« 延長のチャンス生かせず、08年落合竜ドロー発進。 | トップページ | ノリ森野本塁打競演、完封リレーで開幕勝ち越し! »

2008年3月30日 (日)

森野ウッズ出航弾、苦しみながらも竜今季初勝利!

開幕戦からいきなりの4時間越え、
延長12回ドロー発進となったドラゴンズ
迎えたナゴヤドームでの広島との開幕第2戦は、
中盤、森野の本塁打を皮切りに打線がつながり、
相手先発の突如の自滅もからめ、4点のリードを奪うものの、
先発・朝倉が捕まってしまい、1点差に詰め寄られる展開に。
それでも鈴木の好救援とウッズの汚名返上の一発。
そして最後は岩瀬が締めて、5-3で逃げ切り。
1日遅れでシーズン初勝利をマークしました。

◇セントラル・リーグ公式戦
中日-広島 2回戦
(29日・ナゴヤドーム | 中日1勝1分け)
38170人 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
広 島
中 日 ×
[勝] 朝倉(1試合1勝)
[S] 岩瀬(2試合1S)
[D本] 森野1号 ウッズ1号
[Dバッテリー]
朝倉、鈴木、岩瀬 - 谷繁

【ゲームレビュー】
継投が決まり開幕2戦目で今季初勝利
先発・朝倉は中盤につかまった。
6回、味方の失策後、前田智徳に2ランを浴びて
1点差に追い上げられ、7回1死二、三塁としたところで降板。
2番手の鈴木が3、4番を抑え、無失点で切り抜けた。
最後は岩瀬が締めて今季初セーブ。
打線は3回、森野がライトへ先制ソロ本塁打。
さらに荒木の適時二塁打、の中前適時打で、この回計3点を入れた。
4回には森野が右前適時打。7回にはウッズが右中間へ
貴重な追加点となるソロ本塁打を放ち、突き放した。
公式サイト中日新聞共同通信社ニッカン式スコア


開幕戦からいきなりのロングゲーム。
勝負付かずに引き分け発進となったドラゴンズ
できれば第2戦は早い回での先制を期待しましたが、
立ち上がりは、広島先発、コルビー・ルイス
140キロ台後半のストレートとキレのあるスライダーの
コンビネーションの前に初回、2回と手が出ぬ状態
これはかなり手こずりそうだなと思いましたが、
3回ウラ、先頭の森野がそれを振り払う一発を。
0-3とボールが先行、そしてフルカウントからの6球目、
四球を防ごうとスーッとした感じで入ってきた
内角高目のストレートをジャストミートすると、
打球はライナーでライトスタンド中段へ一直線!
見事な本塁打で先制すると、流れは一気にドラゴンズへ。

続く谷繁がこれまで苦労していたスライダーを
うまく弾き返しての右中間へのツーベース。
朝倉は送れず、1死二塁となったものの、
荒木が初球、中に入ったスライダーを右へ持って行き、
ライト線へのタイムリーツーベース!
前夜チャンスで打てなかった借りを返す一打
追加点を挙げると、さらに動揺したルイス
続く井端の2球目にセットポジションで制止せず、ボーク
井端は見逃し三振に倒れたものの、
2死三塁からイ・ビョンギュ
外角高目のチェンジアップをはじき返して、
二塁強襲のタイムリーヒット。
さらにウッズも続いて軽打でセンターへ運び、一、三塁。
和田は内へのストレートに見逃し三振に倒れたものの、
難攻不落と思われたルイスから一気に3点を奪いました。

さらに続く4回ウラ、ルイスを攻め込むドラゴンズ
先頭の中村紀洋がセンター前ヒット出ると、
続く森野の時、カウント2-2から再びボーク
中村紀洋が二塁へと進むと、さらに続く6球目、
外へのスライダーに三振と思いきやまたもやボークの判定。
思わぬ命拾いの森野が続く7球目、
内へのスライダーを叩くと
詰まりながらもライト前に落ちるタイムリー
ごっつあんの一打4点目をゲット。
相手の自滅に助けられ、ここまでは楽勝ムードかと思われました。

