« 和田大爆発2本塁打7打点、広島に強烈リベンジ! | トップページ | 吉見2試合連続完封、打線援護つながる17安打! »

2008年4月13日 (日)

守備はうまいが攻めがヘタ、併殺竜広島戦初黒星。

2発7打点と大爆発した和田の一人舞台で
カープ3連戦の初戦を取ったドラゴンズ
迎えた広島市民球場での第2戦は、
立ち上がりから打って変わっての拙攻モードに。
この日6番に昇格した森野の一発で先制するも
先発・小笠原一発攻勢を喰らい、逆転を許す展開に。
再三走者を出しながら、最後まで攻めきれず、
今季広島戦初黒星を喫してしまいました。

◇セントラル・リーグ公式戦
広島-中日 5回戦
(12日・広島市民球場 | 中日3勝1敗1分け)
13897人 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
中 日
広 島 ×
[敗] 小笠原(3試合2勝1敗)
[D本] 森野3号
[Dバッテリー]
小笠原、川井、中里 - 谷繁

【ゲームレビュー】
小笠原が2本塁打を浴びて逆転負け
小笠原は4回につかまった。
先頭・赤松の左前打で無死一塁から、アレックスが左へ逆転2ラン。
1死後、シーボルに左中間へソロ本塁打を打たれ、追加点を許した。
打線は3併殺を喫する拙攻
森野のソロ本塁打による1点だけだった。
公式サイト中日新聞共同通信社ニッカン


小笠原高橋建という左腕同士の先発でしたが、
立ち上がりだけを見れば、小笠原の方が明らかに上。
初回、先頭の荒木がライト前に落とすヒットで出ると、
続く井端に対しても、カウント0-3にしてしまう高橋
相変わらずの立ち上がりの悪さを攻めたいところでしたが、
フルカウントからの6球目、荒木がスタート。
井端も内へのストレートを右に持って行きますが、
惜しくも二塁へのライナーとなり、荒木が戻れずダブルプレー
これがそもそもの始まりとなってしまったかもしれません。

続く2回、2死から対高橋の相性もあって、
6番に昇格した森野が、カウント0-1からの2球目、
真ん中高目のストレートをたたき、
右中間スタンドに飛び込む先制弾を放ちますが、
ゲームの流れを広島に傾けてしまったのが4回の攻撃

先頭の井端が、強烈なライナーで
三塁のグラブをかすめるレフト左へのヒットを放つと、
続くイ・ビョンギュもボールを見極め、四球。
無死一、二塁で迎えるは強打のクリーンアップ。
ここで一気に高橋を叩いて、
ドラゴンズペースに持って行きたいところでしたが、
ウッズが打つ気に焦ったか、カウント0-2からの3球目、
外へのスライダーに手を出してしまい、遊ゴロ。
注文通りの6-4-3で、ダブルプレーに取られると、
2死三塁から、前夜7打点の和田
カウント2-2からの5球目、真ん中低目のシンカーで
三塁ゴロに打ち取られてしまい、無得点
打線がつながらずに、大きなチャンスを逃してしまいます。

これで流れが一気に広島に傾くと、
小笠原が捕まってしまい、一発攻勢逆転を喰らうありさま。
しかし1-3と、まだ2点差。
しかもスリリングな広島市民球場とあって、
再逆転も可能と見ていましたが、さすがはベテラン
それ以降、高橋味のある投球を見せ始め、
ドラゴンズ打線翻弄されてしまいます。
5回は、森野が初球を叩くもセンターフライ。
続く中村紀洋の痛烈なライナーもセンター・赤松が好捕。
さらに谷繁もライトフライに倒れ、やや淡泊に終わると、
続く6回は、先頭の小笠原の代打・デラロサ
三塁強襲内野安打で来日初安打をマークするも、
続く荒木がカウント1-2からの4球目、
外角低目のスライダーをひっかけてしまい、ここも6-4-3のゲッツー
辛抱強く低めを丁寧に突く高橋の投球に
見事にはめられてしまった感がありました。

さらにそれ以降も、拙攻が続くドラゴンズ
7回、先頭のイ・ビョンギュがライト前ヒットで出て、
ようやく高橋から2番手・梅津に投手が代わりますが、
今イチ調子が上がらないウッズ
外へのスライダーを捉えるもバットの先
伸びのないセンターフライに倒れると、
続く和田は外、外、内のあとの4球目、
外へのスライダーに合わずに空振り三振
そして森野も同じく外角低目へのスライダーを
これまたバットの先でセンターフライ。

