« ドラゴンズ日本一パレード、歓喜のナゴヤ55万人! | トップページ | 山内壮馬、谷哲也、大・社ドラフト竜2選手指名。 »

2007年11月19日 (月)

新井良太やるぞ内外二刀流ときょう大・社ドラフト。

新井が直訴「外野もやります」 来季は“二刀流”

日本一パレードも終わり、祝勝ムードも一区切り。
若竜のナゴヤ球場での秋季練習
特に目立つこともなく、地道に行われている様子。
ところできょう19日、東京都内で
注目の大学生・社会人ドラフトが開催されますが、
地元の逸材の直前コメントも含め、この日の話題をどうぞ。


ナゴヤからの話題。(18日)

◇新井良太
<来年の春季キャンプで本格的に外野手に挑戦。
今季途中、すでに首脳陣に対して決意を伝えていた>
「『外野もやらせてください』と
1軍に上がった時に自分から言いました。
やっぱり試合に出たいですし、
外野をやることで幅が広がるなら、と」

<この日も外野ノックを1時間以上受ける。
プロで外野を守ったのは1試合だけだが>
「自分で受けさせてくださいと言いました。
無難にできると思われれば
試合に出られるチャンスが増えると思いますから。
春(のキャンプ)も外野のグラブを持っていきます」
(中スポ、スポニチ名古屋名古屋ニッカン

◇高代野手総合チーフコーチ
<新井の外野挑戦について。
コンバートを否定した上で、オープン戦などでも
積極的に外野起用することを明言>
「一塁と外野ができれば、
確かにチャンスは増えるはず。
春季キャンプでもしごく? もち論。試合にも慣れないとね」
(中スポ、スポニチ名古屋


◇中里篤史
<秋季練習最多となる210球を投げ込む>
「今はいい感じで投げられているので、
この感じでフォーム固めをしたい」

<この秋、掲げるテーマは
『フォーム固め』と『シュート』の習得>
「少し沈む感じのシュートを覚え、
打たせて取るボールにしたい。
ゲッツーがほしい場面とか
ゴロを打たせたいところで1球で仕留められれば、
球数も少なくなるし投球が楽になると思う」

<沈むシュートの使い手として、
今の球界の代名詞となっているのが1歳先輩の朝倉>
「せっかくいいお手本がいる。
朝倉さんのシュートのような変化は
難しいかもしれないけど、ああいう変化を目指したい」

<背水の来季へ向け、全力で秋を走る>
「今は1日、1日を乗り切ること。それだけを考えています」
中スポ


前日は、パレードのために休日だった若竜の秋季練習。
主力はオーバーホールに出たことと、
この日は、日曜日ということもあり、話題は少なめ。
そのなかでは、2年目のシーズンを終えた新井良太
来季から「本格的に」外野にも挑戦することを明かしました。

これまで主な守備位置は一、三塁
しかし一塁は、ウッズ。三塁は中村紀洋、森野
どちらも『満席』の状態。
2軍の主砲も1軍では代打での出場がほとんどでした。
しかしこのままではせっかくの
1軍でのチャンスをみすみす逃してしまう。
出場機会を広げるためにも、首脳陣に外野参戦を志願。
実際にシーズン途中から外野の練習を始めて、
10月7日の横浜戦では『3番・左翼』で
スタメンでのお試し出場も果たした新井
今後は本格的な『二刀流』を目指し、
来春キャンプでも練習を続け、
紅白戦やオープン戦では外野での出場を増やしていくようです。


おっとっと…。試合に出たい。
グラウンドに立ちたい。
その意気込み
ヨシなのですが、
内野の守備も正直、
不安定なのに、
外野までやらせて、
果たして大丈夫なのかと、
この話題を知ったときに、
一抹の不安
よぎってしまいました。
新井の魅力は、やはり豪快なバッティング
その長所を活かしたいと思いながらも
現状の内野では、なかなかチャンスは得られない。
それならば、外野に挑戦する。
しかしこれまで守備面では粗さが目立ち、
あまり器用そうにも見えないだけに
どっちつかずにならなければ…と思ったりもします。

ただやる気とガッツは、チーム一ともいえる新井
外野手に転向したことで才能が開花した
福留堂上剛裕の例もありますし、
複数のポジションができる選手が多いのは、
チームにとっても、プラスになること。
まずはしっかりと取り組み、目一杯やってみることでしょうね。
森野、イ・ビョンギュ、英智、井上、上田らが中心となり、
藤井、平田、堂上剛裕、中村公治ら
虎視眈々とその座を狙うドラゴンズの外野陣。
正直、こちらも競争が激しいだけに、
まずは守備そこそこに出来るようになること。
それ以上に打撃面でもアピールすることでしょう。

