« 開幕まであと2日、完全V祈願と落合監督豪語。 | トップページ | 5年目の信頼、2008年ドラゴンズ今夜開幕! »

2008年3月27日 (木)

開幕まであと1日、ドラゴンズ1軍メンバー公示。

いよいよあす28日から
待望のセントラル・リーグが開幕。
この日、開幕戦でベンチ入り可能な
1軍登録選手26名が、リーグ公示されました。
注目のドラゴンズ開幕メンバーは以下の通りです。

【開幕戦(3/28)出場選手登録公示】(中日)
<投 手>11 川上憲伸、13 岩瀬仁紀、14 朝倉健太、
       18 中里篤史、19 吉見一起、21 チェン、
       23 鈴木義広、33 平井正史、43 小笠原孝、
       67 高橋聡文、69 小林正人
<捕 手>27 谷繁元信、28 小田幸平、59 小川将俊
<内野手>2 荒木雅博、3 立浪和義、6 井端弘和、
       31 森野将彦、40 西川明、44 タイロン・ウッズ、
       57 デ ラ ロサ、99 中村紀洋
<外野手>4 藤井淳志、5 和田一浩、7 イ・ビョンギュ、24 英智
(背番号順、セ・リーグ公式スポニチ

◇中里篤史
<プロ入り8年目にして初の開幕1軍入り。
努めて喜びを抑え込むように、吉報を受け止め>
「自分はルーキーじゃないから、
そう喜んでばかりはいられません。
最低限の目標は達成できたという思いです」

<昨季は左ひじ骨折などで1年間2軍暮らし。
しかしオフに結婚。今季へ懸ける決意をさらに強く>
「家族ができたし、もう一人じゃない。
『今年で最後』というくらいの強い気持ちで臨む」

<からだも万全の準備で開幕の日を迎える>
「体はどこも問題ない。
この時期にしては例年よりスピードも出ている」

<オープン戦では7試合で防御率0.00。
自慢の直球で打者を封じるも、
四球を出すシーンもあって立場は盤石ではないが>
「シーズンでダメなら意味がない。
1年間ずっと中継ぎで活躍できるようにしたい」

<本当の勝負が始まる公式戦を前に、
『ポスト岡本』を宣言。どでかい目標を掲げる>
「50試合ぐらいは投げたいと思っています。
ダメならファームに落ちるので、
抑えていないとずっとは投げられない。
自分にとっては未知の領域ですが、
1年間1軍にいれば達成できる数字だと思う。
(昨季62試合登板の)岡本さん(埼玉西武)の
代わりとまではいかなくても、
それくらいの試合数を投げたい。
毎日投げるということに、今はだいぶ慣れてきた」
中スポスポニチ名古屋ニッカン


◇吉見一起
<オープン戦で15イニングス無失点と
抜群の結果を出し、初の開幕1軍入り>
「考えすぎないようにやっていきたい。
悩むこともあるでしょうけど、すぐに切り替えて
前向きに投げていきたい。
途中でバテてもいいぐらいの気持ちで、
がむしゃらに頑張ります」
(東京中日)

◇チェン・ウェイン
<05年以来3年ぶりの開幕1軍を勝ち取り>
「うれしいです。まだ先発か中継ぎか分からないけど、
どっちで投げても、いい結果を出さないと1軍には残れない。
開幕1軍には入ったけど、
いいピッチングを続けられるようにしたい」。
中スポ

◇西川明
<プロ2年目で1軍未出場。うれしい初切符を手にして>
「今シーズン中に1軍に入ることが
目標だったので、率直にうれしいです。
開幕1軍が大前提だという気持ちでやってきましたから」

<若手野手のなかで唯一打率.318と結果を残し、
22日の東京ヤクルト戦では代打満塁弾でアピール>
「代打でも自分のスイングができた。集中力を欠かさなかった」

<当分はオープン戦終盤同様、
左の代打としての起用も多くなりそう>
「少ないチャンスをものにするかで、
ずっと1軍に帯同できるかどうかが決まると思う。
チャンスは少ないと思うけど、
結果を出して長い時間生き残りたい」
(中スポ、スポニチ名古屋ニッカン

◇小川将俊
<第3捕手として初の開幕1軍メンバー入り>
「自分はそんなに若くない(29歳)し、
与えられたチャンスをつかみたい」
ニッカン


◆山本昌
<開幕日1軍メンバーには登録されなかったが、
シーズン初登板の直前に登録されることが濃厚>
「登録については知らない。初登板に向けて準備するだけ」
ニッカン

◆川井進
<開幕1軍メンバーから外れて、2軍調整。
きょう27日からナゴヤ球場で練習する>
「これまで(他の投手と)いい競争ができたと思う。
ファームでもいい状態をしっかり持続させたい」
ニッカン