ところが、ここから思わぬ展開に。
4回までわずか1安打とまずまずの投球をしていた
ドラゴンズ先発・朝倉の投球に変化が。
5回、先頭の前田智徳に初球、ライト前に運ばれると、
続くシーボルにもショートの横を抜かれ、一、二塁。
さらに石原の三塁方向への送りバントの処理を誤り、
内野安打としてしまい、あれよあれよで無死満塁
続く東出が初球を叩き、二塁ゴロ。
4-6-3と渡ったものの一塁セーフで
併殺崩れとなる間に三塁走者が生還。
何とか後続は抑え、1失点で凌いだものの、
なんとなく動揺している感じが…。

さらにそれに拍車を掛けてしまったのが、1つのエラー
続く6回、を投ゴロ、アレックスを遊ゴロと
簡単に2つアウトを取り、立ち直ったかと思われましたが、
続く栗原を三塁ゴロに打ち取ったものの、
中村紀洋からの送球を一塁・ウッズ取り損ないエラー
これがゲームを思わぬ展開へ。
2死一塁となり、迎えるは5番・前田智徳
前の打席で初球を叩かれていた朝倉
ところが初球、真ん中高目に甘くストレートを。
これを見逃すはずのない前田
ライトへ持って行かれての2ランホームラン
まさに不用意な1球で、4-3と一気に1点差。
これで朝倉が完全にリズムを崩してしまいます。
続くシーボルに対し、ボールが先行。
カウント1-3からレフト左へツーベースを許すと、
続く石原にも0-3、なんとかフルカウントまで
持って行ったものの、叩きつけてしまっての四球。
2死一、二塁と一打同点のピンチに。
何とか続く東出の代打・喜田剛を中飛に取ったものの、
この時点でもはやアップアップに見えました。

ところが6回の攻撃で、ベンチはそのまま
朝倉を打席へ送り、7回もそのまま続投
この回までと期待をこめて送ったようですが、
やはりバテていたようで、捕まってしまう結果に。
先頭の代打・に一、二塁間を破られると、
続く天谷宗一郎はスリーバントから一転、ランエンドヒット。
外へのシュートを流されてしまい、三塁横を抜くツーベース。
無死二、三塁と一打逆転のピンチ。
何とか最後の力を振り絞って、を空振り三振に取って1アウト。
ここでようやく落合監督がマウンドへ。
この日は、6イニング1/3、103球を投げ、
8安打6奪三振1四球で3失点(自責1)。
シーズン初登板ということもあったと思いますが、
らしさが見られず、安定さに欠ける投球。
さらに後半バテてしまい、踏ん張り切れないなど、
本人にとってはやや満足いかないものとなりました。

代わって2番手でマウンドに上がったのは、鈴木
前夜に続く連投となりましたが、こちらはナイスピッチング
迎えたアレックスを初球、内へのストレートで二飛に取ると、
続く栗原にはスライダーが決まらず、0-3に。
しかしフルカウントまで戻すと、最後は外角高目のストレート。
センターへと抜けそうな当たりでしたが、
荒木が追い付き、切り返してのジャンピングスロー!
栗原も頭から飛び込むも、一塁アウト。
強気の投球で見事な火消し。
続く8回も2安打1打点の前田智徳
内角高目のスライダーできっちりキャッチャーフライ。
さらにシーボル、石原と連続三振で、
1イニング2/3をパーフェクト。
この好投で再び流れを戻せたような気がします。

そして7回ウラに、主砲・ウッズ汚名返上の一発
広島4番手・林昌樹からカウント1-2からの4球目、
真ん中高目のストレートを完ぺきに叩くと、
打った瞬間の打球がそのまま右中間スタンドへ。
開幕2戦目で飛び出した今シーズン第1号
これでダメを押したドラゴンズ
最終回は守護神・岩瀬が締めて、ゲームセット。
途中、詰め寄られる苦しい展開ながら、
最後はうっちゃり、今シーズン初勝利をマークしました。