続く8回、広島3番手・横山から
中村紀洋が四球を選び、谷繁が送って二塁へ進めますが、
川井の代打・立浪が真ん中高目のスライダーを
叩くもボテボテの二塁ゴロ。
何とか三塁へ走者は進むも、
続く荒木が146キロ、内角低目のストレートを
ズバッと決められ、見逃し三振
さらに最終回、2死から4番手・コズロースキーを攻め、
ウッズのライト前と和田の四球で、一、二塁としたものの、
森野が内角高目のストレートを叩いて、
二塁ゴロに倒れてしまい、万事休すとなりました。


オチョアにアチャー(+。+)再三ランナーを出すものの、
最後まで打線がつながらず、
結局ホームランでの1点だけ。
相手投手の粘投
はまった部分もありますが、
ある意味ドラゴンズ打線
特長ともいえる
相手が嫌がる攻めなどが
全くできていない。
一発攻勢と
投手陣の好調さで、
今季ここまで勝ってはいるものの、
試合巧者といえる勝ち方ではない。
今季のドラゴンズ見失っている部分
やや浮き彫りになっていたゲームにも感じました。
ただ落合監督もコメントのなかで
「これから考えてながらやっていく」といっていたように
しっかり危機感を感じているようですし、
今回の敗戦をにして、選手が奮起してくれば。
まだ開幕して10数試合ですから、
そう悲観的になる必要もないだろうと、
とりあえず自分に言い聞かせておきます。


一方、投手陣では、先発の小笠原
連勝中ということもあり、立ち上がりは、
ボールに力があり、よさそうな感じがしたのですが、
3回ウラにやや危なっかしくなり、
4回ウラに捕まってしまいましたね。
先頭の赤松にストライクを取りにいった
真ん中高目のスライダーをレフト前に運ばれると、
その赤松の足を警戒したか、続くアレックスに対して、
変化球攻めのすえに、カウント1-3からの5球目、
再びウラをかいた真ん中に入ったカットボールを叩かれると、
ファウルになるかと思われた打球は、
レフトポール際に飛び込む逆転2ランに。
まさか入ると思いませんでしたが、
赤松の存在にも影響されたのかもしれません。

ただそれで終えておけばよかったものの、
余計となってしまったのが、1死から迎えたシーボル
カウント2-1からの4球目、
甘く入った外角高めのストレートを叩かれると
打球は左中間フェンスギリギリに飛び込む一発に。
これは正直、やっちゃいけない被弾
この失点で若干、キレてしまったか、
続くが一塁ゴロに打ち取ったものの、
倉、東出と連続ヒットを浴びてしまう始末。
結局5イニング、84球を投げ、8安打3奪三振無四球で3失点。
打線の援護があれば、展開は変わっていたかもしれませんが、
ちょっともったいない今季初黒星だったと思います。


また2番手として、前日に1軍に昇格した川井が登板。
6回からの2イニングを放って、無安打3奪三振無失点と好投
久々の1軍マウンドとなりましたが、
ストライクが先行していましたし、スローカーブ効果的でした。
ただ川井が感謝しなくてはいけないのは、このプレー
6回先頭で迎えたに、カウント1-0からの2球目、
真ん中高目に甘く入ったストレートを叩かれると、
打球は、センターへと抜けていくかという当たり。
しかしこれをショート・井端横っ飛びでキャッチ
一塁へ送球して、見事遊ゴロに。
CS解説の達川さん川井の岐路を左右するプレー」
熱く語っていましたが、まさにそういうものになったのでは、
続く8回に登板した中里も先頭のアレックス
甘いカーブを叩かれ、ヒットを許しましたが、
続く栗原の当たりをイレギュラーながら荒木好捕
見事に4-6-3のゲッツーを完成させ、事なきを得ましたが、
変わらぬアライバスーパープレーには、
若い投手が助けられていることでしょう。
川井中里も改めて感謝しなくてはいけないなと。


あまり良い印象のない広島市民球場でのデーゲーム
今季初戦も残念な逆転負けとなってしまいました。
ただこれをしっかりと糧として、
再び上昇気流を掴んでもらいたい。
そのために第3戦はしっかり取って、勝ち越さないと
おそらく先発は、吉見が濃厚だと思われます。
昨季8月の市民球場のゲームでは、
2発を喰らってしまった吉見でしたが、
「今季は違う」というところをしっかり見せつけてほしい。
その吉見をしっかり打線が援護。
一発攻勢でなく、つながる野球での勝利を期待します。


