満たないながら、
大舞台に抜擢された平田
FA権を取得するほど経験を積んでいる
先輩・福留からのエールは、
さぞ心強いものとなったでしょうね。
第1ステージでは、1安打を放ったものの、
大舞台の重圧も重なることもあり、
1軍の投手の攻略は、なかなか簡単にはいかない。
ただ失敗を恐れず、思い切ってプレーすることこそが若竜の特権。
チームが平田に求めていることと、重なる部分は多々あると思います。

来季以降、同じチームでプレーすることは
福留FA問題などもあり、まだまだ確定とはいえませんが、
平田福留に教われることは、まだまだたくさんありますし、
2人で右中間コンビを組むのも、ぜひとも見てみたいもの。
ただそうなるか否かは、球団がどうこうするより、
あくまで福留自身の決断次第なのですが…。


若竜からの話題。(15日)

◆フェニックス・リーグ
湘南-中日
(15日・サンマリンスタジアム宮崎)
   000 000 205 =
 
SR 001 003 100 =
[勝] 金剛
[D本] 堂上直倫(2ラン)
[D投] 中里、チェン、金剛、石川
公式HPフェニックス・リーグ特設

【ゲームレビュー】
先発・中里は5回まで藤田のタイムリーによる1失点と好投も、
6回ウラ、桑原義行の2点タイムリーと犠飛で3点を失う。
6回まで湘南先発・秦に単発の4安打に抑えられていた打線
7回に堂上直倫のレフトへの2ランで2点差としたが、
そのウラ、2番手・チェン内藤雄太にタイムリーを浴び、2-5。
しかし9回、堂上直倫の二塁打などで2死三塁から
普久原のレフト前タイムリーで2点差に迫ると、
福田の三塁線二塁打、西川の四球で満塁として、
森岡の押し出し死球でついに1点差。
さらに満塁から堂上剛裕が走者一掃の3点三塁打を放ち、
この回合計5点を奪う大逆転
7-5で、フェニックス・リーグ初勝利を挙げた。
公式HPより)


○堂上直倫
<6番・三塁で先発出場。
プロ入り初の2試合連続本塁打を含む3安打と活躍。
同リーグでは打率.364、2本塁打、3打点と好調>
「宮崎に来てから調子が徐々に上がってきています。
結果を恐れず積極的に打っているのがいいと思います」
中スポ

○堂上剛裕
<9回2死満塁から逆転三塁打を放つ>
「初球から積極的に行ったのが良かったです」
公式HP

○中里篤史
<左ひじの骨折から復活して2試合目。
中5日での先発は、6回を投げ10安打4失点>
「前回の登板よりも調子がよかった。
変化球のコントロールをよくしていけば、
もっと抑えられると思う」
中スポ


引き分けを挟み、5敗1分け(練習試合含む)と
ファーム日本一ながら、なかなか勝てないドラゴンズ2軍
サンマリンスタジアム宮崎で行われた
湘南シーレックス(横浜2軍)戦は
最終回に一気に爆発しての逆転
フェニックス・リーグ7試合目で待望の初勝利を挙げました!
13安打7得点のうち、5得点に絡んだのが、堂上兄弟
7回、弟・直倫が、真ん中高目のスライダーを
レフト中段へ運び、反撃開始となる一発を放つと、
最終回2死満塁から兄・剛裕が初球を積極的に叩いての
走者一掃の逆転タイムリー三塁打。
調子はの方が良さそうながらも、勝利に揃って貢献しました。




コメント

孝介選手からのお褒めと激励の言葉は
平田選手にとって心強いですね。
ここまでスタメンで、本当によく頑張っています。
さらにモチベーションが高まって、東京ドームでは
何か一つ大きな仕事をやってくれるのでは
ないかと期待しています!

フェニックスリーグようやく初勝利ですね。
堂上兄は最近調子を落としていたので心配してまし
たが昨日はいいところで打ててよかったです^^
ケガから復帰した中里も、もうそろそろ一軍でバリバリ
投げて欲しいです。来年は中里にとって勝負の年で
すね。

コメントありがとうございます!
ドラゴンズナイン、東京に入ったようです。
いよいよ第2ステージが間近となりました。

>ドライチさん
平田選手、まさに奮闘していますね。
打撃はまだまだの部分もありますが、
守備が安定しているのは助かります(^^)
「孝介パワー」注入効果で
明日からの東京ドーム、頑張ってほしいです!

>daojing(オヤジ)さん
ようやく勝ててよかったです!!
堂上剛裕選手、この三塁打が復調へのきっかけに
なってくれればいいなと思っています(^^)

中里投手、来季は先発で行きそうですが、
そろそろ結果を出していかないといけないでしょう。
同世代の中田投手、朝倉投手に近づけるよう
さらなる安定を期待します!

Toshikichi師匠 今晩は。

孝介選手残留!!という記事に一瞬喜びましたが、まだ何も決まっていないようですね。

球団が今回の手術費用を持った(?)という話ですし、その時点で来季の残留は決定済という報道もありました。

私個人的には、単年契約でもう1シーズン頑張ってその先は彼の自由に(あくまでもメジャーで)とは、想っておりますが・・・。

孝介選手の励ましもありましたが、平田選手には第2ステージで魅せていただきたいです。

守りは安心して見れました。 あのバッティング・フォームにも雰囲気を感じますね。

石井投手には、個人的な思い入れがあります。 Gの左打者をズバッと抑えていただきたいです!!

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