この日の影のヒーロー。まとまらず長々と
なってしまいましたが、
打線の方は、広島先発・ルイス
自滅もありましたが、
3回ウラ、集中的に攻めての
効果的な先制点
特に攻撃の口火となった森野
ソロ本塁打が大きかったですね。
さらに荒木も借りを返すタイムリーに。
それに挟まれた
谷繁のスライダー狙い打ちもよかったです。
また6回にイージーエラーをしたウッズ
これをきっかけに一時流れが変わってしまっただけに、
今後への反省点ともいえますが、
ダメ押しの一発を打ったと言うことで、まあ叱責は少々と。
他では中村紀洋、イ・ビョンギュも相変わらず好調。
あとはこの日も4打数ノーヒット、
開幕から9打席音無し和田に1本出てさえくれれば。
この日も外野へ良い感じでライナーを飛ばしたものの、
どうしてもヒットにはならないもどかしいシーンも。
ぜひとも明日は、初ヒットを待っています。

投手陣は、やはり鈴木に尽きますね。
アップアップの朝倉を7回も投げさせた継投に
やや問題点もありますが、一打逆転のピンチで
クリーンアップをよく凌いでくれました。
8回もまたがせたということからも
現状の中継ぎ陣では一番安定しているのかも。
今季は勝ちパターンの一員としてバリバリやってほしい。
この好投を次回以降も期待します。


今季初勝利を挙げ、ようやく出航
完全連覇へのスタートを切ったドラゴンズ
こうなれば、開幕カードをしっかり勝ち越したいですね。
ただ第3戦の先発が今イチ読めません。
ちなみに候補の小笠原、吉見、チェン
3投手ともこの日のベンチ入りのメンバーには入っていました。
ただ名前だけあって、実際には上がりの可能性も。
中スポ予想は吉見となっていましたが、果たしてが?
それも含めて、楽しみにしたいと思います。


☆ウィナーズ・ボイス(29日)

◎森野将彦
<3回、右翼席中段へ先制の今季1号本塁打>
「(ファンも心配していたと思いますが)
まさか自分もこうやって開幕戦に試合に出れて、
またこうやって試合でホームランが打てると思ってなかったんで、
本当に早く治って試合に出られてよかったと思っています。
(3回の本塁打は)そうですね。まあ力がある投手なので、
力勝負に来ると思ったんで、
それに負けないように思いっきり振りました。
(内角高目直球は)好きなとこなんでね。
好きなところしか待ってないんで、
いつもそこを逃さないように打とうと思ったら
ホームランになったっていう最高の結果です。
(4回の適時打を打ったときの気持ちは)ラッキーですよ。
まさかボークで自分が(三振から)生き返ると思わなかったんで、
まあ投手のおかげで点を取ることができました。
(ツキは大事ですか)そうですね。
まあ神様が見ていると思うので、悪いことしないで、
まじめにやっていきたいと思います。
(完全優勝、2連覇に向けての抱負を)
まあみなさんも期待していると思うんですけど、
僕たちも必死になって、まずセ・リーグ制覇と日本一に向かって
まず1勝を挙げたんで、もっともっと勝って、
みなさんと一緒に喜びを分かち合いたいと思います」


「力勝負に負けないように振った。
完ぺき。打った瞬間『行った』と思った。
あそこは好きなコース。打つべくして打ったホームラン」

<脅威の回復力で何とか開幕に合わせてきたが、
コンディションの問題もある。試合前、冗談交じりに>
「きのうの開幕戦が今季初めてのナイターだったんですよ。
それがいきなり延長12回…。疲れました。
(中旬までナイターが始まる午後6時には)家に帰っていました。
生活リズムのズレを感じますね」

<今は全力投球を貫く決意>
「(不安は)当然ある。
この先(影響が)出るかも。世の中そんなに甘くないから。
苦しい時期は必ず来る。とにかく毎日、目いっぱいやるしかない」
中スポ毎日jpスポニチ名古屋

◎タイロン・ウッズ
<今季1号を含む3安打と大当たり>
「きのうは三振もしましたけど、我慢して四球を選びました。
(3安打&今季1号に)最高の気分です。
そしてチームが勝ったことに対して、とても気分がいいですね。
(自宅にある50枚のカウントダウンボードが)
やっと1枚めくれるので、あと49本(枚)残っています。
(ボードには)数字だけが書いてあります。
残り1枚もめくれて、ホームランキングになることが重要ですが、
それよりもましてチームが勝つことが重要だと思います。
(完全制覇に向けて)もちろん2連覇です。
そしてみなさんの声援がとっても力になるのでぜひ球場に来て下さい」