◆菊地正法
<同じく開幕1軍メンバーから外れ>
「1軍にいつ呼ばれてもいいように準備しておきます」
ニッカン

◇森バッテリーチーフコーチ
<開幕1軍登録されなかった川井と菊地について、
あくまで1軍からの派遣扱いとする>
「(2軍に)落としてはいない。
下でゲームに投げさせるために行かせる」
(東京中日)


◇谷繁元信
<高卒ルーキー時代から
『20年連続』となる開幕1軍について>
「そういえば、外れたっていう記憶はないですねえ。
キャンプ、オープン戦でケガをしたことがない。
それが一番だと思います」
<ドラ番記者>


この日、ナゴヤドームで練習を行ったのが、
投手15名、野手15名の合計30選手
そのなかから開幕カードの広島戦
先発予定がないと思われる中田山本昌
さらに1軍選手同様ながら、登板機会がないため
ファームに合流することになった川井菊地
以上4投手を除いた投手11名、野手15名の計26選手が、
あす28日の開幕戦ベンチに入ることとなりました。


リミットギリギリの28人までいれず、
あえて2つの空席を残すところが、
開幕2戦目以降を占う意味で意味深にも感じましたが、
昨季と比べると、投手陣はかなり入れ替わりましたね。
初顔となる中里、吉見に3年ぶりのチェン
また昨季は平井、小笠原、鈴木といったところも
開幕1軍には入っていなかっただけに
その辺りがプラスに作用するかも気になります。

おそらく開幕投手は、エース・憲伸
さらに2戦目はコイキラーの朝倉が来そう。
ただ3戦目に吉見で行くのか、小笠原なのか。
それとも昌さんを登録即先発させるのか、気になりますね。
ポスト岡本が懸念されるリリーフ陣も
とりあえずはカタチが付いたようですし、
平井を中心に、中里、鈴木、高橋辺りで踏ん張ってくれれば。
ただ川井、菊地は外れたものの、1軍扱い。
それらを入れ替えながら、
調子がよい選手でうまく回転させていきそう。
森コーチ手綱さばきに注目したいところです。

一方、野手陣は前日も触れましたが、
全体練習に参加した15名がそのまま登録されました。
森野を含めた8人のレギュラーは固まっていながらも
それを補うピースとしては、こんなものかなと。
そのなかでは、サバイバルを勝ち抜いた西川と、
新外国人のデラロサをどんなカタチで使ってくるかに注目。
スーパーサブとしての英智、藤井に加え、
代打の切り札である立浪兼任コーチの調子もよさそう。
若竜の濃度が薄いところが気になりますが、
まずはレギュラー陣が良いスタートを切ってさえくれれば、
チームが波に乗っていくのではと思います。

完全制覇のために選手それぞれが
与えられた役割をしっかりと遂行することが大事。
選ばれた26名の竜戦士の頑張りに大いに期待したいです。


◇森野将彦
<井端、イ・ビョンギュらとともに早出特打ちを行う。
ナゴヤドームでの全体練習前に、
約35分間にわたってフリー打撃に汗を流し>
「打つことに関して怖さがあったんで、
疲れたときにどんなバッティングになるかを知りたくて試しました。
長く打てたのはよかったです。
まだ練習をやっていて新鮮ですね」
中スポニッカン

◇井端弘和
<早出特打で35分間のフリー打撃をこなす>
「最後の2試合出ていないので練習しただけ」

<シートノックでは落合監督の打球を受け>
「何ということはないけど
気が引き締まって良かったんじゃない」
スポニチ名古屋12

◇タイロン・ウッズ
「開幕戦の先発が予想される広島・大竹に舌なめずり。
抜群の相性を問われ、発したのはひと言のみ>
「大竹? オレは打っているだろ? 
(昨年の対戦打率.412を知らされて)
イエス。それ以上、何も言うことはない。
(報道陣を見渡して)それがあればいいだろ?」
中スポ

◇朝倉健太
<野手が打撃練習を行う横のファウルグラウンドで
捕手を座らせ、30分以上にわたりフォームを確認>
「ブルペンで投げると力が入ってしまうので。
きょうはうまく投げられました」
(東京中日)


◇和田一浩
<初めて落合監督のノックを受け、開幕近しを感じ取る>
「結構厳しいコースに打ち分けられて走らされました。
臨戦モード? そうです」
スポニチ名古屋ニッカン名タイ

