« 落合監督合流、若竜ナゴヤに地獄の秋到来。 | トップページ | ドラゴンズ日本一パレード、歓喜のナゴヤ55万人! »

2007年11月17日 (土)

落合監督日本一報告と浅尾・直倫初の契約更改。

落合監督、まだまだ底上げ 
白井オーナーに日本一報告


落合監督がこの日、恒例のオーナー報告を行い、
53年ぶりの日本一となった今季についての反省と
来季の向けての強化案などを説明したようです。
また契約更改に浅尾、堂上直倫の両ルーキーが臨んだなど、
日本一パレードを翌日に控えたこの日の話題をまとめました。


◇落合監督
<名古屋市内で白井オーナーに
53年ぶりの日本一になった今季の報告を行う。
報告を終えた後、多くを語ろうとはせず>
「1年の報告をしただけだよ。それしか言いようがないよ」
(中スポ、スポーツ報知共同通信社スポニチ名古屋デイリー

◇白井オーナー
<落合監督から今季の報告を受ける。
日本一を達成、アジアシリーズも制覇したことをねぎらい>
「ご苦労さまでした。
正力賞ももらって良かったと話しました」

<来季2年契約の最終年を迎える落合監督について>
「要望はないですよ。
来年も頑張ってくれということだけ。
来シーズンも頼みますと言った」

<報告内容の一部を披露。
今季の反省や采配面の説明に及んだが、時間を割いたのが強化案>
「監督は反省が多かったね。
今年はキャンプの仕方が悪かったと。
来年の春はそれを踏まえて改良したいと言っていたね。
春のキャンプに欠陥があった。
新しいキャンプをやりたいと言っていた。
『大変結構なこと、よろしく頼む』と言ったよ。
『主力を放っておいたのは間違いだった。
きちんと指導者が指導してトレーニングしないと成長しない』と
(落合監督は)言っておった」

<注目のFA補強については、オーナーから質問>
「『和田(西武)はどうするんだ』と、私から聞いたんだ。
『どうなんだ?』と聞くと、落合監督は
『まだじっくり考えさせてほしい。
北京五輪予選があるから、それが済んでから』と。
オリンピックの予選が済むまでは
特別な動きをする必要はないだろうということだったね。
福留の話題? それはなかったね」

<新外国人の話にも及んだというが>
「『来年は若手を育てます』と。
誰か目星を付けてるみたいだな。
監督は若い選手をどうやって育てるかに
心を砕いているようだ。
どういう人をどう育てようかと」
(中スポ、スポーツ報知共同通信社
時事通信毎日jpスポニチ名古屋名古屋タイムズ

◇西川球団社長
<落合監督のオーナー報告に同席。
来年は1、2軍の差別化を図るという落合構想に>
「(宿舎についても)全員が一緒にいることで甘えが出る。
(1軍に)はい上がる意欲がなくなるということだった」

<フロントが進めている和田獲りに
オーナーからの事実上のGOサインが出るも
正式交渉が12月初旬にずれ込むことを示唆>
「いま動けば彼も集中できないだろう」

<東京ヤクルトの退団が決まったラミレスについて
継続して調査することを明言>
「まだ、現場と協議していないが、調査はしなければならない」
(中スポ、スポーツ報知スポニチ名古屋


この日、落合監督が恒例のオーナー報告
名古屋市内で白井オーナーと面談し、
リーグ2位からCSを勝ち抜き、53年ぶりの日本一
さらにアジアシリーズも制した今季を報告しました。
西川球団社長、伊藤球団代表も参加し、
約1時間30分に及んだ会談では
采配面の説明などもあったようですが、
53年ぶりの日本一に輝いたことよりも
リーグ連覇を逃した反省の方が多かったもよう。
さらに話は、来季に向けてのチームの強化案に及び、
欠陥があったとした春季キャンプについての
具体的な改良案などの説明があったようです。


ご苦労さまでした。やはり落合監督の目は
すでに『来季』へと
向かっているようですね。
今季を振り返るうえで、
リーグ連覇を逃した要因として、
落合監督から多く出てくるフレーズが
春季キャンプの「失敗」
若手の底上げを目指すゆえに、
通常1軍がキャンプを張る北谷に、
若手を集めての徹底指導した一方で
レギュラーなど主力の野手陣を、通常2軍の読谷に『放牧』。
しっかり指導できずに、選手の自主性に任せてしまったことが
結果としては、レギュラーシーズンの動きの悪さに繋がった。
落合監督はそのように分析したようです。