「きのうはボール球ばかりだったのに、
きょうはチャレンジしてきたので驚いたよ」

<6回には自らの失策が絡み1点差に詰め寄られたが、
自らのバットで汚名返上を果たし>
「交錯すれば肩をケガする(と思った)。
挽回(ばんかい)したかった。
あれで2点あげてしまったので返したいと思った。
自分のミスだから。とにかく来た球を強く打って、
チームの勝利に結び付いて良かったよ」
中スポ時事通信スポニチ名古屋デイリー

○朝倉健太
<7回途中3失点で降板もリリーフ陣に助けられ今季初勝利>
「初戦ということで、最初から
バリ(ものすごく)飛ばしていきました。
試合前のブルペンも良くなかった。
自分の中で、それを持ってマウンドに上がるのか…
気持ちだけです。きょうは気持ちだけでいくしかなかった。
1イニング、1イニングと思っていきました」

<1点差に迫られたが、勇気づけたのが、
落合監督ら首脳陣の続投の決断。
期待に応えることができずに悔しがる>
「去年までの僕だったら、6回で替えられていた。
7回まで投げさせてもらったので、
何とかしのぎたかったんですが、抑えられなかった。
6回を踏ん張りきれなかったこと、
7回を投げきれなかったことを
反省して次から生かしていきたい」

<満点ではなくてもコイキラーの看板も継続
昨年5月8日から始まった対広島戦連勝はこれで「5」に>
「それはもう、いいです」
朝倉健太公式中スポ共同通信社時事通信スポニチ名古屋ニッカン

○鈴木義広
<1点リードの7回1死二、三塁の場面で登板。
チームの窮地を救う好リリーフ>
「何とか朝倉さんに勝ちがつくようにと投げました。よかったです」

<例年スロースターターだが、今年は返上している>
「軸足の内側に体重が乗るよう、
意識して投げているのがいいんだと思っています」。
中スポ時事通信ニッカン

○谷繁元信
<守っては追い上げられる苦しい展開で好リード。
7回のピンチを逃げ切った後、鈴木にジョークをかます>
「健太(朝倉)に10万円くらいもらっておけ!」

<打撃でも存在感を見せつける。
先制直後の3回無死から右中間二塁打を放つと、
6回1死からは左中間への二塁打。
この日は2打数2安打2四死球と活躍>
「(3回の二塁打は)理想の打球だね。
キャンプからやってきたことができている」
中スポ、東京中日)

○岩瀬仁紀
<守護神が今季初セーブをマーク。
2点リードの9回から登板すると、
1死から内野安打を許すも、代打の緒方孝市を
遊ゴロ併殺打に取り、きっちり無失点で締める>
「1つセーブを取ると、ホッとしますね。
今年もやっていけるという気持ちになります。
チームが今季初めて勝ったのでよかった。
チームにとっても、ボクにとっても、
健太(朝倉)にとってもよかったと思う」
(中スポ、ニッカン

○荒木雅博
<3回1死二塁、速い打球で一塁手の右を破る
右翼線二塁打を放つなど5打数3安打の猛打賞>
「最低でもランナーを送りたかった。
狙い通りのバッティングができました。
きのう(開幕戦)のことがあったから、
右方向へと意識していました」

<守備でも7回2死二、三塁のピンチで
栗原のセンターへ抜けようかという当たりを
驚異的な守備範囲で追いついて、アウトに>
「守備はよく足が動きました。体調はいいですよ」

<チャンスで凡退した開幕戦の借りは返した>
「気持ちを切り替えて、きょうはきょうで臨みました。
バッティングもオープン戦のときが底だったと思います」
中スポニッカン

○イ・ビョンギュ
<2点を取った直後の3回2死三塁、
痛烈な打球で二塁手のグラブを弾き、
貴重な追加点をたたき出す>
「何とかヒットを狙っていたんだけど、
打球の方向がよかったね。運もよかったと思うよ」
(東京中日)