★プレーヤーズ・ボイス(12日)

●小笠原孝
<4回に2本塁打を浴びるなど5回3失点で今季初黒星>
「一発がもったいなかった。
もっと低めを丁寧に、、もっと意識して投げたかったです。
(本塁打の)シーボルの(1球)は失投です」
中スポ中日新聞共同通信社時事通信ニッカン

●谷繁元信
<4回、アレックスに左翼ポール際へ逆転2ラン。
相手の裏をかいて選んだはずの球が、最悪の結果。
バッテリーの思惑が外れた被弾に多くを語らず>
「最善を求めた結果、打たれたということ」
中日新聞

●田村捕手コーチ
<バッテリーの狙いを推し量り>
「最も本塁打を打たれてはいけない場面。
おそらく変化球でファウルを打たせたかったのだろう。
その球を持っていかれた」
中日新聞

●川井進
<6回から2番手で約3年ぶりの1軍公式戦登板は、
2イニングを投げ、無安打3奪三振無失点と好投。
MAX143キロ、変化球のコントロールも抜群だった>
「特に緊張することはなかった。
普段通りでした。どんどん攻めていこうと思っていました」

<転機は、昨年秋のドミニカ修行。
手応えをつかんで今シーズンを迎えた>
「行ってよかったと思います。
向こうは一発のある打者ばかり。
だから日本に帰ってきてもビビらなくなりましたね」

<エース・川上の離脱によって前日に昇格したが、
3年ぶりの登板で進化を見せた左腕は目を輝かせ>
「昨年との違い? 真っすぐがよくなったのと、
変化球でストライクを取れるようになったことですね。
いいスタートが切れたんで、これからも結果を残したい」
中スポ

●中里篤史
<3番手で8回に登板、併殺で結果3人で切り抜ける>
「狭い球場なんでコーチからも
低めに投げるよう言われてました。
腕を振れたし、球も走っていたと思います」
(東京中日)

●森野将彦
<開幕後初のスタメン変更で打順7番から6番に昇格。
2回、右中間スタンドへ先制本塁打を放つ>
「甘い球を思い切り打とうと思っていました」

<走り込みや振り込みが不足したままシーズンに突入。
開幕直後には、下半身の張りにも見舞われたが>
「何も問題ないです」

<しかし敗戦後は本塁打の話題には興味を示さず、
2点を追った9回2死一、二塁で二ゴロに倒れたことを悔やむ>
「ボクはホームランを打つバッターじゃないですから。
最後に1本出るのと出ないのとでは(差が)大きい。
ああいうところで打てるようにならないといけない」
中スポサンスポ時事通信ニッカン

●トマス・デラロサ
<6回、小笠原の代打で登場し、待望の来日初安打。
三塁強襲の内野安打で今季4打席目での初ヒット。
控え野手陣にとっても初安打となり、ベンチに戻ると、
立浪兼任コーチから熱烈な祝福が待っていた>
「立浪さんはよく話しかけてくれるし、
いいアドバイスもくれる。心から感謝したい」

<高代コーチの守備指導に連日耳を傾け、
ナゴヤドームでのゲームで試合があるときは
早出特打に参加することも。努力が報われての一打に>
「うれしいけどチームが負けちゃったからね。
もっと日本の野球に対応できるよう、頑張っていきたい。
今までと同じように一生懸命やるよ」
(東京中日、ニッカン

●タイロン・ウッズ
<9回2死、コズロースキーから右前打。
実に17打席ぶりとなる安打にさすがに胸をなで下ろす>
「もう二度とヒットを打てないんじゃないかと思っていた。
最近は変化球で体勢をくずされていたから、
体が突っ込まないように意識したよ」
中スポ

●和田一浩
<前日7打点も、この日は無安打>
「今日は低め低めに集まっていた。
もう少し甘い球がくれば打てたと思うが」

<昼間に打球が消えるという広島市民球場。
隣接する白亜の建物の影響でデーゲームの左翼限定。
試合前に笘篠コーチのノックを受け確かめたが>
「(前日の)ナイターは大丈夫でしたけど、
昼間は消えますね。打球が…」
(東京中日、サンスポ

●笘篠外野守備走塁コーチ
<消える打球についての結論は>
「消えるのはどうしようもない。
(和田のように移籍)1年目でも、何年目でもそれは同じです。
(対策は)当たった瞬間にしっかりと予測することですね。
どの辺に打球が出てくるか。それで対応するしかありません」
(東京中日)