◇西川明
<二塁に入って受けた
落合シートノックに緊張気味に話す>
「エラーをしないように気をつけました」
ニッカン

◇荒木雅博
<開幕直前に解禁された落合ノックに敏感な反応>
「これがあるとシーズンが始まるなあという
気持ちになる。結構動かされた」
スポニチ名古屋ニッカン


◇落合監督
<今季初めて『オレ流ノック』を解禁。
野手全員によるシートノックの際、ノッカーを買って出る。
外野の各塁送球から始まって、内野、捕飛と打ち分け>
「これで晩飯がうまくなるだろ」

<それ以外は一貫として口が開くことはなく>
「しゃべるのはあすだ。そういう約束だっただろう?」
(中スポ、スポニチ名古屋


開幕まであと2日と迫ったこの日、
ドラゴンズナインは、午後2時からナゴヤドームで全体練習。
投内連係、シートノック、打撃練習などが行われたようですが、
その全体練習の前に、バッテリーがミーティングを。
スコアラーが集めた他球団のデータを資料に、
新戦力などについて、いろいろレクチャーされたもよう。
また井端、森野、イ・ビョンギュは早出特打を。
オープン戦ラスト2試合を欠場した井端
故障明けで打ち込み量が不足している森野
さらにフォームを確認するイ・ビョンギュ
それぞれの目的で取り組んでいたようです。
さらに全体練習後には、野手陣も含めたミーティング。
そして夜には選手会の決起集会と、
徐々にながら開幕というムードが高まり始めてきました。

ところでこの日のシートノックでは、
なんと落合監督が自らノックバットを握り、
今季初とも言える『落合ノック』を披露。
キャンプではついに最後まで封印し続けたものの、
開幕直前ということでいよいよ解禁に。
それでも約20分間放たれたその打球は、
相変わらず厳しいものだったようで、
野手陣は右へ、左へとかなり振られていたようです。


頭に落合ノック!荒木らのコメントをみると
この落合ノックもある意味、
開幕恒例のものなんですね。
容赦のない
オレ流ノックにより、
選手たちの気を引き締め
本番さながらの
緊迫感を培わせる。
そしてそれによって
チーム状態を最終的にチェックする。
さらにこの日の投手陣のフリー打撃では、
憲伸ら打撃指導も行ったという指揮官
まさに「オレ流」ならではのスタンスで、
選手たちを臨戦モードへと向かわせているようです。


若竜トピックス(26日)

◆ウエスタン・リーグ公式戦
広島-中日 2回戦
(26日・広島東洋カープ由宇練習場)
  000 000 002 =2
 C 010 001 100 =3
[敗] 清水昭信(1試合1敗)
[D本] なし
[D投] 清水昭信、齊藤、樋口、高江洲
公式サイト広島東洋カープ

【ゲームレビュー】
初回無死一、二塁のピンチを切り抜けた先発・清水昭信は、
続く2回ウラ2死一塁から自らのけん制悪送球でピンチを作り、
上村和裕に右前タイムリーを打たれ、先取点を与える。
3回から5回までは三者凡退に抑えたが、
6回ウラ、ボールが浮いたところをつかまり、小窪に四球。
さらに廣瀬に左中間三塁打を打たれ追加点。
なおも1死三塁のピンチを残し降板。
それでもストレートがやや高いが、まずまずの内容だった。
3番手・樋口は、大須賀の左越え二塁打などで
1死三塁のピンチを背負うと
代打・松山竜平の内野ゴロ(野手選択)の間に1失点
公式戦初登板を無失点デビューとはいかなかった。
攻撃陣は、広島の投手陣を打てず、8回まで4安打無得点。
9回、平田四球、堂上剛裕左前打、森岡進塁打で
1死二、三塁から田中のライト前タイムリー。
さらに代打・井上の内野ゴロの間に
2点を取って追い上げたが、2-3で敗れる。
公式サイトより)


●樋口賢
<高校生ドラフト3巡目ルーキーが、
ウエスタン・広島戦で公式戦初登板。
7回から登板すると1イニングを1安打1失点>
「ダメでしたね。
(MAXは)142キロ? 142キロしか出てないのか…。
腕が思うように振れなかった。変化球もダメでした」

<高校時との最大の違いは調整法。
前日もリリーフとしてブルペン待機し、
この日も先発が崩れて突然出番がやってきた>
「調整が難しいっス」
中スポ

●小林2軍投手コーチ
<ホロ苦いデビュー戦となった樋口に>
「変化球が悪いと直球を狙い打たれる。
高校のときとは違うよ。すべてが勉強だね」
中スポ

●清水昭信
<教育リーグを含めて今季初先発は、
5イニング1/3で5安打2失点。
悔やまれる内容に反省ばかりを口に>
「もったいなかったですね。
悪送球とか四球とか…。それがなければよかったんですが」
中スポ

●田中大輔
<前日の2安打に続いて、この日は3安打猛打賞。
9回1死二、三塁から右前適時打を放つなど1打点>
「9番が投手だから、
8番のボクは四球を選ぼうとかファウルで粘ろうとか
役割を果たそうと思って、うまくいっています」
中スポ