○和田一浩
<3回2死一、三塁から空振り三振に倒れるなど、
この日は4打数無安打。前日からは9打数無安打。
2試合を終え、野手の開幕スタメンはただ1人に>
「チームが勝ってよかったです。勝ったことで救われました。
苦しんで、がんばります」
(東京中日、ニッカン


◇西川明
<この日、早出特打を行う。
前日の開幕戦でプロ初打席に立ったが、二塁ゴロ。
チャンスでヒーローになり損ねたが、気持ちを切り替え>
「まだシーズンは長いですから、
チャンスが来ると思って頑張ります」
ニッカン

◇川上憲伸
<きょう30日にFAの権利を取得する予定。
ケガなどもあり11年目での取得になるが、淡々>
「こんなもんでしょう」

<その上でオフまで去就に関しては『封印』する意向を明かし>
「今の時点で言えることは何もない。
シーズンに集中したい。それからゆっくり考えたい」
スポニチ名古屋

◆西川球団社長
<きょうFA権を取得する川上について、
従来通りのスタンスで臨むことを明かし、残留を熱望>
「選手の権利。本人の意思次第です。
(川上は)必要な選手」
スポニチ名古屋

○笘篠外野守備走塁コーチ
<今季、守っている時には外野の守備陣形に目を光らせ、
攻撃している時は三塁ベースコーチを担当。
前夜の開幕戦から難しい判断。
9回、中村紀洋の同点打が出て、
一塁走者・ウッズを本塁に突入させたが>
「あれでよかったと思っています。迷いはなかったですから」

<デビュー戦にアウトとなったことは
これから判断力向上に生きてくる>
「何かわからないことがあったら、
すぐに高代(野手総合チーフコーチ)さんに
聞きにいっています。
キャリア(三塁コーチで18年間)が全然違いますから」
(中スポ)


○落合監督
<開幕2戦目で今季初勝利を飾るも、
中盤に1点差に詰め寄られる苦しい試合展開。
先発・朝倉について>
「2試合目でも、投手には初めての試合。
これから出てくる投手にとっては開幕だ。
それを差し引けば、よく投げた方なのかなと思う。
健太(朝倉)のいいところがないわけじゃない。
そのいいところを伸ばしていってくれればいい。
反省すべきところは反省して」

<ちょっぴり苦言は>
「点の取られ方が悪い。
注意しなきゃいけないところで(取られているから)
自分を苦しめている。それをいい教訓にしていけば…。
我慢しておけば(今季の)打線は点を取ってくれる。
そうすれば勝ち星も増える。
そういう意味では最初の試合で
勝ちがついたのは彼には大きいと思う。

(先発のノルマは)完投してなんぼでしょ。
7回までなんていうのは(落合野球には)ない。
昔のこと言っちゃいけないんだけど、
昔は中2日、3日で完投していた。
先発は完投のつもりで投げて、ダメならつないでいく。
何回まで放ればいいっていうなら、中継ぎが死んじゃう。
数に限りがあるだけに。
先発は1人で投げ切ってと(いう教育を)この4年、5年やっている。
(だから中日の先発陣には)その意識はないとは思っているけどね」

<前日は振るわなかった打線が奮起しての勝利に>
「簡単には勝たせてくれないということだよな。
苦労して勝ちなさいってことだな。やっと出航したな。
(開幕はドローで)1日港に停泊していたから。
長い船出に出たってところでしょ」
中スポスポーツ報知共同通信社時事通信
毎日jpスポニチ名古屋12ニッカン


若竜トピックス(29日)

◆ウエスタン・リーグ公式戦
福岡ソフトバンク-中日 1回戦
(29日・雁の巣球場)
  000 000 000 =0
  020 000 000 =2
[敗] 山井(2試合1敗)
[D本] なし
[D投] 山井、川井
公式サイト