●英智
<週末の2試合が屋外デーゲームとなるが>
「シーズン最初の屋外デーゲームは気を使います。
ドームの10試合くらい嫌ですね」
(東京中日)


◆川上憲伸
<体調不良から11日に出場選手登録を抹消。
前日に続きナゴヤ球場に姿を見せ、
屋内練習場のトレーニング室などで体を動かす。
気になる状態については、口を閉ざす>
「僕の口からは言えない。
(今後について)数日間はこっち(2軍)でやる」
憲伸の声「登録抹消」、東京中日)


●落合監督
<打線は再三の好機を生かせず3併殺。
広島戦初黒星を喫し、帰りのバスまで苦笑い>
「(重苦しい展開だったのではと聞かれ)
重い? 重いんじゃない。
ゲームの運び方がへたなだけ。ただ、それだけだ。
そのへんは(ベンチが)考えながらやっていきますよ。これからですよ」

<開幕13試合目で6番・森野、7番・中村紀洋と打順を組み替えた>
「あそこは何とでもなります。
ほかはそうもいかないけど、6、7番は。
その都度? そうですね。
みんな(報道陣)には分からない部分がある。
経験した者でないと分からないところもあるからな」
(中スポ、共同通信社時事通信毎日jpスポニチ名古屋ニッカン


阪神・金本2000安打達成・関連コメント

◇立浪和義
<通算2444安打と名球会では先輩だが>
「おめでとうございます。
金本さんは尊敬できる先輩。
40歳での達成は本当に素晴らしいことだと思う。
金本さんは心技体、すべての面で優れていると思いますが、
何よりすごいのは精神力。努力のたまものだと思いますよ。
ただ、2000安打もすごいけど、もっとすごいのは連続出場ですよ」
(東京中日)

◇和田一浩
<東北福祉大の3学年後輩>
「学生時代からお世話になったので
本当によかったと思います。
偉大な先輩なので自分が何か言うのは恐れ多いですが、
大学時代から尊敬できる、すごい方でした。
日が落ちて暗くなったあと、トレーニング室から
ガシャガシャ音がするなと思ったら、
金本さんがウエートをされていたり、
球が遅い投手と対戦するときは重いマスコットバットを使ったり、
普通の人ではありえないようなことをされていました。
本当におめでとうございます」
(東京中日、時事通信

◇高代野手総合チーフコーチ
<広島コーチ時代に走塁、守備を教え、影響を与える>
「金本にはあらゆることを教えたよ。
担当外? いやいや、コーチとしては
ぺーぺー(当時36歳)だったから内野、外野は関係ない。
捕ること、投げること、すべての面で鍛えたよ。
練習すればうまくなる。金本がその典型だよ。
(若いころの指導の成果かと問われ)
いや、オレじゃない。金本の努力だよ」
(中スポ)

◇落合監督
<2000安打達成にオレ流の激励メッセージを>
「鉄人なんだから、2000本じゃなく3000本を目指せ!
まだあいつは疲れていない。
(現役を)やめたときには『お疲れさん』と言ってあげるよ」
(東京中日)


若竜トピックス(12日)

◆ウエスタン・リーグ公式戦
中日-広島 3回戦
(12日・ナゴヤ球場)
  000 400 030 =7
  000 020 000 =2
[敗] 佐藤充(3試合2勝1敗)
[D本] なし
[D投] 佐藤充、菊地、高江洲、齊藤、樋口
公式サイト

【ゲームレビュー】
先発・佐藤充は立ち上がりからテンポ良く、3回までパーフェクト。
しかし4回、1死から小窪に四球で出塁を許すと、
続く森笠に右越えに先制の2ラン本塁打
さらに2死一塁から山本芳彦の遊撃後方のフライを
捕りにいった左翼・中村公治と遊撃手・岩﨑激突
ファウルグラウンドにボールが転々とする間に、
打者走者・山本芳彦も生還し、2点を加えられるなど
(記録はランニング本塁打)この回一挙4失点
5回ウラ、田中の左前打と澤井の左前打で1死一、二塁から
三塁手の失策と堂上剛裕の犠飛で2点を返したが、
8回、4番手・齊藤が乱調、3安打を集中されてしまい3失点。
攻守ともに良い所がないゲームで、2-7で敗れる。
公式サイトより)


●佐藤充
<先発したが、5イニングを投げ、
4安打2四死球3奪三振の4失点で今季黒星>
「1つのフォアボールからああいう形になってしまった。
きょうも(本塁打は)スライダーを打たれているし…」