その反省を踏まえたうえで、来季の沖縄キャンプは、
主力・若手と区別せずに徹底的に鍛えていく。
チームの全体的な力を上げていくためには、
大事なこととなるでしょうし、
主力をも甘えさせず、さらなる向上心
あおる意味では悪くない案だとは思います。

それに加え若手については、
今春はルネッサンスリゾート一本だった宿泊先を
来季は再び1、2軍別にするなど、
格付けによるハングリーさも植え付ける方針。
補強も大切なことには変わりませんが、
より必要なのは、現有勢力のしっかりとした底上げ
特に若手をさらに育てることが、
今後のドラゴンズへと繋がっていきます。
悪い面は改善していく。
それが成功するかしないかは、来季の成績次第ですが、
その姿勢やヨシとしておきましょう。


日本一を掴んだことで、決して満足しないドラゴンズ
来季目指すは、リーグ優勝も含めた
『完全優勝での日本一連覇』。
それだけに、その礎となる春季キャンプは、
チーム全体で甘さを一掃、
より厳しいものとなっていきそうです。


ナゴヤからの話題。(16日)

◇浅尾拓也
<500万円増の年俸1700万円で更改した。
今季19試合に登板し、4勝1敗1ホールド。
先発に中継ぎにとの成績が評価されての大幅アップも
シーズン終盤を2軍で過ごしたことに悔いが>
「やれば上がるというのが分かった。励みにしたい。
いい評価をしていただいたんですけど、
自分としては、後半全然出ていなかった。
後味が悪いまま終わってしまいました。
後半ぜんぜんダメだったんで…。
来年は1年間フルに活躍できるようにがんばりたい」

<信頼される投手にレベルアップするため、
来季の目標をあえて先発に置く>
「来季は先発して、完投とか完封ができるようになりたいです。
今年はたまたまというのが多かった。
来季は0-0の展開でも勝てるようになりたい」
中スポ共同通信社時事通信名古屋ニッカン

◇堂上直倫
<150万円減の850万円で更改し、
初めての契約交渉を終える>
「ドラゴンズの役に立っていないので違和感はないです」

<今季1軍での出場はなかったが、
2軍では4番を打つなど首脳陣の期待は大きい>
「1年目でプロの厳しさを教えてもらった。
来年は1軍に上がって貢献したい」
(東京中日、時事通信

◇小田幸平
<800万円減の2800万の提示に、プロ10年目で初の保留>
「納得いかないとかそういうのではないです。
持ち帰って、次回まで考えるということです」
(東京中日)


◇笘篠外野守備走塁コーチ
<秋季練習で堂上剛裕にフライの捕球から
送球への体勢を身振り手振りでアドバイス。
捕球時の重心の置き方を説明>
「ちょっとの差でアウトかセーフか分かれる」
(東京中日)

◇堂上剛裕
<笘篠コーチからの指導を振り返り>
「基本的なことができていなかった」
(東京中日)

◇中田賢一
<連日の名古屋市内マラソンに気分爽快のご様子。
きょう17日、オーバーホールのため
三重県のリゾート施設へ出発する予定>
「たまに気付かれて、『頑張って』とか声かけてくれますね。
景色が変わるし、外は楽しいです」
(中スポ<ドラ番記者>

◇勝崎トレーニングコーチ
<小笠原、山井、朝倉、中田に付き添い、
名古屋市内を1時間かけてランニングに悲鳴を上げ>
「きょうは鶴舞方面まで行ってきたよ。
大変だよ。あいつら、自転車使わせてくれないんだもん」
(中スポ<ドラ番記者>


△ドラゴンズ・契約更改▼
11月16日(金額は推定・単位は万円)
浅尾 1700(△ 500・42%)
中村公治 1050(△ 100・11%)
中村一生  700(▼ 100・13%)
普久原  720(□ 0・0%)
西川  760(▼ 80・10%)
森岡  850(□ 0・0%)
堂上直倫  850(▼ 150・15%)