1軍が開幕カードで当たるカープ
一足先に対戦しているファーム
前日に続いての由宇でのウエスタン・広島戦2-3で黒星。
古久保コーチによると
「しょうもない失点の繰り返しや
バッテリーで、もっと必死にならなあかん」
とのこと。
おそらく「しょうもない失点の繰り返し」とは
先発した2年目右腕の清水昭信
2回、ヒットで出したランナーを自らのけん制悪送球
三塁に進めてしまい、次打者に先制のタイムリー。
さらに6回に許した1点も先頭打者への四球から。
防げるミスでみすみすチャンスを与える始末。
MAX145キロの真っすぐやスライダーなどに
収穫もありながらも、降板後は反省ばかりだったようです。

また3番手で登板したのが、高卒ルーキーの樋口
自身の準地元・山口での登板。
スタンドにはお母さんも見守っていたようですが、
腕が振れずに自慢のストレートも今ひとつ。
いきなり先頭打者を二塁打で出してしまうと、
犠打と二ゴロ野選で1点を献上。
さらに盗塁と自らのワイルドピッチで
ランナーを三塁へ進め、ピンチを広げてしまう投球。
後続を凌ぎ、1失点で踏ん張ったものの、
ややほろ苦い公式戦初登板になってしまったもよう。

一方、打線は3回1死二、三塁、さらに6回無死満塁と
大きなチャンスをもらいながらも、あと1本が出ず、
広島先発・宮﨑を助けてしまう拙攻
最終回に、4番手・上野弘文を攻め、
この日猛打賞と打撃好調の田中のライト前タイムリーと、
代打・井上の内野ゴロの間に2点を返したものの、
取れるところで取らないと…という展開で終わりました。




コメント

青龍亭師匠(ウケました・笑)、こんにちはー♪
今日はHappy Toshikichi Dayですね~
お誕生日心よりおめでとうございます
今季も師匠にとってスーパー・グ~~~ッ
素晴らしいシーズンとなりますように
さてさて、我が家は隙間ケーブル切断などにより、
昨日スカパー!がやっと見られるようになったので
(遅すぎっ!)、まだまだ開幕の心の準備ができておりませーん
が、こちらで記事を丹念に拝読いたしまして
身の引き締まる思いがいたしました。
いやー、明日からホントに楽しみですねー!!!
師匠の戦いの日々も始まりますねー
藤井くんが背番号4になったのには
ちょっぴりおセンチになってしまいましたが
あと、師匠、英智の背番号が。。。
ではでは素敵な開幕イブ&聖誕祭をお過ごしくださいませねー

おおっ、Toshikichiさん、お誕生日ですか。
おめでとうございます。開幕前日がバースデーとは
素晴らしくタイミングが良いですね

さあ、いよいよ明日、開幕ですね。全く落ち着かず、
あと24時間をどのように過ごそうかと思案中です。
タイロン選手、「vs大竹投手」に関して自信満々ですね。
昨年9月の団体観戦1回裏のゲッツーばかりが
印象に残っていますが(苦笑)、明日の第1打席で
ドカンと一発打ってくれないかなぁ~と密かに期待しています

コメントありがとうございます!
いよいよ今夜からセ・リーグが開幕。
また一喜一憂の日々が始まりますが、
今シーズンもよろしくお願いします。

>みんこさん
自分の誕生日、よくご存じでしたね。
青龍亭の名前から判断すると、
おそらく串が3本のところでご覧になったのかも(笑
今季もぜひとも最後はみんなで喜べる
そんなシーズンになってくれればうれしいです。

英智選手の背番号、慌てて修正しました(笑
実は1軍メンバー表は、昨季のをそのまま変更しただけなので、
英智選手のは素で間違えてしまいました。
このところケアレスミスが多いSTですが、
今シーズンもお付き合いくださいね。


>ドライチさん
数年前までは自分の誕生日は、
センバツの開幕日だったんですが、
今はいろいろあってこんな日になってしまいました(笑

いよいよ開幕。
ドライチさんが生観戦する開幕6試合。
できるだけ白星を奪い、波に乗ってほしいです!
おそらく開幕投手の憲伸投手に踏ん張ってもらい、
「悪い大竹」投手からの主砲の一撃を期待しています。
生応援、頑張ってくださいね!

遅れ馳せながら
誕生日おめでとうございます

コメントありがとうございます!

>セパ琢磨さん
わざわざはせ参じていただいて、恐縮です。
ありがとうございます。
セパ琢磨さんとは5年目のおつきあいですが、
今シーズンもよろしくお願いします

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • COMING SOON

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