【ゲームレビュー】
先発の山井は、立ち上がりから甘い球が多く、
初回2死一、三塁のピンチを招くが、
吉本を内野ゴロに打ち取り、0点に抑えた。
しかし2回ウラ、1死一塁から吉川元浩
左越え2ランを喫し、先制を許した。
4回ウラも連続四死球で1死満塁のピンチを招いたが、
金子を投ゴロ併殺で切り抜け、結局5イニングを投げ2失点。
やや不満が残る内容だった。
攻撃陣は、ソフトバンク先発・和田を打てず、完封を許す。
井上がチーム唯一のヒット2本を打ち、一人気を吐いた。
公式サイトより)

●山井大介
<ウエスタン・福岡ソフトバンク戦に先発。
5イニングを4安打1奪三振5四死球2失点。
前回よりも長いイニングを投げられたことで収穫を見いだす>
「(投球)内容は良くなかったけど、
5イニングを投げることができて良かった。
四球(3個)や死球(2個)が多かったので、
今後はそのあたりの調整をしていきたい」
中スポ


雁の巣でのウエスタン・福岡ソフトバンク戦
午後0時30分に始まった試合は、わずか1時間50分で終了。
まさにNPBが聞いたら泣いて喜ぶエコゲームとなったもよう。
それもそのはず、福岡ソフトバンクの先発が、
なんとオフに左ヒジを手術し、この日が最終調整という和田毅
ほぼ1軍仕様となった和田の前では、若竜も貫禄負けか?
打ったヒットは、井上が5回に放ったライトへの二塁打と
8回のライト前ヒットの、わずか2本のみ。
さらに無四球で、86球の省エネ完封を喫してしまいました。

一方、投手陣はファームで調整中の山井と、
開幕1軍から惜しくも外れた川井が登板。
先発した山井は、5イニングを4安打1奪三振5四死球2失点。
数字だけみると、まずまずとも思えないこともないですが、
気になるのは、3四球に2死球の5四死球
やはりそんなには良くはなかったようです。
さらに失点は、2ランでのもの。
ただそれはこの日『4番・DH』に座り、
左手首手術後初めて実戦に出場した小久保ではなく、
前・巨人で現在育成選手という吉川から。
それでも山井にとっては、前回の2イニングよりも
長いイニングを投げられたことが収穫だったようで、
完全復帰へ向けて、今後は投球の精度
上げることが課題となっていくようです。




コメント

わ~、一番乗りv
師匠おはようございます。
今日もお花見日和ですが、わがドラゴンズは満開まであと1人ですねっ
2戦やって落ち着いてきたみたいだし、みんなで勝ち取ったみたいな感じでよかったです。
こうやってみんなで補い合えればいいですね。
連勝してもらってファンも落ち着きたいですw

今季初勝利、嬉しいですね。
前半楽勝の展開から、一転して僅差のヒヤヒヤ
ゲームになってしまいましたが、何とか勝ててほっ
としました。

鈴木は素晴らしかったですね~。
あの場面、正直同点は覚悟してました。
ナイスピッチングでした!
今日もこの調子で連勝して欲しいです。

Toshikichi師匠 おはようございます。

昨年9月の熱いナゴドから半年、今回外は寒かったのですが、ドーム内はとても熱かったです!!

開幕戦らしい展開になりましたが、よく引き分けに持ち込んだという印象でした。

貴重な憲伸投手のHRも、初対面の隣の方と話しこんでいて良く観ていなかったのです(泣)。
周りの方がほとんどシーズン・シートの常連の方ばかりでこういう観戦も良いなと思いました。

さて第2戦。 森野選手の一発に始まり、相手投手のボークも絡み効果的に点数を積み重ねましたが、タイロン選手のエラー後の前田選手の一発・・・嫌なムードをタイロン選手の一撃と鈴木投手の好救援で悪い流れを止めました。

今日は昌さん登録即先発かとも思いましたが、オープン戦の実績から言うと吉見投手でしょうか。 注目したいと思います。

P.S. 大豊飯店ではとてもラッキーでした。これで勝利間違いなしと思ったのですが、運を使い果たしてしまったようです^^

今年もよろしくお願いします。


鈴木の好投が光りましたね。
7回抑えたあと8回も続投させたところを見ても
調子のいい人を使っていくということなのでしょうね。

中スポの先発予想は吉見なのですね。
中スポの開幕三連戦先発予想、
早くも負け越しそうな予感が(笑)