厳しい練習を積み重ねることによって、
『外野手・新井』の姿がたくさん日の目を見ることを
来季の楽しみの1つに加えてみたいと思います。


今日のその他。(18日)

◇井端弘和
<福岡ソフトバンクとの練習試合に『2番・DH』で先発出場。
3回無死一塁、投前へ送りバントを決め、
5回の第3打席は1死から四球で出塁。
2打数無安打だったものの、存在感を見せつける>
「仕事はできたと思います。
(3回以外に)西岡(千葉ロッテ)が塁に出てくれたら
エンドランとかもできたと思うし。
中日の野球と変わらないから、やることは同じです」
中スポスポーツ報知


◆福留孝介
<ナゴヤ球場で4日ぶりに打撃練習を再開。
午後6時過ぎに現れ、約1時間のマシン打撃などに汗を流す。
FA問題について、複数のメジャーから
オファーが届いた場合には生活環境面なども含め、
2、3球団に絞ってから渡米したい意向を示す>
「(FAは)進展はない。まだ何も決めていない。
交渉時から米国に行く? 
よっぽどのことがない限り行かない。
アメリカは広いしね。
僕がアメリカへ行く場合は
条件を見て、ある程度(球団を)絞ってから
最後に見に行く形になると思う。
環境は気になります。1人で行くわけじゃないから。
プレーや生活などすべてを含めてですね。
自分はグランドに立っていればいいけど、
家族はそういうわけにいかないから」
(中スポ、スポニチ名古屋名古屋ニッカン


野球日本代表は前日に続き、サンマリンスタジアム宮崎で、
福岡ソフトバンクと練習試合を行い、4-2で勝利を収めました。
そのゲームに『2番・DH』で先発出場した井端
小技をしっかりと決め、その存在をアピールしたもよう。
4番に新井貴浩(広島からFA)が座るなど
決して大きなものを望めそうにない打線だけに、
「ちっこい野球」での戦い方となりそうなジャパン
それにうってつけの『2番』といえそうな気がします。

またその他のドラゴンズ勢では荒木が中堅の守備固め、
森野が三、一塁の守備固めなどで途中から出場しました。


◇中田スカウト部長
<この日、東京都内でスカウト会議を開き、
きょう19日の大学生・社会人ドラフトで
愛工大・長谷部投手を1巡目指名する方針を最終確認>
「ウチは長谷部です。外れたら山内(名城大)。
あとは投手、野手の順番をつけたので、
その通りにいくだけです」

<競争率で言えば東洋大・大場投手のほうが上だが>
「リストアップしたのは20人。
大場と長谷部ではタイプが180度違う。
大場にない長所を長谷部は持っている。
それは球のキレです。
左腕だからというのが指名の理由ではありません。
長谷部はタマのキレが素晴らしい。
地元でもあるし、ウチでやりたいということで、
早くから決断していた。
抽選になることは確実だろうけど、
いい選手をみすみすパスするわけにはいかない」

<抽選で外れた場合は山内を指名する予定>
「(山内は)将来的に先発で使ってもらいたい投手」

<さらに長谷部、山内を獲れない可能性もある。
2人に次ぐ候補の絞込みにも重点を置く>
「従来の方針通り。
ただ2人が獲れなかった場合のことも考えないといけない。
他にもいい選手がいますから
その中から指名することになるでしょう。
ここからは他球団との情報戦になってくるので
詳しいことは話せない」

<最終リストアップの選手数からも分かる通り、
今ドラフトは少数精鋭の方向>
「たぶん2人。
2人以上は無理。最悪1人ということもあります」
(中スポ、サンスポスポニチ名古屋名古屋ニッカン


◆長谷部康平(愛知工業大学)
<北京五輪アジア予選の日本代表最終候補に
アマ選手でただ1人選ばれた左腕。
台湾で開催のW杯に出場。ドラフト当日に成田に帰国予定>
「地元の中日が一番だけど、
チームはどこでもいいから、プロでやってみたい」
中スポ

◆山内壮馬(名城大学)
<運命のドラフト前日、
愛知県美浜町にある喬正院に中日指名を神頼み。
願い事を書く護摩木に書きこみ、手を合わせる。
今回も本当は高校からのチームメートの
長谷部投手と一緒に祈願したかったが>
「だからきょうは心の中で長谷部の分も祈りました。
一緒に中日に入れたら最高だし、無理でも同じリーグに行きたい」