小田 2800(▼ 800・22%)を、保留


この日も行われた契約更改交渉
7選手が選手が更改したものの、
第2捕手の小田が、ダウン提示を保留しました。
昨季はスーパーサブとして評価されたODA
今季は夏場の2軍落ちもありましたし、
コンビを組んだ昌さん不調もダウンの要因となったかも、
しかし重要な戦力であることは、確かですから、
伸びてくるであろう田中を引き離しつつ、
谷繁の牙城に迫ってもらいたいところです。

また今季、前半に4勝を挙げた浅尾
1軍出場こそゼロに終わったものの、
ファームでは、4番で英才教育を受けていた堂上直倫
両ルーキーが、プロ入り初の更改に臨み、
浅尾が42%のアップ、直倫は15%のダウンでサインしました。
正直キャンプまでのイメージとしては、
浅尾の今季の1軍登板は、なさそうに思っていただけに
前半戦の頑張りは、想定外でした。
ただあのストレートには引きつけられましたし、
素材の良さを十分もに感じさせてもらいました。

それでも急ぎすぎたこともあってか、
1シーズンフルに働ける体力は、やはりなかった。
それは堂上直倫についても同様。
高卒ルーキーらしく奮闘こそしたものの、やはりプロは厳しい。
ケガから復帰した秋以降は、4番にも座れなくなってしまいました。
プロの洗礼を受けた両選手ですが、経験を糧に。
そしてこの秋は、ともにしっかり体力を強化して、
来季は1軍で貢献できるよう、やっていってほしいです。


今日のその他。(16日)

福留淡々、虎苦戦ムード 
初交渉「4年20億円プラス出来高」提示も
(中スポ)
福留、初交渉の阪神から4年総額20億円提示も態度保留(サンスポ)
阪神の4年20億円も福留に笑顔なし(スポーツ報知)
阪神がFA福留と入団交渉 4年で総額20億円を提示(共同通信社)
福留、阪神と初交渉=前向きな姿勢は見られず(時事通信)
阪神:福留に4年総額20億円の複数年契約を提示(毎日jp)
阪神 福留と初交渉も好感触なし?(スポニチ名古屋)
虎と初交渉、福留に一問一答(名古屋ニッカン)
福留タテジマに心動かず…長期化示唆(デイリー)

◆福留孝介
<大阪市内のホテルで阪神とのFA初交渉。
きょう17日に行われる日本シリーズ優勝記念パレードについて>
「パレード? う~ん…
この状況で出るという方が難しいですね」
スポニチ名古屋


◇川上憲伸
<この日、合宿合流後初めての投球練習。
カットボールを内外角に投げ分けるなど55球。
ボールを受けた千葉ロッテ・里崎に
『初めて受けたけど、感動しました』と言わしめる>
「悪くなかったですね。国際球も大丈夫。
今のところ問題はない。
里崎? あいつは大げさなんですよ。
そんなに(間隔が)空いてないから大丈夫ですよ」
中スポサンスポ

◇岩瀬仁紀
<宮崎合宿で初めてブルペンに入る。
直球にスライダー、シュートなどを交えて50球。
すべての球種を試し、好感触に笑みを浮かべ>
「全球種を試した。投げた感じは思ったより良かった。
疲れを取りながら調子をいったん緩めて、
ゆっくり状態を上げていこうと思ったけど、
この感じなら問題ないね」
(東京中日、サンスポ時事通信

◇森野将彦
<きょう17日の西武戦に途中から出場の予定。
いつも通りの気持ちで練習試合に臨む>
「ストライクゾーンが違うといっても、
特に変えることはないですよ。
普段通りに試合に出られればいいと思っています」
(東京中日)


FA福留がこの日、大阪市内のホテルで
阪神との初交渉に臨んだもよう。
代理人の水戸弁護士同席で約1時間、阪神側と会談。
4年20億円プラス出来高という条件提示があったものの、
「あこがれ」を明かした巨人の時より、明らかにトーンダウン
気の利いた言葉ひとつも出ることはなかったようです。
せっかく手を挙げてくれたのに、つれない態度だったようで…。

またジャパンの強化合宿では、
憲伸、岩瀬が合流後初めてブルペン入りし、
疲れを感じさせない切れのいいボールを披露したもよう。
中スポでは、アジア予選3試合の初戦の先発もと報じられた憲伸
エースとされるダルビッシュ(北海道日本ハム)、
成瀬(千葉ロッテ)とは、やはり風格が違います!
正直、ジャパンのユニホーム姿に違和感を感じたりもしますが、
ぜひともアジアの舞台での好投を期待します。