おそろしくTBの調子が悪いので
4月のココログメンテに期待している今日この頃です。

とりあえずの1勝です。安心しました。
朝倉を続投させたのは、やっぱし岡本の穴がまだ埋まってないとの、
首脳陣の判断なのでしょうか?
なかなか、簡単には埋まらないですよね・・・・。
さて今日はダレかしら?私的には小笠原で。
で、巨人戦を、中田・チェン・川上なんですが・・・・。
世界で1番当らない、先発予想です。

健太がバント処理で転んだのはむしろ中村紀のミスだと思いました。
あの打球で三塁が取りに行かないのは今岡ぐらいかと(^^;

鈴木は何故かお立ち台に呼ばれませんでしたね。
昨日はとにかく制球が凄まじく良く、打たれる気がしませんでした。

今日は誰が投げるにしてもキッチリ投げて貰わないと、
ファームでは佐藤充と川井が手薬煉引いて待ってますからね。
無敗のまま東京ドームに乗り込んで貰いましょう。

やっと勝ちましたね。
楽勝ムードで調子よくビールを煽っていたのですが。。。
やっぱり健太らしさが出てきて真剣モードで
テレビに釘付けになってしまいました。
やっぱり真面目に応援しながら見てないとダメですね(笑)
それにしても、さりげなくミラクル・周さんになって
いるような気がします。あのタイムリーは貴重でした。

和田は当たりがいいので大丈夫でしょう!
今夜はヒーローかも知れませんが、「ノリべん」の
見出しが出るかどうかドキドキしています。
(極秘ネタの暴露スミマセン

初勝利!やりましたね。
ま、普通にやれば勝ちますよね~。

和田にも早く1本出ればいいのですが…
って、今日は出るのでは?うん。きっと出るに違いない(笑)

今日も勝って勢いつけて東京ドームに行きましょう!

見に行っていました。
鈴木が良かった。よく抑えてくれました。
そのおかげで、ウッズも一発出たし。
ウッズの一発では思わず両手を挙げて喜んでましたよ。

勝ちました
取り合えずホッとしましたね。
1勝するまでは、何となく落ち着かなかったので
本当に良かったです。

試合展開は、相変わらずの展開でしたが
落合さん曰く「出航」ですね。

東ドでの昌さんは、ちょっと怖いので
個人的に、今日投げてほしいのですが
吉見ですかね?小笠原ですかね?
分かりませんが、勝ち越してほしいです。

P.S.
ユニ作成中ですか
昨日、川井くんが良い塩梅だったので
自分も現実味を帯びてきましたよ

みなさんコメントありがとうございます!
今夜の先発は、小笠原投手。
中田投手と昌さんが同時に登録されたため、
誰なのか混乱しましたが、中スポ予想ははずれました(笑

>doracoさん
きょう、お花見に行ってきましたよ。
ただ自分が行った土手は、まだ8分咲きぐらい。
すでも満開かと思っていたのでがっかりでした。

ドラゴンズもレギュラーではあと1人が蕾。
ぜひとも今夜は開花といってほしいです。


>daojing(オヤジ)さん
生観戦おつかれさまでした。
相手先発が自滅して4-0のときは
けっこう気楽に見ていたのですが、
あれよあれよで展開が変わってしまって…。

それにしても鈴木投手、ナイスピッチ。
現状では最も安定していそう。この調子です。


>dragons1999さん
開幕戦観戦おつかれさまでした。
4時間オーバーのロングゲーム、堪能されましたか。
やはり開幕戦は特別なもの、
大豊飯店ともども、いつかは行きたいなと(笑

第2戦は流れがあっちへ行ったり、
こっちへ行ったりでけっこう不安定。
ただウッズ選手の一発で決まりましたね。


>MegaDraさん
こちらこそよろしくお願いいたします。
2イニング投げさせるということは、
平井投手より良いんでしょうね。
ただ他の投手も試運転させてもと思いましたが。

中スポ予想、やはり外れ(笑
次週の巨人戦の3人は当ててほしいです。
自分のところもTB受信関係がおかしくなっています。
何でかわからないので、メンテ希望です。


>ontheway2uさん
首脳陣の考えとしては、先発はできるだけ
長いイニングを投げてもらう。
まだシーズンははじまったばかり。
中継ぎの負担を楽にしているのかも?