<子供のころから熱烈な中日ファンで、
今季も5試合ほどナゴヤドームで中日戦を観戦>
「まだあしたがドラフトという実感はないです。
でも当日になったらドキドキするのかな。
とにかく中日入りできると信じて楽しみにしてます」
中スポ


大学生・社会人ドラフトが、きょう19日午後2時から
東京都内のホテルで行われます。
これまでの逆指名制度(昨年までの『希望枠』)が撤廃され、
15年ぶりに入札によって行方が決まる今回のドラフト。
ドラゴンズもこの日、東京でスカウト会議を開き、
ジャパンの候補選手でもある長谷部投手(愛工大)を
1巡目で指名することを再確認。
千葉ロッテ、西武、東北楽天などとの競合は
必至のようですが、地元の逸材に真っ向勝負を挑むもよう。
また、抽選で外れた場合は山内投手(名城大)を指名予定。
こちらも広島が外れ1位としてラインナップしているとのこと。
愛知・杜若高のチームメートでもあった長谷部投手山内投手
どちらかが獲れれば、上々のドラフトとなるようです。


MAX152キロを誇る小さなサウスポーの長谷部投手に、
MAX147キロのストレートに
鋭いスライダーを駆使する右腕・山内投手
ともに地元の投手だけにできれば、両獲りと行きたいですが、
これまでの逆指名がなくなり、抽選ですからね。
おそらくクジを引くであろう
西川球団社長の強運次第というところでしょうか。
自分的には、中日ファン山内投手の指名を期待しています。
さらにこのドラフトで、「何人」を指名するのか?
2人程度と言われていますが、その辺りも注目したいです。




コメント

アジアシリーズでの一塁守備が、まだちょっと
記憶に新しい(苦笑)新井選手ですが、内外野ともに
守れるに越したことはありませんよね。
相当な努力家のようですし、練習と経験を積んでいけば、
必ず道が開けると信じています。というか、
近い将来、クリーンアップの一角を占めてもらわないと
いけないですから、どのポジションであっても、
守備力の強化は絶対に必要ですからね。

注目の大学生・社会人ドラフトは、午後2時からですか。
今日は夕方まで、ニュース速報を気にしながら
落ち着かない気持ちで仕事をしたいと思います。

Toshikichiさんの希望通り、山内投手獲れましたね♪
おかげと現在のドラゴンズ投手陣は豊富ですので、じっくりとこの大器を育ててもらいたいものです。
イケメンなんで、おかしな女性にひっかかりませんように。。(笑)

3巡目の谷哲也も俊足、強肩のいい素質を持ってる
ようですね。
中学時代は野球と陸上のかけ持ち。
7時まで野球で、その後2時間陸上の練習をやって
いたそうですね。
体力もあり、中日の猛練習にもついていけそうです。
2,3年後が楽しみです!

みなさんコメントありがとうございます!
ドラゴンズの大・社ドラフト
1巡目・山内投手、3巡目・谷選手が指名されました。
地元の逸材に、スーパーアスリート。
大きく期待をさせていただきます!

>ドライチさん
新井選手、まずは守備を落ち着かせること。
そして少々の守備でも目を潰れるぐらい、
打撃面での進歩がほしいところですね。
優勝時、真っ先にマウンドへ駆けつける瞬発力を
ここぞのところで披露してもらいたいです。

>ごえもんさん
山内投手、1巡目で来ましたね。
外れ1位とはいうものの、まずは念願かなってよかったです。
なかなかのイケメンですし、これは人気が出そうですね!

>daojing(オヤジ)さん
谷選手、足と肩がウリとのことで、
身体能力というのは、持って生まれたもの。
なかなか伸ばすことができませんから。

そのうえでさらにプロの技術と体力が付けば。
将来楽しみな選手になってほしいです!

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • : DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)

    DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)
    NO DRA, NO LIFE 中日ドラゴンズ承認ファンブックが今年も発売決定!毎日の試合結果を記載できるドラゴンズぴあダイアリー2018-2019が別冊付録。

  • : 中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018

    中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018
    新スローガン『原点回帰 Dragons愛!』を掲げ、日々激闘を続ける竜選手たちを後押しする、中日ドラゴンズの応援歌メドレーアルバムの2018年版が誕生!

  • : 中日ドラゴンズファンブック2018

    中日ドラゴンズファンブック2018
    「原点回帰 ドラゴンズ愛」をチームスローガンに掲げて2018年シーズンを戦うドラゴンズの全容を紹介!森監督インタビュー、京田・又吉トークなどの読み物、選手のプロフィルや過去シーズンの成績をはじめデータも充実。

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