<ただ、直前3回の打席で右前打を放った際に、
詰まって右手がしびれていた影響もあった>
「調子は悪くないので、悲観はしていないです。
4回はちょっと手に力が入らなくなりました。次ガンバリます」
公式ファーム中スポ

●堂上直倫
<4回途中の守備から出場し、
6回の第2打席、中前に運ぶ待望の今季初安打。
今季4打席目での一打を喜び>
「ヒット1本欲しいと思っていたので良かったです。
当たりは良くなかったけど、
思い切り振ったのがヒットになってくれた。
体は万全なので、これからですね」
中スポ


ファームも同じ広島と、ナゴヤ球場でのデーゲーム。
しかし1軍同様、あまり良いところがなかったもよう。
今季好調、ここまで2勝を挙げている佐藤充が先発し、
3回までパーフェクトと上々だったものの、
4回に突如崩れ、四球をきっかけに森笠に一発を浴びると、
2死からはランニング2点本塁打により、一挙4失点。
直前に打席で手がしびれ、力が入らなかったとはいえ
まさかのKO劇となってしまいました。

一方、そのランニング本塁打は、なんと
ショート後方のフライを追ったショートの岩﨑
レフトの中村公治衝突してしまったのが原因とのこと。
風でボールが流れた影響もあったようですが、
プロらしからぬ、信じられないアクシデント
中村公治は担架で運ばれ退場したようですが、
大丈夫だったのでしょうか。
ただそういうミスはできるだけ避けたいもの。
連携は徹底するよう、今後気をつけていきましょう。




コメント

ドラゴンズらしい歯がゆい攻撃でしたね。
いくらディフェンスが良くてもオーバーフェンスは
どうしようもありません。
この球場でのデーゲームはホントいい印象がない
のですが、そうは言っても連敗は阻止してもらいましょう。
まずはアレックス・オチョア対策ですね。

もし観に行っていたら、ストレスだけ溜めて、その後
飲みに行く気力もなく即帰宅という感じの試合でしたね。
初回の併殺で、まず嫌な予感はしたのですが……。

昨年、屋外球場のデーゲームは、なんと2勝8敗だった
らしいですね。今日を含めて今後7試合もありますから、
なんとかしてもらわないと。9月のハマスタの週末3連戦が
意外や、全てナイターというのは救いです(苦笑)。

市民球場の昼間の試合だと
毎度大荒れ警報炸裂だと思ったら
凄い淡白のギリムラン合戦でしたね

中でも、川井くんが久しぶりの
1軍でのマウンドでしたw
ちょっとドキドキしましたが
普通に6人で斬ってくれたので
まぁ~井端に救われましたけどね。

てっきり8回表に逆転して初勝利?
何て淡い期待を抱きましたがダメでした(苦笑
次回も好投してほしいです。

P.S.
ネット接続が安定期に入りましたが
平均13Mぐらいでした(^^ゞ
50Mなので30Mぐらいは期待したんですが
こちらも淡い期待でしたw

みなさんコメントありがとうございます!
昨日はほんと見ていて、何度もへこみました。
きょうの先発は、吉見投手。
狭い球場に注意しながら、がむしゃらに頑張ってほしいです。

>ギンタロウさん
言われる通り、歯がゆい展開でした。
あまりに歯がかゆいので、
歯磨きしてさっさと寝てしまいましたよ

アレックス選手、ほんと春男全開ですね。
ドラゴンズの春男はファームで元気なのでしょうか?


>ドライチさん
あれだけ拙攻を続けられたゲームは久々。
最後の最後はため息も出ませんでした

屋外デーゲームほんとにダメですね。
今シーズンあと7試合もあるんですね。
ハマスタも昨季はてんでダメでしたし。
自分も7試合のうち2試合見に行きますが、
どうにか勝ってくれればと願うばかりです。


>daiさん
ギリムラン全開でしたね。
それにしても外国人選手に打たれすぎ。
とくにドラゴンズキラーになりつつある
シーボル選手はなんとかしないと。
(アレックス選手はこの時期限定なので

川井投手、そういえばまだ1軍未勝利でしたね。
この好投を続けていれば、今季はお祝いできそうです。

PS 平均13Mでも早いと思います。
とりあえずは安定させて、それからtune-upです

この記事へのコメントは終了しました。

フォト

ST観戦試合一覧

インフォメーション






STおすすめ品

  • COMING SOON

ドラゴンズリンク

STブックマーク

無料ブログはココログ