小笠原投手、ピンポン!正解です。
ただ巨人戦は、中田-山本昌-川上になりそうな気がします。

みなさんコメントありがとうございます!

>FU-TAさん
あのバント処理、不自然でしたね。
解説者いわく本来なら三塁方向へ向かわなくていけない
朝倉投手の体が一塁方向へ傾いていたそうで。
ノリ選手も前に出てきていましたし。
任せた方がよかったかもしれませんね。

鈴木投手、抜群でしたね。
特に火消しをしたあとの8回は完ぺきでした。

とにかく今夜は勝って勝ち越さないと。
そして3連敗の巨人をさらに追い込みたいですね。


>ギンタロウさん
ほろ酔い気分を冷めさせる朝倉投手。
やはり開幕一発目だったこともあったのでしょう。
次回はもっと落ち着いてくれるので、
ビョン選手の地味なタイムリーとともに
おいしいビールが飲める事と思います。

そうですよ。思い出しました。
トップシークレット仮公開していましたね。
おかげで「べん」が困ってしまっています(笑


>香の実さん
前夜は開幕ということで硬かったですが、
徐々に慣れてきたようで、
こちらのペースになれば、勝てますよね。

和田選手にもヒットが出れば、
スタメン全員打率に数字が付きますし、
その流れで勝って、東京へ乗り込みたいですね!


>コロンビーさん
観戦おつかれさまでした。
流れが右往左往していましたが、
鈴木投手が食い止めてくれたと思います。
そしてとどめはウッズ選手の一発。
まさに打った瞬間でしたよね。


>daiさん
1勝するのがこれだけタイヘンというのを
久々に感じたゲームでした。
もっとすんなり勝ってくれてもいいのに…。

今夜は小笠原投手。
自分は東京の2戦目に来るのかと思っていましたが、
そこに吉見投手か昌さんかもしれません。

川井投手、昨日はファームで3回パーフェクト。
1軍に来たときが作成ゴーサインでしょう(笑

この日は、勝利の瞬間だけ観に行ったようなものですが(笑)、
今年のレギュラーシーズン初勝利、とても嬉しかったです。

鈴木投手の好救援は、ナゴドに向かうタクシーの中で
ラジオをつけてもらい聴いていましたが、素晴らしかったですね。
これを大きな自信として、大いに頑張ってほしいです。
ちなみに、ラジオの解説は福田功さんでした。
声質も語り口も、とても渋くて良かったですよ!

大変遅くなりましたが、
今シーズンも宜しくお願いいたします。
TBがうまくいかないのでコメントで。

打線の方はやはり和田の出来次第なんでしょうね。
力みがもう少し取れればと思います。

投手陣は鈴木の好投が光りますね。
岡本の代わり(炎上を除く)が期待できそうです。

コメントありがとうございます!

>ドライチさん
今季初勝利の瞬間、観戦おつかれさまでした。
けっこう苦しかったですが、まず1勝。
昨夜も勝ちましたし、どんどん積み重ねていきたいですね。

鈴木投手、見事な救援でしたね。
福田さんはたしか野球日本代表のスコアラーでしたよね?
この好投を見て、ジャパンに推薦してくれるでしょうか(笑


>tera(スポーツ歩き)さん
TBありがとうございます。そしてすみませんでした。
現状のシステムの不具合で、
livedoorブログからのTBは
なぜか一時保留されてしまうんですよ。
受信されていたので、遅れましたが、
しっかり承認させてもらいました。

和田選手、ちょっとタイミングが合っていないような。
一人蚊帳の外でやや焦りも昨夜は見えました。
なんとか巨人戦で打開してくれれば。

鈴木投手、勝ちパターンの一員に加わってほしい。
くれぐれも炎上伝承だけは避けたいです。

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • COMING SOON

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