コメント

なんか「ジャパンユニ」を着たドラ戦士は見慣れてないせいか違和感ありますよね。
宮本や西岡たちはWBC見てるせいか普通に見れますが。。
「ジャパン組」は疲れてるとは思いますし、パレードにも参加できませんでしたが、“日本一”の選手たちなのでホント格の違いを見せてもらいたいですよね。
休ませてあげたいような、でもバリバリ活躍してもらいたいような複雑な心境です(笑)
でもなんだか楽しみです♪

春のキャンプで「主力・若手と区別せずに徹底的に
鍛えていく」のは大賛成ですね。
いくら主力とはいえ、あまりの放牧はよくないですよね。
来年は監督の目が届くところに置いてしっかり指導して
やって欲しいです。
Toshikichiさんの仰るとおり主力といえども常に向上心
をもってやってくれることを望みます!

こんばんわ。
パレード、生で見たかったですね・・・でもいかんせん1300kmの彼方・・・
でも熱気はニュース見ただけで伝わってきましたよ。

キャンプのフォーマットですが、確かに第1クールの主力完全放任はそのときは一抹の不安を感じていましたが、若手育成が急務なのがはっきりしていたのと、読谷でしっかり練習する主力の面々を見ていて納得していたものでした。
しかしシーズン前半のエラーの多さや一部主力の好不調の波の大きさ、バントなどチームプレーの失敗の多さなどを目の当たりにして、やっぱりあの放任はどうだったのかなあ・・・と思っていました。やっぱりこの辺はてこ入れがありそうですね。

完全優勝を成し遂げるための来年のキャンプがさらに楽しみになってきました。

浅尾投手、予想以上のアップでしたね。
期待料も含めてという印象ですが、
確かにシーズン前半の活躍は素晴らしかったです。

来シーズン、先発ローテに定着してくれると
ますます楽しみですよね!

みなさんコメントありがとうございます!
ちょっと忙しく返事が遅くなってごめんなさい。
それにしてもナゴヤの日本一パレード55万人ですか!
自分はCBCの映像で見ましたが、ほんとスゴイですね。
参加された方、おつかれさまでした。

>ごえもんさん
WBCの時とも違うユニホームだけに
自分的には違和感ありありです。
疲れもたまっていますが、とりあえずはジャパンのため。
適度な貢献を期待しています。

>daojing(オヤジ)さん
けっしてサボっている訳ではないですが、
自主での調整をさせすぎたのかもしれないですね。
まだ差はありはしますが、ちょっとしたことで
スタメン、そしてレギュラーというのは代わったりするもの。
さらなる向上心は持ち続けてほしいです。

>北谷キャンプ現地レポさん
ナゴヤ、すごかったですね。
今回は53年ぶりということもあるでしょうが、
55万人は恐れ入りました。

キャンプについては、若手は伸びた選手がいたと思いますし、
方針的には間違ってはいなかったでしょう。
ただあまりにも放任の時期が長かった気も。
まあ「ノリフィーバー」もありましたし、
1軍首脳がなかなか読谷にいけなかった部分もありましたが。
主力・若手合同は自分的には大歓迎です。

>ドライチさん
浅尾投手、頑張ってくれたと思います。
しかしケガもあった部分、本人的には不本意かも。
しっかり体力をつけて、来季は開幕1軍期待します。

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

他のアカウント

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • : DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)

    DRAGONSぴあ 2018 (ぴあMOOK)
    NO DRA, NO LIFE 中日ドラゴンズ承認ファンブックが今年も発売決定!毎日の試合結果を記載できるドラゴンズぴあダイアリー2018-2019が別冊付録。

  • : 中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018

    中日ドラゴンズ選手別応援歌メドレー 2018
    新スローガン『原点回帰 Dragons愛!』を掲げ、日々激闘を続ける竜選手たちを後押しする、中日ドラゴンズの応援歌メドレーアルバムの2018年版が誕生!

  • : 中日ドラゴンズファンブック2018

    中日ドラゴンズファンブック2018
    「原点回帰 ドラゴンズ愛」をチームスローガンに掲げて2018年シーズンを戦うドラゴンズの全容を紹介!森監督インタビュー、京田・又吉トークなどの読み物、選手のプロフィルや過去シーズンの成績をはじめデータも充実。

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